« こんなトラックトップが見つかった | トップページ | ガチャT »

2005/03/09

当面,献血できず

 いきなり何だ?とお思いでしょうが,親からメールが来て,病院で検査を受けろ,とのこと。要はこんな話。

80~96年英仏渡航者、1日滞在で献血制限 ヤコブ病巡り(asahi.com)

 実は96年の夏,イングランドで3週間ほどホームステイをしていた。もちろん,8年も前のことなのでニュースに出ているようなハンバーガーやグレービーソースをしょっちゅう食べていたという覚えはほとんどない。しかし,2つ下のエントリーにもあるとおり,その土地に行ったらその土地のものを食べる,という意識はこの頃にもあり,実際このホームステイの期間中,和食はおろか,米さえもほとんど口にしていなかった。

 献血は年に一度くらいのペースだが,少なからず,協力し続けてきた。しかし,こうなった以上,当面は行っても確実に断られる。残念であるが,いたしかたない。

 ちなみにこれまでは80年から現在まで英国滞在1カ月以上、フランス滞在6カ月以上を対象としていたため,対象外だった,ということを付け加えておく。

|

« こんなトラックトップが見つかった | トップページ | ガチャT »

コメント

こんばんは。エントリーを拝見して、「なんだなんだ?」と思いました(^^)。

献血マニアってほどではないんですけど、今年既に3回ほど行っています。
時間があるので、待合室の手引きみたいなのを読んでいると、かなり多くの国が今回のような「献血不可の国」になっています。
半年以上の滞在とか、国によって色々と状況は違う(と言うか、憶えていない)のですけれど、全部で40くらいあったような気がしています。

さすがに1日以上の滞在は不可!なんてのはなかったように思いますが。

それにしても、ここまで厳密に献血に規制をかけるのに、アメリカ産牛肉を「なし崩し認可」してしまう日本国はどうなっているのでしょう?

投稿: 通り雨 | 2005/03/09 20:04

>通り雨さま

 すみません,紛らわしくて(^^;)。

 これからは海外に行ったら,献血できないなんて国になりそうですね,日本は。でも,そんなこと言ってたら,確実に血は足らなくなりますね。

 米国産牛肉について,行きつけのステーキレストランのマスターに以前,聴いたことがあるのですが,もう日本には在庫がなく,今月からは安い値段でステーキを売りに出せない,とボヤいてました。まあ,ちょっと前の話なので今はどうなんだろう・・・。

 「なし崩し認可」は間違いなく,米国からの圧力でしょう。

投稿: PACQUE@管理人 | 2005/03/09 23:18

毎度お邪魔します。情報ありがとうございました。vCJDの患者さんのことは仕事上のMLで存じていたのですが、献血制限の記事は全く気づきませんでした(朝日新聞が今は読める環境っていうのに)。

で、私も94年頃10日間ほどですが、旅行しており、帰国してどれぐらい経過した頃かは忘れましたが、最初に狂牛病(当時はBSEとか呼称は使用されておらず)の報道がなされ、シュロップシャーが怪しいという記事を読み、ちょいびっくり。シュロップシャーの州都シュルーズベリへ行っており、肉系のものを食べた記憶があるんですよね、しかもヨークシャー・プディングみたいなのを(汗。

今、自分のblogに接続できず、後日記事を書きましたら、リンク&TBさせていただきます。献血に関しては、私は常用している薬があるため不可能なのですが・・・。とりいそぎ御礼まで。

投稿: しょう | 2005/03/09 23:55

はじめまして、しかもトラックバックしてしまいました。
自分も該当者だったので。

日本の献血の基準だけ厳しいんですね。
輸入した血液製剤が日本の献血基準より安全かどうかあやしいですよね?

投稿: Mar | 2005/03/09 23:57

>しょうさま

 ヨークシャープティングかぁ。食べた覚えがなんとなくあります。でもまぁ,こればっかりは・・・。リンク&TBについてはありがとうございます。

>Marnさま

 コメント&TB,ありがとうございます。以前からリンクしていただいていたようですね。よく,アクセス解析でMarnさまのアンテナから,こちらのblogに来られている方が多かったのですが,どなたさまかわからなかったもので・・・。Mybloglistに入れさせていただきます。

 確かに日本の献血は厳しいですね。少々怠惰な私生活を送っていただけで献血できない,なんてことになりますからね。

 血液製剤についてはゴメンナサイ,あまり詳しくありません。

投稿: PACQUE@管理人 | 2005/03/10 00:40

私もイギリスで2ヶ月ほど語学学校に居たので。あちらではニクを食べずに生活するのは難しい気がします。
当者はかなりいそうですよね~。私はもともと血が薄いので献血は出来ないのですが…。
ちなみにここ2,3年、「ハンバーガーが世界を食い尽くす」という本を読んでから恐ろしくなり、特に、我が家の食卓は9割以上が魚になってます。

投稿: ジェフリス | 2005/03/10 08:29

>ジェフリスさま

>私もイギリスで2ヶ月ほど語学学校に居たので。

 スゲェ,本格的じゃないですか!オレはホームステイでしたが,一応スクールに延べで5日ほど通ったかな?てな感じでした。

 最近も休日になるとマクドナルドに家族連れが多くいるから,すでに食い尽くされてますね・・・。

投稿: PACQUE@管理人 | 2005/03/11 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/3227280

この記事へのトラックバック一覧です: 当面,献血できず:

» [雑記]献血 [節酒記録]
[http://jef-united.tea-nifty.com/canis_familiaris/2005/03/post_4.html:title] 95年... [続きを読む]

受信: 2005/03/09 23:34

» 牛肉思いっきり食べた記憶が [ジェフ夢 時々 現実 ]
 重い重い実家のアクセス(光か?マジで)。しかも親が寝静まった時間にこっそりと。さて、落ち着いてジェフ系blog巡り・・・と思ったら、Canis familia... [続きを読む]

受信: 2005/03/10 00:35

» 献血禁止 [想記(Weblog版)]
 この度、めでたく(?)献血ができない体となりました。・・・って別に激ヤセして体... [続きを読む]

受信: 2005/03/14 13:33

« こんなトラックトップが見つかった | トップページ | ガチャT »