« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/31

J's Goalのサポ別投票がおかしなことになっている件について

 Ws000074_1

 勝つのはどっちだ?(J's Goal)

 投票ボタンがないのにパーセンテージが出ているということは確実にプログラムを改変されているな。愉快犯の仕業か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/30

AWAYで食べたものを淡々と記録するよ#10(名古屋編)

 この企画はゲーム内容に関係なく,やりますよ。名古屋は美味いもんだらけでたまりません。

 朝11時着ののぞみで名古屋へ。そのまま名駅(地元の人はメイエキと呼ぶらしい)地下の「鈴波」へ。魚介の味醂粕漬けを贈答用に販売しているが,食事もでき,常時混んでいるらしい。11時開店であるにもかかわらず,既に5人ほどの待ち状態。待つこと約10分で入店(既に先乗りしていた友人がいたのにはビックリしたが)。ここで注文したのは↓。

 D1000297_1

 ユーコン・キングサーモンの味醂粕漬けです。ユーコンとはアラスカを流れるユーコン川のこと。ここで獲られるサーモンは通常のサーモンより脂肪分が20%増しといわれております。噛み締めてみて,その理由が分かりました。また,しみこんだ粕の香りも芳醇でありながら鮭の味も損なっていません。ごはんもコシヒカリの新米でお代わりをしたかったのですが,このあとにもうひとつ,大物を食う予定だったので,止めときました。

 鈴波での食事を終えたあと,その大物と対面するために同じ地下街にある「コメダ珈琲」へ。前から一度,食べてみたかった「シロノワール」を注文。

 D1000294

 ・・・すいません,ナメてました・・・。こんなに大きいと思いませんでした。

 素材としては焼きたてのデニッシュの上にソフトクリームをタップリ乗せているもの,と思っていただければ。メープルシロップつきです。当然,かけて食べました。美味いのは確かですが,少々きつかったのも事実。でも,全部,一人で完食です。

 D1000295

 ちなみに名古屋では喫茶店で飲み物を注文すると必ず豆菓子がついてきます(左下の黄色い袋)。 これが名古屋での喫茶店文化の象徴でしょう。今度はモーニングを体験してみたいですな。

 続きは一気にゲーム後です。

続きを読む "AWAYで食べたものを淡々と記録するよ#10(名古屋編)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/29

チームもゴール裏も不安だらけ

 D1000290

 NABISCO CUP FINAL前の大事なゲーム。結果は大事なDFの一角を失うという,失望感しかない展開となった。

 前半は全体的にArdija戦とは違う,いい動きをしていた。本田と対峙した水野は何度も彼を追いやり,羽生もいつものダイナミックな展開を見せていた。DF陣も集中して決定的なシーンをほとんど与えなかった。先制点は羽生の裏への飛び出しが見事に決まったもの。幸先は良かったが,巻がフリーのヘッドを枠から外したり,山岸がフリーのシュートを外したこともあり,正直な話,ちょっと不安はあった。

 その不安は後半,如実に現れた。開始直後,前半にイエロー一枚もらっていたイリアンがアフター気味に相手に突っかける。主審松尾はこのプレーにイエロー提示。結局2枚目で退場となってしまった。ゴール裏から見ていてもそれほどのプレーではなかったが,彼は審判に目をつけられてしまったのだろうか。それでも軽率といえば軽率なプレーであることは弁解の余地も無い。このおかげでイリアンは次のNABISCO決勝,出場停止である。

 で,10人となったJEFに当然の如く,Grampusが襲い掛かる。何とかいなしていたが,ペナ内で玉田がシュミレーション気味に倒れる。主審松尾はPK宣告。またもやゲームをぶち壊された瞬間である。これをきっちり決められ同点に。その数分後に本田のスルーパスから杉本に決められ,逆転されてしまう。

