« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/30

2005年観戦結果

 今年1年を振り返る,ということで今年の有料ゲーム全結果と私の観戦回数を拾ってみました。

NO. game leg vs date W/D/L score 観戦
1 チバギン    柏  2月20日  ●   0-1
2 J1 1  名古屋  3月5日  △   2-2
3 J1 2  柏  3月12日  △   2-2
4 ナビ ヨ1  大分  3月19日  ○   1-3  
5 ナビ ヨ2  柏  3月26日  ●   1-2
6 J1 3  東京V  4月3日  △   2-2
7 J1 4  大分  4月9日  ○   4-2
8 J1 5  磐田  4月13日  ○   1-3
9 J1 6  鹿島  4月16日  ●   2-4
10 J1 7  清水  4月23日  ●   2-1
11 J1 8  G大阪  4月28日  ○   3-1
12 J1 9  川崎  5月1日  ●   1-0
13 J1 10  広島  5月4日  △   1-1
14 J1 11  浦和  5月8日  △   0-0
15 J1 12  F東京  5月14日  ○   2-1
16 ナビ ヨ3  F東京  5月21日  ○   0-1
17 ナビ ヨ4  柏  5月28日  ○   1-5
18 ナビ ヨ5  大分  6月4日  △   1-1  
19 ナビ ヨ6  F東京  6月11日  ○   3-2
20 J1 13  神戸  7月2日  △   1-1
21 J1 14  C大阪  7月6日  ●   3-0  
22 J1 15  新潟  7月9日  ○   3-2
23 J1 16  横浜  7月13日  ●   2-1  
24 J1 17  大宮  7月18日  ○   2-0
25 J1 18  川崎  7月23日  ○   1-0
26 ナビ 準々  磐田  8月6日  ○   3-2
27 ナビ 準々  磐田  8月13日  △   2-2  
28 J1 19  柏  8月21日  ○   1-2
29 J1 20  C大阪  8月24日  ●   1-2
30 J1 21  新潟  8月27日  △   1-1
31 ナビ 準決  浦和  8月31日  ○   1-3
32 J1 22  広島  9月3日  △   1-1
33 J1 23  東京V  9月11日  ○   1-0
34 J1 24  大宮  9月17日  ○   0-1  
35 J1 25  清水  9月24日  ○   2-1
36 J1 26  鹿島  10月1日  △   2-2  
37 ナビ 準決  浦和  10月5日  △   2-2  
38 J1 27  横浜  10月16日  △   2-2
39 J1 28  神戸  10月22日  ○   4-0
40 J1 29  大分  10月29日  ○   0-1  
41 ナビ 決勝  G大阪  11月5日  ○   0-0
42 天皇 四回  甲府  11月9日  ○   3-2  
43 J1 30  磐田  11月12日  △   2-2
44 J1 31  F東京  11月20日  ●   2-1
45 J1 32  浦和  11月23日  ○   1-0
46 J1 33  G大阪  11月26日  ○   2-1
47 J1 34  名古屋  12月3日  ○   2-1
48 天皇 五回  C大阪  12月10日  ●   2-5  

(JEF UNITED今季全成績)

 全48試合 24勝 14分 10敗

(管理人観戦数)

 全48試合中38試合観戦

(観戦での勝利目撃数)

 38試合中20試合 観戦勝率 53%

(管理人ベストゲーム)

 J1リーグ第5節 vs Jubilo@ヤマハ

(管理人ワーストゲーム)

 J1リーグ第20節 vs CEREZO@臨海

続きを読む "2005年観戦結果"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/24

予算1億円減って何よ?(怒)

 昨日発売の「EL GOLAZO」に木村氏署名記事のオシム監督インタビューが載ってました。来年も監督をやっていただけるであろうことは,まだ未定ですが,たぶん大丈夫だと思います。

 ただ,一つ気になる事が。木村氏によると来年はJR,古河ともに5000万円のスポンサー料減額だそうです。さあ,これからって時に「 や る 気 あ ん の か よ 」って感じです。

 他にアテがあるというのならいいんですけど,今のままではまた社長の口から「びん(ry」って出てきますよ。予算が少なくても勝てる,なんて美辞麗句で優越感に浸れるのは今だけです。今年の初めのように複数の主力選手に出て行かれたら話になりません。

