« 明日のVISSEL戦!@フクアリ | トップページ | JR東日本,GJ! »

2008/04/02

勝てなかったが悲観するほどでもない

 D1000111

 前半の早い時間に先制し,88分間オーガナイズできていたゲームは一本のスーペルなFKにより,勝利を失う結果になってしまった。

 前半は早々のCKのチャンスを大輔のゴールでモノにし,幸先よいスタートを切った。前節に集中を欠いたプレーも見られたディフェンスはこの日,打って変わって集中が切れず,VISSEL攻撃陣に満足なシュート体勢を作らせなかった。後半はVISSELがFWに入れていたボッティを元の位置に戻してきたため,かなり手を焼いていたが,それでも大久保をフリーにさせず,このまま時が過ぎてくれれば…と思っていたのだが・・・。サッカーの神様はそんなに甘くなかった。

 今のJEFに足りないものは何か?答えはわかっている。攻撃の形だ。巻の献身的なスタイルは十分理解しているが,彼がサイドに流れると得点の確立が低くなるのは目に見えている。そういう意味では今日のミルコはサイドアタッカーとしても充分に効果的であり,もっと連携が高まれば,彼からのクロスは攻撃の形の一つなるはずだ。あとはミドルシュート。印象的だったのはカウンターを仕掛けた際に真ん中がポッカリ空いていたにもかかわらず,中島がパスの出しどころを探していた。あそこはとにかくシュートを打ってほしいシーンだった。

 次は土曜日にAntlers戦が控える。あちらは4連勝と絶好調。だが,怯まずに戦ってもらいたい。今日のようなゲームを続ければ悲観するような結果にはならないはずだから。

 最後になりますが,昼田GMの言葉をどなたかが横断幕にされていたので,勝手ながら掲載させていただきます。この言葉,大好きなんです。

|

« 明日のVISSEL戦!@フクアリ | トップページ | JR東日本,GJ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/40742396

この記事へのトラックバック一覧です: 勝てなかったが悲観するほどでもない:

« 明日のVISSEL戦!@フクアリ | トップページ | JR東日本,GJ! »