« やっぱりやりますか | トップページ | 帰って来るようですよ »

2006/01/10

Sexy football is starting over

 DSC02145

 生まれて初めて高校サッカーを観戦しに行きました。野洲高に青木クンがいるだけならTVで見ればいいだけですが,今日の目的は野洲高のサッカーを生で見ること。縦ポン主流の高校サッカーであくまでも全体として個人技重視,それでいてきちんと組織立っている。これは生で見るべきでしょう!ということで行って参りました。

 行ってみると,予想どおりJEFサポばっかり(笑)。ただし彼らも青木クンだけでなく,野洲のサッカーを見に来ていたのは言うまでもありません。

 結論,彼らは決勝だからといって,よそ行きになる事もなく,「野洲のサッカー」を貫きました。ゲーム開始前のパス練習でもラボーナを魅せる青木クン。決勝の舞台でどこにそんな余裕かましてんだよ,と思いましたが,彼らにとっては当たり前のことなんだろうなと納得。

 DSC02146

 ゲームが始まってからは鹿児島実のすばやいプレスに臆したか,ロングボールを多用していましたが,それも始めだけ。セットプレーから先制すると彼らの真骨頂である一対一からのドリブル勝負,目が頭の後ろについているかのようなヒールパス,両サイドを大きく使ったサイドチェンジとやりたい放題。このサッカーを1,300円で見ることができるなら安いもんだ。下手なJリーグや海外から物見遊山で来るクラブチームのPSMよりもいい内容。

 それでも後半はフィジカルに長けた鹿児島実がさすがに同点に追いつく。彼らも彼らのサッカーを貫き,立派の一言。結果,もっと見たいという我々の思いが通じたのか延長戦へ。

 延長では足をつる選手が続出。その隙を突いた後半,野洲の左から右へのサイドチェンジを基点に乾クンが平原クンへ見事なヒールパス。その平原クンが右サイドを走りこんできたボランチの中川クンへ出し,ダイレクトでクロス。走りこんだ瀧川クンが見事なボレー!この展開にはまさにホレボレ。

 この決勝点で野洲が見事に初優勝。高校サッカーに新たなスタイルを持ち込むことに成功した。それでもsexy footballは完結しない。青木クンもこれから野洲で培ったこのサッカーを持ってJEFのサッカーに揉まれて行くことになるだろう。

 DSC02152

 それでも終了後のヒーローインタビューで「これからはJEFで頑張る」と見事に言ってのけた青木クン。JEFサポからもらったタオマフを掲げる姿も立派。我々も期待しているよ。

|

« やっぱりやりますか | トップページ | 帰って来るようですよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sexy football is starting over:

« やっぱりやりますか | トップページ | 帰って来るようですよ »