« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/30

明日のYOKOHAMA FC戦!@横酷

 早いものでもう2巡目。それで今の順位だと,『かなりヤバイ』状態のわれらがJEF。残留争いは本意ではないが,目の前にあるゲームをしっかり戦って勝ち点を積み上げて行くしか,生き残れる道はない。

 ちなみに明日,イリアンの絡みでいろいろなことがゴール裏含めて行なわれます。これ以外にも水面下で動いている人たちがたくさんいるようです。それらに賛同して参加するかしないかは個人の自由ですが,やれるべきことはやっておかないと後悔しますからね。

続きを読む "明日のYOKOHAMA FC戦!@横酷"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/29

とりあえず

D1000644_1  勃牙利国旗を買ってきました。意外とデカイです。作りもいいです。2625円です(金額はどうでもいいかw)。

 土曜日はこれを試合前と選手が引けた試合後にちょっとだけ頭の上で揺らして。AWAYでへんなことも出来んしねぇ。畜生め。

 あと,唐井用の赤(カライだけにspicy red。チキンの写真もつけたいくらい)と淀川の黒(stagnant black)の紙(紙と言っても頑丈なのよ,これ)と白のポスターカラーを購入。ただし,現時点でまったくの手付かず。私事ですが,東京から千葉への転勤が決まっているため,明日は明日で現職場での最終日でスケジュールがっちり。作ってる暇,ないっすわ。どうしよう…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/28

Win By ALL!!って何?おいしいの?

イリアン・ストヤノフ選手 について

 なんかもう,むかつくどころか呆れてものも言えません。確かにイリアンのやり方はまずかった。でも,それを防げなかったフロントにも問題はある。特に唐 井氏は外国人選手の支えになっていたのか?憶測の域を出ないが,イリアンも唐井氏には相談したはず。でもたぶん聞き入れなかったんだろう。じゃなきゃイリ アンの口から『カライサン,ノーゴメンナサイ』という言葉は出てこない。彼はレフスキでも満足に練習させてもらえず,JEFにやってきた。また同じような 目にあわせてしまったのにはサポーターとしても申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

 祖母井さんが半年前に語っていた『ジェフはファミリー』という言葉が半年もしないうちに崩壊しつつある(まあ,唐井さんをチームに推薦したのは 彼だが)。崩壊させたのはアマル?唐井?淀川?問題は誰か1人ということじゃない,今回のことは全員に責任がある。全員とはサポーターも含めてだ(ファン は含まない,ファンに意志はないから)。

 ならばオレたちは俺たちで責任を取らなければならない。先週の土曜日,普段はサポミにも顔を見せないメインやバックのサポーターにもおもいっく そ醜態を晒した,自称ナンバーワンサポグループはもはやお話にならない。もう,身近な一人ひとりがまとまって行動していくしかないだろう。そして同様にフ ロントにもアマルにもそれなりの責任を取ってもらいたい。

 あいにく,お誂え向きに次回のゲームは A W A Y のYOKOHAMA FC戦。居残りもできないし,それほどの抗議行動に出ないだろうとチームは高をくくっているだろうが,その虚を突いていろいろやりたい。

 ただし,現時点ではノープランorz。これだけ煽っておいて申し訳ないです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/27

エースケ,JEFに復帰!!!!

 …とは言うものの,ケータイ公式でコラムを連載開始した,という話。現役引退を発表した日から日も浅いので,あらかじめ用意された場なんだろうが,それでもJEFにエースケが帰ってきてくれたことはどんな形であれ,嬉しい。

 やっぱり,エースケといえばこれだろう。この時はホント,JEFサポとして誇りに思ったわぁ。

 

 コラムの中身を読んでみたが,なかなか的を得ているようなので,今後の展開を期待したい。なお,ケータイサイトでのこのコラムは有料なので,ここでの掲載は控えさせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/26

まだ籍入れてなかったのかよ

巻誠一郎選手 入籍のお知らせ

 最初,ケータイで見たときに『入籍』を『移籍』と読み違えてしまいましたw。楽山のときもそうだったけど,紛らわしいなぁ,これは。というか,もうとっくに籍入れてるもんだと思ってた。

 とにもかくにもおめでとうです。心機一転,ゴールの量産を期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/25

