2019/06/29

佐藤兄弟そろって初先発、安田初登場も特効薬にならず連敗

694f79df47564343a608b3c4118e6e39 

 前節の千葉ダービーで完敗とも言える敗北を喫し、それを払拭するべく臨んだはずのZELVIA戦は前半から前節の負けを引きずるかのような内容。CKから先制されても、互いの意図が分かっていないようなパスミスを連発。何もできなかった選手たちに前半終了後にブーイングが起きる最悪の状態に。それでも後半、ゲリアの縦の速さを生かした速攻から船山が合わせて同点に。それをきっかけに一時期は連動も見られたが、終盤に守備陣がボールサイドにくぎ付けになった瞬間、フリーになったロメロにループシュートを叩きこまれて万事休す。あえなく連敗を喫する結果となった。

 今日はJEFのユース上がりでありながら、これまで一度も味方同士としてピッチに立つことの無かった佐藤兄弟のスタメンが実現。安田も初出場となった。しかしこれらが特効薬になったとは言い難く、安田に至っては効いていたと思えない出来であった。一週間で何かが劇的に変わるとは思えないが、経験値の高いはずのメンバーを据えてもうまく回らないというのは重症だ。試合後のコメントにも監督と選手に温度差があるのが気になる。悲観したくはないが、なかなか厳しい。

| | コメント (0)

2019/06/23

千葉ダービーで酷い負け方を見た

7e821874acd9415ca4e706bdc9c85639

前半シュートゼロ、90分通して枠内ゼロ、攻守ともに相手よりワンテンポ遅い、互いに何をしたいのか理解してなさそう、これで勝てるかって話。0-2で終わったのは鈴木椋大のおかげ。いやはや、千葉ダービーで酷い負け方を見た。

気力がない、やる気がないとは言わんよ、さすがに。ただ、何していいのかわからん感じは見て取れた。それだけ力の差が歴然としていたということだ。今日でもう18試合目。現実を見据えた戦い方をしていくしかない…って結局この10年、何やってたの?

| | コメント (0)

2019/06/15

アグレッシブに戦い、約一か月ぶりに勝利!

Dd2a0fe561ba44b38f8741a334050415 

 個人的に約一か月ぶりの参戦となったフクアリでのKAGOSHIMA UTD戦は決定機をことごとく相手GKに防がれて前半終了。後半に向けて嫌な感じがしたが、後半開始早々にクレーベの技ありヘッドで先制すると、その5分後に船山が堀米のマイナスパスに合わせて追加点。なかなか良い雰囲気になって来た…と思ったら好事魔多しで一点差に詰め寄られた。雨で重いピッチとなった影響と互いにハイプレスを多用するスタイルもあって両チームとも足を攣る選手が続出。難しい展開となったが、最後までこのままやり通すというタスクを守り、2-1でタイムアップ。約一か月ぶりの勝利を手にした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/05/19

大量ゴールで気分は良い、が…

Dd34fd63a3374f0ba991d9f7147bcb90

 令和初のホームゲームとなったフクアリでのFC GIFU戦は船山のバックヘッドで先制すると、新井、船山、クレーベと前半のうちに4ゴールを決めるという、これまでの決定力不足はどこへやら、といった展開に。後半もカウンターからクレーベが相手のタイミングをずらす技ありのゴールで5-0で圧勝!…と書きたかったが、ロスタイムにDFとGKの連係ミスからもったいない失点をし、5-1で終了。それまでが会心の出来だっただけにこのまま終わらせてほしかった。しかし、久しぶりの勝利をかみしめよう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/05/02

守備か、攻撃か

Abdf5c7906b04525a7ae5d297a0c1b2e

 前節のYOKOHAMA FC戦を守備の乱れから1-3で完敗。雪辱をかけて臨んだフクアリでのArdija戦は互いにディフェンスで鎬を削った結果、0-0のスコアレスドロー。ただし、Ardijaは決定力が少なかった、JEFは決定機が少なかったというところで互いに印象が異なる内容であった。

 江尻監督体制になって、守備面が改善されたことは評価できるが、その分攻撃面での迫力がやはり足りない。今シーズンは始まったばかりであるが、ここは時間かけてでも練度を上げることが必要だろう。いずれにせよ、厳しい戦いは続く。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/04/14

長い目で江尻JEFを見る

5deaa407c0154562b02d4de7a7308db0 

 先週のZwergen戦を0-1で落とし、オフェンスでの課題を残したまま迎えたフクアリでのFAGIANO戦は互いに攻守の要を前半で失ったことによって攻め手を欠いたが、守備で奮闘した結果、0-0でスコアレスドロー。失点はしなかったが、攻撃面ではまだまだ難しい面を露呈した結果となった。

 それでもつまらない失点を重ねていた時期に比べれば負けないという結果を得られたのは収穫。今は江尻監督の試行錯誤について、長い目で見ることも必要な時期なのかもしれない。

| | コメント (0)

2019/04/03

佐藤寿人、18年ぶりにJEFでのゴール

572e11e79f144297aa5ca3a34967b5a9

 前節のAvispa戦で今季初勝利をあげ、そのままの勢いで臨んだFC Ryukyu戦は今季初先発となった佐藤寿人のゴールを守り切り、1-0で勝利!首位を走っていたFC Ryukyuに初黒星を付けただけでなく、チームも無失点で連勝とこの上ない結果となった。

 今日はもう、JEFの寿人のゴールを18年ぶりに観られた、ということに尽きる。ゴールの形もFWとしての嗅覚を持つ、彼らしいものであった。これはもう、年齢は関係ない。彼のセンスはまだまだ研ぎ澄まされている。エスナイデル前監督とはウマが合わなかったようだが、これからさらにやってくれるだろう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«江尻新体制最初のゲームは追いついてのドロー