« わかりあえる「二人」 | トップページ | 完売間近 »

2008/10/16

ミラー監督の記事 from Scotland

Seeking the perfect ending to Alex Miller's tale

 友人がScotlandのサイトで見つけましたので,リンクさせていただきました。すべて英語でしかも長文のため,全文訳はせずに掻い摘んで紹介します。

・どうやら3年契約らしい

But for 59-year-old Miller is was an opportunity too good to resist. Yes, the money on offer over the three years would set him up for life, but it was the chance to fulfil a long-held ambition to work abroad.

 このあたりはそんな風に読めますね。もちろん,実際の契約内容は違うかもしれませんが。

・監督業への強い思い

He said: "I've learned a lot over the years, I started in football at the age of 17 and now, at 59, I am still in the game. But at Liverpool I wasn't the manager and I just wanted that chance to be a manager again.

"It was the putting my name on the line type of thing, I wanted to really challenge myself. I thought when I finished at Liverpool I'd go back to take a smaller team in Scotland and try to take them up through the divisions, working with young players and trying to improve them."

A call from an agent just before the end of last season, however, totally changed Miller's train of thought. He said: "I was asked if I'd be interested, I told him to find out what was involved and to come back to me. He did, and I quickly said yes.

  リバプールで長年コーチとして携わっているうちにもう一度監督をやりたいと思っていたようですが,当初はScotlandの小さいクラブチームを考えていたのに日本のクラブチームからのオファーを即決したということです。

Before agreeing to such a dramatic move, Miller did contact one of his old Easter Road players, Steven Tweed having spent a number of years in Yokohama. Miller said: "I spoke to Steven very briefly, to ask him about the pitfalls, what were the Japanese players like."

 オファーを受ける前にYOKOHAMA FCに所属していたトゥイードからも情報収集していたようですね。

・日本での生活と私生活

Having become a grandfather for the first time over the summer, Miller admitted the biggest drawback to the latest chapter in his career has been missing his family, saying: "I enjoy it but not seeing the family is the hard thing. But we realised it was only for three years."

As such, much of Miller's spare time spent studying the Japanese game. "Many a night I just spend watching videos of the opposition, working on tactics, planning training," he said.

"If there's a game on then the interpreter and I will go and watch it.

 この冒頭,『おじいちゃんになって初めての夏』って読めますね。やっぱり家族は恋しいらしいですが,そんな生活も3年と決めているようです。そのため,日本にいる間はJリーグのゲームをTVで見まくり,研究しているようです。通訳を伴ってゲームを直接見に行くことも。

 他にもいろいろ取り上げたいんですが,あまりにもボリュームがありすぎて,これ以上はごめんなさい,無理ですorz。私も英語に自信があるわけではないので表現が違うかもしれませんが,その辺はご了承のほどを。

 

|

« わかりあえる「二人」 | トップページ | 完売間近 »

コメント

面白い記事を紹介して頂いてありがとうございます。
ずいぶん、長文の記事ですね。リティやルボの名前も、文中に見かけますし。
自分も、時間をかけて読み込んでみようと思います。

しかし、熱い監督ですよね。
ミラー監督がジェフで考えている「旅」では、どこまで連れて行ってもらえるのか。これからがさらに楽しみになりました。

投稿: ruin | 2008/10/16 09:06

ミラーさんの人となりが余り伝わってこないので,この英文興味深く読みました。といっても英語堪能ではないのですが・・・じっくり読んでみますね!

投稿: matti | 2008/10/16 18:22

>ruinさま

 いえいえ,とんでもございません。

 リティやルボについての話は読んでくれればだいたい雰囲気でわかってくれるかなぁ,と思い,あえて紹介しませんでした。

 ミラーという人がJEFといういったん沈みかかった船を立て直し,いったいどこまで行けるのか,私も今から楽しみです。

投稿: PACQUE@管理人 | 2008/10/16 23:14

>mattiさま

 全文を訳してくださった方がいらっしゃいますので,よろしければそちらをどうぞ。

 ttp://kame.sub.jp/wp/archives/1796

投稿: PACQUE@管理人 | 2008/10/16 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/42802931

この記事へのトラックバック一覧です: ミラー監督の記事 from Scotland:

» 俺たちのミラーが語ってくれた。 [Cry "Havoc!" and let slip the dogs of war]
ふと見つけた。 Seeking the perfect ending to Alex Miller's tale 友人がScotlandのサイトで見つけましたので,リンクさせていただきました。すべて英語でしかも長文のため,全文訳はせずに掻い摘んで紹介します。 Canis familiaris - 「ミラー監督の記事 from Sc...... [続きを読む]

受信: 2008/10/17 02:44

» 気分を変えて [サッカーへ]
いくつかまた日本代表の事を書きかけていましたが、金子達仁の「ウィー」により頭痛が 発生した時のように、今の代表の事を真剣に考えると体... [続きを読む]

受信: 2008/10/17 13:29

« わかりあえる「二人」 | トップページ | 完売間近 »