« 明日のAntlers戦! | トップページ | 姉ヶ崎クリーン大作戦結果報告 »

2006/10/14

「面白くて疲れた」ゲーム

 D1000242

 カシマに到着するなり,チームから届いたスタメンメールを見て,おののく。DF登録は水本のみ。正直,フォーメーションが予想つかなかった。ところが,ゲームが始まるや否や,そんな予想は無駄であったことを悟った。

 何せポジションが目まぐるしく入れ替わるのである。変わらなかったのは岡本くらいだろう。スタート時にDFラインにいた,阿部,中島の攻撃参加はもちろん,FWであるはずのマリオが左サイドのディフェンスラインに入ることもあれば,トップ下であるはずの羽生が右サイドに張り,アレックスミネイロのマンマークであった水本も攻撃参加を繰り返す。見ていると非常に面白いのだが,同時に非常に疲れるゲームであった。

 ただし,内容が伴っていたかと問われるとそうではない。前半は攻め込まれる展開も多かった。事実,阿部のハットトリックはすべてセットプレーから。流れからの得点は4点目の羽生のクロス→山岸のヘッドのみ。Antlersが11月3日に出場できないことが確定している内田(U-19),フェルナンド(出場停止)を外してメンバーを組んだことにより,「らしさ」が感じられなかったことも事実。結果だけなら4-0だが,手放しで喜んでいい内容ではなかった。

 D1000240

 それでも,これまでAntlersには散々煮え湯を飲まされてきた。今年もフクアリで初めて土をつけられた相手。たまにはこんないい思いをさせてくれてもいいだろう。 だからと言ってNABISCO CUPで同じようなことにはならない。できれば今日が決勝だったら良かったのだが。

 ---------------------------------------

  243793076_84

  ちょっと見難いが,Antlersのゴール裏にはU-19に選ばれたことにより,NABISCO CUPの決勝に出場できなくなった,内田へのメッセージとサッカー協会に対するシュプレヒコール弾幕が数多く掲示されていた。彼のような選手が出られなくなったことはJEFにとって非常に助かるが,なぜサッカー協会は配慮できなかったのか。NABISCO CUP軽視ととられても仕方のない出来事だ(ちなみにJEFからは青木。たとえ優勝したとしても,彼だけはその輪に入ることができない)。

|

« 明日のAntlers戦! | トップページ | 姉ヶ崎クリーン大作戦結果報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/12285485

この記事へのトラックバック一覧です: 「面白くて疲れた」ゲーム:

« 明日のAntlers戦! | トップページ | 姉ヶ崎クリーン大作戦結果報告 »