« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/31

理想の勝ち方がやっとできた

 20090530135725

 太陽が顔をのぞかせているのに雨がポツポツ落ちるというはっきりしない天気の中で行われたMontedioとのNABISCO CUP予選リーグは1-0で勝利。ワンチャンスをモノにしたJEFがMontedioを最後まで何とか押さえ込み,今季初の無失点試合を達成した。

 ボスナー出場停止により,この日のセンターバックには福元,池田が入り,右に和田,左に坂本という布陣。JEFはリザーブも含めて全員が日本人だった。このメンバーで果たしてどうなるかと思ったが,前後半含めて集中の切れないディフェンスを岡本とともに披露。終了前にはさすがに守りきるという意識が強くなってラインが下がってしまったが,何とかゴールを割らせずに90分を乗り切った。

 ゴールに関しては相手のディフェンスラインのギャップをついた谷澤のスルーパスをこれまたギリギリで抜け出した深井がGKと1対1となり,落ち着いて決めたもの。エレガントさに欠けるが,縦に速いサッカーがこの日は出来ていた。残り5分から相手コーナーでボールキープという,HOMEだったらとても出来ないこともやりながら,とにかく勝利に向けて一丸となって戦っていた。

 課題が解消できたと言い難いし,けが人の多いMontedioにもう一撃を加えられなかったことも事実。ただ,攻守ともに今のJEFがやりたいサッカーができたという評価でいいだろう。とにかくこの勝利でNABISCO CUP予選リーグ突破のための足がかりはできた。最終戦を消化試合にしないためにも次のS-PULSE戦もがんばってほしい。

続きを読む "理想の勝ち方がやっとできた"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/05/30

明日のMontedio戦!@NDスタ

JEF UNITED市原・千葉 (NABISCO CUP 第4節 vs Montedio 予想フォーメーション)
   
11.新居18.巻
16.谷澤 9.深井
6.下村 8.中後
13.和田 23.益山
14.池田 15.福元
  1.岡本  

 日本代表のW杯アジア最終予選により,リーグ戦は中断。この2週間でナビスコカップ予選を戦う。まずはMontedio戦だが,現在勝ち点2のJEFとしてはこのゲームを落とすと予選突破は絶望的であり,勝利以外はあり得ない。ただし,リーグ戦を考えるとNABISCOを使って戦力の底上げや連携の強化なども行いたい。

 予想としては上記のとおり。どういうメンバーで来るかはわからないが,ボスナーが出場停止なので福元に出番はあるだろう。また,これまで出ずっぱりだった両サイドバックも入れ替えてくるかもしれない。とにかく,ミラー監督がこのゲームに対してどのように考えているかは興味のひとつだ。

 予選最終戦を消化試合にしないためにも,まずはこのゲームで勝利を掴みたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/29

お前に片道切符を渡したつもりはないからな

 青木孝太のFAGIANOへのレンタル移籍が決まりました。

 ここ1,2年の彼のパフォーマンスを見ていると物足りなさを感じていたことは否めません。それでも今年はサテライトで結果を出していたので,明日のゲームあたりはメンバーに入ってくるのかなぁ,と今日の朝まで考えてましたが・・・。

 それでもプロとして出場機会を得るために勝負をすることは悪くないと思います。とにかくまずは結果を出してほしい。まあ,結果を出したら出したでレンタル先チームとの引っ張りあいになると思いますが,公式ケータイサイトでは『JEFに帰ってくる』って書いた以上,必ず帰ってきなさいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/28

代表のゲームは

 家に帰って来てから,最後の方しか見てませんでした。なので,本田がシュートを決めるまでのカウンターの流れが素晴らしかった,としか書けません。本番は6月6日なのでそれに照準を向けて調整していただければ,いい結果が出せるんじゃないですかね。

 しかし,しばらく見ない間にあの成金さまも逞しくなりましたな。オランダの2部とはいえMVPはダテじゃないって感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

