« 明日のS-PULSE戦@フクアリ | トップページ | リザーブズも要再構築 »

2008/03/16

『リアリスト』クゼを垣間見た

 P1000612

 待ちに待った今年のホーム開幕戦。三方が黄色く染まったフクアリで展開したゲームは残念ながら敗戦に終わったが,クゼ監督のリアリストぶりとその修正能力を垣間見ることができたゲームだった。

 ホーム開幕戦というシチュエーションからか,前半開始当初から選手個々の固さが目立った。1点目の藤本のゴールはディフェンスのチェックが甘く,フリーに打たせてしまった。撃った本人曰く『偶然』と語るとおり,見事な無回転の『ブレ球』となり,タイミングのずれた立石の手をかすめて決まってしまった。

 この1点が昨年のホーム開幕戦を一瞬思い出させた。しかし,ここから失点を重ねなかったのが今年のJEF。右に張らせていた下村を中に絞らせたうえに一列前にあげて攻撃を強化。さらには今年の最終ラインにはエドがいて,ことごとくボールをはじき返した。そして前半30分過ぎに早くもクゼ監督が動く。球の出し手としてはいい動きを見せていたものの,もう一段階の動きが見られなかった馬場をスッパリと下げ,運動量と個人技で勝負できる谷澤を投入した。その効果は徐々に現れ,ついには谷澤のペナ内突破を相手が止めてPKを獲得。これを巻がキッチリ決めて同点に追いつく。この1点により,チームがにわかに活気づく。このあと,左からのクロスボールを巻がヘディングするもポストに阻まれるなど惜しいシーンもあったものの,前半は1-1で終了する。

 後半も立ち上がりからJEFのペース。ただし,ゴール前までボールを運ぶものの,シュートを打てる体勢まで行く前にはじき返されてしまう。このまま我慢の時間をお互い経過して行くが,後半30分過ぎに運動量がやや落ちた感のあった中島がボールをカットされ,そのまま前線で出されてしまう。スルーパスに備え,ラインを修正していた刹那,途中出場の岡崎が意表を突いたミドルシュート。このシュートも綺麗に決まってしまい,突き放さされてしまった。

 最後はエドを前線に上げ,スクランブルを試みるも,結局このまま試合終了。非常に悔しい敗戦となってしまった。

 P1000616

 今日の敗戦による収穫はクゼ監督がリアリストであるということがハッキリしたことと,攻撃はまだ,課題が山積みであるということか。とりあえず,クゼ監督のリアリストぶりは今日の馬場の交替を見てハッキリと見てとれた。あとは攻撃をどうするか。フルゴビッチが出てくるのはたぶん20日のナビスコカップ予選からだと思われるが,ボランチならば中島,左サイドなら青木と入れ替えて出てくるはずだ。

 幸いにしてクゼ監督も『3月いっぱいは難しくなる』ことを承知しているし,我々サポーターもそれを承知で応援し続けることが今は大事な時期だと思っている。

|

« 明日のS-PULSE戦@フクアリ | トップページ | リザーブズも要再構築 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/40512081

この記事へのトラックバック一覧です: 『リアリスト』クゼを垣間見た:

« 明日のS-PULSE戦@フクアリ | トップページ | リザーブズも要再構築 »