姉崎でイリアンを待ち伏せた

 昨日は朝10時半から夕方5時半くらいまで姉崎にいました。ホントは行く予定ではなかったのですが,観戦仲間が『坂本に寄贈されたナツツバキの木の周辺が雑草だらけなんで草むしりする』と言っていたので,その陣中見舞いをかねて行ったつもりが,結局イリアンが来るまで滞在してました。

 イリアンとは片言の英語でしか,話すことが出来ませんでした。彼がJEFでプレーしたいという気持ちは伝わってきましたが,それ以上に彼が発した言葉に問題の根深さを感じました(ちょっとここでは書けません,ごめんなさい)。

 俺らには何が出来るんだろう。ちょっと考えても,スタンドで「5」と書かれたボードや紙などを掲げることしか思い浮かばないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/24

今日,ゲームありましたっけ?

 正直に言ってしまうと,今日はゲーム後のほうがいろいろありすぎたんで,ゲームを見た感じがしてません。ちなみにゲーム後の件についてはあえて書きません。申し訳ございませんが,他のblogさんをあたってください。

 まあ,アマルが言うとおり,前の2節から比べると内容は良くなったと思います。ただ,ちょっと守りのときに寄せが遅いかな,と。今日の2失点はそこをやられていたと感じました(もっとも1点目はオフサイドじゃないか,という声もあるようですが)。

 Albirexが挙げた2点より羽生のボレーのほうが数倍綺麗でしたが,どんなゴールでも1点だけしかもらえません。あと,今日は高さ対策だったのか,巻と黒部の2TOPでしたが,これまでどおり新居を使わなかったのには疑問が残りました。『勝ってるチームはいじらない』はサッカーの鉄則だと思うんですがねぇ。こういうことをやるからアマルもイマイチ,サポ受けが悪いんだよなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/23

明日のAlbirex戦!@フクアリ

 今季,リーグ戦AWAY初勝利だけでなく,今季初連勝となった,我らがJEF。アマル監督いわく「運が良かった」ということだが,運を呼び込むにはそれま での過程も大事。新居がチームにフィットしはじめ,下村は今や必要不可欠な存在,池田もDFのバックアッパーとしてだけでなく,先発としても欠かせない選 手となった。そして勇人がついに全体練習に復帰。今節の出場は厳しそうだが,ケガ人が戻りつつあり,チームもそれとともに上向きつつある。

 イリアンのことは依然,予断を許さないが,監督の言う「2人足りない選手」のうちの1人は彼のことであるはずなので,こちらの風向きも変わっていくことを期待したい。

 そして,対戦相手として向かえる坂本。彼をどう迎えるかは各個人の判断であろうが,JEFから抜け出したくて出て行った選手でないのは誰もがわかっているはず。少なくともゲーム前の選手紹介では万雷の拍手を。

続きを読む "明日のAlbirex戦!@フクアリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/21

聖地はまたしてもJEFに微笑む

 D1000636

 いやぁ,行った甲斐がありました。初対決以来,無敗のTrinitaにまたしても勝ちました。博多の森といい,このビッグアイといい,まさに九州はJEFにとっての聖地であります。

 ゲームとしては前半終了間際のピンチを立石の神がかり的セービングを含めて切り抜けたことが勝因につながったと思います。また,後半のTrinitaの消耗ぶりを見て,パスで揺さぶり,羽生のクロスから最後は山岸が山岸らしいボレーを決めたのも本来のJEFの形。アマルの采配としてもイエローを一枚もらってカッカしていた新居を下げて黒部投入,23日を見据えて,羽生OUTし,1対1に強い池田をあえて投入し,中島,工藤を一列ずつ上げる,4枚目のイエローをもらった水野を下げてジョーレを投入し,池田を相手の交代選手にマンマークで応対させる…と,このゲームでは見事にはまりました。

 もっとも,相手の拙攻に助けられた場面もあり,手放しで喜べないところもありますが,何はともあれ,現時点で降格圏内を脱出。いい感じでAlbirex戦に望めそうです。

 しかし,昨日のスタジアムは異様に暑かったです。なぜなら写真のとおり,天井を閉めていたから。当日は雨が降る予報だったために閉めたらしいんですが,そのために湿度が上昇して終盤は消耗戦のような雰囲気になってしまいました。サポーターの我々でさえもサウナ状態だったんですから,やっている選手はそれ以上の状態だったと思います。そんな状態での勝利ですから,ゴール裏での気分は格別でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/20

