« FC TOKYO戦展望 | トップページ | 【不徹底検証】実際,AWAYゴール裏どうなってんのよ? »

2005/05/15

決着つけたどー!

DSC00720

 過去の対戦成績,1勝3敗6分。ここ2年はHOME,AWAYすべて引き分け,というFC TOKYO戦。AWAYゴール裏を完売させた,そのサポの情熱にどう立ち向かい,勝利させるかがこのゲームの鍵になったと思う。

 長いのでたたみます。

 序盤は押し込まれるも,決定的な場面になる前にFC TOKYOの得点の芽を摘み取る,という展開。ただし,JEFも手をこまねいている訳ではなく,お得意のボールを追い越す動きと両サイドへの展開を繰り返す。そんなさなか,相手ゴール前の混戦からボールがネットへ。マリオが先制!一瞬の静寂の中,ゴール裏がヒートアップ!今日はいつも以上に声が出ていたように思う。

 さらにマリオのクロス→巻のヘッドで追加点。マリオのクロスは昨年の2ndVERDY戦,村井→サンドロに匹敵するワールドクラスのクロス。やっぱりマリオは凄すぎる。3人に囲まれても前線にロビングのパスを出すなど,今日は光っていた。

 後半も手加減なく,FC TOKYOを攻め立てる。今日は左サイドで坂本が石川を制圧。逆に水野はU-20での疲れもあったか,今野に手を焼いていた。ただし,後半はシュートをことごとく外しまくる。そうなると流れが相手に傾き始めた。ただし,今日のDF陣は前節のREDS戦からの好調を持続し,ゴールをなかなか割らせない。水本も4月中のような判断の悪さから,復調しているようだ。

 ただ,今日は交替選手が効いていなかった。林も山岸も流れが悪いところに投入されたのだが,その流れを変えられない。ボールが持てるハース,相手DFとの競り合いで今日はほぼ互角だった巻と交代しているため,ボールが収まらないし,取れない。

 そんな感じが守りに影響したか,ロスタイムに失点。さらに攻め立てられ,石川のクロスを櫛野が抑えたところで笛の音。突然湧き上がる相手ゴール裏。JEFの選手たちはひざまづく。「えっ,PK?」。静まり返るHOMEゴール裏。しばらくすると主審がボールを持ち,中央へ。ここでやっと自分たちが勝ったと認識。主審の奥谷さん,その辺ハッキリさせてよ(怒)。

 とにかく,FC TOKYO相手に2001年1st以来の勝利。若干タイムラグがあったものの,歓声が沸きあがる。

 終了後はいつもどおり,ゴール前での挨拶。ここでハースがおもむろに坂本や阿部たちの腕をとる。バンザイ復唱,とでも呼べばいいのか。ちょっとこれは楽しかった。勝ったのだからこれはこれでいい。できれば続けてほしい。

 さらにこれ以降,U-20でチームを離れる水本,水野,充喜に対して壮行会。それまで黄色だったゴール裏が,手作り日の丸と手持ちのJAPAN BLUEに染まる。オランダの地が踏めるように頑張れよ。

 ところで,今日から6月11日まで,FC TOKYO強化月間。ナビスコ,サテライト含めて,あと3試合あります。今年は短期間に対戦が重なるチームが多いな。

 あっ,AWAYゴール裏探検してきましたよ。それについては別エントリーで。

|

« FC TOKYO戦展望 | トップページ | 【不徹底検証】実際,AWAYゴール裏どうなってんのよ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/4130896

この記事へのトラックバック一覧です: 決着つけたどー!:

« FC TOKYO戦展望 | トップページ | 【不徹底検証】実際,AWAYゴール裏どうなってんのよ? »