« GAMBA戦展望 | トップページ | Jリーグチップスカード所持状況(11/3現在) »

2004/10/31

内容充実,結果は最悪

Dsc00408.jpg

 2位,3位の直接対決。お互いここで勝てば次につながり,負ければ確実に脱落するガチンコ勝負。サポーター全部がそれをわかっているから,今日の選手入場では,普段立っていないゴール裏左右やメイン,バックも立ってマフラーを掲げてくれた。こんな光景,臨海ではじめて見た。思わず感動してしまった。

 ゲームは開始からJEFペース。ただ,フィニッシュに正確さを欠いていた。そんな心配をしかかった頃,阿部からのパスが誰かを経由して,相手ゴールへ!ゴールを決めたのが最初誰だかわからなかった。でもそんなことはそっちのけで大騒ぎ(ハーフタイムのメールで羽生と判明。今季ようやく初ゴール!)。その後もいいペースでゲームは進む。前半ロスタイムにも2点目!これも誰だかわからなかったが,とにかく点が入ればこっちのもの(これもメールでオウンゴールと判明。やらかしたのは宮本とのこと)。いい形で前半を折り返す。

 後半はGAMBAが攻勢に出る。なぜか対応できないJEF守備陣。どうやら前半とはシステムをがらりと変えてきたらしい。さすが「大事な男」。危ない場面では櫛野が体を張ってセーブ。接触時には頭から落ちて起き上がれず,心配したが,大事に至らず。しかし,これが影響したか,15分には1点差に詰め寄られてしまう。

 この頃のJEFは前半に動きすぎていたせいか,全体的に足が止まっていたように見えた。それでも数少ないチャンスを作り,30分には巻が中央から叩き込んだ!と思ったのもつかの間,これがオフサイドと判定される。確かにゴールライン上に勇人がいたが,攻撃には参加していなかった。その抗議をしている間にGAMBAがプレーを再開。カウンターであっという間に同点にされてしまう。

 ここから見たことのないような怒涛の攻撃が始まった。途中から入った要田の右足,一瞬決まったかに見えた村井のミドル,最近とみに垣間見えるようになった阿部のシュート・・・など。しかし,GAMBAのディフェンスは堅く,ネットを揺らすことはできない。結局このままタイムアップ。結果としてJEFにもGAMBAにも最悪な勝ち点1。赤い悪魔のほくそえむ顔が目に見えるようだった。

 終了後の挨拶,あえてブーイングはしなかった。ベストメンバーからは程遠い布陣でこれだけやってくれたのだ。でも何度もこんな姿は見たくない。あと残り4節,我々を楽しませてほしい。

 昨日,命名した「WATER BOYZ」は予想どおりの出来だった。特に水本は吉原の姿を完全に消し去っていた。体の入れ方とかも玄人ぽい。ほんとにルーキーか?水野は後半,二川を掴まえきれなくなって途中交代したが,それまでは及第点だろう。あとは丈夫な体を作ってほしい。要田もアクセントとしていい感触だった。これからが楽しみだ。

 阿部と村井にもゴールへの意識が感じられた。この意識をこれからも続けてほしい。あとは巻だなぁ。ポストプレーでことごとくシジクレイに勝てていなかった。今のうちではお前以外に狙えるところがないんだから,もっと頑張ってくれ。

 今週土曜日はMARINOS戦か。これからずっと行きやすいところだな。>あっ,天皇杯はダメだ・・・。

|

« GAMBA戦展望 | トップページ | Jリーグチップスカード所持状況(11/3現在) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/1822496

この記事へのトラックバック一覧です: 内容充実,結果は最悪:

« GAMBA戦展望 | トップページ | Jリーグチップスカード所持状況(11/3現在) »