明日のTrinita戦!@九石ドーム

 勝利の余韻からさめること2日,明日はTrinitaとのゲームです。平日の超遠方AWAYということもありますが,何とか仕事の調整がついたので行ってきます。

 お伝えしているとおり,イリアンの謹慎はいまだ解かれませんが,勇人を初めとする選手達も彼を説得するようなので,事がいい方向に向かうことを期待しています。

 さて,これまでの対戦で一度も負けた事のないTrinitaですが,梅崎が復帰し,高橋が2試合連続の1試合2ゴールと攻撃陣が波に乗ってます。その中にはJEFからレンタル移籍中の藤田も。大黒柱の高松も存在感抜群で少々厄介です。

 それでもJEFにとって九州は聖地とも言える場所。そんな縁起を担いででも,今は勝ってほしいと切に願ってます。特に熊本出身で両親を含めた大応援団が来るであろう,巻に大期待!Ventforet戦の2点目のようなシーンが出てくるようになったのは非常に大きいですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/19

イリアン続報

イリアン・ストヤノフ選手について

 残念ながら,予想に反して根が深いようですよ。まあ,チームとしてはこういう処置をするしかないですね。『しょうがない』で片付けたくはないですが,規律違反ですから。

 ただ,彼にはJEFからいなくなってほしくない。これは正直な気持ち。オレとしては自分が持っている5番のユニとタオマフをこれからのゲームでずっと身に着けることしか思い浮かばんです。

 今年初めの阿部,坂本のように『お手紙作戦』といっても日本語じゃダメだしなぁ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/18

内容が悪いと言ってしまえばそれまでだが

 D1000632

 今は勝つことが何よりの良薬。ゲーム終了直後の下村の号泣。ヒーローインタビューで満足に言葉すら発することができなかった巻(それにしても留美たんはツボを突きすぎ)。ゴール裏でのバンザイのあと,サポーターからJEFのフラッグを借りてやおら振り回していた晃樹。巻のインタビューの後を受けて,サポーターを盛り上げることに徹した羽生。これらのシーンを現場で見ていれば,それが理解できるはずだ。

 もう,ゲームの内容とかはどうでもいい。決めるべき人が2点決めた。怪我しても交代するまでボールを追いかけた。PK外したのは今となってはご愛嬌だが,もう次は蹴らんだろう(^^;)。もう一人のFWはアシストを決め,その後も相手DFを脅かした。ゴールこそなかったがあれだけやってくれれば十分だ。

 そして立石。ロスタイム,ゴール左隅へのヘッドを左手一本で止めた。今日のゲームではまさしく神がかってた。

 確かに全体を通じて,まだまだな点は多々ある。特に今日の2失点はいずれも石原のマークを外してた。このあたりはすぐに修正すべき。そしてイリアンの今後の処遇だって定かでない。しかもまだ17位だ。それでも今日くらいは喜びに浸ってもいいだろう。直剛もヒーローインタビューでそう言ってたし。そして明日からまた,厳しい戦いに戻ろう。

 ちなみにここで宣言しておきますが,大分,行ってきます。

 写真は喜作の新商品,マンゴーフラッペ。氷の削り方が台湾風らしく,かんなで削ったような感じで,口の中でのとろけ具合がいい。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/17

イリアンの件で姉崎へ行ってきた

イリアン・ストヤノフ選手について

 16日付のニッカンスポーツでの記事について,チームから処分がでました。まあ,チームとしては至極真っ当な判断だと思います。チーム批判は処罰の対象ですからね。

 それでも「JEFを愛している」ほどのイリアンがなぜ,こんなことをしたか。まあ,短絡的に考えれば『アマル云々』ということも本心なんでしょうけど,自分を犠牲にすることでチームにカツを入れたのではないか,とも見て取れます。

 勇人がケガで別メニューの今,チームにはモノを言える選手がいません。イリアンもアマルに対して,言うことは言ってますが,当然2人の場合は日本語ではないため,何を話しているかは当事者もしくは間瀬さん,下村くらいしか理解できないはずです。

 そこで,あえて騒ぎが大きくなるように,マスコミを使ったのではないかと。よくよく考えれば報道したのはニッカンスポーツ1社のみ。今年のニッカンの記者さんはどんな小さなネタでも記事にする方で,姉崎でもサポーター受けがいい人。当然,選手でも心を開いている人はいるでしょう。イリアンもそこで緩んでしまったのではないでしょうか。