ワンタッチパスの「マイページ」

 本日,公式にワンタッチパスのマイページサービスについてのお知らせがUPされました。導入されてからある程度経過したのに何で今さら?と思ったのですが・・・。もしかしたらアクセス数が伸び悩んでいるからかもしれません。何せ私も一番最初にパスワードを変更してから,今日までまったくアクセスしていませんでしたからね(^^;)。

 マイページが運用開始となって一番先に困ったのは,初期パスワードがどこにあるのか迷ったこと。ICカードと情報カードが添付されていた台紙に書かれていましたが,これをすぐに捨ててしまった方が多いんじゃないかなぁ…。そうするとアクセスできませんからねぇ。

 ちなみにNABISCOのVISSEL戦以外,すべで現地観戦している私のポイントは現在,125です。300ポイントまでの道のりはまだまだ遠いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/25

今日のエルゴラ

 D1000586

 中面で見開きですが,担当の杉山さん,ライターとしての枠を超えてご立腹です。ま,彼の立場としても毎回同じこと言われちゃ,書くことなくなりますからね。

 しかし,本当に打つ手はないのかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/24

クリーンシートで終わらすべき試合だった

 P1000963

 誰もが絶対勝ちたいと思って臨んだF-MARINOS戦は1-1のドロー。谷澤のピンポイントクロスをチームのエースである巻がものにし,ゲームの内容も2日前とは見違えるように映った。左右のサイドアタッカーである米倉,アレックスは相手のサイドバックを上がらせないようにフィジカルで対抗して抑え込んだ。下村のミドルシュートも宇宙開発せず,枠に行くようになってきたし,何より相手の攻撃の芽を何度も摘み取っていた。

 それだけに,この試合こそ虎の子の1点を守りきり,クリーンシートで終わらせるべきだった。F-MARINOS相手に完封できれば守備陣にもさぞ自信につながったろう。それが徹底できなかったからこそ,この順位,この勝ち点なんだと思う。

 相手が劣勢になっていれば後半は押しこんでくるのは当たり前だし,守り切りたいという思考から,ディフェンスラインがズルズル下がってしまうのはある程度理解する。それでも下がるなら下がるでやるべきことはあるだろう。何とかの一つ覚えよろしく,とにかくボールを遠くに蹴っ飛ばしておけばいい。あの時間帯でああいうクリアミスをされたら身も蓋もないのだ。

 試合後のボスナーは終始,顔を下に向けながら歩いていた。自らの責任を痛切に感じていたからだろう。アジア枠といえど,外国人選手は言わば『助っ人』である。助っ人が助っ人ごとき働きをしてくれなければチームとしても大枚をはたいた意味がないのだ。反省すべき点は反省し,次につなげれくれればいいが・・・。

 これでリーグ戦はいったん中断。13試合で勝ち点12は確かに物足りない数字だが,前半戦で同様に苦戦した去年,一昨年と比べればまだ多い。NABISCOの3試合とわずかな中断期間で修正点を克服できれば,まだまだ逆襲の余地はあると思う。あとは攻撃陣と守備陣でそれぞれ補強が必要だろう。某ケータイサイトにはスカウトの間瀬さんが欧州に行っているという情報もあった。さて,どのような成果を見せてくれるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/23

明日のF-MARINOS戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第13節 vs F-MARINOS 予想フォーメーション)
   
18.巻9.深井
5.アレックス 16.谷澤
6.下村 8.中後
31.青木良 2.坂本
4.ボスナー 14.池田
  1.岡本  

 今のJEFにおいて必要なこと。それはチームを覆いつつある閉塞感を自らの手で打破すること。そのために必要なことはこれまで以上のアグレッシブさを前面に押し出すことと一歩前に踏み出す勇気。そして結果として勝ち点3を得ること。相手はここ数年全く勝てていないF-MARINOSだが,これくらいの逆境の方がかえって開き直れるかもしれない。

 これ以上,ホームで無様な姿は見たくもないし,見せたくもない。内容は何であれ,結果としてとにかく勝とう。それだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/22

新型インフルエンザの影響

トレーニング時のファンサービスの休止について

インフル怖い…インタビューもマスク越し

 季節性のものという見解が出たとはいえ,これだけ猛威をふるっている新型インフルエンザに対する対応はチームとしても素早かったと思います。これに関しては思いがけないところから発生することも考えられるため,この措置は理解できます。

