2020/02/23

見慣れないサッカーに戸惑いながらも開幕戦勝利を味わう

04a1cc80f37e42a78c05e0367456a289

 2020年のJ2がついに開幕。晴天で温暖なフクアリだったが、コロナウィルスの影響か、1万人を割る集客。それでもユンジョンファンが指揮を執るサッカーに期待をしつつ臨んだFC Ryukyu戦は開始40秒、真ん中でボールを受けた田口が左に展開し、それを受けた堀米がすぐさま折り返す。前に突っ込んでいたクレーベと川又に相手DFが引き付けられたその間に入り込んだのはSHとして先発した米倉。ドンピシャのヘディングから放たれたボールはGKの脇をすり抜け、電光石火の先制点Get!攻撃力が課題と言われていたチームにとって喉から手が出るほど欲しい先制点だった。

 結果的にこのゴール以降、ほとんどの時間で相手にボールを保持され、JEFはかなりの時間を守備に費やす結果となった。J2降格以降、攻撃的かつボールポゼッションを重視したサッカーしか観ていないJEFのサポーターにとってはまさに見慣れないサッカー。当然、相手が攻撃に重きを置けば置くほど、こちらの心理としては心配以外何もないわけだが、サッカーはゴールを割らせさえしなければ失点にはならない。今日はまさにそんなユンジョンファンの哲学を名刺代わりに見せられたような気がした。

 40秒で奪った虎の子の1点を約90分近く守り切り、1-0で開幕戦勝利。スペクタクルな展開を期待していた人には申し訳ないが、昨年までの守備の破綻を嫌というほど見せつけられてきた我々にとってはこの勝ち点3がとにかくありがたく嬉しいものとなった。

 もちろん、内容として満足できるものではない。このサッカーをあと41試合やられたら本当に心臓に悪い。そのためには守備から攻撃へのスイッチをスムーズにしてほしい。今日はその部分がもたついている感じがした。ただまあ、そこはこれからレベルを上げてほしい。そしてサポーターもファンも、このサッカーに一日も早く慣れよう。

» 続きを読む

|

2020/02/09

25年目のちばぎんカップで今の状態を確認

5c0dfdd975044cc89cb7dd3bce70e04d

 2020年、ユンジョンファン体制でチームを再建することとなったJEF UNITED。そして今のチームの実力を測るうえで今や欠かせない球春のイベント『ちばぎんカップ』。リティことリトバルスキーの引退試合として始まったこのイベントも時代を重ねて今年で25回目。いつしか『世界三大カップ』という異名まで付けられるようになった伝統のプレシーズンマッチ。それを四半世紀を越えて支えてくれている千葉銀行さまに感謝。

5dbffcba8a054bbca70b0c443a5c97b5

 寒いながらも快晴となったフクアリには新たなビジョンが。写真で撮っても色ムラが出ない綺麗なビジョン。スタメン映像も選手が動くようになってバージョンアップ。JEFも変わりつつあるがフクアリも変わりつつある、ということか。

 試合の方は序盤に2失点したのが響いてそのまま0-2で敗戦。失点はいずれも相手の個人技にやられた印象でディフェンスをズタズタにされたという感じではなかったが、現時点での実力差を見せつけられたというところか。しかしながら新加入のチャン・ミンギュが90分通してやれる選手であることを見て取れたし、昨年の見てられない守備からするとだいぶ整理されていたと思う。

 逆に攻撃の面ではまだまだこれから、という感じか。個々はシーズン序盤から選手の入れ替えがあるだろう。そこでどうレベルを上げて行くかはチームの成長に期待したい。今日出られなかった選手にもまだまだチャンスはあるのだから。

|

2019/07/28

相手の修正に対応できない

1dbcf5da58784bb696f3a1a04f3314b5

 Avispa戦を勝利してHOME連戦を連勝という思いで臨んだはずのYOKOHAMA FC戦は1-3で敗戦。先制するも前半のうちに追いつかれ、さらには後半の相手の修正に対応できないという悪癖を露呈して完敗。失点はすべてセットプレーではあったが、先制以降の流れの中でやられている部分も多かったので、頭の痛い状況はこれからも続くだろう。

 来週のAWAY連戦はさすがに行けないので、何とか勝ち点を失わずに帰って来てほしい。

| | コメント (0)

2019/07/21

これからもホームゲームは勝とう!

701a94bf1b6c4f5f80edb38388421766

 前半最後のVORTIS戦、後半最初のFC GIFU戦をともにドローとしてホームに帰って来てのAvispa戦は前半に船山の見事なFKが決まって先制!その後ゴールポストやバーに助けられるような危険な場面も多々あったが、前半を1-0で折り返す。迎えた後半、CKからの連続攻撃から為田→増嶋のヘッドが決まって待望の追加点!そしてこの試合、決定的なヘッド3発をすべて相手GKに止められていたクレーベがアンドリューのスルーパスを受けて、豪快にシュート!これが相手GKの手をかすめるもゴールネットを揺らすと約8000人が集ったアリーナが大歓喜!このアドバンテージを危なげなく収めて3-0で完勝。ここで負けたらまた残留争いに巻き込まれかねない一戦で勝ち点3を手にした。

 これで3戦負けなしだが、次のYOKOHAMA FC戦は話題に事欠かないだけでなく、十分に強い相手となる一戦。それでも今はホームゲームに集うサポーターやファンを喜ばせる結果を出してほしい。とにかくこれからもホームゲームは勝とう!

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/06/29

佐藤兄弟そろって初先発、安田初登場も特効薬にならず連敗

694f79df47564343a608b3c4118e6e39 

 前節の千葉ダービーで完敗とも言える敗北を喫し、それを払拭するべく臨んだはずのZELVIA戦は前半から前節の負けを引きずるかのような内容。CKから先制されても、互いの意図が分かっていないようなパスミスを連発。何もできなかった選手たちに前半終了後にブーイングが起きる最悪の状態に。それでも後半、ゲリアの縦の速さを生かした速攻から船山が合わせて同点に。それをきっかけに一時期は連動も見られたが、終盤に守備陣がボールサイドにくぎ付けになった瞬間、フリーになったロメロにループシュートを叩きこまれて万事休す。あえなく連敗を喫する結果となった。

 今日はJEFのユース上がりでありながら、これまで一度も味方同士としてピッチに立つことの無かった佐藤兄弟のスタメンが実現。安田も初出場となった。しかしこれらが特効薬になったとは言い難く、安田に至っては効いていたと思えない出来であった。一週間で何かが劇的に変わるとは思えないが、経験値の高いはずのメンバーを据えてもうまく回らないというのは重症だ。試合後のコメントにも監督と選手に温度差があるのが気になる。悲観したくはないが、なかなか厳しい。

| | コメント (0)

2019/06/23

千葉ダービーで酷い負け方を見た

7e821874acd9415ca4e706bdc9c85639

前半シュートゼロ、90分通して枠内ゼロ、攻守ともに相手よりワンテンポ遅い、互いに何をしたいのか理解してなさそう、これで勝てるかって話。0-2で終わったのは鈴木椋大のおかげ。いやはや、千葉ダービーで酷い負け方を見た。

気力がない、やる気がないとは言わんよ、さすがに。ただ、何していいのかわからん感じは見て取れた。それだけ力の差が歴然としていたということだ。今日でもう18試合目。現実を見据えた戦い方をしていくしかない…って結局この10年、何やってたの?

| | コメント (0)

2019/06/15

アグレッシブに戦い、約一か月ぶりに勝利!

Dd2a0fe561ba44b38f8741a334050415 

 個人的に約一か月ぶりの参戦となったフクアリでのKAGOSHIMA UTD戦は決定機をことごとく相手GKに防がれて前半終了。後半に向けて嫌な感じがしたが、後半開始早々にクレーベの技ありヘッドで先制すると、その5分後に船山が堀米のマイナスパスに合わせて追加点。なかなか良い雰囲気になって来た…と思ったら好事魔多しで一点差に詰め寄られた。雨で重いピッチとなった影響と互いにハイプレスを多用するスタイルもあって両チームとも足を攣る選手が続出。難しい展開となったが、最後までこのままやり通すというタスクを守り、2-1でタイムアップ。約一か月ぶりの勝利を手にした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«大量ゴールで気分は良い、が…