« 明日のJubilo戦!@福有 | トップページ | 羽生に伝わりました! »

2007/08/19

福有で選手たちの意地を見た

 P1000492

 後半戦の最初からの連敗で,満員でありながらも不穏な雰囲気が漂う福有。ゴール裏のサポーターグループ所有の弾幕はすべて撤去され,掲げられたのは5枚のメッセージのみ。一昨年のReysolのゴール裏を髣髴とさせる風景であったが,それを跳ね飛ばしたのは選手の力だった。

 前半はJubiloの3TOPのような布陣に対してのケアに手を焼いていたようで,リズムが悪かったが,何とか凌いで攻勢に出ていた。ただ,先制点はあっけなく決まってしまう。Jubiloの最終ラインからのロングフィードが前線で張っていた西に渡る。ケアしていたのは膝の状態が万全でない勇人。なぜここにDFが誰もいなかったのかは疑問だが,西の執念に振り切られて先制点を許してしまう。

 ただし,覇気が見えなかった前節とは違い,今日の選手の意気は違っていたように感じた。それがかいま見えたのが同点の場面。右サイドでボールを持った水野がゴールに向かうボールを蹴る。待っていたのは茶野のマンマークを瞬間的に外した巻。完全フリーの状態でヘディング!彼のゴール後の気迫はゴール裏からでも感じられた。その後もレイナウドの素晴らしい飛び出しからのシュートなど,攻勢は続いたものの詰めが甘く,前半はこのまま終了。少々危なっかしい場面はあったものの,後半に期待を持たせる内容だった。

 後半も一進一退の攻防が続くが,好事魔多しとはよく言ったもので,水本の必死のクリアで与えたCKから,大田のポヨンとしたクロスがマークのずれでフリーにしてしまった茶野にヘッドを決められてしまった。

 この時点で残り約30分。ここでアマルが切ったカードはこれまでと違い,新居。ギリギリの状態だった巻と交替し,DFの裏を取りに行くスタイルに切り替える。これが功を奏したか,いきなり水野が裏に出したボールに反応してボレー一閃!しかしこれは惜しくもゴールポストに弾かれ得点ならず。それでもこのあたりから福有全体がやおら活気付く。

 誰もが同点ゴールを期待したが,後半30分過ぎにようやくそれが実現する。左サイドでボールを持った山岸がグラウンダーのクロス。それを信じて走っていた途中出場の青木,新居,レイナウド,勇人の誰もがDFをひきつける形でスルーして,フリーの水野へ。このボールを水野がノートラップでシュート!これを前にいた勇人がボールの方向を変えて,キーパー川口の逆を突き,同点に。

 このプレーで勢いに乗ったJEFは逆転を狙い,ついにその目的を果たす。逆転のシーンは大輔からのタテパスを受けたレイナウドが一旦溜めて,タテに飛び出した新居に見事なスルーパス。これを受けた新居が川口と1対1に。一旦止められたものの,こぼれ球に頭で反応。彼の執念が勝り,ボールは黄色いネットに吸い込まれた。

 このゴールで黄色いスタンドが総立ちの状態に。これだけの逆転劇を目の当たりにするのは久しぶりである。結局これで3-2として,後半初勝利!サポーターからの無言の激に対し,選手の意地が見事に答えた結果となった。

 

 試合後,サポーターからの声援をいつも以上に要求する選手たち。よく考えたら真夏のホームゲームで勝つことも久しぶりだ。体調の万全な選手は数えるほどしかいない。今日も選手間の連係でうまくいかない部分があった。レイナウドもボールの見切りも諦めも早い。それでも勝てたのは運もさることながら,選手の意地だ。

 スカパー!の生放送もしくは録画で巻のインタビューを聴いた人はいるだろうか。前回は一言も話せなかった男の饒舌なコメント。あれこそ,まさに意地の現われだ。

|

« 明日のJubilo戦!@福有 | トップページ | 羽生に伝わりました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/16162792

この記事へのトラックバック一覧です: 福有で選手たちの意地を見た:

« 明日のJubilo戦!@福有 | トップページ | 羽生に伝わりました! »