 最悪の場合,無観客試合なんてことも想定されるため,なんにせよ,一刻も早く沈静化してもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/21

唯一の収穫

 収穫?そんなもんあるわけねぇだろう,と怒られそうですが,唯一ありましたよ。この試合がリーグ戦の成績に何も影響しない,ということがね。

 ああ,でも2日後にはこれまで一度もフクアリで勝利していないF-MARINOSとのゲームが迫ってましたね。すみません,収穫でもなかったです。結果的に不安材料がさらに増えたって感じですね。しかし,点を取られてからでないとチームとして火が点かないってのもどうかと思うんですがね。

 しかし,これまではドキドキしてもワクワクしないサッカーだったわけですが,ここ2戦はワクワクどころかドキドキさえさせてくれないゲームが続いているわけです。もう6月の声も聞こうって時期に攻撃面での連携ができていない,ディフェンスラインは毎度のごとくジリジリ下がる,ボールを回しているうちに手が詰まって苦し紛れの巻へのロングボール,巻が競り勝ってもそのボールをとれない…。なんかもういろいろ出てくるのでこの辺で止めておきますが,今日のサポ仲間との帰り道ではそんな愚痴ばかりが口をついて出てきましたよ。

 当blogはどんな負け方であっても最後はポジティブに締めるということをこれまで心がけてやってきましたが,今日はちょっとそういう締め方ができません。ご理解ください。まあ,NABISCOはNABISCO,リーグはリーグとして切り替えていくしかないですね。

 D1000581

 前半の展開があまりにも酷かったため,ハーフタイム中はほとんどジェフィとユニティをイジってました。そうでもしないと心が荒みそうだったんでね。

 あと,応援団の太鼓なんですけど,今年は異様にリズムが速くないですか?しかも今日に至っては叩くたびにボワンボワンと音が広がって唄いにくかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/20

明日のFC TOKYO戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (NABISCO CUP 第3節 vs FC TOKYO 予想フォーメーション)
  11.新居  
16.谷澤 10.工藤
5.アレックス 6.下村
  3.斉藤  
13.和田 2.坂本
4.ボスナー 15.福元
  1.岡本  

 課題の残ったSanga戦から中2日。今回はNABISCO CUPの予選でFC TOKYOと対戦する。確かに大事なのは土曜日のF-MARINOS戦だが,個人的にはNABISCOを疎かにしてリーグがまともに戦えるわけがない,という考えなのでいつもと同じようなモチベーションで臨み,同じように応援するだけだ。

 とはいえ,日程が詰まっていることは確かなのでメンバーの入れ替えは十分に考えられる。今回は上のように予想したが,さてどうなるか。

 いずれにせよ,土曜日も見据えてのメンバー編成になると思う。とりあえず,明日のスタメンメールが楽しみだ。

続きを読む "明日のFC TOKYO戦!@フクアリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/19

なんだ,こんなところに背番号7がいるじゃないか

インテルのフィーゴ「ヨーロッパでプレーすることはない」

 バルセロナ時代は寿司屋の共同オーナーもしていたみたいだし,日本に興味がありそうだから,どうですか一つ。ちょうどおあつらえ向きに背番号7が空いてるチームが一つあるんですがねぇ…。

 問題は『特別なオファー』が出せるかどうか,ですがねorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/17

不完全燃焼

 20090517140318

 連勝を狙ったSanga戦は1-2で敗戦。お互いにリアクションをベースにしたサッカーを展開したが,その中でJEFの弱点をSangaに上手く突かれたようなゲームであった。後半のサッカーが前半にできればなお良かったんだろうが…。それにしても前半は中盤でのボールの奪い合いに負け続け,FWまでボールがなかなか届かない。まあ,とにかくひどすぎた。

 負けは負けとして切り替えてやっていくしかないが,何か負けた気がしない,と言うのも正直な感想。個人的にも不完全燃焼の感が否めない。このゲームでの反省点を今後に生かせないと後々いろいろと影響しそうだ。