 今は各マスコミにフロントの体質を叩いてもらっている状態なので,これからもっと叩いてほしい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/17

ガービ!ガービ!ガービ!ガービ!・・・

ポペスク選手の引退について(公式)

 63965205_23

 「ポペスク」という名前を初めて聞いたとき,すぐさま「ゲオルゲがくるのか?」と思っていたら,ガブリエルのほうだった。正直,それまで未見だったのだが,98年フランス大会時のルーマニア代表であったり,バレンシアにも在籍していたという触れ込みだったので,マリオやイリアンよりも期待していた。

 ところが,蓋を開けてみたら,チームにはフィットしないわ,来日したときにはすでにケガ持ちだわ,サテライトゲームに出ればラフプレー連発で退場だわで「久々に外国人でハズレを引いた」とシーズン序盤は思っていた。

 その評価が一変したのはナビスコカップ予選リーグでのAWAY,FCTOKYO戦。初登場初先発で遅ればせながらの名刺代わりの一発。ゴールが見えたら必ずシュートで終わる,2005年バージョンのJEFでは異彩を放った個性。以来,彼はこのナビスコカップで大暴れすることになり,予選リーグ突破の原動力にもなった。

 サッカースタイルだけでなく,キャラクターも異彩を放った。東欧のスラブ系民族の血を引いているであろうにもかかわらず,シャイな性格。マリオ,イリアンが妻子持ちであるため,オフは一人でクラブハウスのパソコンでネットサーフィンという有様。それでもスペイン語が話せる要田がいろいろ連れ出したおかげで徐々にチームに馴染んでいった。

 彼のプレーで圧巻だったのはナビスコカップ準決勝1stレグのREDS戦。2-1でリードしていた後半10分すぎの流れるような攻撃の中で,勇人のシュートフェイクからのパスに見事反応し,右45度から右足を振りぬいた,ネットを貫くような豪快なシュート!これが結果的にナビスコファイナルへ導いた得点となった。

続きを読む "ガービ!ガービ!ガービ!ガービ!・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/14

ハーガ!ハーガ!ハーガ!ハーガ!・・・

 ということで,今季移籍第一号は芳賀選手と相成りました。

 彼は昨シーズンの終盤,野戦病院と化したチームにアマから呼ばれ,その直後のVISSEL戦でデビュー。左サイドから勇人へのアシストを決めたパスがいまだに残像として残ってます。今年も期待していたのですが,やはりJEFの中盤の層が厚くなってしまったために出番がありませんでした。

 それでも,彼はアマからの昇格選手。J2とはいえ,上位に位置するConsadoleなら彼の活躍の場は充分にあるでしょう。彼も皆と同様に,オシムの指導で鍛え上げられてます。

 そういや,来年はJ2も近いところで見られるようになったし,JEFのゲームと重ならなかったら,行ってみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/12

My Treasure

 DSC02138

 サテのTG終了後,ピッチからクラブハウスに戻る途中のオシム監督にサインをいただく。もはや家宝だ。大事にしよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/12/10

CEREZO戦をBSで見た

 ブルーノ・クアドロスってなんで日本にいるのかねぇ。

・・・冗談はさておき,全体的には悪いゲーム運びじゃなかった。むしろ,いつものサッカーはできていた。ちょっと違ったのは阿部と大輔がいなかったことだけだ。彼がいれば森島をあれだけフリーにさせることもなかったろう。1失点目なんか,まさに阿部不在を象徴していた。今日のCEREZOはJEFのわずかな綻びを見事に突いてきた感じだ。5失点は前掛かりになった結果だ。

 ただし,ゴール前での決定力が違いすぎたのは明白。CEREZOは誰でも打ってきた。今日の3点差はその差だ。

 以前,「内容と結果は伴わないことがままある」というエントリーを立ち上げたことがあった。あの頃は内容が悪くても勝っていた。今日はその逆。こんな日もあるわな。

 もっとも,お隣はそれ以上に大炎上でしたな。あの動きと内容じゃ,サポーターに失礼だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EMPEROR'S CUP 5回戦 vs CEREZO戦展望

 今年最後の大会は一発勝負の天皇杯。でもなんでトットリなのよ。

 などとブーブーいいながらも明日の予想スタメン&スタベン。

 WS000054

 ケガと疲労回復により,櫛野,大輔,阿部が帯同していないとのこと。布陣はたぶん2バックだけど,状況によって坂本,中島が入ることになるかも。

 相手のCEREZOはJリーグアウォーズの優秀選手に6人を輩出しているいいチーム。さらには今季,唯一リーグ戦2敗を喫した相手。来年のためにも今度は勝っておきたい。

 とりあえず,明日は19時からNHK-BSにて録画中継ありのため,日中は仕事に集中します。よって,私に連絡しないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/07

エライことになっております

 PIC_0243

  12月7日1時30分現在

 amazon.co.jp トップセラー2位

 オンライン書店 ビーケーワン ランキング2位

 楽天ブックス ホビー・スポーツ 売り上げランキング1位

 八重洲ブックセンター 地下1階ベストセラー1位

 そりゃあ,買えなくて困っている人も続出するわな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/05

リーグ終了から1日たって

クロアチア・サッカーニュース「オシムの地元紙インタビュー」

 毎度おなじみ,クロアチアのザグレブ在住の長塚さんから,サラエボ地元紙のオシムインタビュー記事が届きました。詳細はリンク先を。

 まあ,気になる来季のことについては,いつもどおり,何も決まっていないそうですから,これまで同様,来年の始動日にオシムが日本に来るのかどうかが焦点になりそうですよ。

続きを読む "リーグ終了から1日たって"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/03

05年リーグ戦は隊長に始まり,隊長に終わる

 DSC02126

 今年のJリーグも今日で終わり。いつもなら感慨に耽るのだろうが,今日はいつもの年以上に大事なホーム最終戦。まずは勝って,他の結果を待つ。

 KICKOFF前に配られた色紙をかざす。メインやバックから見ると綺麗だったらしい。考えた人たち,GOODJOB。

 DSC02129

 今日はさすがにメインも黄色率高し。やっぱりホームゲームはこうでないとね。

 ゲームは若手中心のメンバーとなったGrampusに対して,モチベーションの高いJEFが攻め込む展開。それでも最後の砦,秋田が効いていたのか,なかなかゴールを割ることができない。勇人や羽生の惜しいシュートもあったが,前半はスコアレスで終了。

 後半も頭から,阿部のFK,勇人のバー直撃,イリアンのミドル,マリオのオフサイドと判定された綺麗なシュート,林のファーサイドからのシュート・・・,と枚挙に暇がないが,あいかわらず,ゴールを割ることができず。特に,負傷の楢崎から急遽変わった川嶋が憎らしいくらいにスーパーセーブを連発。もうこれは止めたほうが上手い,と納得せざるを得なかった。

 ところが,先制点はまたもやイヤな形から決まってしまう。Grampus陣内の縦ポンを櫛野がクリアしきれず,相手の鴨川がヘッド。イリアンが対応するも間に合わず,ゴールに吸い込まれてしまった。

 それでも,ゴール裏の誰もが追いつけると信じて声を出し続ける。すると,ロスタイム突入間際,Grampusのペナルティエリア内で大輔が倒され,PK獲得。これを阿部が冷静に決めて同点に。

 さらにそのKICKOFF直後,ボールを奪った工藤が,相手の執拗なマークを受けながらもボールを失わずに阿部にパス。阿部はダイレクトにマリオにつなぎ,マリオは右サイドを走りこんできた坂本に。坂本がワントラップして豪快にシュート!ボールは見事にサイドネットに突き刺さった!

 これを見せ付けられたゴール裏は割れんばかりの大騒ぎ。さらに見渡すと2階自由席はもちろんのこと,バックスタンドも総立ち状態。これだ,この雰囲気を待っていたんだ。

 余韻も覚めやらぬまま,劇的な逆転勝ちで終了。CEREZOを除いた上位チームがそれぞれ勝ったため,最終結果は4位となった。

続きを読む "05年リーグ戦は隊長に始まり,隊長に終わる"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/12/02

JEFサポだけで初版完売(予定)!

木村元彦の「地球を一蹴」
第16回(11/30更新)
「オシムが見る日本サッカーの姿」

 集英社intl.はJEFサポをナメすぎ。7,000部なんざ,JEFサポで買い占めて,すぐに無くなるぜ。今のうちにバックオーダー,覚悟しとけよ。

 な~~~~~んて,強がってみたりして。とりあえず,一人一冊,立ち読みすんな,買って読め!いや,読んでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »