« 久々の大脱走 | トップページ | ジーコさんよ,代表への参考になったかい? »

2006/05/01

AWAYで食べたものを淡々と記録するよ#6(大分編兼旅行記風)

 今年一発目の淡々記録。勝ったあとは食い物も酒も進む,進む。

 Dsc06224

 まずはスタジアムで大分の定番,とり天ととり飯のおにぎりを購入。とり天はタレがかなりいい味。肉もささみが中心なので数があっても胃もたれせず,健康的です。 とり飯も味付けがGOOD。

 こちらも長いので畳みます。

 試合終了後,大分市内までバスで移動して,市内のホテルにチェックイン。すぐさま大分市内の繁華街へ。正直言うと,この時点でまったくのノープラン。基本的には間取りが狭くてカウンター中心の店が好きなため,そんな感じの店を探すが,大きなところばっかりでなかなか見つからず。それでも雑居ビルの一階に間口の狭い店を発見。カウンターもあったのでそこに入店した。

 さっそくビールを注文して,超定番の「関サバか,関あじ,ありますか?」と聞いてみる。すると,今日は市場が閉まっていて,入っていないとのこと。ちょっとガッカリしたが,「関」はつかないけど,かなりいいアジが入っているというのでそれを中心に以下のものをまず注文。

 Dsc06236

 (上右の半円)九州といえばからしレンコン。その裏にあるのは梅レンコン。どちらもお店の自家製。

 (下右)「関」がつかないが,非常に脂の乗ったアジ刺し

 (下左)九州の定番,馬刺し。熊本のものが多いのはマスターが熊本出身であるため。

 ちなみにここのマスター,あまりサッカーに詳しくない。それでも食べ物の旬の話で盛り上がった。今の時期の関サバや関あじはあまり大きくないとのこと。全長40センチを超えないと美味さは実感できないという。また,そういうのはもっと大きいところに持って行かれてしまうため,あまり出回らないとのこと。

 ビール一杯飲んだあとは焼酎を注文。東京だと大分焼酎で有名なのは麦の「二階堂」だが,ここはあえて,マスターのお勧めをいただく。出てきたのが東京ではあまり見たことが無い,これ。

 Dsc06237

 屋久島の芋焼酎,「三岳」。生産量が少なく,屋久島以外への流通も少ないらしい(帰ってきた後にネット検索してみましたが,入荷未定のサイト多し)。 芋というとクセがあって,好き嫌いが多いのが一般的ですが,これはクセがなく,ほのかに甘くて口当たりがかなりいいです。手に入りにくいのがわかるような気がします。マスターからも「次,いつ手に入るかわからん」と言われてしまいましたので,俺がお目にかかれるのはいつの日か。

 さて,かつて清水で「イルカの煮込み」を喰ってきたオレです。日本に数多くある「珍味」を喰わないと,このコラムは意味がありません(謎)。ということでマスターにかなり珍しいものを出してもらいました。まずはこれ。

 Dsc06239

 初めて見る,「亀の手」。でも本当の亀の手ではありません。 一般的にはフジツボの仲間らしく,貝類のようですが,イソギンチャクという人もいるようなので実際はわかりません。塩茹でにして白い部分を食します。臭みとかなく,あっさりしていて食感も良く,美味いです。

 Dsc06240

 生ひじきの煮物。ひじきというと真っ黒のイメージですが,生は褐色。口に入れて噛むと従来にひじきには無い,シャキシャキ感があります。ひじきでこの感覚が味わえたのはある意味新たな発見でした。

 Dsc06241

 あゆのうるか。 塩辛のようなものです。オレは好きな味ですが,苦いので好き嫌いは分かれるかもしれません。

 Dsc06242

  最後はここでも「とり天」で〆。熱々をほおばって,焼酎のロックで流し込む。もう最高。

 一日目の夜はこれで終了。このあと,ラーメンでも食いに行こうかと思っていたが,ホテルに戻ったら睡魔に襲われ,9時くらいに寝入ってしまった。起きたのは夜中の1時過ぎ。さすがにこんなところじゃ夜中に満足な店もなかろうと思い,再び寝入った。

 次の日は暑いくらいの快晴。ちょっと観光でもしようかと思ったが,大分市内はそれほど見るものがなかった。飛行機の時間もあるので市内から遠出もできない。その辺は諦めて,市内での新たな店を探そうと観光案内へ。「こつこつ庵」というところでだんご汁などの郷土料理が食べられることを知る。なので,昼飯がてら行ってみる。ついたところがここ

 Dsc06244

 この外観,東京にあったらまずもって近寄りたくないが,それ以外の地だと吸い寄せられてしまうのが不思議だ(笑)。 ここでは以下のものを注文。 

 Dsc06245

 (中左)「りゅうきゅう」という真鯛のしょうゆ漬け。この醤油ダレ,ご飯にかけても美味かった。

 (中上)小鉢として出されたフキの煮もの。

 (右下)関アジの刺身。美味いのは美味いのだが,正直,俺の期待が大きすぎたのか,あまり特筆すべき感じはなかった。

 Dsc06246

 名物だんご汁。喰ってる途中に酢橘を搾って食べる。さっぱりしてこれまた美味い。

 日曜の昼の時間にお邪魔したせいか,客としていたのはオレを含めてたったの2人。なので女将さんとちょっと話す。「千葉から来た」というと,「昨日も千葉からサッカーの応援で来た人が,うちの店にもいっぱい来てくれたのよ」とのこと。どうやらこちらのご一行こちらの方のよう。 他チームのサポーターもいっぱい訪れるらしく,ホクホクらしい(笑)。

 リンク先:いつも勝利をめざし☆さま ジェフグルさま

 ということで,ひたすら郷土料理を喰いまくったこの旅,勝ち点3とともにごちそうさまでした。

|

« 久々の大脱走 | トップページ | ジーコさんよ,代表への参考になったかい? »

コメント

私もこつこつ庵、いきましたよ~。
グッズを身につけてなかったのですが、マスターに「サッカーで来たの?」って一発で当てられました…。かぼす酎が美味しかった!

投稿: いぬさん。 | 2006/05/01 21:30

こんばんは!
大分は美味しい食べ物がたくさんあっていいですよね~。
色んな所に遠征に行きますが、大分はかなりお気に入りです。
来年は別府を観光してみてはいかがですか?
空港行きのバスも出てます。
去年は旅館に日帰り入浴しに行って海の見える露天風呂を堪能しましたよ。

投稿: mi_jef | 2006/05/01 22:31

コメ&TBどうもです。
TBさせていただきました。

ノープランなのにいい店当たりましたね。
遠征してこその醍醐味ですよね~
しかし、期待に違わぬ珍味食いサスガです(笑)

投稿: inochini | 2006/05/01 22:55

いいサッカーも観られたし、うらやましすぎるorz
大分にはこんなに美味いものあるんだな。来年は頑張って仕事調整して行くかな・・・

僕は神戸ウイングよりも西のスタって行ったことないんですよ。
なかなか都合つかなかったり、準備してると仕事入ったりでいつも調整つかないんですよね。
その代わり、北のほうにはわりとたくさん行ってますけどね。

投稿: まわる@ | 2006/05/01 23:48

>いぬさん。さま

 あそこは遠征のAWAYサポが大挙として来るそうですからね。わかってらっしゃるんでしょうな。昼だったんでカボス酎は見落としました。><

>mi_jefさま

 別府も考えたんですが,今回は単独行動だったんで・・・。温泉は仲間内で行きたいですね。来年はそうしたいです。

>inochiniさま

 毎度です。こんなこと言うと怒られそうですが,遠方AWAYに行くと,「inochiniさんと肩を並べるようなものを喰わないと」と妙なライバル意識を一方的に持っている自分がいます(笑)。

>まわる@さま

 ぜひぜひ。今回はGWだったので,ちょっと高かったかもしれません。まあ,九州なら今年は福岡もありますし。

 北は札幌,仙台,山形,水戸,早く上がって来いって感じですか。

投稿: PACQUE@管理人 | 2006/05/03 02:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/9845029

この記事へのトラックバック一覧です: AWAYで食べたものを淡々と記録するよ#6(大分編兼旅行記風):

» 九石ドーム〜遠征グルメ〜 [ジェフグル]
九石ドーム屋台広場 「九州で一番おいしい」と自称?なたこ焼き屋さん「てったこ」 たこ焼き 500円 カリカリに焼かれたたこ焼きに、みたらしのような甘いタレがか...... [続きを読む]

受信: 2006/05/01 22:46

« 久々の大脱走 | トップページ | ジーコさんよ,代表への参考になったかい? »