« J1リーグ S-PULSE戦展望 | トップページ | 第2弾がきましたよ »

2005/09/24

内容と結果は伴わないことがままある

 DSC01085

 今季の臨海最終戦。ついにこの日がやってきた。それに相応しいかどうかはわからないが,JEFのこれまでのリーグ戦ホームゲームでの勝敗が99勝99敗17分。勝負がつけばどちらかが100になる,大事な一戦。

 前半KICKOFFから,S-PULSEが4バックの利点を生かし,両サイドから早い攻撃を展開。 両サイドで2人と対応しなければならない坂本と山岸が思うように上がれない。前半は後手を踏む状況が続く。ゴールエリア内でPKを宣告されたこともあったが,これはオフサイドで事なきを得た。

 それでも30分過ぎに市川からのセンタリングがチョのヘッドにピタリと合い,先制を許す。ただ,あまりにもキレイすぎたため,正直な話,あまり悔しくなかった。これは決めた2人のそれぞれが上手かった。取り返せれば何とかなると思っていたし。

 実際,その機会はすぐに訪れた。40分に相手陣内でのCKの場面で巻がDFに倒されPKを獲得。このPKを阿部がきっちり決め,前半のうちに同点に追いつく。結局1-1のまま前半終了。ここまではパスミスや判断ミスもあり,あまり面白い内容ではなかった。

 後半開始後もそんな展開が続く。後半20分過ぎには林,羽生out,工藤,水野inで前線を活性化させる。それでもあと一歩のところでゴールが割れない。ディフェンスもS-PULSEのカウンターを立石が摘み取る。そんな攻防がロスタイムまで続いた。

 今日は引き分けか,そんなことが過ぎった刹那,水野のフェイクを要田がグラウンダーのクロス,これがゴール前の巻へ。いつもは頭から飛び込む巻が足で押し込む決勝ゴール!ゴール裏に向かってガッツポーズする巻。それに呼応するゴール裏。これで2-1となり,そのままTIMEUP。ここ最近同様に内容が悪いながらも3連勝と相成った。

 DSC01091

 デングリ~挨拶終了後のゴール裏。選手たちはいい顔をしていた。ただ,内容は良かったとは言いがたい。 次は今日引き分けのため,必死になって攻めてくるであろう,Antlers。これまでの相手とは意識が違うので,そのつもりで戦ってもらいたい。

(オマケその1)

 DSC01094

 今日発売になった「臨海魂ピー(りんかいだまぴー)」。どうやら売り切れたようですよ。ちなみにまだ,食べてません。

(オマケその2)

 「Over」のコーラス隊に参加してきました。雨だったのでどれくらい来るかと思っていたのですが,約200人くらいいましたね。スタジアムDJの蒲田さん,酒井さんだけでなく,バズーカ山寺さんと井川絵美さん,飯田留美さんも参加。さらには光永君本人も来て,かなり面白いレコーディングとなりました。あのRECがどのように使われるのか,完成版を聴くことができるであろう,10月16日が今から楽しみです。

|

« J1リーグ S-PULSE戦展望 | トップページ | 第2弾がきましたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/6102044

この記事へのトラックバック一覧です: 内容と結果は伴わないことがままある:

« J1リーグ S-PULSE戦展望 | トップページ | 第2弾がきましたよ »