2024/07/14

チームマネジメントの難しさ

1000055748

 120分の激闘から中3日、12000人を超える観衆の中で行われたフクアリでのROASSO戦。前半20分くらいまでは相手ゴールを脅かすシーンもあったが、やはり疲れからか徐々にパフォーマンスが低下し、相手に押し込まれる展開が続いた。それでも前半は何とか持ちこたえたが、後半、GKとDFの判断ミスから先制ゴールを献上すると、セットプレーからも追加点を許す厳しい展開に。相手のボールの出しどころへのプレスを最後まで掻い潜ることができず、0-2で敗戦。中断前最後のゲームを勝利で終えることができなかった。

 今日は小森をトップ下に置く布陣だったが、台所事情とはいえ、エースストライカーを最後までこの使い方するのは正直どうなのかと思ったし、祐介を投入できなかったことにも不満が残る。バックアップにメンデスを入れていなかったことも然り、水曜日の天皇杯の勝因がチームマネジメントなら今日の敗因もチームマネジメントだろう。とは言え、難しさも理解できる。それでもこういうゲームをものにできないとJ1昇格への道のりは厳しいと言わざるを得ない。

 今日のゴール裏。最後の選手あいさつで若干のブーイングは出たが、コールリーダーはそれをかき消すようにチャントを歌い始めた。黙って聞いていた選手たちはどう受け止めただろうか。はっきり言ってブーイング食らう方が楽だったろう。あれに応えられないようではそれまでだ。2週間後のYOKOHAMA FC戦、個人的には行けないが楽しみにしている。

| | コメント (0)

2024/07/11

天皇杯、久々の進撃

1000055481

 先週土曜日のS-PULSE戦を良いところなく敗戦。そんな中で迎えた天皇杯三回戦のFC TOKYO戦。久しぶりのJ1チームとの闘いは前半を互角以上の内容で進めるも、相手GKの好セーブもあってなかなかゴールが割れずジリジリした展開に。後半、相手が前半とは打って変わって前掛かりなプレスを仕掛けてきたことで徐々に形勢が変わり、ついに先制を許してしまう。それでもJEFは戦い方を変えずに前への意識を貫き、ついにここまで出場機会も限られていた林が小森のスルーパスから同点ゴールを決める。これで勢いを取り返したが、最後まで逆転できずに延長戦に突入した。

 延長開始早々、前掛かりになったところで佐々木のシュートのこぼれをここ最近、メンバー外が続いていた呉屋が詰めてゴールに叩き込む。この逆転劇にフクアリのボルテージも最高潮。この1点をメンバーのほとんどが足を攣りながらも守り抜き、120分で決着。久々に4回戦進出となった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/07/01

ここからは総力戦!

1000055075

 前節のTOCHIGI SC戦を逆転負け。そして今回の相手、KAGOSHIMA UFCには3月に連続で負けている。同じ相手に何度もやられてたまるか、という気持ちで臨んだこの一戦。前半は相手のハイプレスとロングボールの組み合わせに手を焼き、後手に回る展開。局面では防いでいたものの、DFラインの連係ミスから失点してしまう。その後も相手のペースが続いて今日も難しくなるのか、と思っていたところに一瞬のスキをついてカウンター発動。祐介のシュートが前に詰めていた田口の元に。それを田口がヒールで合わせて相手GKのタイミングをずらしてネットに吸い込まれ、同点に。振出しに戻ったことでチームに勢いが戻った。

 後半は和樹と岡庭の位置をチェンジ。プレスもいきなり行かずに相手がボールを動かし始めたところから開始するなどして変化をつけた。開始早々は危ない場面もあったが、藤田の好セーブにも助けられると徐々に盛り返す。そしてCKを獲得すると、最近は左で巻くCKを任せられるようになった佐々木が中央に見事な弾道のボールを放つと、メンデスが頭一つ抜け出してこれまた見事なヘディングシュート!教科書のようなゴールが決まって逆転に成功した。今季初ゴールのメンデスに群がる選手たち。JEF三唱は両手を挙げてアピールしていた。

 これが決勝点となり、2-1で勝利。3月の悔しさを6月に晴らし、順位も6位に挙げた。

» 続きを読む

| | コメント (1)

2024/06/23

相手の対策を上回れず連勝ストップ

1000054966

 リーグ戦3連勝し、このままの勢いでいこうと臨んだTOCHIGI SC戦。大輔がウォームアップでケガをしたために急遽メンデスが先発することとなったが、幸先よく田中和樹のゴールで先制。これで波に乗るかと思いきや、この日の相手は最初からDFラインにハイプレスを仕掛けてくるという非常にやりにくい展開。ロングフィードを出しても相手の3バックの網に引っかかってなかなかつながらない。そうこうするうちに藤田が前につなごうとしたボールを相手に掻っ攫われて自分たちのミスから同点ゴールを許す。やはり前回0-8で敗戦したことで相当気合が入っているのは明らかだった。

 後半も相手のハイプレスは落ちず、JEFとしても打開策が見当たらない状況に。そしてロングスローから失点し逆転を許す。守りを固められるとなかなか打開策もなく、交代選手も効果があったとは言い難い。このまま1-2でタイムアップ。相手の勝ちたいという気持ちをチームとして上回れなかった痛い敗戦となった。

 3連勝は勝つべきゲームを勝ってきた結果ではあるが、これからのJEFはすべてが『勝つべきゲーム』である。こういうゲームで勝ち点ゼロはやはり痛い。次は3月に2敗させられた相手。これも『勝つべきゲーム』となる。

| | コメント (0)

2024/06/17

初志貫徹のプレスと前に行く姿勢でリーグ三連勝!

1000054572

 前節のRENOFA戦、天皇杯の中京大学戦をそれぞれ勝利。公式戦三連勝、リーグ戦連勝で迎えたフクアリでの後半戦最初のゲーム、VORTIS戦。DFラインでボールを保持してもプレスに来ず、引いて守る相手に対してサイドチェンジやスペースへの抜け出しなどを仕掛けるもゴールを奪うことができずにジリジリした展開。かと言ってピンチというピンチは藤田がファインプレーで防いだ1回くらいだった。

 これまでならこういう状況だとふとした拍子の一発にやられがちだったが、後半のセットープレーでの敵陣でのボール回しでフリーになっていた佐々木が意表を突くブレ球のロングシュートを放つ。相手GKが触ってポストに直撃するもそのボールが前に詰めていた小森のところに。小森が相手の動きをよく見てゴールに押し込んで先制!これで名実ともに『10こもり』となった。

 その後も相手のプレッシャーをうまく跳ね除け、交代で出場した選手も変わらぬプレスで相手を押し込む。ゴールこそ決まらなかったが新明も林もその仕事を全うし、1-0で勝利!今季初のリーグ戦三連勝を飾った。

 この日は天皇杯で1G1Aと結果を残した高木が先発。これまでの空回りしていたような雰囲気から脱却して復調をアピールするようなプレーを見せてくれた。今のJEFは左右のサイドアタッカー誰が出ても遜色ない出来を見せてくれる。これから暑くなる季節、こういう選手が出てくるとまた面白くなりそうだ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/06/15

天皇杯は久々の勝利発進!

1000054281

 FAGIANO戦の勝利から中3日、フクアリでの天皇杯は中京大学との一戦。ジャイアントキリングが起こりやすいこの大会、相手は来季Jリーグ内定者が2人いる実力校。舐めてかかると足元を掬われる。JEFはメンバーをだいぶ入れ替えたものの、要所は抑えた布陣で臨んだ。

 前半早々に高木と風間のゴールが決まって2点をリード。両者とも今年はリーグ戦で結果が出ずに苦しんでいた印象が強かったがこれを機に後半戦は吹っ切れたプレーが見られそうだ。ところが前半のうちに戻りが遅くなったところを突かれて1点返されてしまう。このゴールが決まったあたりから流れが変わり中京大学のペースとなってしまった。

 後半も相手のペースに翻弄される時間が続いた。今回はサブにいつもの主力を並べていたので60分過ぎに3人スイッチ。これで徐々に押し返すが、相手もゴール前で必死のプレーを見せてなかなかゴールを割らせてくれない。互いにもがきながら後半はそのまま進み、タイムアップ。結果としてJEFが3回戦進出を果たした。

1000054305

 結果的に良い試合してしまったな、という感はあるがトーナメントは勝てば良かろう、である。試合後の中京大学の選手たちの挨拶にはJEFサポーターからも大きな拍手があった。結構チャンスを作られていたのでどれ一つでも決まっていたら結果は変わっていたかもしれない。彼らの必死さはプロとしても見習うべきだろう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/06/01

最後は苦しみながらも千両役者が決めて勝つ!

1000053631_20240601225301

 前半戦の上位直接対決第二戦はフクアリにてFAGIANO戦。前節を落としたことで今日は是が非でも…というゲームであったが、前半にカウンターから復帰した和樹のクロスに田口がダイレクトボレー。これが決まって先制!危ない時間帯もあったがゴールを割らせずに前半は1-0にて折り返した。

 後半に相手のGKからのカウンターで一点返されたが、相手の退場で一人少なくなったタイミングでFKからの流れで日高がクロス→ファーにいた和樹がダイレクトで折り返し→ゴール前に小森がボールを受ける→相手4人に囲まれる→持ち前のキープ力発揮→瞬間的にシュートコース見つけて右足を振りぬく→相手GKブローダーセンのセーブを弾き飛ばしてゴールネットに突き刺さる!で再び突き放した。

 終盤、レフェリングの安定しなかった主審による佐々木への不可解なイエロー2枚目での退場もあって最後は相手に攻め込まれまくったが、何とか最後まで持ちこたえて2-1で勝利。終了後の選手たちの倒れこみ方が死闘を物語っていた。それでも田口、小森という今のJEFにおける千両役者な二人が決めて勝つというサポーター冥利に尽きるゲームであった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«悪いなりにも勝てるチームを目指したい