« シーチケ,後半分が到着しました | トップページ | ナビ杯へのモチベーションを下げないように »

2005/07/18

やっぱり,JEFのサッカーはオモロイですわ

 DSC00849

 HOT6!と銘打たれた,7月のリーグ戦も5戦目を迎えたと同時に,このゲームですべてのチームとの戦いが一回りしたことになる。7月に関しては負け先行で,今日の結果によっては上位に残るか,下位争いか,という大事な一戦となった。

 JEFはこれまでの2バックシステムから3バックに変更。ただし,ストヤノフの位置が心なしか前目のように映った。結果的にこれがハマった。

 バックでのボール回し。相手がプレッシャーに来ないと見るや,ドリブルで何度も仕掛けるストヤノフ。 20分経過するかしないかという頃には相手のペナルティエリア付近までボールを持って侵入。『おいおい,無茶するなよ』と思った矢先にマリオとのきれいなワンツーを決めてそのままシュート!思いがけない選手の先制点!今まで,セットプレーでも上がったことを見たことなかったため,こんなこともできるのか,と改めて感心。

 今日のArdijaも他チーム同様,カウンター狙い。前半,決定的なシーンを何回か作られたが,そのつど,宇宙開発やらで何とか助かっていた。結局,無失点のまま,前半は1-0で終了。

 後半,最初の15分ほど,相手にペースを握られるもトニーニョがイエロー2枚で退場。相手が10人になり,さあこれから,という時だが,どうもペースが作れない。

 ここで,羽生に代えてポペスクか・・・と思っていたら,交代相手はなんと浩司(今日はあえて「NAKAZIMA」と呼ばない)。ポジションどこよ!と見ていたら,なんとトップ下。その直後,巻→阿部のゴールで追加点!阿部のポジション取りはスゴイの一言。というか,何でアナタがそこにいる!?

 その後はJEFのショータイム。途中交代の林,要田を徹底的に煽る。当然,期待に応えてくれたのか,惜しいシュートを連発。大輔のオーバーラップやゴール前のこぼれ球にこれまで見せたことないような反応を見せた浩司など,サポーターにとってはネタてんこ盛りの内容。やっぱりJEFのサッカーは面白い。

 当然,Ardijaの攻撃もシャットアウトし,結果,2-0の完封勝利!久々に気持ちのいい勝利だ。

 DSC00855

 ゲーム後,ゴール裏での挨拶で何度も万歳を繰り返すイレブン。これはでんぐりとともに定型化していきそうだ。

(オマケ)

 『肉球と肉球のコラボ』を宣言どおり,実現させました。左上のphotoを変更しましたが,現物も載せておきます。自由に取り込んでいただいて構いませんが,直リンと二次配布だけはご勘弁を。

 DSC00842

|

« シーチケ,後半分が到着しました | トップページ | ナビ杯へのモチベーションを下げないように »

コメント

どうもお疲れ様でした!
あああああ、本当に肉球と肉球だーーーー!www

実際持ち歩いてみるとニットマフラーはタオマフと違ってぶん回せるというか、結構無造作に取りまわせる感じがいいですねぇ。
あと長めに作ったせいか犬の首にもかけられるしw

投稿: くりくら | 2005/07/19 02:05

肉球コラボ、最高ですww

投稿: ミサト | 2005/07/19 21:43

 あはは!ステキステキ(^◇^)

 次は「05」って入ったステッカーを持っていって、ユニティ肉球の真ん中に貼ると更にグ~!

投稿: 通り雨 | 2005/07/19 23:24

 誰もゲームの内容には触れてくれないのね・・・。

>くりくらさま

 そうなんですよ,タオマフって意外と短いのでスカーフっぽく巻けないんですよね。

 ちなみに最初,手(足?)はピースをしてくれていたのですが,それをパーに変更させました。

投稿: PACQUE@管理人 | 2005/07/20 01:34

>ミサトさま

 自画自賛(この場合は他画自賛か?)するのもなんですが,最高ですw。

投稿: PACQUE@管理人 | 2005/07/20 01:36

>通り雨さま

>次は「05」って入ったステッカーを持っていって、ユニティ肉球の真ん中に貼ると更にグ~!

 アイデアをどうも。でも,そこまではムリ~!

投稿: PACQUE@管理人 | 2005/07/20 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/5029503

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり,JEFのサッカーはオモロイですわ:

« シーチケ,後半分が到着しました | トップページ | ナビ杯へのモチベーションを下げないように »