 攻撃の手が一人少なくなったことにより,後半はほとんどJEFの選手がゴール裏に向かってくる回数が激減した。それでも水野のミドルや勇人の飛び出しも数少ない中,見られた。岡本もヨンセンの決定的なシュートを何度もはじき返し,頑張ってはいたものの,結局点を奪えずにそのままTIME UP。NABISCOへの不安を残したまま,ゲームは終了した。

 良かったところは水野のキレ具合か。逆に巻と山岸は去年の前半くらいに戻ってしまったようだ。それでも巻は守備面で何度も相手ボールをはじき返していた。JEFのサッカーはポジションが決まっていないも同然,と考えれば彼はできることをやっている。ゴールはホンのきっかけだ。

 それにしてもDFがいない。NABISCOでは阿部をDFとして使ってほしくないんだが・・・。そんなことも言ってられない状況になりつつある。

 続きはゴール裏。実はこっちのほうが心配だったりします。

続きを読む "チームもゴール裏も不安だらけ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/28

明日のGrampus戦!

 ええ,行きますよ,行きますとも。消化試合だろうと,けが人続出でも手抜きなしだろうと,結城欠場(たぶん)だろうと。

 まあ,今回を逃すと今度いつ,豊田スタジアムに行けるか分からない,という要素もあるんですがね(^^;)。あと,恒例のAWAYグルメ探訪。

 相手のGrampusは毎年恒例のお家騒動勃発中で大変みたいですが,7月に4000ヨンセンにやられた借りをきっちり返さんとね。今週はDragonsも負けたんで共倒れしていただきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/27

手抜きしませんよ

千葉リーグ戦もベストメンバーで(日刊)

 どこぞのチームと違って,消化試合でも温存なんてもったいないことしませんよ。

 というか,温存できるほど戦力に厚みが無い,と言ったほうが正解ですがねorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/26

国立には行ったんですが

 諸事情により,U-21は観戦せず。まあ,水野が出なかった時点で現場にいなかった俺は勝ち組。

 それにしても,いくらなんでも投げキッスはキャラと違いすぎるのでやめた方がいいじゃないかな。>デカイの

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/25

非公開が長いな

 明日のTGも非公開だそうですよ。まあ,非公開理由は戦術云々ではなく,姉崎の芝生が原因なんですがね。

 それにしても長いなぁ。去年は10月20日から姉崎を使っていたんですが,今年はやはり天候不順が影響しているのか・・・。

 やっぱりプロの練習場は最低でも2面は欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/24

企画としては秀逸ですが・・・

 企画としては秀逸ですが,こういうのはサポーターが自主的に行うものであって,マスコミがわざわざ煽る必要は無いと思うんですがねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/23

Satelite League Bellmare戦@東総遠すぎ

 D1000269

 ホントは今日の朝,出発するまで稲毛にレディースを見に行く予定であったが,5時に海浜幕張で人と会う約束していたため,レディースのゲームが終わったあとでは,約3時間ほど間が空く。そこで「3時半に東総を出れば5時には間に合うだろう」という予測を立て,急遽,車を飛ばして東総に向かった。

 で,行ったらなんと直剛スタメンでなおかつキャプテンだったと。

 ゲームはJEFが良かったというより,Bellmareの決定力が圧倒的に無かった,というところだろう。開始早々の要田のゴールは豪快(加入当時のVISSEL戦のようなゴール),直剛はクロスに執念でスライディングで合わせたら,GKとDFの間を抜けてコロコロと転がっていたゴール(ま(ryにつめの垢を飲ませてやりたい)。堀川の3点目はオフサイドラインから抜け出してGKと1対1になり,GKの動きを観て冷静に決めたもの(交代出場であるものの,これ以外はまったく消えていて,まさにワラシさんのよう)。

 悪いところは楽山とか楽山とか楽山とか。ボールも持ってドリブルするとすぐに止められて相手ボールになっちゃう。TGならKINGなのに公式戦では出来ませんか。そうですか。

 でもまあ,普段は見られない竹田(リベロ,後半はボランチも)や熊谷,松ヶ枝(負傷退場なので心配),松本(左ひざのテーピングが痛々しかった)らのプレーが見られてよかった。着実に成長しているが,TOPのメンバーを脅かす存在にはまだ至っていないように見受けられた。

 でも,やっぱりサテライトに直剛,大輔,結城がいるのは違反だなwww。特に直剛は動きが違いすぎる。よく考えたらサテライトのゲームに日本代表が出てるってシチュエーション,どうよ?