(今日のALEXさん)

 巻のゴールをアシストしたが,全体的なできは今一つ。遠目から見て3ボランチの左に位置していたようだが,もう一列上げてもいいんじゃないかと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/16

明日のSanga戦!@西京極

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第12節 vs Sanga 予想フォーメーション)
  18.巻  
9.深井 16.谷澤
5.アレックス 8.中後
  6.下村  
13.和田 2.坂本
4.ボスナー 15.福元
  1.岡本  

 気分よく平日を過ごせた前節のHOME初勝利から一週間。今回は連勝をかけてSangaと対戦する。相手には『元JEF』の肩書がつく選手が多いが,それはもう昔の話。今必要なのはJEFのYELLOW TOPを身に纏ってピッチで戦う選手の後押しをすることだけだ。

 予想フォーメーションは上のとおり。勝ったチームのスタメンはいじらないのは基本だが,青木良太が別メという情報もあるため,坂本を右に和田を左に配置し,センターバックには福元を当てはめてみた。あと,ボランチは2枚かもしれない。その場合は中後と下村が並ぶのではないだろうか。

 いずれにせよ,タイプが似たチーム同士の対戦であり,ある意味我慢比べのような展開が予想される。とにかく欲しいのは先取点。それをどちらが先に奪うかが勝敗のカギとなろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/14

JEF PRESS VOL.58

 D1000573

 表紙を飾ったのはミスター・ポリバレント,坂本。中面にはイエロートップな方々がたくさんいます。心当たりのある方はお探しください。なお,私はこの手の企画が苦手なので写ってません。

 テディベアは実際にモノを見てみないと何とも言えんなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/13

秘密にしていたつもりはないんですが

快足FW抜てき!千葉、秘密兵器はJFLにいた

 昨年のちばぎんカップでごっつぁん的なゴールも決めてますし,リーグ戦もクゼ時代には途中出場が数回ありましたので,秘密にしていたつもりはないんですがね。昨年はTOPでリハビリに励んでいた時もミラーがつきっきりでトレーニングの指導をしていたこともありました。

 今年はRESERVESでJFL開幕からここまでで3得点。上位進出の立役者として結果を残しました。このタイミングで引き上げるのは他のRESERVESメンバーへのいい刺激にもなるでしょう。

 ようやくRESERVESが人材育成という本来の機能を取り戻してきたという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/12

今日のエルゴラ

 D1000572

 杉山氏が書いていることについては概ね同意。確かに後半はぎりぎりで戦ってたしなぁ。ドキドキするけどワクワクできるのはまだまだ先ってところでしょうか。

 ちなみにエルゴラでのMOMは下村。深井へのアシストもさることながらこのゲームでは攻撃の起点として安定したプレーを披露してました。西部さんも書かれてましたが,あとはボールを枠に飛ばすことだな(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/11

全ジャンル勝利はならず

 D1000567

 鴨川で行われたJEF Ladiesのゲームを見に行ってきました。結果は1-1のドロー。JEFとしても昨日はTOPとRESERVESが勝利したため,その勢いに乗ってほしいところでしたが,湯郷Belleの守りが堅く,1点を返すのが精いっぱいという感じでした。やっぱりL1のチームともなると球際に厳しくきますね。でも,それを乗り越えないとこのカテゴリではやっていけないわけですからね。まだ一回り目ですが,そろそろ研究されてくる頃なので,それをどう乗り切るかが鍵になってくると思います。

 とりあえず,清水のL1初ゴールが見られて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

HOMEでの勝利はそこにかかわるすべての人を幸せな気分にさせる

 P1000950

 前日までの雨模様とうって変わって雲ひとつない青空が広がり,突き刺す日差しが痛いくらいだったSANFRECCE戦は2-1で勝利。内容は会心とは言えないものの,決めるべき人が決め,守るべき人が守った,というゲームであった。

