« 気持ちまで守りに入ったら攻め込めない | トップページ | あとで無い無いって喚く前に »

2008/10/28

西部さんのコラムと櫛野の記事

 あのREDS戦の後でも来なかった『犬の生活10月号がこの最終週に登場。Ardija戦だけでなく,10月の3試合をまとめてくれています。と言っても話の中心はやっぱりREDS戦。ミラー監督と巻の会話については非常に興味深いものがありましたので,まだお読みになっていない方はぜひ。

 あと,これはちょっと目からうろこが落ちたともいえる日刊の櫛野に関する記者コラム。書いているのはGrampus担当の記者さんですが,なかなかいいコメントを引き出していただいたと思います。岡本が今年,好パフォーマンスを繰り広げているのは真田コーチの影響もあるかと思いますが,櫛野もその一端に関わっているのでしょう。

 フィールドの選手と違い,ゴールキーパーの選手生活は基本的に長いです。彼も今年はともかく,来年以降を狙っているんだと思います。今は虎視眈々と牙を研ぎ続け,その時に向かって備えてください。

|

« 気持ちまで守りに入ったら攻め込めない | トップページ | あとで無い無いって喚く前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/42927418

この記事へのトラックバック一覧です: 西部さんのコラムと櫛野の記事:

« 気持ちまで守りに入ったら攻め込めない | トップページ | あとで無い無いって喚く前に »