続きを読む "Satelite League Bellmare戦@東総遠すぎ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/22

金払って観るに値しないゲーム

 P1000217

 今年の夏の連戦でホーム5連敗したが,金返せ!と思ったことは一度も無かった。ところがこのゲームでは久しぶりに「金返せ!」って叫びたくなった。この感覚はいつ以来だろうか。

 と言うことで本当にゲームの内容を語る気が全くしません。ゴメンナサイ。だからと言って匙を投げたわけではないです。次のTOYOTAにも行く予定です。

 匙を投げたで思い出した!後半晃樹が訳わからんイエローをもらった際にピッチにペットボトルを投げつけたホームゴール裏バック側2階の奴,頼むから二度とフクアリに来るな!!!

続きを読む "金払って観るに値しないゲーム"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/10/21

明日のArdija戦!

 AntlersをAWAYで4-0と粉砕したものの,録画した中継を見返すと危ないところがいくつもあった前節。やはり攻撃時でのミスは極力なくしたい。今週はU-21の召集により水野,水本が召集されたが,コンディションに影響は無いだろう。また,イリアン,結城が出場停止明けで復帰。前節は阿部,中島,水本の3人でAntlersをシャットアウトした。彼らにも燃えるものがあるだろう。

 対するArdijaはここ8試合勝ちなし。得点力不足が原因とのことだが,今年の開幕戦で4点も取っておいて,そりゃないだろう。ただ,JEFの悪しき伝統からすると,こういう相手は正直,嫌だ。無論,JEFのサッカーさえできれば勝てない相手ではないわけだが・・・。

  ところで,明日勝ったらJ1リーグ通算200勝だそうですよ。SANFRECCEよりも早く,達成してしまいましょう。

 さて,サポーター関連の話ですが,署名活動は道路の使用許可を得るための時間が足りず(使用許可を得るにはある程度の申請期間が必要らしい),やむを得ず中止となりました。そのかわり,下のエントリーで書いた,幸せの黄色いポストカードのビラを11時半過ぎから蘇我駅周辺で配布するとのことです。

 サポミは・・・まあ,ナビスコがらみがメインでたいした話も出ないんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/20

幸せの黄色いポストカード運動START!

240  

 2つ下のエントリーで紹介した,「幸せの黄色いポストカード」運動がSTARTしております。祖母井さんへの思いのたけをつづって,JEFのクラブハウスにお送りしましょう。黄色いポストカードが束になって年賀状の如く届けられたら・・・。

 ちなみに送付先はこちら↓。

 〒299-0107 千葉県市原市姉崎海岸 23-2
 ジェフユナイテッド市原・千葉内
 チーム統括本部 祖母井秀隆 様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/19

3年目で初!

2007トルコキャンプファンツアー募集のお知らせ 

 アマル監督の留任がスポンサーパーティーの席上で公になり(それもどうよって話だが),それと同様に来年もアンタルヤでキャンプを行うことが発表されました。そして3年目で初めて,公式にファンツアーを行うとのこと。

 個人的には非常に行ってみたいですね。キャンプでは今年実現しなかった鈴木隆行のいるズベズダ(レッドスター・ベオグラード)とのゲームがあるかもしれないし,クルプニが1年,マリオが2年目の最終年である以上,もしかしたら新たな外国人選手が見られるかもしれないし(イリアンが当時,レフスキ・ソフィアの一員としてJEFとのゲームに参加し,獲得となったのは有名な話)。

 あとは観光したい。特にアスペンドス遺跡で国王やりたい!(有料の「姉崎日記」が見られる環境にある方は2005.2.11の日記を参照のこと)。世界三大料理の一つであるトルコ料理も堪能したい!




