« ナビ杯FC TOKYO戦展望 | トップページ | キリンカップをテレヴィジョンで見た? »

2005/05/21

「ポ,ポ,ポポポ,ポポポポ,ガビ!」

 DSC00742

 タイトルにあるとおり,ポペスクの新しいコールができました>ウソ。正しくは「ガービ,ガービ,ガービ・・・(代表における中田英のコールと同じ)」。

 ということで,いきなりリーサルウェポンのポペスクネタから入ったのは,ついにスタメン起用に相成ったから。ケータイにスターティングイレブンのメールが入ったのは,ちょうど京王線新宿駅で電車待ちをしていたとき。思わず,声を上げちゃいました。

 今日はゲーム前もポペスクへのコールを多めに。ただ,やっぱりナビスコだけあって,リーグ戦のそれとは違い,FC TOKYO側を含めて,観客も少ないし,なんかマッタリした雰囲気。いかん,いかん,ここで勝たないと,次がつらい。

 長くなるので畳みます。

 15時にKICKOFF。で,いつもと様子がちょっと違う。今日は相手がFC TOKYOということもあるのか,4バックだった。スタート時のフォーメーションは↓。

 WS000023

 リベロ抜きの4バックで1ボランチ。ポペスクは最初,左に張っていたが,次第に真ん中に。これまでマリオがやっていたボールのキープ役をポペスクが代役する形になった。

 ゴールはそのポペスクから生まれる。20分過ぎにペナ外でボールをもらうとそのまま相手ゴール前へ行き,シュート!思わぬ形で思わぬ選手の先制弾!(某所においてあった映像を見たが,ゴールまでの過程がすばらしい!)

 それにしても,FC TOKYO。前半はうちがディフェンスラインでパス回ししてもチェイスに来ない。引き込まれているため,逆にJEFもパスの出しどころがない。挙句にTOKYOサポからブーイング・・・ってちょっと違うんじゃないのか?ただ,そこから守りの「ほつれ」を見つけて攻めるのはいつものJEFのサッカー。それはできていた。

 後半はFC TOKYOが疲労を極力抑えた前半とはまったく違った攻撃を展開。JEFも負けじと応戦するが,勇人がシュートを外しまくるなど追加点が奪えない。FC TOKYOの決定力のない攻撃陣にも助けられ,無得点のまま,終盤へ。

 後半20分過ぎ,疲れが見えたポペスク,林から中島,要田にスイッチ。これがウマくなかった。中島は相変わらずNAKAZIMAで,要田も久しぶりの公式戦からか,周囲にかみ合わず。NAKAZIMAはパスミス連発で何度も冷や汗をかかせる。要田もキープできる選手ではないので,ボールが収まらない。終盤は滝澤も投入。ネタ選手のオンパレード。それでも最後まで何とか守りきり,試合終了。ナビスコ予選突破に弾みがつく一勝となった。

 初めて公式戦でポペスクを見ることができたわけだが,ゴール前でパスを出すような選手ではなさそうなので,攻撃のアクセントとして違った期待ができる。ただ,マリオのような守備は期待しないほうが良いかも。

 次はゴール裏スタンドに壁ができたReysol戦。今日,大輔が出場しなかったのはケガの影響もあるだろうが,次節以降ストヤノフが不在となるため,万全の状態にさせるのが目的だろう。同じグループのReysolはTrinitaに負けて,グループリーグは勝ち点6でJEFとReysolが並んだ。次節も負けられない。というか臨海のグッズ割引企画を企画倒れにしたかたきを取らないと。

|

« ナビ杯FC TOKYO戦展望 | トップページ | キリンカップをテレヴィジョンで見た? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/4222728

この記事へのトラックバック一覧です: 「ポ,ポ,ポポポ,ポポポポ,ガビ!」:

« ナビ杯FC TOKYO戦展望 | トップページ | キリンカップをテレヴィジョンで見た? »