« 週刊JEF系雑感7/17号 | トップページ | 申し訳ありません »

2004/07/17

frustration

 今日の戦術は仕方がない。前半抑え目にすることは今日の暑さとアウェイでの戦いだ。間違ってない。後半も組み立てを捨ててREDSに攻めさせ,その隙を突いて1点取った。ここまでは思惑どおり。間違いはこの直後だ。相変わらず変わってない。あそこは一番引き締めなければいけないところ。そこで安々とフリーにしてしまった。いつまで同じ光景を我々に見せつけるつもりなんだろうか。今日,TVで見ていて一番ムカついたシーンだ。

 今日のメンバーで得点1は及第点。2失点目はしょうがない。あれはREDSの執念だろう。JEFのメンバーにもあれくらいの姿勢を見せつけてほしい。

 これで呑気なことは言ってられなくなった。s-pulseが勝ったために3チームが勝ち点9。これで松本のゲームは絶対に負けられなくなった。勝ちたいという気持ちが強いのは果たしてどっちか。

 現地観戦の皆さんはお疲れさまでした。声はREDSサポ以上に響いてましたよ。

|

« 週刊JEF系雑感7/17号 | トップページ | 申し訳ありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/992693

この記事へのトラックバック一覧です: frustration:

» 敵状視察 アウェー市原戦(ナビ杯) [與野レッズBlog]
2週続けての市原戦は、ナビスコ アウェー松本です。 予選突破には向けて状況の確認 [続きを読む]

受信: 2004/07/21 00:24

« 週刊JEF系雑感7/17号 | トップページ | 申し訳ありません »