« 明日のAntlers戦!@フクアリ | トップページ | こちらは幸先よく勝利 »

2007/03/18

今は一歩ずつ階段を上がっていくしかない

 P1000362

 3連敗だけは避けたかったAntlers戦。前節と同じような形でマルキーニョスに先制され,嫌なムードが流れ始めようとした矢先,Antlersのゴールをこじ開けたのは自身の公式HPで珍しくネガティブなことを語っていた羽生だった。そして左サイドから流れたボールにファーであわせた水野。あっという間の逆転劇。開幕してから2試合,全く無かったいい流れからのゴール!小気味の良い攻撃にメインもバックもスタンディング・オベイションで迎えた。

 ただし,そのいい流れも相手のFKで追いつかれ,前半は2-2で終了。

 後半は早々にFKを得る。水野から放たれたボールはゴール前で混戦となり,最後にジョーレが押し込んで突き放す。これで行けるか!と思ったが,前回同様ここにも「好事魔多し」。決め切れなかったカウンターから逆にカウンターを喰らってまたもマルキーニョスに押し込まれた。

 その後は互いに最後の踏ん張りが効かず,3-3のドローでTIME UP。アマル体制初の引き分けという結果に終わった。

 

P1000368

 得点は3点取った。でも,守りきれなかった。DFが3人とも言葉が直接通じないということもあるかもしれない。岡本の時おり冷や冷やさせるプレーぶりも影響しているのかもしれない。手数をかける攻撃が他のチームに読まれてしまっていることも一因だろう。

 ただ,前の2試合よりは内容的にも進歩しているように見受けられた。今は一歩ずつ階段を踏みしめて,確実に歩いていくしかない。高みはいまだ見えずとも,あともうちょっとだ。

|

« 明日のAntlers戦!@フクアリ | トップページ | こちらは幸先よく勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/14296215

この記事へのトラックバック一覧です: 今は一歩ずつ階段を上がっていくしかない:

« 明日のAntlers戦!@フクアリ | トップページ | こちらは幸先よく勝利 »