« 来年の戦力を視察 | トップページ | 今年の千葉市成人式はメッセージなし? »

2008/01/05

初春から笑うしかない

 今更ながら,明けましておめでとうございます。PCの無い実家で正月を迎え,帰宅予定の3日に高熱を出してしまったために,本日まで更新が先送りとなってしまいました。

 さて,さっそくですが,勇人山岸の件では,もはや笑うしかない状況になっておりますな。まあ,いずれも確定ではないですが,共通している項目は一つ。積み重なったフロントへの不信感です。

 まあ,そりゃそうでしょう。昨年の30日にも書きましたが,何で勇人ほどの選手が悩まなくてはならないのか?代表ビジネスの終焉を明らかに睨んだアマルの解雇に始まり,唐井GMには10月末には契約打ち切りを通告,そのくせその後釜を未だに見つけられず,来期監督さえも未だに決まらず。そして選手との契約や監督探しをすべて不休の昼田強化部長に任せているという有様。そんなチームにいる選手にはどのチームでもオファーしたら食いついてくれると思いますわな。

 社長,これがあなたの独断で行ってきた結果の末路です。たぶんあなたは2月のサポコミで我々の気を逸らすような大きなプレゼントを持ってくるつもりでしょうが,そんなのには振り回されませんからね。

(追記)

 安里選手の地元復帰が決定しました。結局,彼のプレーはサテライトでちょっと見た程度でした。怪我が多かったのか,リザーブズでは見る機会がありませんでしたね。彼については地元で,一から頑張ってもらいたいものです。

|

« 来年の戦力を視察 | トップページ | 今年の千葉市成人式はメッセージなし? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/17589520

この記事へのトラックバック一覧です: 初春から笑うしかない:

« 来年の戦力を視察 | トップページ | 今年の千葉市成人式はメッセージなし? »