 問題は,8日間も休みが取れるかどうかorz夏と違って冬は厳しい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/18

Ardija戦までに行うこと

 まずは祖母井GMの慰留をしっかり行う,ということで2つの企画が立ち上がっております。

・ネットを利用した全国的な「祖母井GM残留嘆願署名活動」

 こちらについては既に動き出しており,21日のArdija戦前に署名活動を「蘇我駅周辺」で行います。フクアリおよびその周辺では諸事情により行いません。有志で署名を集めるので,ご協力いただける方は11時に蘇我駅前までお願いします。

・祖母井GMへの思いを黄色い葉書にしたためる運動「幸せの黄色いポストカード」

 署名だけでは物足りない,メールやFAXはしたけどもう一押し,という方におススメの「幸せの黄色いポストカード」運動(ネーミングがベタですがw)。こちらについては現在,バナーやサイトを有志で準備中ということです。こちらも詳細はわかり次第,後日。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/17

本当にこんな御仁を簡単に失っていいのか?

木村元彦の
「地球を一蹴」
第36回(10/16更新)
「祖母井ジェフは何処に?」

 木村さんなりの祖母井氏評です。説明不要。とにかくリンク先を読んでみてください。

 個人的にはコレ↓にヤラレました。

カラオケの愛唱歌は「金太の大冒険」。

 知らない人はカラオケに入っているはずなので,カラオケボックスでエントリーしてみるといいじゃないですかね。ただし人格を疑われても一切関知しませんが(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/15

姉ヶ崎クリーン大作戦結果報告

 以前こちらで紹介した,姉崎クリーン大作戦に行ってまいりました。

 日曜日の朝10時集合ということでしたが,50人くらいが参加して,まずは姉崎公園内のごみ拾いを行いました。下の写真は拾ってきたごみを分別している様子です(※参加者の方へ。申し訳ございませんが,一部画像を加工しております)。

 D1000254

 ごみを分別し終えたあと,クラブハウス前に広報のS氏がいたため,アピールと全員でゴミの再チェックという意味もこめて,公園内を一周。

 D1000253

 ↓は公園内から出たゴミ。ビーチチェアー,自動車のオイル(イ○ローハット製),人の運転免許証など,いろんなものがありました(運転免許証は拾った方に警察に届けていただくように頼みました)。ちなみに黄色いゲーフラはゴミじゃないので悪しからず(笑)。

 D1000252

 続きはたたみます。

続きを読む "姉ヶ崎クリーン大作戦結果報告"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006/10/14

「面白くて疲れた」ゲーム

 D1000242

 カシマに到着するなり,チームから届いたスタメンメールを見て,おののく。DF登録は水本のみ。正直,フォーメーションが予想つかなかった。ところが,ゲームが始まるや否や,そんな予想は無駄であったことを悟った。

 何せポジションが目まぐるしく入れ替わるのである。変わらなかったのは岡本くらいだろう。スタート時にDFラインにいた,阿部,中島の攻撃参加はもちろん,FWであるはずのマリオが左サイドのディフェンスラインに入ることもあれば,トップ下であるはずの羽生が右サイドに張り,アレックスミネイロのマンマークであった水本も攻撃参加を繰り返す。見ていると非常に面白いのだが,同時に非常に疲れるゲームであった。

 ただし,内容が伴っていたかと問われるとそうではない。前半は攻め込まれる展開も多かった。事実,阿部のハットトリックはすべてセットプレーから。流れからの得点は4点目の羽生のクロス→山岸のヘッドのみ。Antlersが11月3日に出場できないことが確定している内田(U-19),フェルナンド(出場停止)を外してメンバーを組んだことにより,「らしさ」が感じられなかったことも事実。結果だけなら4-0だが,手放しで喜んでいい内容ではなかった。

続きを読む "「面白くて疲れた」ゲーム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日のAntlers戦!