 まあ,あくまでも一個人の妄想レベルなんで,本気にしないでくださいね(^^;)。

 そして,それ以上にこの件については,チーム,フロント,そしてアマルにはよく考えてほしいと思います。昨日,いてもたってもいられず,実家へ帰る予定を返上して姉崎へ行きましたが,選手は必死に練習に取り組んでました。巻も山岸もちょっとのミスでも『あ~,も~!』と自分に怒ってましたし(今までそんなこと,なかったなぁ),明日への気持ちは感じました。問題は明日,それがピッチに出るかということなんですけどね。

 で,アマルはというと,出待ちでその姿を見ましたが,至ってマイペースでしたわ。その部分だけは親父譲りですよ。私はアマルより先に淀川社長にお引取りいただきたいという考え方の人間なんで,彼に対しては一声かけただけで何もしませんでしたけどね。ちなみにそのとき,姉崎にいた誰も罵倒や囲い込みなんてしてませんでした。1人くらいいるかなぁ,と期待してたんですがね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/16

明日のVentforet戦!@フクアリ

 自動降格圏内の17位に順位が下がり,今やどん底状態の我らがJEF。明るい材料は…後半戦に向けて,新外国人選手の噂が出ている程度か,…って書いてたらニッカンにこんな記事がorz…イリアン…(泣)。

 とにかく勝たないことには次への希望も次第に減っていく。特に次の相手はプレースタイルがガチでぶつかり合う,Ventforet。もはや『犬ダービー』なんて悠長なことは言ってられない。

 今はとにかく,雑音を振り切って明日のゲームに集中して欲しい。それだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/15

何とかは死なないと治らない

武藤文雄のサッカー講釈
サッカー批評『川淵三郎インタビュー』を読んで

 季刊誌『サッカー批評』に掲載されたインタビュー記事。インタビュアーは川淵嫌いで有名な武藤さんではなく,宇都宮徹壱氏。もはや武藤さんでなくてもツッコミ入れたいところは山ほどあるが,許せないのはオシム強奪に関連した質問に対する,以下の答えだろう。

 サボータに対しては、こちらから説明するんじゃなくて、ジェフ側が説明する話だよ、それに『Jリーグ軽視』とかね、僕のやっていることを理解したら、そんなことを言われる筋合いは毛頭ないね

 …一刻も早く,鬼籍に入ってくれ。頼むから。

 Mrko71

 ↑は『外道スタイル』『ミルコ・クロコップジェネレータ』で思わず作ってしまった画像。特に反省はしていないw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/14

麗奈独活

 すいません,「れいなうど」って入れて変換したら,タイトルのようになりました。面白いのでこのままとします。

 05年のReysolで活躍していたようですが,基本的に自分が他チームの選手に興味を示さないタイプなんで,正直,印象がありません。巷では『シャドーストライカー』タイプで守備しない,ということですが,もし入団が正式に決まるのであれば彼がJEFのスタイルに合わせてくれないと,正直苦しいです(彼にJEFが合わせる,というのは準備期間が短く,正直キツイ)。

 個人的には東欧路線からの修正というのが残念ですが・・・。

 ところで,今日の公式の姉崎日記(有料サイトなんで,リンクしません)に永輔が出てました。UNITED誌上で対談の新連載を持つようです。しかし,永輔。もう現役に未練ないのかねぇ。背番号2は空いてるんだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/13

07年第1弾Jリーグチップスカード

 D1000624

 袋は発売されて間もないですが,先行発売されたスペシャルBOXを元にネットを通じて無償交換を行い,全種コンプリートしました。

 写真は第1弾のJEFメンバー。レギュラーカードが水本,勇人,水野,新居,山岸,巻,羽生。キラカードが06年フェアプレー賞の山岸。ベストイレブンにも1人いたけど,そいつは知らんw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/12

ネタもないので

 某所で拾ってきた,羽生の鬼トラップゴール集をお楽しみください。ホントは動画に直リンかけたいんですけど,それは無理なのでね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/11

TVも見ませんでした

 前のエントリーにも書いたとおり,F-MARINOS戦は行けませんでした。その後,かぴたんさまからのコメントや,いろいろなblogを拝見し,あまりなグダグタっぷりに辟易して,結局録画も見てません。

 ここまで来ると,何がダメなのかもう,わかりませんね。強いてあげればみんなダメなんだと思います。ここで言うみんなとはチームであり,フロントであり,監督であり,選手であり・・・もちろん私を含むサポーターも含みます。Win By ALL!という言葉が空虚に感じます。

 社長が5月19日に『戦力補強』は中断明け,と明言した以上,6月中に何かが変わることは望み薄です。もはや,我慢できるか,出来ずに見捨てるか,のどちらかになってくると思います。

 ちなみに私は未だ,その答えが見つかりません。今やれることは目の前のゲームを一生懸命応援してチームを勝利に導く努力をすること。これだけです。他にできることは今のところ,ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/09

明日のF-MARINOS戦!

