« 明日のArdija戦!@駒場 | トップページ | 毎年恒例の季節がやってまいりました »

2007/09/23

Yellow in URAWA(?)

 D1000713

 残暑と呼ぶにはあまりにも厳しすぎる,15時KICKOFFのこのゲーム。気温も30℃を越え,ピッチもボロボロの中,ロングボール多用のらしくないサッカーではあったものの,今はとにかく欲しい勝ち点3を手にした。

 前半は暑さもあってか,お互いに我慢の展開。ピッチがパスサッカーに合わないと判断したのか,ロングボールを巻と新居に合わせるサッカーをして,Ardijaをかく乱する。それでも20分過ぎに左右両サイドをワイドに攻めてきたArdijaに押し込まれ,ピンチを迎える。それを何とか凌ぎきると,コーナーキックのこぼれ玉が攻撃参加していた中島に渡り,敵をひきつけてフリーになった工藤へパス。工藤が左足であげたクロスに大輔が合わせて先制!現場では頭で合わせたと思っていたが,実際は足で合わせていた。

 このゴールで俄然盛り上がるゴール裏。さらに40分過ぎに水本のマンマークに嫌気がさしていたデニス・マルケスが水本を蹴ってしまい,報復行為とみなされて一発レッド。先週と同じく,数的優位の状態になった。

 後半はその数的優位を生かして,ワイドに展開。さらにコンディションに難ありの巻,膝がヤバイ山岸に代えて,ケガの癒えたレイナウドと前節好調だった楽山を投入。更なる追加点を期待したが,失点数の少ないArdijaディフェンスを突き破ることは容易ではなかった。また,レイナウドの試合勘も戻っておらず,連係がうまくいかない場面も多々あった。終盤には新居に代えて青木を投入。惜しいシーンは何度かあったが結局,最後まで決め切れられず。それでもDF陣はArdijaの攻撃陣に充分な形でのシュートを最後まで打たせず,見事な完封劇で5年ぶりの4連勝と相成った。

 

 

 恒例のデングリ&バンザイシーンを公開します。そういえば今季のリーグ戦,AWAYでの勝利でデングリしたのは今回が初めて(今まではバンザイのみ)。そういう意味では駒場での色の比率を見ても,黄色のほうが断然多かったんじゃないかと思います。REDSと対戦するときは不可能な,『駒場を黄色く染める』というのが,ちょっと不思議な感覚でした。今回は立ち見エリアで応援しましたが,NACK5スタジアムも来月オープンするので,もう今後は立ち入ることないと思います。

 今回ちょっと残念だったのは,交代で入った楽山がボールを持ったときにゴール裏の各方面から明らかに応援とは違う声が聞こえてきたこと。私も楽山に対する信用度がそれほど高くないので,人のことを言えた身分じゃないですが,ギャーギャー騒ぐのいい加減止めませんか。ここ2戦での彼の動きは叩く必要の無いものだと思います。その声をもっと応援のほうに使いましょうよ。ヤジが必要ないとは言いませんが,ヤジ将軍が多すぎるのも困りものですよ。

|

« 明日のArdija戦!@駒場 | トップページ | 毎年恒例の季節がやってまいりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/16539852

この記事へのトラックバック一覧です: Yellow in URAWA(?):

« 明日のArdija戦!@駒場 | トップページ | 毎年恒例の季節がやってまいりました »