 11月3日のNABISCO FINALの前哨戦。こちらは岡田ちゃんのおかげで主力DFが2人もいません。代表で削られた水本は大丈夫なようですが,もう一人は大輔として,もう一人は…阿部?中島?できれば中島でお願いしたい。

 対するAntlersはなぜか代表ゼロで体調万全のはず。小笠原がいなくなってから結構つまづくゲームも多いようですが,試合巧者ぶりは変わりないはず。個人で打開できるミネイロにはフクアリで初めて土をつけられてますから,今度はぜひともお返ししないと。実はここ3年間,カシマでのゲームは負けていない(2勝1分)のでその相性の良さを生かしてほしい。

 ところで,今回のJ's GOALのプレビュー,飯田留美さんが書いてます。出世したなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/13

ウバさん騒動ばかりでも何なんで

 毎度おなじみ流浪のトーナメント,天皇杯の組み合わせが決まりましたね。(PDF

 これまではいろんなところに飛ばされていた感のあったJEFですが,今年はなんと,順当に勝てば次もフクアリということで,ありがたいのか,何なのか。

 個人的には準決勝まで行ってもらって,静岡スタジアムエコパでやってほしいもんですな。理由?あそこでJEFのゲームを見ることはリーグ戦では不可能であろうことから。代表戦を見にあそこまで行く気はないだろうし,行った事ないという要素もありますがね。

 ----------------

 でも,やっぱり書かないとな。~お好みジェフ屋☆~さんが祖母井さんとお話になったそうです。その内容からどう取るかは各人のご判断に委ねます。

 ----------------

 Yodogawabn01

 まあ,極論ですが,祖母井さん退団後の明確なvisionがチームから明らかにならない場合はこういう実力行使の手段もサポーターにはある,ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/12

現時点での進捗状況

 

 11日に書いたエントリーで紹介した,サポーター有志が作成した祖母井さん関連のおまとめサイトからバナーその他を拝借しました。詳細についてさらにお知りになりたい方は↑のバナーをクリックしてください。

 あと,これは私も参加しているmixiからの情報ですが,10月15日の朝10時から「姉崎クリーン作戦2006」が計画されています。 mixiに参加されていない方のためにイベントの詳細を以下に記します。

(引用)

サブタイトル
「淀んだ川を楽しくキレイにしましょう Clean by All!」

週明けの衝撃報道以来、皆さんモヤモヤしていませんか?
そういうモヤモヤをスッキリさせよう! ということで勝手にイベント企画させていただきました。鹿島戦で、また状況は変わるかもしれませんが、せっかくの機会ですし姉崎のクラブハウスに足を運んで、選手の激励、姉崎公園の掃除、そして我らの祖母井GMの慰留アピールをしてみませんか。
その際、楽しいイベントも色々と考えています。

http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/map/map_4.html
■「愛するクラブハウスの周辺をキレイに掃除しよう!」の会
■JEFをモデルにしたサッカー漫画『U-31』の原作者・綱本将也氏の即席サイン会&試読会 (単行本未掲載の『ドイツW杯特別篇』も読めます!)
■先代イビツァ・オシム監督の愛するトランプゲーム「ラミーを覚えよう」の会
■「姉崎公園の青空の下で、ご飯を食べよう」の会 
■オッサンJEFサポも子供に戻る「だるまさんが転んだ」大会
■「みんなで昔のJEFのチャントを歌おうZ」の会……などなど。

(/引用)

 最近はわれわれの心を知ってか知らずか,姉崎の芝の状況が悪いのを理由に他企業の施設を借りての非公開練習が続いています。日曜日ももしかしたら選手はいないかもしれません。それでもあそこは市原市の公園なので,立ち入り禁止区域外なら自由に出入りできます。ご都合のつく方はぜひご参加を。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/10/11

徐々に動いてまいりましょう

 JEFサポの皆さんもメールとかFAXとかTEL凸とか既にされているかと思いますが,まだの方,どんどんやりましょう。私もイビツァの件で十分懲りましたから,こんなの出されたところで「ああ,そうですか,ヨカッタ,ヨカッタ」なんて呑気なことを言う気もございません。ただのガス抜きです,あんなの。事実,このリリースが出た後にこんな記事が出てるんですから。

 一部サポーター有志の動きもあるようで,14日のカシマスタで署名集めなども行われるようです。もちろん21日のホームゲームも含めて。私は15日にでも練習あるなしに関係なく,姉崎に行こうと思ってます。ホントはその前に行けりゃいいんですがね・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/10/10

いろいろ考えたんですけどね

 昨年1月の朝日新聞のコラムを引っ張り出してきました。リンク先はこれ

 中でも、53歳の祖母井(うばがい)秀隆チーム統括部長(GM)は、知る人ぞ知るキーマンだ。

(中略)

 他クラブからの誘いが何度もあったようだが、「オシムさんと同じようにジェフが好き」と揺るぎない。しかし多くの選手、スタッフが金持ちビッグクラブへ流れがちな世の中、なぜ自他ともに「貧乏」と認める市原なのか。

 疑問を解消すべく「なぜジェフが好きなんですか? 他クラブはもっといい条件では?」とぶつけてみると、「だってジェフはファミリーだもの。ぼくが大事にしているのはお金じゃなくて、人と人のつながり。クラブに次々起きる問題を乗り越えるのも、またおもしろい」。10年以上を過ごしたクラブに対する愛情は、金より上回る。答えは痛快だった。

 こんな考えの人が単なる契約切れで次の場所を決めるとは到底思えません。JEFが「ファミリー」と思えなくなった要因があるものと考えます。その主原因が淀川社長であるかもしれませんし,あるいは嫌いと公言する川淵が牛耳る日本サッカーが嫌になったのかもしれません。

 それでもやっぱり,このような人物を簡単に失ってはいけないと思います。JFAのほうにしか向いていない今のフロントに彼以上の人物を連れてこれるか,と問われれば「NO」と言わざるを得ません。無論,サッカーをやるのは選手であり,GMではありません。それでも選手のほうに耳を傾けられるフロントはGM職の人しかいません。今のJEFには祖母井さん同じような立場に昼田さんがいますが,彼も祖母井さんと同じように雇われの身。祖母井さんの去就次第によっては彼もチームを離れるかもしれません。

 まだオファーが来た段階であるなら,何とか引き止めたい,というのが私の考えです。どう行動するかは現在,各方面の状況を確認中です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/09

朝の眠気も吹き飛んだわ

岡田千葉監督 アマル入閣…オシム親子体制玉突き誕生へ

オシム氏呼んだ祖母井GM 千葉退団へ

オシム呼んだ祖母井氏、仏2部GMに就任(追加)

 なんですか,このジェットコースタードラマは。JFAの川淵脚本,淀川演出,マスコミ各社提供ですか,そうですか。

 だいたい,Marinos時代を見る限り,岡田さんのサッカーはイビツァ,アマルのそれとは真逆じゃないの。放置のweb記事もかなりあっさりしたもんだけどさ(その後に追記あり。放置はずいぶんご執心ですこと)。

 それ以上に祖母井さんの退団が重いわぁ。社長の替えはいくらでもいるだろうけど,この人の替えはいませんよ。7月のイビツァ問題での報告会でも社長と隣同士で座っているにもかかわらず,見えない壁みたいなものがあったのも気にはなっていたが・・・。

 ちなみに当然の如く,公式HPでは何の動きもございません。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

気づいてたらその前に注意してやれよ

 まあ,レフェリーという存在にはJEFもやられっぱなしですが,これは腰砕け。

大分上本、試合前にイエローの珍事/J1

 これでいきなり次節,出停って。上本かわいそう。左手の指輪なんて,気づいていたんだったら事前に審判団が注意してやれや。それでも聞かなかったらカードでもいいけどさ。

 ああ,主審がTJでしたか。彼ならやりそうなことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/08

Yes or no? Aha~n?