 悪夢の5月を忘れて6月反攻と行きたい,我らがJEF。キリンカップのコロンビア戦で羽生が見せた,あの動きこそが本来のJEFサッカー。そしてその JEFサッカーになくてはならない選手,イリアン・ストヤノフがようやく復帰する。そして前節,待望のゴールを決めた新居。結城も長期のケガから復帰し,岡本もリザーブズから復帰 と明るい材料も多い。

 5月で落ちるところまで落ちた。あとは這い上がるだけ。苦手なNISSANスタジアムだが,選手の後押しをすべく,一人でも多くの声を届けましょう。


 ・・・などと声高にしておきながら,私は今回,事情により行けません。雨は降らないようですが,行かれる方は雨対策を施し,風邪など御召しにならないように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/08

決めつけんなよ,もう

J-SPORTS ゴトタケさんのコラム

 内容自体は先日の代表戦での前半と後半の違いを述べているので,普通のコラムなんですが,どうもあの一件以来,この人の書くことについては斜に構えて読んでしまう。で,今回も気になる一節が。

 もちろん、個人能力として稲本が羽生に劣っているわけでは、もちろんない。国際経験も比べるまでもない。羽生がブンデスリーガでプレーできるとも思えない。

 ・・・そりゃ,まあ,あんなガタイが総じていいドイツ人相手に上背で劣る羽生がまともに当たったら一溜まりもないけど,それを補って余りある運動量があるんだから,プレー出来ないなんて言い切れないんじゃないの?

 とは言うものの,ホントに行かれても困るんで(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/07

珍しく,AWAYに出張らしい

横浜F・マリノス+横浜ベイスターズ コラボ企画6/9(土)湾岸対決【横浜vs千葉】

 上のリンクはF-MARINOSの公式ですが,コラボ企画としてうちのジェフィとユニティもかり出されるらしいです。

 Ventforetのヴァンくんが川崎に出張しているのを見ますが,うちのチームの二匹が出張するのは珍しいですね。地方の主催ゲーム以外,正直,記憶にないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/06

キリンカップ コロンビア戦

 前半途中から,東京某所でJEFサポ数人と大画面相手に美味い肉を喰いながら見てたので,内容については割愛。でもあえて,言わせていただければ・・・

 昨日,羽生さん,同じピッチに3人くらいいたよね?

 まあ,冗談ですけど,それくらい右に,左に,中央にがんばっていたということです。日記のとおりになってくれたと思います。土曜日もその調子で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/05

目当ては福袋のみ!

 D1000622

 チームから気合の入った郵便物が送られてきました。しかし,GOODSの取り揃えは数年前と比べると,見違えるようになったな・・・って,これが普通なんだが。

 ちなみに私の目当ては不幸福袋のみ。サインは誰のにしようか,考え中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

臨海ダブルヘッダー#2 サテライト vs Antlers

 今日は臨海でリザーブズとサテライトのダブルヘッダー。なので,エントリーを二本に分けます。では2本目のサテライトです。

 ------------------------

 JEF UNITED 2-2 Antlers

 D1000615

 リザーブズの勝利に酔いしれた,その1時間後。今度はサテライトのゲーム。こういう楽しみ方が出来るのが,今のJEFのいいところ。

 サテライトのゲームに出場できるメンバーが足りないため,いつもはリザーブズにいる竹田,中原,堀川をこちらに出場させ,さらに控えにもリザーブズで不出場にさせた河野将吾,1分しか出させなかった渡邉を配して,ゲームに臨んだ。スタメンはGK中牧,DFが右に池田,左に完全復帰した結城,真ん中に竹田。中盤が右に松本,左に韻,ボランチに中原と本来はDFの山中でTOP下に米倉。FWが堀川と熊谷。配布されたメンバー表を見ると,AntlersのDFのうち,2人が16歳のユース選手。これはしっかり勝って当然だろう,と思っていたが・・・。

 あまり連係が上手く取れていないAntlersに対し,リズムの良い攻めを見せたJEF。先制点は左サイドからの展開から米倉が右サイドへ絶妙なパス。そこにサイドを絞って長い距離を走ってきた松本に渡り,シュートを決めた。TOPでよく見せる,水野が見せる絞った動きと足の速さを見せつけて,ゲームを優位に進めた。ただし,中盤から出たパスに堀川が2度反応できない場面があるなど,連けいを合わせていないこともあり,チャンスを不意にすることもあったのが気になった。

 後半は中原がボランチの位置から一列上げたような感じでゲームを作っていた。しかし,ゴールキックからのカウンターを受けて,同点にされてしまう。このときの一歩遅れたような守備はいただけなかった。経験豊富な池田,結城がいるのだから,そういう場面は見せてほしくなかった。

 その後,お互い消耗戦を展開していたが,左サイドをこの日,何度も突破してサポーターを驚かせていた韻が相手をぶっちぎってゴールラインギリギリから中央へマイナスの折り返し。上手いポジション取りをしていた熊谷がヘディングでネットへ突き刺して逆転に成功。反動で一回転していた熊谷は自分のゴールがわからなかったようだ。ただし,逆転も束の間,またもAntlersに同じようなゴールを決められ,振り出しに戻してしまう。結局このまま引き分けで終了。勝ちきれなかったし,守りきれなかったのは残念だ。

続きを読む "臨海ダブルヘッダー#2 サテライト vs Antlers"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/03

臨海ダブルヘッダー#1 リザーブズ vs FC刈谷

 今日は臨海でリザーブズとサテライトのダブルヘッダー。なので,エントリーを二本に分けます。まずはリザーブズから。

 ------------------------

 リザーブズ 2-0 FC刈谷

 D1000616

 本格的な夏のような強い日差しの中,行なわれたリザーブズのゲーム。ゴールは鳥養とTOPから出向の金東秀。前半序盤からFC刈谷の両サイドを右の河野,左の入江が蹂躙。各メンバーもポジションを入れ替え,FC刈谷の守備陣を混乱させていた。先制点は中央から外に流れ出たスルーパスを受けた鳥養が右足一閃。ここ最近ではTOPでも見ないような綺麗なゴールを決める。ゴール後のパフォーマンスでバク転を決める,「背番号2」のFWにサポーターも酔いしれた。前半はこの一点で終了。

 後半も前半同様,中盤を支配し続け,相手の守備を崩した形から最後は東秀が簡単に押し込んで追加点。相手のシュートがバーを叩くなどのラッキーもあったが,岡本,川上を始めとする守備陣も危なげなく対処し,無失点で終了。現時点で昨年優勝のHONDAを抜いて,7位の位置につけた。

 今回,特に目に付いたのは左サイドバックの入江。1対1の場面では必ずと言っていいほど,「裏街道」の走りで相手を置き去りにしていた。また,宇野は初めて見たときから注目していたが,今やこのチームになくてはならない存在。来年あたり,TOPに上げてほしい選手だ。これについては鳥養も同様にTOPで見てみたい。

 TOP出向組では東秀がゴールを決めたところ以外では目立ってなかったので,もっとアピールしてほしいところ。川上は昨年から比べると非常に強くなったと思う。ゲームに出られる環境に出向して成功だと思っていいだろう。岡本は危ない場面が数多くなかったので,まあ及第点だろう。

 終了後のパフォーマンスではデングリを3回やるなど,TOPとは一味違った面も見せるリザーブズ(個人的に動画に残したものの,公開できないのが残念)。JFLは有料だが,要約お金を払っても見たくなる内容になってきた。今後も楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/02

親善試合の声が聞こえてきました

カターニャ今夏日本遠征!千葉&横浜Cと親善試合

 報知からなんで,飛ばしの可能性もありますが・・・。うーん・・・。まあ,フクアリで今後,海外クラブチームとの親善試合が行なわれるためのプロトタイプと考えれば,悪くない相手だとは思うんですが・・・。

 ちなみに肝心の森本は左ひざのじん帯を3月にやっちゃってるんで,間に合わないと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/01

急いてはことを仕損じる

 勇人の公式に日記がUPされておりましたが・・・。気持ちはわかるけど,まあ,今は焦らずにじっくり直してほしいです。

 そして完治したあかつきには,その鬱憤を爆発させてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »