« 今日のエルゴラ | トップページ | ミラー監督の記事 from Scotland »

2008/10/14

わかりあえる「二人」

サッカー:J1 駒大コンビ・深井と巻、千葉で復活 抜群の連係、残留へ奮闘

 ここ最近,録画したJEFのゲームを見ていると,プレーが切れた時にアップになった選手の顔に充足感を感ずることがあります。その代表と言えるのが深井。今やっているサッカーが楽しくし仕方無いんだろうな,と。それはプレーにも表れています。5試合で4ゴールという結果がそれを物語っていますし,REDS戦でのノーホイッスルゴールなんて,良くぞそこに走りこんでた!という感じです。

 巻は巻で自分が相手DFと競り勝ったボールを次の攻撃に展開できる相棒を得て,さらに凄みが増しつつある段階です。惜しむらくは彼が今の時点で代表に持っていかれているということ。岡田さんもOBなんだから使わないなら空気読んで返してくれと。

 お互いがお互いのプレーをわかっているという利点。そのあたりはUNITEDの10月号やケータイサイトでの対談を読めば自ずとわかってきます。あと6試合,この二人でどれだけやってくれるのか,期待しています。

|

« 今日のエルゴラ | トップページ | ミラー監督の記事 from Scotland »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/42790919

この記事へのトラックバック一覧です: わかりあえる「二人」:

« 今日のエルゴラ | トップページ | ミラー監督の記事 from Scotland »