 D1000231

 マリオ出場停止で層の薄さに拍車がかかっているJEFと小野,田中達,相馬が控えにいる,ある意味うらやましいREDS。結果は・・・,この日も審判という存在に振り回されてしまった。

 前半は自力に勝るREDSの攻撃を凌いだJEFが反撃するという展開。しかしそれもたった15分間。耕造がワシントンをペナ内で後ろから倒す。この時点でPKは仕方が無い。問題はその後。岡田主審は躊躇無く黄色ではなく,赤いカードを結城にかざしたのだ。

 もうこの時点で「アリエナイ,判定ガアル」の気分である。いいゲームになりつつある予感をものの見事にぶち壊してくれた。

 この後,JEFは当然の如く引きこもる。とにかく前半はこうするしかない。REDSの猛攻を岡本をはじめとする守備陣がシャットアウトし,何とか1点ビハインドで折り返す。

 後半は頭からクルプニに変えて水野を投入。山岸を前に上げて攻撃に転じる。JEFが一人減ったことによりREDSのバランスも悪くなったことも手伝ってか,徐々にボールが回り始める。とても一人減っているようには見えない展開。ただし,相手は今季,ホームで3失点しかしていないREDS。そうやすやすとゴールは奪えない。阿部のヘッドがクロスバー,羽生のシュートがポスト右上を叩くなどの不運もあった。

 結局,代表をずる休みした闘莉王に後半半ばにヘッドを叩き込まれて,THE END。JEFの中盤の展開力をもってしてもアメージング・ジャスティスを発動されてはかなわない。おまけにゲーム終了後にイリアンへイエロー提示で退場にまで追い込んでいただきました。もうやってられません。

 REDSは普通に強かったです。2失点で済んだのはJEFの守備陣が前後半通じて頑張った結果だと思います。攻撃も夏前の動きが戻ってきつつあります。それだけに今日の岡田主審のジャッジ一発でつまらなくなってしまったことが残念です。

続きを読む "Yes or no? Aha~n?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/07

明日のREDS戦!

 本来ならば9月の第1週に行われるはずだったこの対戦。サウジとのアジアカップ予選を優先させたことにより,1ヶ月先延ばしとなっていた。

 サッカー協会の代表を優先する横ヤリには不満があるものの,今思うと非常に良かった。なぜなら9月の第1週といえばJEFが調子のどん底だった頃。こんなときにREDSと当たっていたらと思うと・・・,目も当てられない状況になっていたであろうことは想像に難くない。そういう意味ではJEFの運の良さを感じる。

 とは言うものの,代表で6人持っていかれて,そのうち5人は横浜のピッチに立っていた。REDSもイコール条件ではあるが,あちらさんの層の厚さは尋常ではない。坪井がダメでもネネがいる,闘莉王がダメでも堀之内がいる。JEFは阿部の代わりも巻の代わりもいない。おまけにマリオは前節の意味不明なカードのおかげで出場停止。状況として不利なのは明らか。

 それでも真正面からぶつかっていくしかない。水曜日の結果を受けて各マスコミさまは好き勝手に書き放題。コイツらを黙らすにはとにかく結果を出すしかない。

 ところで,明日は指定席の当日売りがあるだけで,AWAY自由はやっぱり無いみたいですね。早めに行かないとめぼしいところで見ることができないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/06

木村さんが吠えまくってます

木村元彦の
「地球を一蹴」
第35回(10/2更新)
「JFAは、オシムに何を期待しているのか」

 まあ,一言でいうと,昔懐かしい,『サッカー協会,クソッタレ!』ってことですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

あの髪型を見て「中澤だ」と思った人はシロートです

「アピールはできたと思う」山岸智=サッカー日本代表

 昨日は水本を取り上げたので,今日は山岸を。左サイドの高いポジションでのプレー。しょっちゅう上がってくる三都主がウザかったろうがとの連係を含め,やれることはやっていたと思います。惜しいシュートが一本あったなぁ。

 しかし,去年の前半くらいは,途中から出てきてもバックパスマシーンと化していた男が今や代表さまですわ。来年の今頃は楽山が…あるといいですね(棒読み)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/04

代表のサッカーにしか興味の無いみなさんへ

水本はガーナ戦で家族に恩返し

初選出のDF水本、ガーナ戦で先発濃厚

初招集DF水本「松坂似」で溶け込む

 まあ,そんな御仁はこんなJEFに傾倒したblogなんぞ見ないでしょうけど,この松坂似の丸坊主君が,強さに長ける外国人選手に対してマンツーマンで挑み,仕事をまったくさせない姿を見て,ぜひとも慄いていただきたいもんですな。かつてのREAL MADRID戦でFIGOに仕事をさせなかったあの姿をもう一度,見たいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/10/02

6人も持っていかれました

オシムジャパンがミニゲームなどで初練習(ニッカン)

 リンク先の写真は姉崎ですよね?なんてジョークも言いたくなるような6人の代表招集。REDSの坪井と闘莉王がケガで一気に最大派閥となってしまいました。初招集の山岸と水本はケガなく帰って来いよ。

 それでも,JEFサポーターとしてはガーナ戦よりも7日のREDS戦,14日のAntlers戦のほうが心配です。やっと夏の疲労が抜けかけてきたのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/01

まだまだ回復途上

 D1000228

 若手の成長著しいTrinitaと中堅ながら結城,岡本といった,かつての準レギュラークラスのメンバーの活躍がいい方向に向かいつつあるJEF。ゲームは昨年のAWAY同様,お互いの良さを消しあう,言わば我慢比べのような状態となった。

 前半はお互いに攻め手を作るもプレスが効いていたためか,得点機会は生まれず。JEFは勇人のバックヘッドと水野のミドルが枠を捉えられなかった。ただ,お互いにいいサッカーをしている。一進一退の攻防に胃がキリキリするような展開で前半はあっという間に終了。第三者的に見たら面白いゲームなんだろうが。

 後半はTrinitaがさらにプレスをかけ始め,徐々にラインが下がってしまった。結局Trinitaの中央でのポストプレーに気を取られた結城が高松へのマークをルーズにし,先制されてしまう。

 この点で勢いづいたか,梅崎を中心にさらに押し込んでくるTrinita。夏場のJEFだったらここで連続失点していただろうが,ここは集中してDF陣が抑える。その我慢が功を奏したか,徐々に押し返し,相手陣内での攻撃回数が増えてきた。

 そんな状態からのセットプレー。水野が軽く蹴ったボールに阿部が反応したが,相手DFに潰される。ボールはゴール前でワンバウンド。そこに突っ込んでいたのは巻ではなく,なんと結城!記念すべきJリーグ初ゴールはある意味彼らしい「肩」。JEFの他の選手がゴールしてもその輪に入らずに黙々と自分の仕事に帰る男が満面の笑みでピッチを駆け巡る。

 その次の歓喜は3試合連続のPK。水野のセンタリングに合わせようとした巻が相手DFに倒され,PKゲット!これを阿部がきっちりと決め,逆転に成功。その後はマリオの不可解なイエローもあったが,結果として連勝を飾った。

続きを読む "まだまだ回復途上"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »