« ハーガ!ハーガ!ハーガ!ハーガ!・・・ | トップページ | 予算1億円減って何よ?(怒) »

2005/12/17

ガービ!ガービ!ガービ!ガービ!・・・

ポペスク選手の引退について(公式)

 63965205_23

 「ポペスク」という名前を初めて聞いたとき,すぐさま「ゲオルゲがくるのか?」と思っていたら,ガブリエルのほうだった。正直,それまで未見だったのだが,98年フランス大会時のルーマニア代表であったり,バレンシアにも在籍していたという触れ込みだったので,マリオやイリアンよりも期待していた。

 ところが,蓋を開けてみたら,チームにはフィットしないわ,来日したときにはすでにケガ持ちだわ,サテライトゲームに出ればラフプレー連発で退場だわで「久々に外国人でハズレを引いた」とシーズン序盤は思っていた。

 その評価が一変したのはナビスコカップ予選リーグでのAWAY,FCTOKYO戦。初登場初先発で遅ればせながらの名刺代わりの一発。ゴールが見えたら必ずシュートで終わる,2005年バージョンのJEFでは異彩を放った個性。以来,彼はこのナビスコカップで大暴れすることになり,予選リーグ突破の原動力にもなった。

 サッカースタイルだけでなく,キャラクターも異彩を放った。東欧のスラブ系民族の血を引いているであろうにもかかわらず,シャイな性格。マリオ,イリアンが妻子持ちであるため,オフは一人でクラブハウスのパソコンでネットサーフィンという有様。それでもスペイン語が話せる要田がいろいろ連れ出したおかげで徐々にチームに馴染んでいった。

 彼のプレーで圧巻だったのはナビスコカップ準決勝1stレグのREDS戦。2-1でリードしていた後半10分すぎの流れるような攻撃の中で,勇人のシュートフェイクからのパスに見事反応し,右45度から右足を振りぬいた,ネットを貫くような豪快なシュート!これが結果的にナビスコファイナルへ導いた得点となった。

 ナビスコでの決勝戦での出場を最後に,彼の姿を公式戦で見ることはなかった。私自身が動いている彼を見たのは12月10日の東海大とのTG。彼は先発でフル出場。公式戦も終わったこの時期になんで?とそのときは不思議に思ったが,今思えばこれが彼の「引退試合」だったのだろう。このときのゲームは3-3のイーブン。普段ならこれで終わりのはずが,なぜかPK戦まで行った。このとき彼はチームメイトからひとり離れ,PKポイント付近からチームメイトに声をかけていた。

 PIC_0253

 ※TG東海大戦でのPK合戦で一人,傍らで観戦するポの人(わかりにくくてスイマセン)

 そんな彼も人知れず,我々の前から姿を消した。クラブからは引退の事後報告のみ。もう少し,血が通ったクラブになってほしいが,ここでこれ以上いうのは止める。ただ,彼には一言,礼を言いたかった。ナビスコカップは彼なくして獲得できなかったし,彼の存在が今季のJEFサポーターを楽しませてくれたのだから。

 ありがとう,ガブリエル・ポペスク。これからはルーマニアでの不動産ビジネスで一発当てて,ぜひともJEFのスポンサーになってください…というのは冗談ですが,あなたの幸せを願います。

 (注)トップの直筆サイン入りポペスクユニの写真は,ゴール裏の友人H氏から拝借したものです。

 

|

« ハーガ!ハーガ!ハーガ!ハーガ!・・・ | トップページ | 予算1億円減って何よ?(怒) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/7670673

この記事へのトラックバック一覧です: ガービ!ガービ!ガービ!ガービ!・・・:

« ハーガ!ハーガ!ハーガ!ハーガ!・・・ | トップページ | 予算1億円減って何よ?(怒) »