 前半は人もボールも動く,かつてのJEFを彷彿とさせるようなSANFRECCEのペース。JEF側のマークの確認がうまくないところもあったのだろうか。先制点はそんなバタバタしたところを巧みに突かれたという感じだった。その後もSANFRECCEはストヤノフを中心にゲームを組み立てるサッカーを展開。前半は何度ゴール前で肝を冷やしたかわからなかった。

 それでもこの日は防戦一方とならなかった。なぜならSANFRECCEのようなサッカーの弱点をJEFは十分心得ている。深井の同点ゴールはまさにその典型だろう。ボールを奪った下村が左サイドに素早く展開。SANFRECCEの右サイドのミキッチはJEF陣内に深く入り込んでいたため,そのスペースががら空きだった。そこに走り込んでいた深井がノートラップでボレーシュート。このボールが美しい弾道を描いてネットに突き刺さる。このビューティフルなゴールでフクアリが活気づいた。

 深井が点を決めると黙っていないのがもう一人のFW。勢いづいて攻め立て,CKを奪った前半ロスタイム。CKポストに立ったのは怪我から復帰して久しぶりのスタメンとなった中後。彼の右足から放たれたボールは放物線を描いてファーサイドへ。ニアにエドが突っ込んでいったため,それに相手DF陣が釣られる。ボールはニアに突っ込むふりをしながらファーに位置取りを瞬時に代えていた巻にドンピシャ。これをヘッドでたたき込んで逆転。あっという間の逆転劇に熱狂となるフクアリのスタンド。前半はこの雰囲気のまま終了した。

 後半は同点を狙って前掛かりになるSANFRECCEをJEFがいなすという展開。ピンチは数多かったが,相手の焦りにも助けられ,最後までゴールを割らせなかった。特に最後の相手CKの場面では久々に唸りを上げたようなスタンドからの『Save the GOAL!』の声。HOMEでの勝利が欲しかったのはここ最近,あまり景気の悪い話しか聞こえなかったサポーターも一緒だった。

 試合終了のホイッスルとともにその場にへたり込むJEFイレブンと歓喜に沸くスタンド。そこにかかわる誰もが待ちわびた,幸せを噛みしめる瞬間であった。

続きを読む "HOMEでの勝利はそこにかかわるすべての人を幸せな気分にさせる"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/08

明日のSANFRECCE戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第11節 vs SANFRECCE 予想フォーメーション)
  18.巻  
9.深井 16.谷澤
5.アレックス 8.中後
  3.斉藤  
31.青木良 13.和田
4.ボスナー 2.坂本
  1.岡本  

 GW連戦の最後を飾るSANFRECCE戦。ボールも人も動き回るサッカーに対して,愚直なまでのハイプレスをかけて流れを分断し,ボールを奪ったらサイドに素早く展開してカウンターを仕掛ける。これを徹底することで勝機は見えてくると思う。まずはとにかく先制点を奪うこと。S-PULSE戦でも先制点を取ったあとしばらくは有意な試合運びができていた。SANFRECCEの攻撃力は確かに脅威だが,その反面失点も多い(最近は無失点が続いているようだが)。つけ入るすきは必ずあるはずだ。

 フクアリで初めて『俺たちジェフ!』がこだましたのがちょうど1年前。昨日のことのようにはっきりと思い出された。明日も同じように歓喜に包まれたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/07

さて,9日は何のユニを着ようか

レプリカユニフォーム背中スポンサーロゴ追加マーキング受付について

 とりあげるのが若干遅くなりましたが,レプリカユニについてはSuicaロゴを追加マーキングできるようなりました。当然のことながら,いったんチームに預けた状態になるため,当面の間は別のユニでフクアリなどに参戦することになります。とりあえず,まず9日はどうするかと…

 D1000566

 D1000565

 …おっと,GW中の遠征疲れで寝てしまったようだ。当面は去年の米倉とエドで対応しようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/06

一夜明けて冷静になりました

 昨日はエントリーの写真を見るとお分りのとおり,日本平の一階席におりました。実はAntlers戦翌日の朝,38度の熱を出しまして,丸一日寝込んでおりました。熱の方はその日一日で無理やり下げたのですが,さすがに根っこは残ったままだったので,今回は一階で大人しくしていたのが実情です。

