« 明日のSANFRECCE戦!@広島ビッグアーチ | トップページ | 今週の下部組織 »

2007/10/28

チームに粘りが出てきたことを感じたゲーム

 D1000748

 関東では水浸しのピッチもあった27日のゲームだが,ここ広島は風が強いものの,快晴。遠方AWAYながらJEFサポーターも例年以上の数が押し寄せたこの試合。勝負は下駄を履くまでわからない,という言葉がピッタリ当てはまるゲームとなった。

 JEFは予想どおり,ボランチが工藤とリーグ初先発の伊藤。右に楽山を配置した。また,ケガでパフォーマンスが落ちていた新居に変わり,レイナウドが先発。そしてケガが長引いているのか,この日は立石に変わり,岡本が久々に登場。SANFRECCEはこれまで先発していたイリアンをベンチスタートとさせていた。

 ゲームは残留争いに巻き込まれてしまったSANFRECCEが開始直後から分厚い攻めを展開。ゴールポストを叩くヘディングもあったが,30分までは事なきを得る展開であった。

 そんなゲームが一つの決定的ミスから動く。前半から風を利用して,強めのロングボールを放り込んでいたSANFRECCEだが,そのロングボールを取りに,寿人と大輔が併走。するとそこにボールを無理やり取りに行った岡本が!三者が交錯したが,そのボールはこともあろうに寿人の前へ。岡本が若いと言ってしまえばそれまでだが,あまりにもこれは軽率で,その代償も高かった。その後はチームとしてSANFRECCEのディフェンスを崩しにかかるも,羽生の2本のシュートなどが枠を捉えることができずに前半終了。巻の存在感が少々薄いのが気になった。

 アマル監督もそう感じたのか,後半開始から巻を新居にスイッチ。相性のいいレイナウドとのコンビで点を取りに向かう。後半はJEFのペースで進んでいる感じはあった。特にレイナウドの1対1,楽山のシュートチャンス,工藤のヘディングシュートあたりは決めてほしかったが・・・。

 ところが,その前掛かりの姿勢から逆襲を許す。楽山がプレスからボールを簡単に失い,そのボールが逆サイドの駒野へ。右にウェイトがかかっていたため,左側はがら空き。そのまま独走を許し,2点目を与えてしまう。これも非常に痛いミスだった。

 その後,疲れの見えた羽生に代えて青木,全体的に精彩を欠いていた楽山に代えて米倉を投入。山岸を前に上げて超攻撃的布陣で2点を取りに行く。しかし,完全に引いた状態のSANFRECCEから1点を返すのはそう容易いものではなかった。時間は刻々と経過。それでもあきらめずにサポーターは応援する。そんな願いが後半の最後の最後に結実する。連続したショートパスからSANFRECCEのディフェンス陣をかく乱し,最後は工藤が裏に走った新居にラストパス。これを新居が決めて1点差。この後にロスタイム3分の表示。この1点で気落ちしたSANFRECCEに再び襲い掛かり,残り1分で工藤が裏に抜けた山岸にスルーパス。一度はつんのめりそうになった山岸がそこで耐えて,しっかりした体勢からシュート!これがサイドネットに突き刺さり同点!もはやゴール裏は勝ったような大騒ぎ!ドラマチックな展開を見せたゲームは久しぶりの引き分けという結果で幕を閉じた。

 前半戦だったら,このまま何もできずに終わったようなゲーム展開だった。REDS戦同様,最後まであきらめない姿がここにあった。ゲームに対する粘りが 出てきたと言ってもいいだろう。特にこのゲームでは主戦ボランチ2人不在,攻撃の要である水野,守護神立石の4人が不在だった。ボランチとして代役であっ た伊藤も遜色ないプレーぶりを90分展開。新たな計算できる戦力が一枚加わった。米倉は15分ほど出場。前回とは違い,のびのびとプレーしていた。次は もっと長い時間見てみたい選手だ。

 さて,次のゲームはAWAYのGAMBA戦だが,その間に天皇杯を挟む。このゲームは下村も出場可能。ここ数年は縁起の悪い大会だが,この粘りが見せられるなら,今年は期待していいはずだ。

|

« 明日のSANFRECCE戦!@広島ビッグアーチ | トップページ | 今週の下部組織 »

コメント

PAQUEさん 遠征お疲れ様でした。
私はこの日は出張で出かけていたのですが
東京駅で日帰りジェフサポが歩いているのに気がつき
思わず声をかけちゃいました。もちろん知らない人ですが。

このところ得点のなかった寿人の点は いいような悪いような・・・・ですけど。

投稿: かぴたん | 2007/10/29 00:08

>かぴたんさま

 お仕事お疲れさまです。私も日帰りだったんですが,東京駅で誰にも声をかけられませんでした。なので,私じゃありませんね(^^;)

 寿人の点は彼云々というより,岡本のコーチングの問題ですな。

投稿: PACQUE@管理人 | 2007/10/29 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/16898235

この記事へのトラックバック一覧です: チームに粘りが出てきたことを感じたゲーム:

« 明日のSANFRECCE戦!@広島ビッグアーチ | トップページ | 今週の下部組織 »