« 今季の背番号に驚愕 | トップページ | 沖縄で早川と早くも対決(予定) »

2009/01/22

今年のチームへの期待度

 本格的な練習が今日からスタートしましたね。私は仕事をどうしても抜けられなかったのですが,見学しに行った人に聞いたところ,非常に熱をおび,雰囲気も良かったとのことです。また,お楽しみ袋は正月の福袋同様,瞬殺だったとのこと。今年のサポーターも昨年同様に熱そうです。

 さて,チームがそのサポーターの期待に応えられているか,という指標になるのが今年のTOPチームのメンバー。まず,第一印象としては『少ない』というところでしょうか。もちろん,これは昨年が『多すぎた』ということもあるんでしょう。現時点で23人というのは紅白戦をやるにもギリギリの状態。その少数精鋭をポジション別に見ていきたいと思います。

 長文になるのでたたみます。

 にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

 Banner_14

1.GK編

 立石引退によりGKの補充は少なからずある,と踏んでいましたが,蓋を開けてみれば櫛野,岡本,中牧の3人体制。昨シーズンとおしてスタメンだった岡本と,最終戦に先発して存在感抜群だった櫛野のどちらかをメインとして今年は戦うものと思われます。キックなら岡本,コーチングやセービングなら櫛野。さて,今年はどちらが数多くのスタメンを勝ち取るのでしょうか。

2.DF編

 まずはセンターバック。もちろん昨年レギュラーだったエドと昇平が中心となりますが,ここに福元がどれだけ絡んでくるか。このポジションは警告累積が多くなるので出場機会は多いものと思われます。また,昨年はボランチに回っていた大輔も健在。青木良太も経験者ですから,層はそれほど薄いとは思いません。

 サイドバックは昨年,右に坂本,左に青木良太でしたが,今年はここに両方できる和田と左サイドバックの経験も十分にあるアレックスが入りました。運動量豊富な和田を右に,破壊力がありプレースキッカーとしても有能なアレックス(昨年はFKでゴールを決められてしまいました)を左という布陣も面白いかと思います。さらには益山もプレー可能なので,ここもそれほど問題はないでしょう。

3.MF編

 中後,佐伯加入で一気に大激戦区となったボランチ。今年もここは2人体制だと思われます。昨年は下村をファーストチョイスにホームでは工藤,アウェイでは戸田を配しましたが,さて,今年の組み合わせはどうなるか。ここは誰もが横一線であり,ある程度の時間がないと固まってこないと思われます。リーグ戦の序盤でコンビを作っていくことも覚悟しなければならないでしょう。もちろん米倉,益山にだってチャンスはあるはずです。

 そして,昨年はJEFの生命線とも言えたサイドアタッカーとトップ下。昨年のメインフォーメーションが4-2-3-1だったので,今年もそれになぞらえると右に深井,新居,米倉,左に谷澤,アレックス,青木孝太,トップ下にミシェウ,アレックス,工藤と大変豪華になっております。このポジションはミラー監督,ターンオーバーやりたい放題でしょうね。もっともフォーメーションは昨年と変更となる可能性もありますが,いずれにせよ,どういう選択をするのか非常に楽しみです。

4.FW編

 唯一,心配なところです。1トップにするのか2トップにするのかで話は変わってきますが,いずれにせよ巻の代わりになる選手がいない。代表で抜けることがあればNABISCO CUP予選は巻抜きで戦うことになります。現時点で巻の他にFW登録となっているのは深井,新居,青木孝太でいずれも縦に速いスピード系。このポジションは補強が必要だと思います。現在,オファーを出していると噂されている仏国某チームの某選手獲得はもちろんのこと,空いている7番をこれまた空いている外国人枠で埋めないといけないでしょう。

5.新人選手

 今現在,新人選手の獲得はゼロですが,新加入記者会見が2月2日に設定されているため,まだまだ動きがあるものと見ています。ただし,即戦力というよりも育成する方向だと思うので,プロ契約してもRESERVESで修行するコースになるでしょう。

6.私なりの総括

 選手が多すぎた昨年に比べ,かなりシェイプされた今年のTOPチーム。不安がないと言えば嘘になりますが,その反面,面白そうなチームになる予感もあります。何せ昨年の奇跡的な残留を成し遂げたメンバーが概ね残ったことが非常に大きいです。あの経験を生かし,このメンバーでステップアップしていくことを期待しています。そして,ここまでの補強策で非常に頑張っていただいた昼田GMを筆頭とする強化部の皆さまには,さらに頑張っていただきたいと切に願っています。

|

« 今季の背番号に驚愕 | トップページ | 沖縄で早川と早くも対決(予定) »

コメント

PACQUEさんのテキストを読むと、前向きになれるから不思議(笑)
怪我もあるでしょうし、思った通りの活躍やコンビネーションを作れない場合もあるでしょうけど、昨年に比べると「かなり前向き」な布陣ですよね。

ちょっと不安に思っているのがリザーブスのことです。
リザーブスに行ってしまうと非常に這い上がりにくい状況がありますでしょ。選手自身がへこんでしまうと言うか。
千葉日報でのジェフ特集ページで社長がおっしゃっていた「育成強化」、リザーブスを含めてうまく回ってくれることを期待しています。

投稿: 通り雨 | 2009/01/22 20:05

>通り雨さま

 お褒めいただきありがとうございます(^^)

 まあ,後ろ向きに考えても意味ないですからね。もちろん,このままで開幕を迎えるとは思ってませんし。

 RESERVESについては私もサポコミの質問事項に入れましたが,去年のような状態では興行としても成り立たないと思っています。TOP昇格への近道,というようなモチベーションを持たせないと,やっていけないような気がしています。

投稿: PACQUE@管理人 | 2009/01/22 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/43812706

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のチームへの期待度:

« 今季の背番号に驚愕 | トップページ | 沖縄で早川と早くも対決(予定) »