« GIANT KILLING連載開始! | トップページ | 坂本,おまえもか。 »

2007/01/12

Precious Memories

 98年のJリーグ1stステージ,彼は大阪の地で16歳と333日という,当時の史上最年少の若さでJリーグにデビューした。その当時,JEFの下部組織に興味がなかった俺は,彼のデビューを伝えるニュース映像を見て「まだ高校2年生かぁ,彼がプロになるまでJ2に落ちるんじゃないぞ」と彼よりもチームを心配するような状況であった。

 その後,JEFのユースには彼だけではなく,双子の佐藤兄弟もいいものを持っていると聞き,その当時のトップチームを激しく応援しだした。『彼らがトップに上がり,中心選手となれば必ずJEFは今の酷い状態から這い上がれる』という一心からであった。

 明けて99年,そんな思いとは裏腹に彼は高校生でありながら,Jリーグ全試合出場を果たす。残留争い,そして選手層の薄いチーム事情で『学徒動員』と揶揄されながらもその才能の片鱗を見せ続けた。その甲斐あってか,この年のチームは奇跡的なJ1残留を果たした。

 その後,彼は若いながらもチームの中心選手として成長。時を同じくしてチームにはベルデニック,ベングロシュ,イビツァ・オシムという東欧の名将が監督として名を連ねた。チームの成績も年を重ねるごとに右肩上がり。いつしか,残留争いが指定席となっていたチームが優勝を語っても恥ずかしくないチームへと変貌を遂げていた。

 特にオシムは彼をキャプテンに指名。彼の末っ子体質を知るサポーターにとっては心配の種であったが,その期待にこたえてリーダーシップまで身につけ,精神面でも成長をしていたように見えた。

 そんな彼だからもちろん,他チームからも大人気。オフには必ずといっていいほど新聞紙上を賑わす存在であった。それでも毎年,この環境の充分でないチームに残留して我々の期待にこたえる活躍を見せてくれていた。

 そして念願のタイトル獲得!05年のナビスコは格別だった。現場には行けなかったけど準決勝2ndlegで魅せた,渾身のヘディングシュートはビデオで見ても鳥肌が立った。そして決勝のPK戦。ゴールを決めた後すぐにサポーターに向けてガッツポーズを決めてくれたっけ。カッコ良かったねぇ。そのタイトルを一度ならず二度までも,俺たちに味合わせてくれた,かっこいいキャプテンだった・・・。

 そんな男が移籍を決めた。それも海外挑戦ではなく日本国内。オシムの強奪に端を発したチーム不信。新監督アマルの戦術。サポーターの未熟さ。要因は一つだけではなく,いろいろあるかもしれない。でも,そんなことは阿部本人にしかわからない。サポーターとして彼の心を動かそうとみんなで試みたが,気持ちをこちらに向けさせることは出来なかった・・・。

 それでも来シーズンは来る。今月22日から新生JEFが始動だ。我々のやることはただ一つ。こんなチーム状態でも残ってくれた選手に対して,今まで以上の後押しするだけだ。REDSとしてフクアリに来たらブーイング?それもいいだろう。でも,もっとやるべきことはある。今年こそリーグを勝ち抜いて,JEFから出て行ったことを後悔させてやろう。

 最後に俺が思い続けて遂にかなわなかった,阿部への餞を。

 海外トップクラブからシーズン途中でのオファーを受け,最後のフクアリで万感の拍手の中,セレモニーを泣きながら行っている,お前の姿をこの目で見たかったよ!!!チクショウ!!!

|

« GIANT KILLING連載開始! | トップページ | 坂本,おまえもか。 »

コメント

昨夜の10時すぎ オフィシャルに出たときから
悔しいけど 涙がちょっとだけ出ました。
おとといから もう腹くくってたんだけど。
さて もうこれで終わり!
その昔失恋したときみたい。

「オシム監督を放出した千葉は阿部の移籍で戦力大幅低下」なんて
スポーツ新聞のいう通りにはならないさ。
来季は優勝しかないですね。

でも でも・・・
ピンチのときいつもそこにいた阿部ちゃんはもう・・・いないんですね。
どこに出しても恥ずかしくない息子のような阿部ちゃんだったんですが。
ううwwwいかん。また涙が。

投稿: かぴたん | 2007/01/13 00:38

どうしても楽観できない自分……
弱気すぎるのでしょうか?

選手もフロントもアマルに全てを任せて、
それで全力で戦って、ダメなら悔いはない。

でも今は、3者がてんでばらばらで、
何よりも大事な選手達が、モチベーションを喪失しつつある
状況なのではないかと思うのです。

皮肉にも、オシム老の代表選出手法は
「金が出せないクラブに居る、代表ブランドを背負った
 選手の大量排出」へと繋がった。

当然、欲しいでしょう! 他の、J1昇格クラブは
羽生も巻も水野も坂本も岡本も!

………これ以上、述べること自体虚しくなってきました。

最後にひとこと。

「淀川ぁ! 空気読めやぁ!!!!!」


投稿: 辰則 | 2007/01/13 04:09

>かぴたんさま

 悔しいですよね。でももうやることは一つです。


 と,威勢よく言いたいところなんですが,またなんかいろいろ出てきて,萎えそうです。

投稿: PACQUE@管理人 | 2007/01/14 14:42

>辰則さま

 はじめまして。PACQUEです。コメントありがとうございます。

 私も正直,楽観は出来てません。もうご存知だと思いますが,もう一人・・・orz

 もはやこれは淀川氏だけでなく,チーム全体に蔓延る病巣だと思っています。ここを何とかしないとチームそのものが・・・。

投稿: PACQUE@管理人 | 2007/01/14 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/13461258

この記事へのトラックバック一覧です: Precious Memories:

« GIANT KILLING連載開始! | トップページ | 坂本,おまえもか。 »