« 真夏の夜の夢も終わり, | トップページ | AWAYで食べたものを淡々と記録するよ#7(新潟編) »

2006/08/13

対戦相手に申し訳ない勝ち方

 D1000106

 いきなりネガティブなタイトルで申し訳ありませんが,勝ったのが不思議なくらいの内容でした。特に前半はJEF的に見るところなし。普段の生活でストレスが溜まっている方はJ-SPORTSの録画放送について,後半だけ見ることをお勧めします。

 前半は0-1で終了しましたが,本当なら3,4点入れられてもおかしくない内容。失点は無回転シュートを撃った矢野がうまかった。その後もDFはマークミスを連発,FWはボールキープできない,MFはパスミス連発と…書き出すとキリがない状態。前半終了時のゴール裏は罵声に包まれていた。

 それでも後半はようやく目を覚ましたのか,動きもよくなりパスがつながりだす。Albirexも前半に飛ばしすぎたか,徐々に運動量が落ちつつあった。そして60分過ぎ,ゴール前でのお得意のパス回しで相手のラインを下げさせた状態からマリオが右にはたく。そこに走りこんできたクルプニが「右足」でシュート!これが相手DFに当たって,それまで当りまくっていた相手GK,北野の左手よりも先にボールが飛び,左隅に突き刺さる。そしてその1分後,イリアンのミドルを止めた相手DFがそのボールをトラップミス。そのボールが右に張っていた勇人の前に転び,それを勇人がきっちりゴールに決め,電光石火の如く,逆転に成功。A3からシュートをハズシまくっていた勇人は喜びもひとしおにゴール裏にアピール。

 ただし,これで終わらないのが今のJEF。前節もこの状態からGrampusに逆転されていたので嫌な予感が過ぎった。案の定,右サイドを破られ,矢野の高い打点からのヘッドを打たれる。頭を抱えた刹那,ボールがバーを直撃して難を逃れた。

 そんな状態からか,後半40分過ぎにこれまで見たこともない状況を見ることになる。なんと残り5分くらいから時間稼ぎを始めたのだ。アクシデントで担架を入れるような状態はいいにしても,相手コーナー付近でボールキープをしだしたのには驚いた。「おいおい,まだロスタイムじゃねぇぞ」と思ったが,どうやらベンチからの指示のようだ。正直,目を疑った。結局そのまま,2-1で勝利したが,正直,あまり胸が張れる勝利ではなかった。

 D1000101

 今日は結果として「ただ勝った」だけで,内容は非常に乏しかった。良かったのは後半開始直後から30分くらい。まあ,AWAYだし悪いなりに勝ち点3を取れたというのは今後につながると思うが・・・。新潟駅への帰りのバスの中でAlbirexサポのおばちゃんに「勝って良かったわねぇ,時間稼ぎして」と言われても,「いや,うちも結果として,ただ勝っただけですから」と返すのが精一杯だった。

 次のFCTOKYO戦はアマル体制後,未だ未勝利のホーム。相手は今,かなりキナ臭い状態にあるが,そんなことはお構いなく,会心の勝利を多くのサポーターに見せてほしい。

|

« 真夏の夜の夢も終わり, | トップページ | AWAYで食べたものを淡々と記録するよ#7(新潟編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/11416966

この記事へのトラックバック一覧です: 対戦相手に申し訳ない勝ち方:

» 唸る勝利(後編) [ジェフ夢~時々現実~]
円陣ダッシュ! 試合中の写真はリーグ戦ということで省略 クルプニコビッチと船越のつながりは…元・ガンバ大阪? でんぐり~ クルプニ、乗り遅れる 勝利を喜び合いゴール裏へ ヒーローインタビューを終えた勇人 また来年! ちょっと辛口なことを。連...... [続きを読む]

受信: 2006/08/13 19:19

« 真夏の夜の夢も終わり, | トップページ | AWAYで食べたものを淡々と記録するよ#7(新潟編) »