2018/11/11

AWAY最終戦で快勝!




 J2リーグも残りあと2試合。ともに昇格も降格も関係ない言わば『消化試合』となってしまった西京極でのSanga戦は船山,下平,指宿の3ゴール,そして無失点で3-0にて快勝。プレッシャーを感じない状況でののびのびとしたサッカーを前節同様に展開し,無失点で連勝。思わず『もうちょっと早くこれを見せてくれ』と言いたくなるような内容であった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/05

久しぶりの佐藤優也劇場



 たがいに昇格の目が無くなった同士の対戦となってしまったフクアリでのVORTIS戦は増嶋の1G1A,小島のゴール,そして無失点で2-0で勝利!目の前での勝利が欲しいサポーターにとっても嬉しい結果となった。

 個人的にはFW顔負けのダイビングヘッド連発で最後までゴールを割らせなかった,佐藤優也にMOMを差し上げたい。まさに劇場と言っても差支えないレベルの紙一重っぷりであった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/21

カウンターにやられまくって今季も昇格の目無しに…



 前節に勝利するも一部サポーターがフクアリに居残った挙句に異例のリリースが出されたという,誰の心にもモヤモヤがある中で行われたフクアリでのTrinita戦は相手の徹底した鋭いカウンターに最後まで対抗することができずに2-4で敗戦。チームの勢いがそのままピッチに現れたような結果となった。

 しかし,守備が固いと定評あるチームから二点取れたのだから,あとは何すべきかだろう。申し訳ないが前半の3失点はすべてJEF側の対応ミスが生んだつまらない失点。つまらないということは要はそういうことだ。とにかく守備を整備しないと来年もまた同じことになる。エスナイデルで継続するか,しないかにかかわらず,守備の大事さ,必要さを植え付けられる指導者が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/14

約2か月半ぶりのホーム勝利



 AWAY連戦を1勝1敗で終えて迎えたフクアリでのMontedio戦は也真人と小島秀仁があげた前半の2ゴールにて2-1で勝利。今日のゲームは前線のプレスもハマり,攻撃も90分通じて活性していたが,シュートの場面でGK正面やら,ポストに直撃やらで中々ゴールに結びつかず,観ていても疲れる試合であった。

 それでも失点がPKのみでやられていた場面も少なかったのはここにきて好材料。ゲリア,エベルトがようやくフィットしてきたのも大きい。と言いながらも残りあと6試合。プレーオフ進出もかなり厳しい,というかほぼ絶望のような感もあるが,意地は見せてほしい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/17

もったいない勝ち点1



 GKをこれまで出番のなかった大野に替えたら,AWAYで連勝。しかも無失点。その勢いで迎えたフクアリでのAvispa戦は船山がハットトリックを達成するほどの出来だったものの,最後の最後で『ミスターアビスパ』城後にしてやられて3-3のドロー。今年はこういう最後で耐えきれないゲームが多い。だからこそこの順位なんだと思わせてしまう結果となった。

 しかしながら,このゲームに関しては互いの意地がぶつかり合っていて,第三者として見たら非常に面白い内容だったと思う。だからこそ勝ち点1で終わらずに勝ち切りたいゲームだった。こんな思いになったのはだいぶ久しぶりな感じがする。次もホームなので今度こそ勝ちきってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/26

8月は未勝利で終了



 AWAY連戦を1敗1分(その引き分けも奇跡的)の状況で迎えたフクアリでのVerdy戦は,先制するも前半のうちに追いつかれて逆転されるいつものパターン。相手のシュートは形が良く,うちは悪かった。形が良いのはプレッシャーが足らないせい。2-3で敗戦して連敗。結局,8月は未勝利のまま終了。これで早くも15敗目。今年は上位進出はおろか,J2残留も覚束ない展開となりつつある。

 ピッチを見ている限り,選手たちがバラバラになっている感は感じられない。だとすると問題は策が見えない首脳陣か。観ているこちら側としても頭の痛いところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/06

してやられた感しかない



 Ventforet,Albirexに連勝して,さあここからという思いで臨んだYAMAGA FC戦は船山のPKで先制したものの,緩慢なプレーで前半のうちに追いつかれ,後半開始15分で立て続けに2点取られて突き放された。終盤に指宿のテクニカルなゴールで一点差まで詰め寄るも,そのままタイムアップで2-3の敗戦。内容としては悪くなかったが,とにかく反町にしてやられた感しかない。そして相手の修正に対する我がチームの対応力の無さに頭を抱えるしかない。

 次の関東AWAY連戦はいずれも参戦出来ないが,とにかく現状を打開していただくしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«姉崎のマラドーナ,8年ぶりの帰還