« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

CLEAN by ALL!VOL.2

 リーグ最終戦翌日に10月に一度行われた,姉崎クリーン作戦が再び決行されることになったという情報がmixi経由にてもたらされましたので,ここに転載します(一部リンクに関しては当blogのオリジナル)。

(転載)

サブタイトル
「なんだか色々あったけどキレイにしよう Clean by All!」

「第一回! 姉ヶ崎クリーン作戦2006」

手探りで始めた第1回以来1ヵ月半。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
この間も、ナビスコ杯2連覇、リーグ戦連敗に天皇杯敗退と両極端な色々なことがありました。前回にまとめた動き、「幸せの黄色いポストカード」「祖母井GM残留署名活動」も、私自身の力不足もあってけして満足できるような結果になっていないのも事実です。

そういった反省と総括の意味も込めて、再び「クリーン作戦」を開催します。
当日の12月3日は最終節の翌日。おそらく姉崎では去就の話なども出る大事な日だと思われます。それ故、今回は選手と一緒に掃除できない可能性もあります。ナビスコ翌日の日刊スポーツに、祖母井GMの手記が掲載されたように、前回とは状況も変化しています。集まる方々の現GMへの気持ちにも、それぞれ違いがあるとは思われます。前回のように、和気あいあいと楽しい雰囲気になるかどうかもわかりません。ですが、来期に向けた、前向きな、内容のある会にしたいと考えています。

http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/map/map_4.html
前回と同様、メインの掃除や話し合い以外は各自自由に、というか流れで進行したいと考えています。ですので何かご意見、ご希望がありましたら、こちらに書き込んでください。

ご賛同いただける方のご協力ご意見を、是非ともよろしくお願いいたします。

注:当日用意していただくもの
・寒くない格好+JEFグッズで(サポだとわかるような)
・軍手(掃除のイベントですので)
・各自の昼食
その他、お気づきの点があれば書き込んでください。
随時、トップで更新いたします。

また、これは特定の団体や個人が主催するようなの集会ではありません。各自責任を持って、一社会人として常識のある行動をお願いいたします。

(/転載)

 当日は練習も姉崎で行われる可能性が高いため,その見学がてらお越しいただくのも良いかもしれませんね。まあ,スケジュールが決まっていないため,何とも言えませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水本がキャプテン!

 ULTRASも来ていない,アジア大会のサッカー競技。リーグ最終戦に出場出来ない水本がキャプテンですよ。まあ,A代表CAP持ちですからね。

 それにしてもデカイのは重そうだな・・・。これからも使い続けるのかな,男前さんは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/29

そろそろ

 Jリーグも終了となりますが,それとほぼ同時に寂しい声も聞こえてきました。いわゆる戦力外ってやつですよ。

 最終戦を前にGrampusの秋田Vegaltaの大柴らが戦力外だそうですよ。大柴にはチェ・ヨンスとのコンビで点を取りまくってくれたからなぁ。ケガと羽生の成長でチームを去ったときは残念だったが。今後どうするんだろう?秋田は現役続行らしいが。JEFはどうなりますかね。今年も昨年同様,発表なしですかね。

 後は引退する人も。城についてはシーズン終了後,じっくり書きたいことがあるので,後にとっておきますが,三浦文丈も,ミスターモンテディオと呼ばれた高橋も引退かぁ。彼なんかJ1で見たかったなぁ。

 いずれにせよ,辞める人にはお疲れさま,新チームを探す人には頑張れ!って感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/27

200勝を決めた「新鮮力」

 D1000356

 「連敗の長いトンネルを抜けると,そこは小瀬だった」と,ある文豪が言ったかどうかは知らないが,連敗を5で止めた見事な逆転勝利。その立役者はSexy Footballを身に着けた新人,青木だった。

 正直,前半は見飽きた展開。1TOPの要田にボールが収まらないため,山岸,工藤,羽生の「追い越す動き」が生かしきれない。この日リベロに入った中島もパスミスを連発。センターラインが不安定なためにVentforetにボールを奪われてはぶ厚い攻めを喰らうという繰り返し。前半開始直後に先制されたシーンはまさにその象徴。とにかくオフェンスで目立っていたのは水野と阿部のみ。前半の1点はこの2人で決めたようなもので,それ以外では攻撃の糸口がつかめない,というような状況だった。

