« まあ,そう甘いもんではないわな | トップページ | 背番号「2」をあけた意味は? »

2007/02/19

ちばぎんカップで恒例の厄落とし

 D1000466

 代表組6人を欠いた状態で臨んだ,今季初戦のちばぎんカップ。結果は1-2で残念ながら敗戦。それでも移籍組4人がスタメン,昨年TOPでの出場機会ゼロの松本がフル出場,韻が途中出場とこれまで使い切れなかった選手がプレシーズンとはいえ,雨でコンディションが悪い中,いいプレーを見せてくれていたと思う。

 特に韻が途中から入った左サイドは特に活性化し,最後にあと一歩のところまで追い詰めていた。松本もズタズタにされていたわけでもなく,いいバランスを保っていた。このあたりに足りないのは経験だけだ。これはこれから先,培っていけばいいだけのこと。今年は両サイドとも代表で不在になることが多いため,ナビスコの予選などでチャンスはあるだろう。

 移籍組では池田がいいパフォーマンスを見せていたと思う。監督からの指示かどうかはわからないが楽山のサポートとして何度もオーバーラップを仕掛けていた。

 下村はこれまでのJEFにはいないタイプのボランチだと思った。勇人と絡んだらどうなるかと思うと楽しみでしょうがない。

 新居は残念ながらノーチャンスだった。今日のピッチコンディションでは彼を生かしきれない事情もあるが,そこは切り開いていってほしい。

 黒部はいいシュートが一本だけあったんだが,キーパー正面だった。ポストプレーではそれほど負けていなかったように思う。巻と羽生が絡んだらどうなるかを見てみたい。

 ゲームとしてはセットプレーからの失点。このメンバーでズタズタにされなかったのだから自信をもっていいと思う。アマルも手ごたえを感じているようだし。もちろんそれは選手だけに言っている訳ではなく,サポーターに対してもである。

 まあ,ちばぎんカップはここ数年,「勝つとその年一年,縁起が悪い」という都市伝説もあるので,いい厄落としになったんではないだろうか。

 ちなみに今日のゲームから「オーレ!」と「ラスタ」が応援歌として復活しました。オールド・サポにはうれしいお知らせです。「オーレ!」のダンスはホーム開幕戦までにできるようにしておきましょう。

 ちなみにもう一つ新曲ができたんですが,それについてはあまり書きたくないので書きません。

|

« まあ,そう甘いもんではないわな | トップページ | 背番号「2」をあけた意味は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/13965889

この記事へのトラックバック一覧です: ちばぎんカップで恒例の厄落とし:

« まあ,そう甘いもんではないわな | トップページ | 背番号「2」をあけた意味は? »