« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/30

今日一日

 成田に朝早くから馳せ参じた皆さん,成田→姉崎と民族大移動された皆さん,お疲れさまでした。

 オレは仕事で作ってしまった穴埋めのために急遽,午前中のみの休みとなったため,成田しか行けませんでしたが,成田でのオシム監督の笑顔を見て安心しました。今日出された答えも「保留」ですし,早々に結論の出る問題じゃありません。サッカー協会はあせりすぎです。あわてるナントカは貰いが少ないっていうでしょ。普段は温厚な淀川社長を筆頭にチームはご立腹です。

 明日からは岐阜でキャンプです。いきなりTGですが,これもJEF流。マスコミの皆さんはオシムばっかり追わないで,JEFの練習スタイルを見て,前の代表の練習風景と比べてみるといいじゃないかな。成田に来られなかった中部,関西地区のJEFサポの皆さん,今度は頼みましたよ。でもやっぱりアルウィンには行きたいなぁ。

 ちなみに今日,いつもならある写真が一枚もないのは,オシム監督の出てくるところに気が行ってて,写真を撮ってる場合じゃなかったからです。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006/06/29

あのときの感覚に似ている

 この前日からの高揚感というか,「オラ,なんだかワクワクしてきたぞ!」的な感覚というか。成田にうちの監督をお迎えに上がるだけだというのに。

 この感覚は昨年も1回だけあった。そう,昨年4月のJubilo戦。あの時は村井と茶野にJEFのサッカーを見せつけて圧倒的に勝ちたい,勝たせたいと思い,はせ参じた。圧倒的に勝利したあのときの一体感,充実感は未だに忘れていない。その感覚が今,蘇ってきている。

 無論,今回は対戦チームなどいない。ワールドカップの責任を取らずにオシムをスケープゴートにした川淵を筆頭とする日本サッカー協会,協会に加担して言葉を都合よく捻じ曲げるマスコミ,そして代表のサッカーにしか興味のない代表厨と呼ばれる連中が相手だ。それは同時に日本のほとんどを敵に回したいわば「完全敵地」状態。我々はそれに反旗を翻しているのだ。

 この戦い,初めから分が悪いのはわかっている。オシム監督はまだ真実を語っていないが,多分日本中が期待した結果になるだろう。それでも我々はホイッスルがなるまで抗う。そのささやかな抵抗が29日の早朝,成田で黄色くなることだ。

 川淵舌禍事件以来,事は我々サポーターはおろか,チームや選手をないがしろにした状態で進んできた。さすがにこの時期,チームや選手に行動は起こさせられない。だから我々が動く。もはや我々を突き動かすのはJEF UNITED市原・千葉サポーターとしての意地と誇りだ。

(追記)

 しかしまあ,言論統制は木村さんにまで。川淵は「オシムの言葉」の著者を本当にわかってあの発言をしたのかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/28

どう考えても敵役です。ありがとうございました。

 一般の一サポーターがどうやったらオシム監督のオーストリア自宅住所を突き止められるのか,懇切丁寧にご説明願おうか(怒)。

 ほとんどのJEFサポだってオシムが日本のどこに居を構えているか,よう知らんぞ。穿った見方はしたくないが,どう考えても記事にしやすいマスコミが代表好きの輩にリークしたとしか思えん。もはやサッカー日本代表監督の記事に関しては「大本営発表」の様相を呈してきている。

 で,翻ってうちのチーム側のアナウンスに対しては,もはや敵役という扱い。こうなったらもうJEFサポとしての意地とプライドで,とことん敵役を演じてやるか。

 それでも,オーストリアでの記者会見で,オシム監督から以下のようなメッセージをくれたのは嬉しかった。

日本へ来たときは有名ではなかった私が 有名になれたのはジェフのおかげだ。

まずはジェフと話さなければならない。兼任というのはジェフも喜ばないんじゃないかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/27

嵐のような土日を抜けて

 チームとしてのコメントが出されましたね。

 まあ,チームとしてはこれ以上のことが今の時点できるわけはないので,ひとまずは選手,スタッフそしてサポーターを落ち着かせることができたのではないかと思います。交渉となればこれからということになりますが,岐阜のキャンプでは指揮を執ってくれるはずです。

