« 明日のCEREZO戦ですがね | トップページ | AWAYで食べたものを淡々と記録するよ#9(大阪食いだおれ編) »

2006/09/17

今はガマンの時

 D1000189_1

 現在最下位ながら最近5試合では2勝を挙げ,名波,大久保,藤本と戦力も充実しつつあるCEREZO。対するJEFはわずかに1勝で主力GKが故障のうえ,守備の要であるイリアンも出停。この日はそんな戦力差を見せつけられたゲーム展開となった。

 確かに前半はJEFのサッカーができていた。いつになく序盤からミドルシュートを何度も放つ。クルプニのミドルがみごとに決まり,「さあここからナビスコ準々決勝の再現だ!」と期待するもシュートがことごとく枠をはずれていく。いやな展開のなか,CEREZOがワンチャンスをものにして追いつかれる。前半は1-1で終了したが,終了直前に阿部が負傷したこともあり,いやな予感はますます膨らんでいく。

 後半も開始直後から前がかりに行くが,それを凌いだCEREZOの陣内から縦ポン。そのパスが古橋にわたって逆転ゴールを許してしまう。

 それでも後半途中から投入された巻が水野のロングスローからゴールを決め同点に。ところが,好事魔多しとはよく言ったもので相手スローインからの対応にDFが遅れ,途中出場の大久保に逆転ゴールを許してしまった。

 このゴールが影響したのか,選手達に焦りの色が見えはじめ,いつものゴール前でシュートしない悪いパターンにはまってしまった。シュートを打っても相手が戻りきって体勢を整えた後では枠なんかに飛ぶはずもない。結局,このままTIMEUP。オシム時代には経験したことのない,リーグ戦3連敗となった。

 それにしてもCEREZOのサブメンバーは充実していた。それに引き替えJEFは・・・。ここぞというときに計算できるのが水野だけというのが何とも歯がゆい。ただ,これが今年のJEFの戦力なのだからこれで戦って行くしかない。

 今回のタイトルに「今はガマンの時」とつけた。とは言うものの,「じゃあ,いつまでガマンしてりゃいいんだ?」と問われれば明確な答えは浮かばない。一つだけ言えることはこんな時こそWin by All!の思いを,JEFに関わるすべての人が持つべきだろう。

|

« 明日のCEREZO戦ですがね | トップページ | AWAYで食べたものを淡々と記録するよ#9(大阪食いだおれ編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/11931320

この記事へのトラックバック一覧です: 今はガマンの時:

« 明日のCEREZO戦ですがね | トップページ | AWAYで食べたものを淡々と記録するよ#9(大阪食いだおれ編) »