« 勇人の「意外」な仕事 | トップページ | 久々の臨海は相も変わらず悪条件 »

2006/11/11

グダグダ90分

 P1000287_1

 タイトルの元ネタがわかる方はO-35確定です。まあ,そんな冗談はさておき。

 あっ,天皇杯を現場でごらんになれなかった方にお伝えします。簡単に言うと,今日はその続きです。あれを2試合連続で見せられたんで,もう,開いた口が塞がりません。Albirexのプレッシャーに負け続けました。水野以外にゴールの匂いがしませんでした。それより今日,巻,いました?電柱にすらなれてなかったですね。勇人の交代は怪我ですかね?今年の勇人,怪我多いですね。2年前の救世主,要田も頑張ってましたが,枠に飛ばしてほしかったですね。

 チームだけじゃないですね。サポーターもAlbirexに負けてました。それにしても今日のフクアリはヘンでしたね。あいかわらず寒空の下,2戦連続で説教タイムだし。またペットボトルが投げられたし(これは投げたオヤジが見事に御用となりましたがね。子供連れで投げるかね,普通。)。

 今年もあと4試合,こういうことを続けていると本当にお客さん来なくなりますよ。

|

« 勇人の「意外」な仕事 | トップページ | 久々の臨海は相も変わらず悪条件 »

コメント

タイトルわかってしまいました。。。

説教タイムが始まった後 起こった太鼓はあれを止めさせるためだったのですか?
なんだか わからないけれど。
私は仕事があったので後半始まって少し経ってからの参戦で 「1対0じゃん」とあきらめました。
ワールドカップあとのフクアリは 座敷ぼっこ(わらし)のいなくなった没落家庭のようで
そんなこと言ってたら「あ ワラシさんがいなくなってる」と気がつきました。
まさかね。

投稿: かぴたん | 2006/11/11 23:38

>かぴたんさま

>説教タイムが始まった後 起こった太鼓はあれを止めさせるためだったのですか?

 そういうことです。あの寒空の状況で選手の足を止めさせる必要はありません。説教する元気があるなら声出せよ,と。

 まあ,今は単に悪い流れなんだと思います。昨年優勝争いしたCEREZOなんて,今年は降格候補ですからね。

>「あ ワラシさんがいなくなってる」

 ワールドカップ前からいませんが???(^^;)

投稿: PACQUE@管理人 | 2006/11/12 00:40

はじめまして。

いつぞや断りも無くmixiに直リン貼ってしまった者です。(失礼致しました)

今日観ていて実はそこまで駄目駄目駄目駄目駄目駄目駄目駄目には見えなかったんですけど。
おそらく見る目が無いんですねぇ。^^;

それよりも負けているときの応援が厳しいなと思いました。。。(←言いたいことはこれだけだったり)

以上失礼致しました。

投稿: まに | 2006/11/12 01:50

>まにさま

 こちらにコメント,ありがとうございます。

 見え方は人それぞれだと思いますんで,率直な感想で結構だと思います。

>負けているときの応援が厳しいなと思いました

 これはJEFゴール裏の昔からの伝統(悪癖)です。

投稿: PACQUE@管理人 | 2006/11/12 18:39

再度失礼します。^^;

>これはJEFゴール裏の昔からの伝統(悪癖)です。
そうなんですか。。

一応薄っぺら~く観戦歴10年ほどなのですが
応援自身にやるせなさを感じたのは初めてだったのです。
(アウェイ側から観ていたからかも。単純にゲームの見方接し方が推移しているだけかもしれません。)

投稿: まに | 2006/11/13 10:04

>まにさま

 JEFのゴール裏はサポーターが選手に力を与えると同時に,選手からも力を与えてもらっている,と言ったほうがいいでしょうかね。

 なので,負けていると声量が落ちてくるんです。

 たぶん今年,フクアリで一番声が出たのはホームでのREDS戦,巻の先制ゴール後とナビスコ準決勝,阿部のPK前だと思います。

>応援自身にやるせなさを感じたのは初めてだった

 それは臨海だったからではないでしょうか。あそこはゴール裏とメイン,バックが一体になっていないので,あまりゴール裏のことに意識がいかなかったのではないかと思います。

 そんだけ声が出るならもっと声出せよ,と言いたいんですけどね(^^;)。

投稿: PACQUE@管理人 | 2006/11/13 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/12646527

この記事へのトラックバック一覧です: グダグダ90分:

« 勇人の「意外」な仕事 | トップページ | 久々の臨海は相も変わらず悪条件 »