 そのキャンプがあるため,オシムは29日に帰ってきます。イヌゲノムのFrisk氏からの呼びかけのとおり,思うところがある人は黄色いものをもって成田空港に集まりましょう。オレも行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/25

やれやれ・・・どいつもこいつもあいつもそいつも

 一夜明けて,TVや新聞はオシム一色ですよ。JFAのメディア操作にしてやられた感がありますな。サッカー協会の責任を問うなんて論評はあるにはあるものの,隅に追いやられてますよ。

 で,一夜明けて社長のコメント。(共同

 まあ,社長も古河の人だし,前のエントリーにも書いたとおり,早稲田の先輩後輩の間柄なので,いろいろ葛藤はおありかと思うんですが,あの川淵のスジの通っていないやり方については苦言を呈していただきたいんですよ。それがチームのトップたる人間のやるべきことだと思います。そこはぜひ,きっちりお願いしたい。

 もう一つ。これは完全にこの騒動に隠れちまいましたが,あえて掘り起こしてやろうと思います。サッカージャーナリストの発言と到底思えんのでね。なんだかよくわかりませんが,修正前のMP3ファイル (2374.6K)を手に入れましたので,自由に持っていって下さい。2分50秒あたりから再生するといいじゃないかな。

(追伸)

 サッカージャーナリストにも宇都宮さんのような人がいてくれてよかった・・・。

| | コメント (20) | トラックバック (10)

2006/06/24

やれやれ・・・どいつもこいつも

 帰国会見(スポナビ) __

 記者会見する川淵の背後に桜庭あつ子の影を見たwww,というのはまあ,冗談で。

 7,8割はOKということは残りの2,3割が問題になってくるわけですよ。交渉ごとを途中で公にすることで,ひっくり返された事例は過去にも多々あるというのに・・・(例:中村ノリのメッツ移籍騒動など)。

 うがった見方をすれば,これは明らかに川淵本人へ向けられようとしていた,責任の矛先を逸らす意図があったとしか思えんのです。

 ちなみに桜庭あつ子が「あっ,言っちゃった~!」と演じたその後は・・・,まあ皆さん,事の顛末はご存知だろうから言いません。

 しかしまあ,これが日本サッカー界のトップを張る人間の発言か,こりゃ。しかも正式に監督はおろか,JEFにも話をしていないって・・・。いくら淀川さんと早稲田の先輩後輩の間柄だと言ったって,やっていいことと悪いことがある。

 この件に関する,オシム監督の反応が少々楽しみではある。あの方,こういう謀略,お嫌いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やれやれ・・・

 不甲斐なかったドイツでの日本代表の旅もこれで終わり。さて,これからはアジア枠の減も覚悟した,南アフリカへの新しい苦難の旅が始まるわけですが・・・。そんなに待望されてもねぇ。デイリースポニチ

 ま,オシム云々の前に日本サッカー協会は代表ビジネスの体質改善をすべきじゃないかな。オシムは国内よりも海外でのマッチメークを要求するはずですよ。そして,彼はユーゴスラビア時代,他民族からの押し付けとも思える要求に対しても自分の信念を曲げずに民族の強弱に関係なく選手を選びました。スポンサー枠とかありえないんですよ。そんな状況に耐えられますか,広告代理店さま。

 サッカーといえば代表のゲームしか見ないような,サポーターと呼ばれる方々にも言っておきますが,オシムのサッカーにスター選手は存在しえません。まず90分,フルに走れない選手は使われないと思ってください。例を挙げると,今大会の日本の10番のスタイルはオシムのサッカーにまったく合いません。もし,オシムが監督になったら,メンバーが画的にもつまらなくなる可能性もあります。その点は覚悟しておいてください。

 某掲示板における某氏の発言により,ネットに長けたJEFサポの間ではこの話はもう,過去のことになっておりますが,そのような状況がおわかりでなく,純粋に心配なさっている方々のためにイヌゲノムへのリンクを貼っておきます。

 まあ,早い話そんなにオシムのサッカーが見たけりゃ,「四の五の言ってないでフクアリに来い。7月19日のGAMBA戦のチケットはまだあるぞ。」ということですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/06/23

アルウィン行きたいなぁ。

ドキッ!TGだらけのトレーニングキャンプ

 確か,チームの再始動日は6月29日。翌30日にはTGが組まれているので,いきなりトップギアですよ。まあ,これが今のJEFなんですけどね。

 それにしても,最終日のTG,Ventforet@アルウィンは見たいなぁ。アルウィンにはこれまで行ったことがないので,臨場感を味わってみたいんですよね。でも平日の昼か・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/21

芋と聞いて黙っていられない

 オレが本格焼酎「巻」を一升購入しましたよ。

 中身は熊本県産の食用さつま芋と黒麹を使い、天然水で仕込んだ手作り芋焼酎。常圧蒸留で仕上げたので、風味豊かな芋焼酎独特の甘味が味わえる逸品。 

 ネーミングだけではなく,しっかりしたものを作っているようなので,非常に楽しみです。フクアリには持っていけそうにないから,一人でロックでじっくり飲みたいと思います。

 Maki

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/19

言いたい放題海外メディア

日本攻撃陣に辛口評価 ドイツ紙が報道(スポナビ:共同)

川口とN・クラニチャルがトップ=日本-クロアチア戦の選手評価・独大衆紙〔W杯〕(スポナビ:時事通信)

 まあ,このほかにも山ほどありますが,もういいでしょ(^^;)。日本のサッカーがこんなものだったのか,と思われるのは癪ですが,まあ,今の状態ではこんなもんですよ。

 もっとも,海外メディアとやらも,あれだけ頑張っていた加地を「最低」と切り捨てるあたりは「ちゃんとゲーム見たの?」と訝りたい気持ちにもなりますがね。

 とにかく,あと1試合。純粋に面白いゲームを見せてもらいたいもんですよ。もちろん,日本のね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/18

JEF CLUB@東総遠すぎ

 D1000008

 ジェフクラブvs佐川東京を観戦してきました。

 結果は1対3で佐川東京に負けました。出向したばかりの韻と堀川が先発。川淵を含めて前線の3人は出向組。早々に韻がゴールして幸先良かったのですが,やがてJFL巧者の佐川東京に主導権を握られ,防戦一方の展開。合流したばかりの韻と堀川はイマイチ周りとあわず。30分過ぎに相手のJ経験者,大久保に決められて,1-1で前半は終了。  後半は審判が主役の嫌~な展開。それまで神がかり的なセーブを連発していたGK上野が相手と1対1となり,ペナ外でタックル。遠目でもボールに行っていたとわかる状況でありながら,主審はあろうことか上野にレッド!静かな東総が怒号渦巻く状態に。その後も主審がゲームコントロールできず,不可解なジャッジ連発のまま,失点を重ねて(3点目なんか,明らかなキーパーチャージをスルー),終了。

 選手たちはキレずに一生懸命やっていたと思う。それだけに主審がゲームをブチ壊したことには納得できない。それでも内容で負けていたことは確か。これからもきつい戦いが続くが,めげずに戦ってほしい。

 あとはあれだな,やっぱり東総は遠すぎだな。あとここで4試合もやるのか。早く臨海の改修,終わらんかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/17

オレ個人としてはOK!

頼むぞ救世主!巻応援ソング緊急配信(スポニチさま)

 DA BUBBLE GUM BROTHERSの名曲,WON'T BE LONGのカヴァーか。オールナイトフジの最終回スペシャルは良かったなぁ・・・,かつてはこの曲,カラオケで歌詞見ないで唄えたけど,今はどうだろ・・・,などとO-30にしかわからないネタは置いといて。

 まあ,この時期に出てくるものなので,いろいろ勘ぐりたい人はいるかと思いますが,巻本人も一押ししているアーティストですし,チームも公認なので,三者とも本気です。ならば巻とともに彼らVari Variも応援していきたいと思います。

 救世主という件については,ジーコにぜひともお願いしたいもんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/16

久しぶりに巻のコメントがマスコミから発せられた

ジーコ指令!全員ミドル弾「カカになれ」(日刊スポーツ)

 FW巻も「W杯の中継はほとんど見ている。いろんなプレーが参考になる」と他チームの試合でも遠めからのシュートが得点源になっている点に注目している。

 いやいや,君は遠目から打たんでいいから,とにかく前で張ってなさい。それが君の仕事だ。

サッカー日本代表 クロアチア戦に向け4・4・2の布陣に(毎日新聞)

 控え組のFW巻(千葉)は「出場していない選手は出たいと思っている。厳しくやって、先発組も相乗効果で(調子が)上がっていければと思う」と話した。

 いい心意気だ。とにかくチョット今,他のメンバーの意識が温いはずだから,どんどん厳しくやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/15

細かいことは考えなくていい

<サッカーW杯>日本の決勝トーナメント進出条件は…(毎日新聞)

 そんな細かいこと,考える必要は無いです。もうクロアチア戦は何が何でも勝たなアカンのですよ。とにかくFWはシュート打て!打たなきゃ点は入らん!グループリーグはゲームごとの間隔が開くから,次のことは考えるな!走って,走って,走れ!走りすぎても死なん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/14

頭を冷やしてみた

 昨日は怒りにまかせてネガティブキャンペーンを展開してしまったが,考え直せば,まだ一敗しただけ。この後,奇跡的だが2試合を最低でも一勝一分けならまだ,可能性はある。月曜日のゲームでジーコの監督としてのメッキが思いっきりめくれあがったのは周知の事実だが,選手はプライドを持って次のゲームに望んでほしい。

 でも,次のゲームでも同じようにチンタラ歩いているのを見たら,多分キレるだろうな。今回もPVとかには行かず,自分の家で見るかぁ。でも中継はテレ朝オンリーでBSは無いんだよなぁ。角澤地獄かぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/13

何書いても結果論でしかない

 けど,書く。書かずにいられん(怒)。

・後半直後から相手の攻撃を押し返すだけのサッカー。これを45分やって逃げ切れるほど世界は甘くない。仮に逃げ切れたところで,次には繋がらん。

・オフェンスは中田と駒野以外,走ってないねぇ・・・。ヘナギは良くも悪くもヘナギだったけど,高原はどこに行ってたの?

・小野との交代は俊輔だと思ってた・・・。明らかに走ってなかったな。

・川口は失点するまで神だったが・・・。あの1点でキレたな。DF陣は頑張ってたと思う。

・暑さと湿度には強い連中だと思ってたんだが・・・,あれか!欧州組が欧州の気候に慣れちゃったか!

・ジーコの悪運,ここに尽きたって感じ?もっと早く尽いてくれれば・・・。オーストラリアのあからさまな高さ対策に対して,何も対処しなかった。そこがジーコの監督としての限界だろう。

・ま,要はつまんなかった,と。

・まだ先の話だが,イランも負けたし,このままなら次のアジア枠は確実に減りそうだ。

・でもまだ1試合,諦めてませんよ。まだオレ達の切り札,巻が出てませんからね。もっともそこはジーコのさじ加減だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/10

フクアリでサッカーを

 見てきました。もとい,プレーしてきました。

 普段は入ることのできない場所を通ってピッチへ。いやぁ,芝の香りが気持ちいい!

 フルコートで4ゲーム,15分×4。最後はへばりました。もう,選手に対して簡単に「もっと走れ!」 とか言いません。とにかくプロ選手というのは本当にスゴイ存在だ,ということを再認識させられた一日でした。

 Dsc06373

 フクダ電子アリーナ正門のプレート。よく見ると「SOGA STAGIUM」って文字が見える。上からシールを貼ったらしい。

 Dsc06374

 正門から入るとこけら落としゲームの記念品が目に入る。真ん中のユニはそのとき着ていた阿部のサイン入りユニ。

 Dsc06370

 フォトフレームとタペストリ,記念ボールとメダル。フォトフレームのシリアルナンバーは000。

 Dsc06360

 選手用ロッカールーム。ちなみに監督室には鍵がかかっていた。

 続きは畳みます。

続きを読む "フクアリでサッカーを"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/09

さあ,厳しい戦いに向かおう

 Dsc06354

 W杯開幕の関係もあり,ウィークデイに行われた準決勝2nd leg。いつものとおり客足が鈍くなるかと思ったが,それでも各自の努力や調整の甲斐あって,約6,200人が集まった(本日開催の3試合の中では1番の入り)。

 さて,この試合,CEREZOはとにかく4点差以上で勝たないと次は無い。そのため,当然のことながらKICKOFF直後から前掛かりで攻めてくる。JEFはその攻撃をいなして空いたスペースにボールを持ち込めばよいのだ。前半の3点はまさしくその状態から獲ったCKからチャンスを作って得点した。

 1点目は山岸。ショートコーナーからの羽生のクロスがファーにいた水本に渡り,中に折り返す。その山岸が飛び込んで先制。山岸はこれで3試合連続ゴール。本当にニューヒーロー賞が見えてきた。

 2,3点目はマリオ。2点目はロングフィードを柳本と競り合い,上手く体を入れて抜け出し,きれいなループを架ける。3点目はCKからまたもファーにいた水本の折り返しを頭で合わせた。

 この時点で3-0。もはやCEREZOの勝ち上がりはこれで事実上なくなった,と言ってもよかった。しかしその後,1点を返され,3-1で前半を終えた。

 それでも後半,CEREZOは意地の攻撃を続ける。JEFもそれに対して応戦するが,今度はシュートを打てども打てども,枠を捉えない。逆に1点奪われて,3-2となった。その後もリーグ戦を戦っているかのごとく,攻めに出てシュートレンジまでもって行くものの,ゴールを奪うことができず,そのままTIMEUP。結果としては連勝で準決勝進出となった。

続きを読む "さあ,厳しい戦いに向かおう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/08

AWAYゴールの有利とか(゚ε゚)キニシナイ!!

 明日はナビ杯Q-FINAL 2nd legのCEREZO戦。平日でなおかつ,1stのAWAYでゴールを量産したためか,チケの売れがやはり悪そう。

 確かに,第1戦のAWAYを5-2で勝ち,圧倒的優位に立っているのは事実。ただし,だからと言ってフクアリで0-3で負けていいか,というと話が違う。大輔不在は確かに痛いが,それをカバーする人材は豊富。細かな数字の計算をするくらいなら,スパッと連勝したほうが気持ちいい。ということで明日も勝ちにいきましょう。マリオもやる気マンマンですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/07

_| ̄|○

5月30日現在の販売状況(Jリーグ公式)

@ぴあの状況

 覚悟はしていたが,売れてねぇ…。フクアリ開催で■一つは初めて見た…。

 人事異動の騒がしくなる季節かもしれませんが,なるべく一人でも多く来て下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/05

やはりスポーツマスコミは彼を放って置いてくれない

千葉オシム監督が分析、初戦がカギ(ニッカン

第1戦がその後を決める オシム監督がW杯語る(共同)(デイリー

J's GOAL photo(監督単体)(間瀬さんと

 ワールドカップが近づくにつれ,現在日本にいる数少ない語りべの一人,オシム監督にはやはり取材依頼が多かったようです。本日行われた共同会見が記事として出ております。詳しくはリンク先をどうぞ。「福西一人で水を運べるのか」はけだし名言ですな。

(追記)

 J's GOALにインタビュー全文がUPされました。()(

続きを読む "やはりスポーツマスコミは彼を放って置いてくれない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/04

鳥取の仇を大長居で返す

 Dsc06345

  ナビスコカップ準々決勝の相手は昨年,リーグ戦で唯一二度負け,天皇杯でも5失点を喫したCEREZO。今年のリーグ戦では2ー1で勝利するも,相手DFラインが統率されないうちにかっさらったような2点であり,さらになくてはならないターゲットマン巻はドイツに貸出中。ベストのCEREZOに対してどう対応するかが焦点であったが,痛快という言葉がこれほど似合うことはない,という結果になった。

 前半は正直,CEREZOのプレスにJEFのDFが手を焼いていた。案の定,先制点を献上してしまったが,いくら何でもこれはピンゴをフリーにしすぎ。その後もあの強力3TOPを中心に攻め立ててくるものの,そのときに応じて阿部や坂本がラインに加わるなどしてカバーし,相手にシュートを満足な状態で打たせず,櫛野も状態がいい頃のようなセーブを連発し,追加点を与えない。

 それが功をそうしたか,20分過ぎに坂本からのセンタリングを勇人がシュート。GKに弾かれたボールが再び勇人の元へ。体勢が不利とみた勇人はフリーのマリオへパス。マリオが冷静に決めて前半のうちに振り出しに戻す。ただし,前半の決定的シーンはこれだけで全体的にはCEREZOペースのまま終了。

 後半早々,予想外にゲームが荒れる。まず西澤が大輔へのラフプレーで一発退場。これで相手FWが一枚減ったと見るや,オシムは質の高いプレーをしていた水本を下げて水野を投入し,追加点を奪いにかかる。ところが相手のカウンターを止めに入った大輔がペナ内でうまく捌いたように見えたが,審判の判定はイエロー提示でPK献上。これで2枚目となった大輔は退場。このPKをゼ・カルロスに決められて突き放される。

 この嫌な雰囲気をものの見事に吹き飛ばしたのは,今年これまでケガによりコンディションが上がらなかったマリオだった。PKを決められた直後に山岸からのクロスを受けてシュート!一度は相手に弾かれるが,それをもう一度押し込んで同点に。その後にクルプニから楽山にチェンジし,山岸をFWに上げた。これが見事に的中。マリオがDFの裏をつき,GKと1対1に。相手を充分にひきつけて,先ほどクロスを上げた山岸にプレゼントパス。これを難なく決めて,逆転に成功!

 これでCEREZOを意気消沈させたか,30分以降はまるでJEFのシュートショー。左サイドの角度の無いところから決めた山岸,ハットトリックを達成したマリオはそのほかにも惜しいシュートもあり。水野や羽生もガンガン狙っていく。結局このまま5-2でTIMEUP。8日の2戦目にむけて,幸先良い結果となった。

続きを読む "鳥取の仇を大長居で返す"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/03

UNITEDが届きましたね

 Tiyu6

 サトルの絶好調の理由を知り,「巻の代表入り以上のサプライズ」と驚く,MMRの皆さん(ジェフサポ)。

 定期購読していないかたは速攻で手に入れるべし。なんてったって,代表ユニの巻が表紙です。売り切れ必死です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/06/02

8月以降の日程が発表

  されましたね。7月19日以降の再開分を含めて,現時点でのAWAY遠征計画を練りたいと思います。もちろん,HOME,A3は全部行く前提ですよ。

7月
 絶対行く!…SANGA@盆地
 パス…SANFRECCE@大半円
 休日→平日コンボのAWAY連戦第一弾。西京極は未見なのでこちらを優先し,2年連続行った広島はJSPORTSの生中継がありそうなのでパス。

8月
 絶対行く!…Albirex@大白鳥,Avispa@聖地
 微妙…Jubilo@山葉
 新潟はいいとして,問題は平日→休日コンボのAWAY連戦第二弾。博多の森は未見だから必須として,問題は対峙したときのモチベーションがやや下がり気味なJubilo。

9月
 たぶん行く…CEREZO@小長居
 9月は1ヶ所だけか。ナビスコで大長居に行けることになってよかった…。

10月
 絶対行く!…REDS@2002,Antlers@爺子,Grampus@TOYOTA
 やっと豊田スタに昇格ですよ。10月の3ヶ所はいずれも4万人以上収容ですか。爺子へは車を飛ばそう。ここにナビスコのS-FINALも入る予定。

11月
 たぶん行く…GAMBA@岡本太郎
 絶対行く!…Ventforet@山の臨海
 GAMBA戦は日曜なんだよねぇ。そのときの状況によるかな?当然にして小瀬は未見なので必須です。ここも車だな。

 それにしても8/30(水)18:30KICKOFFのFrontale戦は都内で働くサラリーマンに対するイジメですかね(怒)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/01

髪の毛のなびき方がイイ!

 Dsc06341

 31日発売のEL GOLAZOにおけるJEFの全面広告。とうとうサトルがfeatureされるようになりました。髪の毛のなびき方が非常にイイ!もちろん,このまま勝ち進めば去年の阿部同様にニューヒーロー賞の獲得も夢じゃありません。

 ホーム開催日が平日でなおかつ相手も相性の悪いCEREZOですが,ここは一発,黄色で埋め尽くしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »