« 行く人来る人 | トップページ | リザーブズのホーム最終戦 »

2007/11/25

こういうシーンはそうそう出っくわさない

 D1000777

 長いことJEFのゲームを見ているが,あんなロングシュートはそうそうお目にかかれない。巻のゴラッソなボレーを含め,今日の2点は『これもサッカーだ』というのを垣間見たようなものだった。

 その巻のボレーは前半早々に決まる。左CKから羽生が放ったボールはマークを振り切るためにゴール前からマイナスに離れたフリーの巻のもとへ。巻はそのボールにノートラップで右足を合わせる。そのボールはゴール左隅へ綺麗に決まる。相手側陣地であまりにも綺麗過ぎたため,一瞬あっけに取られたJEFサポーターだが決めたのが巻とわかるや,喜びを爆発!幸先よく先制点が決まる。

 ところが,今日の相手は結果次第によって来年のACL出場が見えてくるS-PULSE。そうそう簡単にはいかない。案の定,ゴール前での羽生のクリアを藤本にさらわれ,こちらにも綺麗なミドルを決められてしまう。

 この1点で乗ってきたS-PULSE。幾度となくラインを破られるが,JEFのディフェンスラインも最後で仕事をさせなかった。ところが,この状況を一つのジャッジで変えられてしまう。中島が持ったボールをさらい,裏に抜けたチョ・ジェジンを大輔が後ろから倒した格好となる。ここでファールの笛。エリアの外で決定的とは思えなかった場面。カードを提示されてもイエローだろうと誰もが思った刹那,出されたのはなんとレッド。あまりにも不可解な判定にJEFサポーターからはブーイングの嵐。このFKを藤本に決められ,あっさりと逆転されてしまう。

 その後はDFラインで一枚余る状態にしていた中島を下げ,フェイスガードを装着した水本を投入。ボランチだった伊藤を一列下げ,守りを固める作戦に出る。結果,前半はS-PULSEに猛攻を仕掛けられるも守りを集中し,無得点に抑える。とにかく今日は我慢の展開。

 後半,前半で足に違和感のあってパフォーマンスが落ちていた巻を下げ,水野を投入。羽生をサイドから自由にさせ,さらには山岸をFWにする作戦をとる。これが功を奏したか,徐々に攻撃のペースを上げていく。そしてドラマは60分過ぎ,相手のボールをカットしたジョーレがハーフウェーラインのさらに後ろから,ロングフィード…と思ったらボールはレイナウドをはるかに超え,後半早々から太陽光を眩しそうにしていた西部をも超える。結果,ボールはノーバウンドで相手ゴールに吸い込まれた。

 ここでも一瞬あっけに取られたJEFサポーター。遠くではイレブンがジョーレを囲む。めったに見られないゴールで同点に追いついた。

 この1点で活気付いたのか,一人少ない状態でも逆転を狙い,攻撃を重ねるが,やはりS-PULSEのDF陣は強固で簡単にはこじ開けられなかった。さらに終盤は一人少ないのが影響してか,伊藤,ジョーレと足を攣る選手が続出。終盤の猛攻にも何とか耐え,勝ち点1を手に入れた。

 内容としては褒められるものではないが,一人少なくなった残り70分を無失点で押さえたのは評価したい。あと,ここに来てジョーレがJEFのサッカーにようやく慣れたような感が出てきた。遅きに失するのは確かだが,来年もいるのであればDF陣の厚みが増すはずだ。さらに伊藤。今日の出来は自信を持ってもいいと思う。

 泣いても笑っても次が最後。最後くらいは笑って締めくくりたい。

|

« 行く人来る人 | トップページ | リザーブズのホーム最終戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/17179372

この記事へのトラックバック一覧です: こういうシーンはそうそう出っくわさない:

« 行く人来る人 | トップページ | リザーブズのホーム最終戦 »