« It's show time! | トップページ | 週刊JEF系雑感8/1号 »

2004/07/30

REALの中心でICHIHARAと叫ぶ

Dsc00314.jpg

 待ちに待ったボーナスゲームとも言えるRealMadrid戦。午後5時ごろに会場入りして,1500円のプログラムを購入。REAL一辺倒かと思ったが,オシムと坂本のインタビューやJEFの歴史がまとめられており,損した気分ではなかった。

 席は全席指定。1時間くらいまではガラガラで「大丈夫か,こりゃ」と思ったが,結局ほぼ満員に。とりあえずハレルヤさん達の近くだったが,立っていたら後ろに迷惑がられたので結局90分間,座って観戦。いまさらだがカテ3くらいは自由席にしてもらいたかった。
 

 ゲーム前にはサポーターグループでウェーブを試みたがすべて途中で終息。代表戦ならこんなことはないのに。さすがにベッカム目当ての一見さんが多かったか。

 ゲームは序盤からJEFペース。6分にはマルキーニョスのロベカルばりのFKが決まって先制!湧き上がるゴール裏!この他にも勇人の惜しいミドルがあったりと淡い期待をさせたが,そこは銀河系選抜と呼ばれるチーム。一瞬のスキをついてグティに決められた。さらに芝に足をとられて転びながらもフリーとなったラウルの前に素晴らしいパスがきて綺麗に決められ,逆転を許した。

 前半戦の後半くらいから早くも走れなくなっていた選手も多く,後半は巻と林を頭から投入し,攻撃的布陣に。村井の左サイド突破や林の前を向いた姿勢に勝利への執念を感じたが,前がかりになっていたところをロスタイムにつかれ,3点目を許した。結局これで真夏の夜の夢は終了。

 でもまったくJEFがダメなわけではなかった。いつものメンバーのうち,4人がいなかったし,先発した水本はあのフィーゴを手を焼かせた。また,市原や水野といったルーキーもこの雰囲気を体感。いい経験になったのではないだろうか。ただ,やっぱり駒不足は否めない。

 サポーターはいつものゴール裏のメンバーがいつも以上に声を出していた。俺もその中に入りたかったが,仲間連れだったのと空いているかどうか確証がなかったので今回は遠慮した。俺もそれなりに声は出したつもりだが,彼らにはかなわない。お疲れさまでした。2ndも頑張りましょう。

|

« It's show time! | トップページ | 週刊JEF系雑感8/1号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/1082850

この記事へのトラックバック一覧です: REALの中心でICHIHARAと叫ぶ:

« It's show time! | トップページ | 週刊JEF系雑感8/1号 »