 で,普段は応援に集中していると見えないものが,座って見ていると不思議と見えてくるから面白いものです。今回はそんな所を書いていこうと思います。

 長いので分けます。

続きを読む "一夜明けて冷静になりました"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/05/05

今日の結果を簡単に容認できるほど

 D1000557

 アタクシは人間が出来てません。これ以上書くと文句ばっかり連なることになりそうなので,今日はこれで堪忍願います。私の拙いblogの更新を楽しみにしていただいていた皆さま,ごめんなさい。

 巷でなぜか大好評の今日のALEXについては一言だけ書いておきます。

続きを読む "今日の結果を簡単に容認できるほど"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/05/04

明日のS-PULSE戦!@アウスタ日本平

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第10節 vs S-PULSE 予想フォーメーション)
  18.巻  
9.深井 16.谷澤
5.アレックス 10.工藤
  6.下村  
31.青木良 13.和田
4.ボスナー 2.坂本
  1.岡本  

 相手の横綱相撲に完敗するもシュートで終わる意識が向上したように見えたAntlers戦から中2日,今度はあまり得意でない日本平でのS-PULSE戦であります。まあ,得手不得手などと言っている場合ではないんですが。

 フォーメーションは前回同様,いじってません。もちろん,巻と新居の2TOPも悪くないですが,4-3-3でワンボランチの方がチームとしてしっくりくると思います。

 私も行きますが,明日は雨予報ですので,行かれる方はしっかり準備を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/03

やっていきたいことは十分に伝わった

 P1000918

 シーズンでのホーム初勝利を期待したAntlers戦は0-2で敗戦。お互い,この試合に向けたミッションをピッチ上に表せていたが,2日後に行われるACLを見据え,それを見事に成功させたAntlersが一枚上手だった。

 この試合で見えたJEFのミッションはボールを奪ってのショートカウンターからシュートに持っていくまでの意識を全員が持ち合わせて実行すること。その結果,シュート数は21本。REDS戦のように何もできなかったわけではない。この試合から見るに,JEFファンが今後を悲観する必要はないと思う。

 個人的にはサッカーにおけるシュートは野球の打撃と同じで『水もの』だと思っている。ゴールに辿りつくかどうかは別として,要は常にシュートを撃っていく姿勢をピッチで現すことが重要なのだ。

 今日の試合後,スタンドからブーイングが出たが,それは意味不明なイエローカード乱発でゲームをコントロールしようとした審判に向けられたものであり,選手は拍手で迎えられた。現場で90分間を体感したファンにはそれが伝わったということだろう。手ごたえは感じられた。あとは愚直に継続していくだけだ。

続きを読む "やっていきたいことは十分に伝わった"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/02

明日のAntlers戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第9節 vs Antlers 予想フォーメーション)
  18.巻  
9.深井 16.谷澤
5.アレックス 10.工藤
  6.下村  
31.青木良 13.和田
4.ボスナー 2.坂本
  1.岡本  

 Antlers戦です。前節のフォーメーションとまったく同じなのは単なる手抜きではなく,チームとしての継続性を期待しているからです。日程は詰まってますが,これくらいはやってもらわないと。特に前節,途中交代で下がった谷澤,アレックス,工藤にはその分の好パフォーマンスを期待したいです。

 Antlersは現在,リーグとACLの二兎を追っている状態。特に次のゲームは予選突破をかけているらしく,マルキーニョスの怪我も重なったのでメンバーを落としてくるという情報もありますが,チャンピオンチームらしく選手層が厚いので,誰が来ても厄介なのは確か。同じシチュエーションで昨年はJEFが勝利しましたが,2匹目のドジョウは果たしているでしょうか。

 とにかく,ホームでの勝利に飢えているのはチーム,選手,サポーターそれぞれ一緒。何が何でも勝ちに行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/01

大輔のヘッド,前から撮るか?後から撮るか?

 という雰囲気で前から撮った写真(公式)と後ろから撮った写真(スポニチ)。やっぱり,前から見た方が迫力が違いますね。

 ちなみにタイトルの元ネタはこれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »