« 「今度は私が『頑張れ』と言う番だ」 | トップページ | 明日のFrontale戦!@フクアリ »

2008/06/07

エルゴラのひしゃくさんコラム

 本日発売の『EL GOLAZO』17面に『ひしゃく』こと川端さんのJEFユースに焦点を当てたコラムが掲載されておりました。彼は日本のユースのサッカーを語らせたら右に出るものはいないと言われるほどのサッカーライター。そんな彼には今のJEFユースがかつての輝きを失っていると見られているようです。確かに今のユース出身者でTOPでもゲームに出ているのは工藤を最後に出ていません。

 ただ,彼の視点はここ数年言われ続けているユース年代の人材難に問題があるというのではなく,むしろ毎年入れ替わってしまうスタッフのほうに問題があるとのこと。確かにイヤーブックを振り返ってみると毎年スタッフの顔が変わってしまっています。高校の部活の顧問だってそうそう入れ替わりませんから,これだと成長できないと感じるのも無理ないです。

 そんな川端さんも大木さんの復帰については大歓迎の様子。確かに村井も阿部も佐藤兄弟も山岸も,みんな大木さんが育成で見てきた世代です。やっぱり彼にはスタジアムでのチーム運営は似合いません。かつてのユースと同じ状態に近づけるのには時間がかかると思いますが,ぜひとも頑張ってほしいものです。

|

« 「今度は私が『頑張れ』と言う番だ」 | トップページ | 明日のFrontale戦!@フクアリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/41447911

この記事へのトラックバック一覧です: エルゴラのひしゃくさんコラム:

« 「今度は私が『頑張れ』と言う番だ」 | トップページ | 明日のFrontale戦!@フクアリ »