2016/07/24

良い試合してもホーム三連敗は事実



 AWAY連戦で勝ち点を持ち帰り,このフクアリでさらにステップアップ,という意気込みで臨んだはずのS-PULSE戦は前半早々に0-2とされたものの,船山の2ゴールと長澤のゴールで逆転に成功!さあこれでと思った刹那,チームマネジメントの拙さからロスタイムにオウンゴールを献上。さらにはボールロストのミスからカウンター喰らって逆転ゴールを叩きこまれ,終わってみれば3-4で敗戦。チームとしてもサポーターとしてもショックが大きいゲームとなってしまった。

 ミスで失った失点を取り返してひっくり返したまでは良かったが,そのあとにどうやって終わらすか,というチームマネジメントが見えなかったように思う。この中途半端さはシーズン折り返しても変わっていない。あと,相手が一人減ったのにその優位性を保てないというのはもはや伝統芸能か?メンバー変わってんだから,それまで引き継がなくてもいいんじゃないかと思うのだが…。とにかくこのホーム三連敗という事実は正直キツイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/21

90分間,ピリッとせず



 AWAY連戦で中3日というスケジュールで行われた山形でのMontedio戦は前半早々にエウトンの技ありゴールで先制するも,セットプレーから昨年までJEFにいた田代に同点ゴールを与えてしまった。その後は追加点を狙うもシュートも少なく,防戦一方の時間帯も多くなり,結果としてそのまま1-1で引き分け。現場でのイメージとしては負けなくてよかったという結果となった。

 中3日であったが,全体的にピリッとしていない,もっさりとした印象の戦い方であった。スピード感を感じないというか…。ちょっといろいろと表現が難しい,そんなゲームだった。次のフクアリではもっと緊張感のあるゲームが見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/18

苦しみながらも連敗脱出



 三連敗で迎えた敵地町田でのZELVIA戦は『町田』也真人のゴールで幸先よく先制したものの,セットプレーで裏をかかれてすぐさま追いつかれ,後半も二列目と三列目の距離間の悪さから逆転ゴールを叩きこまれてしまったが,終盤の波状攻撃から丹羽が移籍後初ゴールで追いつくと,アディショナルタイムに遥也のクロスをオナイウがヘッドで叩きこみ,3-2と逆転!これが決勝点となり,3-2で勝利した。

 この日は攻撃時3バック,守備時5バックとなるシステム変更を行い,守備重視のようなスタイルとなったが,結論としてこれが功を奏したとは言い難く,これはこれでまだまだという印象が強い。ZELVIAのシュートミスにも助けられた感はある。それでも苦しみながら連敗脱出したのは今後に向けて好材料ではないだろうか。オナイウのゴールで初めて勝てたという要因も大きい。オリンピックに出場できない分,JEFで大暴れしてほしい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/10

選手の皆さん腹落ち出来てます?



 シーズン折り返し後半最初のゲームとなった,フクアリでのHOLLYHOCK戦は前半20分までに数多くあったチャンスを決めきれず,逆にカウンターで先制され,後半も相手のゴールをこじ開けることなく,0-1で敗戦。ついに3連敗となった。

 頑張ってない,走ってない,気迫が無い,とは言わない。勝つ気の無いのがピッチにいるとも思わない。ただ,今のサッカーに対して全員が腹落ち出来てるのかな,という疑問はある。腹落ち出来てないとしたら,それはもう指導する側の問題。じゃあどうするか。指導者が考え方を変えるか,指導者自体を入れ替えるか。答えは二者択一だが,大概は後者になるだろう。もはや重度の症状という他ない。関塚さんには申し訳ないが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/06/26

アクシデントは仕方が無いにしても…



 Verdy戦,S-PULSE戦を連続で引き分け,是が非でも勝利という思いで臨んだはずのGIRAVANZ戦は試合前にアランダが,開始直後に近藤という,センターラインの二人が外れるという緊急事態。このアクシデントが影響したのか,相手のDFの裏を狙う戦術に対応が遅れ,前後半で2失点。終盤にエウトンのゴールで一矢報いるもあと1点が奪えずに1-2で敗戦。チームマネジメントの拙さはもちろんのこと,主力二人が抜けたことで動揺したことが,明からにピッチに出てしまったゲームとなった。

 動揺を抑えるのは監督の仕事だが,それをピッチ上で具現化するのは選手の仕事。一言で言ってしまえば,両方とも出来ていたとは言い難い。アランダはわからないが,近藤は肉離れ。長くならないことを祈るのみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/12

チームマネジメントの拙さ





 25周年記念マッチとしてイベント盛りだくさんの中で行われた,フクアリでのVerdy戦は後半に2点先制するも,運動量の劇的な低下と,流れを変えられない交代策によるチームマネジメントの拙さも手伝って追いつかれてしまい,2-2のドロー。勝てたゲームを自らの手でみすみす逃してしまったという結果となった。この結果が後々響かなければ良いが…。

 遥也と也真人がキレキレなだけにスタメンから使いたいのは百も承知だが,そのバックアップがベンチにいない。流れを変えられるタイプの選手がもう一人欲しいが,じゃあそれがだれかと言われると,今のチームには正直いないのだ。試合後の監督のコメントを真に受けると,考えてないようにも読めるし…,真に受けると,だが。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/08

久々に充足感あるゲーム



 ホーム連勝後,AWAY連戦を引き分けて戻ってきた平日のMontedio戦は前半のエウトン2ゴールと後半の『ボレー王』也真人のゴールで3-0の勝利!ホーム3連勝で7試合負けなし,内容も結果も久々に大満足と言うことないゲームであった。2-0からのチームマネジメントもConsadole戦を糧にしてしっかりと我慢し,最終的にゼロに抑えたのはチームとしてワンランク上がったような印象を受けた。初先発となった大久保も良い意味で目立たないプレーに徹し,勝利に貢献できたというのは大きい。また,若手である乾にチャンスを与えたのはほかのメンバーにもいい刺激になるだろう。次の25周年記念となるゲームも楽しみだ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«一度も追いつかれてないのに二度も追いつかれたような勝利