2021/11/28

決定機を作り出せ!

Cd689189985f44ec8919661054f8ee32

 2021年のフクアリ最終戦、Sanga FC戦は相手の攻撃をしのぎ切ったものの、相手の守備の強さに決定機をなかなか作り出すことができずに0-0のスコアレスドロー。負けなしは継続したが、Sanga FCのJ1昇格を見せつけられる結果となった。リーグ戦は積み重ねであり、JEFも後半戦は戦えていたが、やはり前半戦でのもたつきが相手との差を生んでしまった。

 残り1試合AWAYでの戦いがあるが、フクアリでのゲームはこれで終了。ここまで来たら最後まで負けなしで終わってもらいたい。そして来年に続くような積み重ねを継続してほしい。

| | コメント (0)

2021/11/21

相手の必死さを理解しての完勝

51409b2729294fb08bd38bad268124f5

 前節のFC Ryukyu戦は後半逆転したものの、またも追いつかれて2-2のドロー。負けはしないものの、勝ちきれないという結果に『次こそ勝利』という思いで臨んだフクアリでのGIRAVANZ戦は、残留争いに巻き込まれている相手の必死さを理解していないような前半と、それを反省してアグレッシブに臨んだことで見木の2ゴールを生んだ後半、と綺麗に分かれる内容で2-0で勝利!こういうサッカーを前半戦から出来れば…と思えてしまうが、今さら言っても仕方がない。

 昇格も降格も無いが、負けなしの記録を継続することと、来年につなげるという意味ではモチベーションを高く持てているチーム状況が見て取れた。このメンバーで来年も戦えることを願いたい。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/07

好事魔多しとはこのこと

Dc2b3daed0fb452c9e038cdbe497f6e1

 文化の日に行われたTOCHIGI SC戦を1-0で勝利し、8試合負けなしを達成。来季もJ2で戦うことが決まってしまったが、今の良い状態を継続すべく臨んだHollyhock戦は前半に見木、後半にようやく決まったソロモンのゴールで連勝かと思いきや、終了までに追いつかれて2-2のドロー。2-0になった後に見木と船山にビッグチャンスがあったがそれを決め切れなかったことで、相手の息を吹き返すチャンスを与えてしまったのだろうか。好事魔多しとはまさにこのこと。負けなしは継続したが、来年こそJ1に昇格したいのなら、こういうゲームは簡単に落としてほしくないところだ。

 今日の試合前、来季からのユニフォームサプライヤーがhummelと発表された。来季を見据える時期に来ている。今日は追いつかれてしまったが、今のサッカーを継続、そしてさらにブラッシュアップしてほしいところだ。

| | コメント (0)

同じことを繰り返す

Cd845ee6b02a4234a3d1e5c89f545bfc

 今シーズン初の3連勝で気分良く迎えたフクアリでのRENOFA戦は終始効率的な攻撃を繰り返すも決め手を欠きまくって最後まで相手ゴールを割れず、0-0のスコアレスドロー。負けなしは継続したが、勝ちきることはできなかった。ディフェンス面は見違えるようによくなってきたので、次はゴールを決めて勝利するところが見たい。

 ちょっとソロモンに焦りが見えるのが心配だが、ここを乗り越えないと次のステージには行けない。今は自分の信じる道を行くだけだ。

| | コメント (0)

2021/10/24

会心の三連勝!

6040639f99a8418495c7d6dfcd43a84a

 個人的に緊急事態宣言解除後の今季初AWAY参戦となった味スタでのVerdy戦。ここ10年味スタではVerdyにまったく勝ててないという鬼門状態となっていたが、5試合負けなしで乗りこんできた今のJEFにはそんなジンクス関係ないと言わんばかりにゴールを量産。開始早々の船山のヘッドを皮切りに田口のボレー、CKからの田口のボレーを福満がフリックして今季ようやく初ゴール。後半にも福満のミドルレンジからの地を這うようなシュートが決まり、最後はCKの流れから新井一輝のシュートが決まって今季初の5得点。相手の攻撃も1点に抑えて5-1で会心の三連勝!久しぶりに終始安定して見られるゲームであった。

 しかしこれまであれだけシュートが決まらなかった福満が、一つのきっかけですぐにまたゴールが生まれる。一つ決まると続くってのはホントだと思わされる瞬間だった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/10/17

最後の最後にうっちゃる痛快な勝ち方

90309a022a1e443d9851c5658e2265b5

 上位のZELVIA戦を1-0で勝利し、連勝を狙ったフクアリでのArdija戦。早々にCKから鈴木大輔がニアで合わせたボールがネットを突きさして先制。これに良くしたのか前半はプレスも効いて優位に試合を進めた。しかし、後半に相手がこちらの左サイドに焦点を合わせた攻撃を仕掛けてくると徐々に後手に回る。後半早々にCKから失点するとプレスもハマらなくなり相手のペースに。残留争いの渦中にいるチームは必死だ。それでも逆転まではさせない。ピンチは数多かったが新井を始めとするDF陣で何とか踏ん張った。

 その甲斐あってかアディショナルタイムにアンドリューから前線に送ったボールがハーフウェイ付近にいた見木につながる。相手DF陣は全員JEF陣地にいたため、オフサイドラインはハーフウェイライン。見木は見事に独走状態に。米倉も並走していたが最後は一人でGKも交わしてゴールに突き刺した。

 そこに集ったJEFサポーター全員が期待したゴールは、かつてのJ1残留を決めたFC TOKYO戦での谷澤が決めた独走ゴールに重ねていた方もいただろう。奇しくも彼の当時の背番号も39。これでついに10ゴールに到達。良い選手に育ったもんだ!

 最後はうまくまとめて2-1で勝利。これで再び連勝。ここ5試合は4勝1分けと良い雰囲気になって来た。あと8試合ということと、上位との差がありすぎるのが残念だが、ベストを尽くして戦ってほしい。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/10/03

ゴールまでが遠い

F9e788e6c91a4913be9cc92b1c5ecc13

 連勝で迎えたフクアリでのYAMAGA戦、三連勝と行きたいところだったが、相手の守備的な戦術を最後まで崩しきることができずに0-0のスコアレスドロー。前後半通じて主導権を握り続け、相手に決定的な場面を与えることも少なかった。それでもゴールを決められなければ勝てないのがサッカー。こういうゲームで勝ち点3を奪いきることができないからこそ、今の順位からなかなか上がれないのだろう。最近は円陣ダッシュもだいぶきれいな形になってきた。チームとしては良い感じになっているからこそ、攻撃面でのブラッシュアップを期待したい。

 壱晟のCB先発。守備だけでなく攻撃でもアクセントになっていただけあって、離脱は残念だった。幸い、大事には至っていないようであるが、脳震盪対応のため、数週間の不在は痛い。

| | コメント (0)

«ゴールが決まるときはそれまでの過程が美しい