 前半はその後,Ventforet藤田の見事というしかないFKを喰らって,折り返す(まあ,そのFKを与えた主審のジャッジもお粗末だったが)。

 後半はボールの収まりの悪かった要田に代えて青木を投入。青木を左サイドに置き,山岸をFWに配置した。この采配が見事に的中する。

 青木がボールを持つと,まずドリブルで突っかける。慣れてないDFは彼の速さについていけない。今年1月の高校選手権をご覧になった方ならご理解いただけるだろう。これを繰り返すことによって相手DFは彼に注意を向けることになる。このことにより,それまで速いプレスに苦労していた山岸,工藤の負担が軽くなる。事実,後半の彼らの動きは前半とは比べものにならないくらい,見違えるように良くなっていった。

 そんな攻撃に活性が見られたJEFの同点弾は10分過ぎに早くも実現した。フィールド中央でボールを持った青木が相手DFの裏を見事に突いた羽生に見事なロングスルーパス。GKと1対1になった羽生が右45度からシュートを決める。久しぶりに見た,JEFの流れるようなパスワークからのゴール。とにかくこの攻撃が見たかった。そしてこのやり方に青木も対応できる,ということもしらしめた。

 次第に流れはJEFに傾く。Ventforetもバレーを中心に攻めてくるものの,攻撃のリズムに乗ったDF陣が何とかゴールを割らせずに踏ん張る。そして30分過ぎに右サイドから展開されたボールが羽生→青木と渡り,GKの位置を瞬時に判断してループシュートを放つ。ボールはGKの手先を越えて弧を描きながらゴールへ吸い込まれた。

 結局,このゴールが決勝点となり,5試合ぶりの勝利,Jリーグでの200勝をようやく手にした。

続きを読む "200勝を決めた「新鮮力」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/25

明日のVentforet戦!

 SANFRECCE戦を未見のまま,明日を迎えてしまいそうですが,友人からのレポを読む限り,悪くはなさそうだ。ただし,FWの駒不足と得点力不足が否めないのはどうにも。さらに勇人が出場停止。Ventforetとはほぼ同じような戦術となるため,勇人が出られないのは痛い。

 Ventforetは前節,結果だけならREDSに完敗していたが,内容はすばらしかったと聞く。しかし,中盤のそこのイメージが強い,茂原がセンターフォワードっていうのも,このチームらしいっちゃ,らしいなぁ。なおかつホームには絶対的な強さを持つ。どこかのチームとは大違いだ(苦笑)。

 まあ,そんな感じですが,甲府には車で行きますよ。電車で行かれる方はあの歓迎っぷりに惑わされないようにしてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/24

【友人代筆】「寒」

 本日は私に変わって観戦した,友人Mのレポが届きましたので掲載します。

 -----------------------------------

 P1000300

 皆様お久しぶりです。管理人PACQUEの落武者、じゃなかった影武者「友人M」です。

 PACQUEが本日休場という事で、潜入捜査の命を受け,久しぶりに表の舞台に戻って来ました。といっても比較的PACQUEの後ろ盾をする為フクアリには潜入しています。ただ、翌日が休日限定のみですが・・・。なお、臨海の時は「コーナー自由メインの住人」でしたがフクアリの時は「コーナー自由メイン・SA自由の放浪者」となっています。

さて前置きはこれくらいにして、サンフレッチェ戦の潜入報告させていただきます。PACQUEほどボキャありませんのでご了承を。

 今日の内容は一言だと”寒”につきます。選手の「勝ち」に対する意気込みは”熱”だったのですが、如何せん環境・結果が伴いませんでした。

 巻・ハースが欠場という緊急事態でFWは山岸・要田の2トップでスタート。一方のサンフレッチェは純国産メンバーでスタート。ウェズレイ欠場で寿人・前田の2トップでした。

 前半からゲームを支配するジェフ。殆どサンフレッチェ陣内での試合運びで、最近キレキレの晃樹にボールを集めクロスからのゴール前勝負といった内容。復帰した勇人のヘディングや晃樹のFKがゴールを襲うも決まらず。一方のサンフレッチェは、ボールを奪ってからのカウンターでゴールを狙うも前田に大輔、寿人に水本、森崎(浩)に阿部が対峙し中盤を支配する。しかし一瞬のスキを前田にとられ、岡本の手を掠めてゴールを奪われる。

 先制された後も攻勢に出るジェフ。それを物語るのがGKへのバックパス数。前半は1本といつもよりかなり少なめ。アマルの指摘があったのだろうか?ただその分カウンターが出やすくなり、1vs1の危険な場面もあったが岡本の好セーブもあり前半を0vs1で折り返す。

 今日のジェフはサンフレッチェのマークが然程厳しくなくボール回しもスムーズに行われていたので、同点・逆転も「時間の問題」と思われた。

 後半もアタックに出るジェフ。イリアンがオーバーラップし、晃樹のクロスに合わせるも相手GKと接触。これでイリアンが負傷退場してしまう。交代で楽山が入り左に入る、代わりに阿部が1つ下がった形に。これで試合が一進一退の展開になる。相手ゴールに集中攻撃をかけるジェフ。勇人が晃樹がマシンガンのようにシュートを仕掛けるも決まらず。

 一方中抜けで一発を狙うサンフレッチェ。楽山→大輔のパスがカットされ寿人が岡本と1vs1になるも好セーブで事なきを得る。

 ここでアマルが要田に代わり青木を投入。J初キャップで本日最大の歓声が上がりフクアリは最高潮に。ゴール前で果敢にボールを目指すも届かず終了寸前の勇人の切り込みシュートもポスト直撃という運にも見放され結局そのまま0vs1で終了となった。

 これでついに5連敗。順位も12位まで落ち、200勝もだいぶお預け状態です。今日のゴール裏は「説教タイム」もなく、拍手と千葉コールで選手を称えていました。

 今は我慢の時。うまくいかない時ってありますよね。今はそれが長く継続していると思うしかありません。

 それにしてもサンフレッチェは寿人・前田をはじめ柏木・青山・駒野など次世代の選手が活躍していますね。また、戸田・盛田のビッグDFが機能してゴール前のクロスを確実にクリアしていました。

 さて今年もあと2試合。連勝で有終の美を飾るべく是非とも皆さんで応援しましょう。

P.S
 blogにもありましたが、本日PACQUEは甲府に出向いているようです。26日のヴァンフォーレ戦に参戦するらしく、きっとステイで順番待ちしてると思いますので、皆さんそっとしてあげてください。

続きを読む "【友人代筆】「寒」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/23

明日のSANFRECCE戦!

 モチベーションの維持が難しいゲーム。巻のケガとか水野が中一日とか勇人も水本も病み上がりとかいろいろありますが,5連敗だけは阻止したいもんです。勝利を糧に頑張ってほしいところ。

 相手のSANFRECCEですが,DF陣が3試合連続完封で波に乗っているようです。ぜひともこじ開けたいもんですな。なお,ウェズレイが父親の不幸で帰国したとのこと。ご冥福をお祈りします。

 なお,管理人ですが,明日はこともあろうに会社の同期の結婚式が山梨は甲府の小瀬スポーツ公園近くで行われるため,欠席です(3日後,また行くっちゅーねん)。ただし,シーチケは以前,私に変わってレポしてくれたことのある,私の影武者に持たせました。彼の観戦レポートを掲載する予定なので乞うご期待!(これでもう,逃げられねーぞw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/22

やっぱりあのワンフレーズがほしい

「もっとできるし、もっとやらないといけない」水野晃樹

 昨日の水野は「いい水野」だった。ホントなら3アシストくらい決めていたはずだったが,やっぱり「あのデカイの」が邪魔だった。

 それにしても今日フル出場ってことは・・・あさって頭から行くのはちょっと無理だな。キツイねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/21

あんまり言いたくないが

千葉鉄人巻ハーフで交代「つらい」

水本が離脱=サッカーU21日韓戦 

 もう,来年のために休んでくれてもいい。見ているこっちも辛くなる。2人だけじゃない,JEFの選手は今年,本当に頑張った。終盤の連敗はその「勤続」疲労だろう。欠場しても責めるつもりは無いよ。

 でも,フクアリでの2試合だけは意地を見せてくれよ。これだけは話が別だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/20

守備陣の戦う姿勢は見えた

 D1000340

 はい,今後のJリーグのために空気を見事に読んでGAMBAに負けてあげましたよ。

 んな,わきゃあない。

 ------------------------------

 結果としては1-0で負けたが,この1点はマグノ・アウベスの完全な個人技による得点。これはもう,打った本人が上手い。それ以外の場面ではDF陣も岡本も懸命に守っていたし,この前のAlbirex戦よりも意識が向上していたようなので,これはこれで評価していい。

 ただし,攻撃陣が深刻だ。枠内シュートゼロ。申し訳ないが,今日も前半,巻にまったく存在感がなかった。前半で退いたのでケガをしていたのかもしれない。後半は山岸,要田を筆頭にGAMBAの守備陣を崩していたが,悔しいかなフィニッシュに精度を欠いた。問題はそのあと。シュートを外してがっかりしているのもどうだ?阿部は同じシチュエーションでものすごい悔しがり方をしていたぞ。少しは感じてほしいのだがな。

 今年ももう,残り3戦。うちホームフクアリで2戦なのだから,来年につなげるため,自分のため,チームのため,こんな状態でも足を運ぶサポーターのためにもいい結果を残してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/11/19

明日のGAMBA戦!

 今日のJリーグの結果を受けて,やるべきことはただひとつ。

 我々も今野のようにドリームクラッシャーになるべきである。

 今日の結果を含めると,賞金獲得ラインである7位から降格一歩手前の15位まで以下のようになっている。

 7位 Trinita 44

 8位 JEF UNITED 41

 9位 GRAMPUS 41

 10位 Albirex 41

 11位 Ventforet 41

 12位 F-MARINOS 39

 13位 SANFRECCE 39

 14位 FC TOKYO 39

 15位 Ardija 35

 もう,おわかりだろう。今までのようなゲームをやり続けていると15位付近まで落ちる可能性もあるわけだ。いくら残留は決めているといっても,これでは身も蓋もない。なので,明日は空気を読まずに行きたい。

 とりあえず,腰痛の勇人と怪我の耕造,マリオ以外は通常メニューに戻ったようだ。また,アジアユースで名を売った青木にも期待したい。GAMBAはけが人と出場停止が重なっているようだが,自力は向こうが上なのでチャレンジ精神で戦ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/18

今年もそんな季節になりましたか

2006ユーキャン新語・流行語大賞

 オシムの言葉(オシム語録)が候補になっております。まあ,語録自体は2003年からありましたが,何か?

 万が一,大賞になった際にはJEFの広報もしくは木村さんが表彰対象になることを期待します。間違っても馬川淵なんぞ出したら,今後一切,現代用語の基礎知識は買わんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/17

さて,来年はどうするかな

2007 シーズンシートの販売開始について

 23日のSANFRECCE戦は行けないことが確定しているので,来年のシーズンチケットを購入する,しないの判断をするのは12月2日の最終戦終了後になりそうだ。淀川さん,失望させるようなこと言ったら,スタッフの19年1月分給料に苦しむことを覚悟したほうがいいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/16

いい企画だと思うんだけど

ラスト2試合フクアリに行こう団体さんいらっしゃい!

 いい企画だとは思うんですが,少しはシーチケ保有者のことも思い出してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/15

さよならだけが人生・・・

 D1000335

 どうやらマリオはNABISCO CUPで負った怪我が思いのほか重傷だったらしく,母国での治療を優先したようです。全治不明ですがチームは契約更新をしなかった模様。

 で,そのマリオはもう帰ってしまったようです。JEFの外国人選手はサポーターに別れの言葉も言わせずにそそくさと帰っちまうのが多いから困るわ。

勧君金屈巵(この杯を受けてくれ)
満酌不須辞(どうぞなみなみ注がしておくれ)
花発多風雨(花に嵐のたとえもあるぞ)
人生足別離(さよならだけが人生だ)

-于武陵「勧酒」 井伏鱒二訳-

 とは言うものの・・・


 さよならだけが人生じゃねぇ!

 マリオ,07年に日本代表と戦う予定の4カ国対抗と08年母国開催の欧州選手権,楽しみにしてるぞ。早く怪我,治してくれよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/14

悲喜交々の季節が到来です

千葉DFストヤノフが新たに2年契約

 また,胃の痛くなりそうな季節がやってまいりました。まずは外国人から。

 とりあえず,正式ではありませんが,イリアンは契約延長ということでまとまったようです。ただし,マリオ,クルプニは退団の見込み。特にマリオは2008年に母国オーストリアで欧州選手権があるし,やはり彼も出場したいんだろうな。

 勝ったときのバンザイコールはイリアンが引き継いでくれるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/12

久々の臨海は相も変わらず悪条件

 D1000327

 臨海はサポフェス以来。変わったのはAWAYゴール裏がほぼ撤去されたことと,HOMEゴール裏のベンチシートが撤去されていたこと。もう全部撤去されたのかと思っていたけど,そうでもないのね。強い風と化学工場の刺激臭は相も変わらず。

 ちょっと違うのは,フクアリにも存在しない電光のスポンサーボードがお目見え。ゴールの際には「ゴーーーーーーーーール!」なんてサインも出てくる優れもの。ただ,ゲーム前のキーパー練習中には関係者総出でボードの前に立ってた。壊されたくないという意味か,よくわからん。それにしてもこれは市原市の肝いりか?

 この日の応援は久々の臨海ということですべて市原バージョン。あっこちゃん,ファイティング,ゲタゴ,TRUTHをはじめ,ほとんどやった(やってないのは「俺たちがついてる」くらいのはず)。アイアイとかすっかりメロディー忘れてたwww(すみません,タイトル不明の別の曲でした)。最近のつまらんゴール裏からすると,こっちのほうがなんか楽しいわ。

 ゲームは終始,ジェフクラブが押していたものの,後半40分過ぎに琉球にカウンター一発喰らってジ・エンド。それでも90分間,空回りしていた前日のトップと違って,戦う姿勢と気持ちは見えていたので次はやってくれるでしょう。といいながら個人的には今年のジェフクラブ観戦はこれが最後。日程上,大阪と甲府が重なっているのでしょうがない。

続きを読む "久々の臨海は相も変わらず悪条件"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/11

グダグダ90分

 P1000287_1

 タイトルの元ネタがわかる方はO-35確定です。まあ,そんな冗談はさておき。

 あっ,天皇杯を現場でごらんになれなかった方にお伝えします。簡単に言うと,今日はその続きです。あれを2試合連続で見せられたんで,もう,開いた口が塞がりません。Albirexのプレッシャーに負け続けました。水野以外にゴールの匂いがしませんでした。それより今日,巻,いました?電柱にすらなれてなかったですね。勇人の交代は怪我ですかね?今年の勇人,怪我多いですね。2年前の救世主,要田も頑張ってましたが,枠に飛ばしてほしかったですね。

 チームだけじゃないですね。サポーターもAlbirexに負けてました。それにしても今日のフクアリはヘンでしたね。あいかわらず寒空の下,2戦連続で説教タイムだし。またペットボトルが投げられたし(これは投げたオヤジが見事に御用となりましたがね。子供連れで投げるかね,普通。)。

 今年もあと4試合,こういうことを続けていると本当にお客さん来なくなりますよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/11/10

勇人の「意外」な仕事

 勇人が弟の寿人と一緒にDREAMS COME TRUEの新曲「今日だけは」のPVに出演しております。一部先行視聴(real playerなど要)できるので興味のある方はどうぞ(リンク先の「一部先行」リンクをクリックすると見られます)。

http://www.dctgarden.com/news/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/09

JEFヤバイ

ヤバイ。JEFヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。

JEFヤバイ。

まずシュート打たない。もう打たないなんてもんじゃない。超打たない。

打たないとかっても

柳沢のQBKくらい?」

とか、もう、そういうレベルじゃない。

何しろ無得点。スゲェ!なんかゴールが見えたら打つ!とか無いの。FWとかDFとかを超越してる。無得点だし超打たない。

しかもナビスコ優勝してMAN-ZOKUしてるらしい。ヤバイよ、MAN-ZOKUだよ。

だって普通はナビスコ勝ったくらいでMAN-ZOKUしないじゃん。だって12月がほとんどOFFだったら困るじゃん。サポーターもやることなくて困るっしょ。

OFFが伸びて、2005年は12月中旬までだったのに、2006年は12月2日で終了とか泣くっしょ。

だから他のJ1チームとかMAN-ZOKUしない。話のわかるヤツだ。

けどJEFはヤバイ。そんなの気にしない。MAN-ZOKUしまくり。最も遠くからお越しいただいたConsadoleとかに簡単に負けちゃうくらい。ヤバすぎ。

無得点っていったけど、もしかしたら点取ったかもしんない。でも点取ったって事にすると

「じゃあ、Consadoleが勝った事実ってナニよ?」

って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。

あと超うすら寒い。巻シュート打てない。スタッツで言うとシュートゼロ。ヤバイ。寒すぎ。ゴール前でシュート打つ暇もなく横パス。怖い。

それに超何も無い。超グダグダ。それに応援も超グダグダ。慢心とか平気で出てくる。慢心て。ナビスコ獲って5日後だぞ,まったく。

なんつってもJEFは空気が読めない。下のカテゴリと対戦したJ1チームで唯一負けとか平気だし。

うちらなんて無得点とかたかだかがっちり守ってカウンターで出てきただけで上手く扱えないからマンマークにしたり、楽山置いてみたり、ヨーダ使ったりするのに、

JEFは全然平気。無得点を無得点のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。

とにかく貴様ら、JEFのヤバさをもっと知るべきだと思います。

そんなヤバイJEFを応援している「らしい」のに上目線で選手に説教たれるグリダーレとか超ムカつく。もっとムカつく。ガッペムカつく。

(元ネタ)

 宇宙ヤバイ

 こんなネタでも書いてないとやってられませんわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/08

明日のconsadole戦!

 はいはい,ゲンが悪い天皇杯であるうえに,相手が2年前に寝首を掻かれたconsadoleですよ。言っちゃ悪いですが,たぶんドン引きだと思いますよ。うちとやるときはその方が有効ですからね。それでもKawabuchiを引き摺り出すためには決勝に駒を進めないとダメですしね。リーグ戦の目はもうないのだから,たまには正月を国立で迎えてみたいもんですな。

 consadoleからはうちから行って見事に花開いた,芳賀が凱旋してきます。いまや彼はconsadoleの不動のレギュラー。今年は柏でreysolとのゲームを見ただけですが,攻撃の起点になっていました。相対するのは山岸・・・と言いたいところだが体調不良らしいのでもしかしたら楽山・・・おい,頑張れや!

 ちなみに管理人はギリギリ到着予定。観客が少なそう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/07

弟分もやったぜ!

日本、サウジ下し4強入り サッカーのアジア・ユース

 土壇場で決勝点を決めたのは,われらが「玉子」(ホントは「王子」だが,JEFで点を取るまでは「玉子」)青木孝太。いつも一緒に行動している(らしい)水野の活躍に刺激されたか。これでワールドユースの出場権は獲得。NABISCOの歓喜の輪には加われなかったが,よくやった。

 それにしても,いい加減黄色いユニの青木が見たいぜ(ちなみにサテライトのAWAYゲームでの白いユニ姿なら見たことあります)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

ドキュメント06.11.03

 11月3日を写真を交えてドキュメントでお送りします。なお,バックスタンド側から写真は私の友人Mが撮影したものです。

D1000316_1  朝は5時過ぎに起床。4時台の始発で行くつもりが間に合わず。国立の向こうに茜差す朝焼けはどっちに微笑んでいるのか,この時点ではわからず。代々木門で友人たちと開場時間の7時半まで過ごす。

D1000315_1  代々木門開門後,入場口まで移動。ここで11時まで,トランプでラミーをやる者,徹夜疲れを取るために寝る者,仲間が作ってきてくれたおにぎりや弁当をつつく者,おのおのそれぞれの時間を過ごす。ちなみに私はある目的があって8時過ぎに千駄ヶ谷のドトールに紙パックコーヒーを買いに行っていた。

P1000221 10時ごろ,友人Mが到着。代々木門の中に入れなかった人は道路向こうの駐車場に列をなしていた。やはり完売。昨年とは様子が違う。

 

D1000314  11時に入場開始。この写真はその30分後。ゴール裏のめぼしいところはほぼ埋め尽くされていた。外ではまだ入場待ちの長蛇の列が待っている状態。

D1000312  12時前に友人が「この日のために」とわざわざ予約したキルフェボンの赤いフルーツのタルトを持参。これで赤いチームを喰らっちまおう,ということで先ほど買いに走ったドトールとともに食す。ごちそうさまでした。

D1000310  で,12時40分ごろ,円陣企画参加のため,7番ゲートに向かう。コンコースの人の波を押しのけて進んでいくと,いるわ,いるわ,JEFサポだらけ。500人は有に超えてたんじゃないでしょうか。昨年同様,一発気合を入れてゲームに望みました。

P1000231  13時半頃のゴール裏。「選手とサポーター,気持ちはひとつ」という細い弾幕を上までゆっくりと上げているところ。私はこの幕の下にいたので書いてある内容がわかりませんでした。しかし,この時点でかなり黄色いなぁ。

P1000233_1  そしてKICKOFF直前。黄色と緑の人文字とビッグフラッグのコントラストが美しい。対するAntlersのグレー一色が何だったのか,いまだに謎だ(あれは成功だったのか?)。

 ゲームの内容については割愛。もう語らなくていいでしょう。

 このあとは続きのほうで。

続きを読む "ドキュメント06.11.03"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/11/04

Win By ALL! We got it!

 P1000233

 いろいろ書こうと思って,思案してましたが,いろいろありすぎて,なんかいい言葉が浮かんできませんでした。でも,これだけは書いておきたい。

 90分間ピッチを縦横無尽に走り回る選手たち

 信念を曲げずに指導する監督とコーチ,スタッフ

 その彼らを支える裏方さん

 チームの屋台骨を支えるフロント陣(昨日フクアリで空気の読めないコメントした一名を除くw)

 チームを純粋に応援するサポーター達

 そして俺のまわりで一緒になってゴール裏を盛り上げるみんな

 JEFに関わるすべての人に「ありがとう」。俺達は今年もタイトルを取った!

 P1000242

 当日のドキュメントについては明日にでもあげようと思います。ちなみに写真についてはバックスタンド上段にいた友人が撮影したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/03

(改題)NABISCO CUPに向けての盛り上げ企画公開中!

 NABISCO CUPのFINALに向けて,いろいろと企画が盛り上がっておりますが,私もちょっとだけ関わっている,某有名JEFサポが作成した,FLASHMOVIEが解禁となりましたのでご覧ください。NABISCO CUPへ向けたテンションが上がってくること,間違いなしです!

これ見て魂揺さぶられない人はJEFサポじゃない (FLASH PLAYER要)

(注意!)リンクについては著作者本人の掲載許諾を得ております。リンク先サイトURLのメール添付による二次配布,ならびに2ちゃんねるなどの各種掲示板,個人HP,個人blog,mixi日記などへの無断リンク掲載を固く禁じます。掲載されたことが発見された時点でリンク先が削除される場合がございます。なお,私個人に掲載許諾権限はありません。ただし,当blogへのリンクについてはその限りでありません。

(追記)

 昨年も行われた,JEFサポ円陣企画,今年もまた,行われます。これほど参加が簡単で盛り上がれる企画はありません。昨年は急な呼びかけにもかかわらず,約250人が参加!ビックリしました。今年はそれ以上の参加を!詳細はジェフサポ円陣企画!まで。

(追記2)

 NABISCO CUPのポスターが赤だと不公平だ,ということで「必要以上にマッキイロ」さんがポスターをJEFモデルに捏造アレンジしてくれました。見事なので貼っておきます。

 5304634

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/11/02

コーチャンズ7(今のところ)

米倉恒貴選手 加入内定について

 来期の新入団選手の一番手は八千代高のMF。羽生の直接の後輩でもあります。それと同時にコージ×2,コーゾー,コーヘイ,コーキ,コータに続くコーチャンズ?の新メンバーでもあります(それに対抗するのがユーキ,ユート,ユースケのユーチャンズ?)。

 今のところ,と銘打っているのは来期の契約云々という現実的な側面があるからですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »