« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/30

ネット・バイアーノ選手加入決定!・・・ですが

 空いていた背番号7がようやく埋まりました。以前から報道されていたネット・バイアーノ選手です。

 じゃあ,公式でも発表されたし,すぐにリーグ戦出場を…と言いたいところですが,そういうわけにはまいりません。海外クラブチームに所属していた外国人選手については『ウィンドー』があり,その登録期間初日は7月17日。よって,出場が可能となるのは18節のSANFRECCE戦からとなります。

 なので,私としては今すぐ出られない選手より,土曜日のTrinita戦までに誰が復帰できるのか,という方が気になります。アレックス,まだ無理そうなのかorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/29

RESERVES,天皇杯出場決定!

 D1000643

 東総で行われたRESERVES vs 佐川印刷SCの一戦は前半に金沢が決めたゴールを守り切って1-0で勝利。この勝利を以って前半戦4位となり,今年の天皇杯への出場権を県予選なしに確保することができた。金沢はこれで5得点目。得点シーンは左サイドから右サイドにこぼれたボールを安川があきらめずに追い,ゴールラインぎりぎりでクロス。そのボールをゴール前にいた金沢が叩き込んだもの。平日の練習ではTOPに合流している彼だが,お呼びがかかるのはいつの日か。

 そのあと行われたJEF Ladies vs Albirex Ladiesのゲームは1-2で敗戦。クロス気味に上げたFKのボールがワンバウンドしてゴールに吸い込まれるというラッキーな先制点を得たものの,後半にDFとGKとの連係ミスが出て同点にされ,その勢いのまま逆転されてしまった。Mareezeが勝利したために5位に後退。ここが我慢の時か。

続きを読む "RESERVES,天皇杯出場決定!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/28

選手たちはこのゲームの重要性をきちんと理解して臨んでいたのか?

 P1000977

 いや,さすがに理解していない選手なんて皆無だろう。だとすると理解しすぎたあげくにそれがプレッシャーとなって動きが悪くなり,結果として今季最悪ともいえるゲームになってしまったといったところだろう。

 そうはいってもこれくらいのプレッシャーに打ち勝てないと,いつまでたっても残留争いの立場を脱出することはできない。思えば昨年も同じような光景に出っくわした。メンタルな部分での成長を感じ取れないことに関しては非常に残念だ。

 ネガティブに終わるのもなんなんで,ポジティブな話を一つ。得点には至らなかったが,途中出場した米倉からのラストパスを益山がサイドから絞った動きであわせたシーンには2人の将来性が感じられた。そろそろこのチームも若手が主軸を突き上げていく時期に来ているんじゃないだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/27

明日のArdija戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第15節 vs Ardija 予想フォーメーション)
   
18.巻11.新居
16.谷澤 9.深井
6.下村 10.工藤
2.坂本 13.和田
15.福元 4.ボスナー
  1.岡本  

 明日のゲームの大切さはサポーター以上に選手一人一人が理解しているはず。とにかくホームでの勝利に向けて後押しするのみだ。ヨンスに余計な心配なんぞ,かけられないからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/24

千葉日報にイビチャ・オシム元監督の独占インタビュー

 6月24日の千葉日報朝刊スポーツ面にイビチャ・オシム元監督の独占インタビューが掲載されています!

 …という記事を書こうと思ったら,日刊スポーツにまったく同じ内容の記事が一日早く出てましたね(^^;)。千葉日報さまは一日遅れということですか。

 ただ,日刊に掲載されたものと違うのは後日談が掲載されていること。もう時間的に朝刊も販売終了しているので,その部分だけ貼っておきます。

 Img_0001

 AWAYで引き分けたリーグ戦というと,S-PULSE戦かなぁ?「よしよし」って感じの結果じゃなかったんだが,UEFA CL<Jの爺さんのことだし,まあいいかぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/06/22

犬の生活更新とAmarの再就職

 西部さんの『犬の生活』が更新されております(1)(2)。コラムとして書かれているということは名古屋まで来ていたということだったんでしょうか?ありがたいことです。

 あと,JEFの監督を辞めて以降,どこの監督にもなってなかったアマル元監督が古巣であるゼレズニチャルの監督に決まりそう,とのことです(クロアチア・サッカーニュースさま)。JEFでは最終的に不遇でしたが,地元での更なる活躍を願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/21

TVでおさらいしてから気づいたこと

 Photo

 この得点シーン,この時点でボールを持った深井から巻→ミシェウを経由して,最後はパスアンドゴーで中央に走り込んでいた深井がゴールを決めるんですが,それ以外にも素晴らしいところが3点あります。

1.ボールホルダーの深井より前に5人いる

 この時間帯で数的優位を作れたことが得点奪取の要因となりました。今年のJEFではなかなか見られなかった光景でした。 

2.和田の位置取り

 サイドバックがここまで上がると相手もケアせざるを得なくなります。その分,中央にフリーの選手が多くなりました。

3.この時間帯に最前線でリスクを犯した囮の動きをした工藤

 ゴール裏で応援していたときはこの工藤の動きはわかっていませんでしたが,TVで見直して改めてびっくり。巻すらも追い抜いて一番前に行っているのがよくわかります。この動きに相手DFが釣られてラインが下がり,中央に深井が走り込むスペースができました。

 これまでのショートカウンターからの攻撃ではなく,パスと囮の動きで相手をかき回し,チームとして奪ったゴール。ボールホルダーに対するプレッシャーが弱かったことも要因としてありますが,これから先,このような攻撃が数多く見られるようになると,チームとしていい戦いができるようになると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009/06/20

今のJEFにとっては理想的な勝ち方ができた

 D1000633

 強い日差しが突き刺しているかと思ったら,厚い雲がスタジアムを覆って雨を降らすといった不安定な天気のもとで行われたGrampus戦は1-0で勝利。今のJEFにとって理想的な勝ち方がやっとできた,会心の勝利だった。

 試合前の練習で怪我をしたアレックスに変わり,新居がスタートに入った。アレックスはひざの具合が悪いようで,この日も練習ではあまり良い動きをしていなかった。心配はしていたのだが…。この時点で若干不安がよぎったが,FWでプレーする予定だった深井が右サイドに入ったことにより,2列目からの飛び出しが前後半通じて効果的だった。

 前半は深井と谷澤の突破とディフェンスラインのビルドアップが見られ,攻守ともにJEFのリズムで戦っていた。ただ,フィニッシュの精度が低く,シュートが枠を捉え切れなかったり,相手を崩しきれない場面が多かった。ディフェンスラインはダヴィに一度だけペナルティエリア内で前を向かせてしまったが,それ以外では集中していたように思う。特に福元は巻弟を完璧に押さえ込んでいた。ディフェンスに関しては前半のサッカーが後半も同じように出来るか,そしてオフェンスはどのように切り崩すのか,ということが焦点になってくる。

 後半開始直後に深井の突破からのクロスを巻が右足で合わせてあわやゴール,という場面があった。ようやくここでフィニッシュが形になりだした。この日のGrampusのメンバーはベストと言いがたく,あまり攻めに迫力が感じられなかった。こういうゲームは絶対に勝利を取りたい,と思ったが,Grampusのディフェンスラインは思いのほか堅く,チャンスを作ってもゴールに結びつかない。

 こうなると選手交代で流れを変えてほしいところだが,試合を決められる選手である新居はスタートで使ってしまった。米倉はそのレベルであるとはまだ言いがたく,そうなるとミシェウを使ってほしいと私自身,思っていた。そして後半30分過ぎにミシェウ投入。結果的にこの交代策が吉と出た。

 巻がサイドで起点となると,中央にいたミシェウにパス。パスをもらったミシェウはそこでいったんタメて,深井が後ろから上がってくるのを待った。そして絶妙のタイミングでスルーパス。深井はこのボールを楢崎が出てくるタイミングをずらしてシュート。ボールは地を転がりながらゴールネットに吸い込まれた。深井はゴール裏まで来て喜びを爆発させながら,ユニフォームのエンブレムにキスを連発。アシストしたミシェウと喜びあいながら,サポーターに向かってアピールを繰り返していた。

 さて,こうなると懸念すべきは1点取ったことによるディフェンスラインの対応だが,この日はGrampusのプレッシャーが弱かったことを差し引いても,これまでとは違う対応をみせてくれた。点を取った時間帯もあるのだろう。下がる意識よりもボールを繋いでいく姿勢がこの日は最後まであった。

続きを読む "今のJEFにとっては理想的な勝ち方ができた"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/19

明日のGrampus戦!@瑞穂

 ※ここ数日多忙により,更新ができませんでした。

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第14節 vs Grampus 予想フォーメーション)
   
18.巻16.谷澤
5.アレックス 9.深井
6.下村 10.工藤
2.坂本 13.和田
15.福元 4.ボスナー
  1.岡本  

 アジア最終予選の影響で中断していたリーグ戦が今週末,いよいよ再開されます。相手はACL出場により,中断期間はキャンプを行っていたGrampus。ただし,JEFもNABISCOの予選日程の恩恵を受けて2週間空いたため体調面で差はないと思われます。良太はまだ別メニューのようなので,4バックのメンバーはSanga戦と同じでしょう。

 Grampusは小川が出場停止,アジア最終予選に玉田,楢崎が招集されていたため,ここも頭から来るかどうか読めません。いずれにせよ,JEFとしては勝ち点を一つでも多く積み上げていかないことには今後にも影響が出てきます。とにかく勝って帰ってこないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/15

偉大なるマントーバ

 41g49g8ebsl_sl500_aa240_

 犬の生活でおなじみ,西部謙司氏が著した6篇からなるフットボールフィクションストーリー,『偉大なるマントーバ』を購入しました。まだ全部読み切ってませんが,一番最初に掲載されている『リベロ』はJEFサポとしても思わずニヤリとなってしまう内容だと思います。

 表紙も黄色い(!)のでお薦めですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/14

非常に面白いゲームだったが…

 D1000629

 東総運動場で行われたJEF RESERVES vs TDKのゲームは0-0のスコアレスドロー。内容は素晴らしかったが,後半途中で得たPKを宇野が外したのが最後まで響き,結果として勝利を得ることができなかった。

 それにしてもこのチームは両サイドバックがガンガン上がり,攻撃陣の個々のスピードにも長けた,見ていてもとても面白いチームだ。停滞感しか感じられなかった昨年と違い,応援のしがいがあるチームに生まれ変わった。あと2試合で4位以内を確保できれば県予選なしで天皇杯の出場権を得られることもあり,例年になくモチベーションも高い。惜しむらくはホームゲームの開催地がそのつど散らばることだが,機会があれば一度観ておいて損はないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/13

久々の練習見学

 D1000619

 ネタがないなら自分で取りに行け!って訳じゃないですが,スケジュールが空いたので久々に練習見学してまいりました。練習生が一人いましたが,スコットランドでプレーしている彼なので期待しないように(^^;)。まあ,その練習生もチームに交じってフルメニュー消化してしまったんですが…。

 全体的に負荷の強いメニューを約2時間。いつもより長いなぁ,と思っていたら案の定,明日はOFFに変更。Grampus戦まで間があるし,もっと負荷をかけるべきなんじゃないの,と思ってしまうのは素人考えでしょうか。

 D1000617

 見学終了後,家に帰ってきたらSuicaマーキングユニが届いてました。リーグ戦再開に向けてさらにモチベーションUPです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/10

今週は休みます

 管理人のPACQUEです。毎度お越しいただきありがとうございます。

 当blogに関してですが,リーグ戦再開まで時間がありますし,特に強化合宿とかもしないようなのでネタも少なそうなことから,今週いっぱいお休みさせていただきます。

 ただし,大きなネタが入ってきた場合(バイアーノとか,可能性は低いですけど水野とか)はこの限りでありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/09

中断期間にさっそく

千葉残留切り札!ブラジル人FW獲得

 間瀬さんがヨーロッパに行っていたなんて話もあったので,てっきりそっちの方かと思ってましたが,ブラジル人に落ち着いたようですね(まあ,まだ確定報ではありませんが)。

 ちなみにそのネット・バイアーノ選手のプレーを編集した動画(売込用?)は↓。

 

 見た感想としては良い表現をするとゴール前での位置取りが素晴らしい,悪い意味で言うとごっつあんゴーラー(^^;)。フリーキックはドッカン系ですね。ボールキープは上手そうだし,ヘッドの打点も高そう。

 ただ,ブラジル人はプレーだけでなく,日本の水に合うかどうかで変わってくるから,フロント陣がどこまで見極められたかもカギになると思います。その点は韓国でのプレー経験もあるようなので大丈夫だと思いますがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

『消化試合』を感じさせないゲーム

 D1000610

 ここ数日の曇模様から一転,痛いくらいの日差しに照らされたフクアリで行われたSanga戦は2-1で勝利。両者にとってNABISCO CUP予選の消化試合であったが,その気分を終始感じさせなかったJEFが勝利をつかむ結果となった。

 前半は立ち上がりこそバックラインのギャップを突かれた場面もあったが,ペースとしては全体的にJEFが握っていた。10分の深井,13分の巻のゴールはそれぞれ相手の裏を狙って決めたものであり,今日のチームとしてのやりたいことがピッチに表れていたように思う。惜しむらくはその後にあったいくつものチャンスで1点でも決められていたら,後半はもっと楽に戦えたと思うが…。

 後半は前半で怪我をしていたアレックスに代えて新居を投入。アレックスが作っていた攻撃のリズムが無くなったこともあって,全体的に間延びした展開に。さらに時間がたつにつれて運動量が落ち,攻撃のアイデアもなくなり,ディフェンスラインがズルズルと下がる。失点はセットプレーからのものであるが,そのCKを与えてしまったのもラインが下がってしまったことが原因。さらに失点したことでベタ引きとなり,最後は6バックなんて状態になってしまった。

 それでも何とか守りきって,NABISCO予選最終戦を白星で飾った。後半残り15分の戦い方における課題が解消されていないのは何とも複雑だが,消化試合を感じさせない試合展開をしてくれたことは褒めるべきところだろう。これからはリーグ戦に集中できる環境となった。前半のようなゲームを90分とおして展開できるようになれば良いのだが。

続きを読む "『消化試合』を感じさせないゲーム"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/06

明日のSanga戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (NABISCO CUP 第6節 vs  Sanga 予想フォーメーション)
   
11.新居19.ミシェウ
16.谷澤 22.米倉
20.佐伯 8.中後
2.坂本 13.和田
14.池田 15.福元
  1.岡本  

 NABISCO CUPが予選リーグの形になって,おそらくこれがJEFにとって初の消化試合。しかも相手のSangaも同じ立場ということもあって,モチベーションの持っていき方に迷う今回のゲーム。巻も前節,怪我をしたという情報もあるので,上のような面子でいってもバチは当たらないだろう。とにかく見据えるべきは20日に再開されるリーグ戦だ。そのための底上げをするにはうってつけのゲームと言える。消化試合と言いながらも選手には精いっぱい戦ってもらいたい。

 しかし,お客さん,どれくらい来るんだろうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/05

あの男が姉崎に現れた!

 水野がOFFを利用してのトレーニングを兼ねて,姉崎を訪れたそうです(杉山さんのblog)。坂本もケータイサイトで書いてますが,いろんな意味で変わっていないようで何より。

 CELTICも来季は俊輔がいなくなりそうなので,ポジションが一つ空くだろうから,彼にとっても正念場のはず。彼に関しては何とか成功してもらいたいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/04

今年のNABISCO,終了で~す

 1-2で敗戦。このゲームは現場に行っていないので,これ以上は語れません。あっ,トーミのゴールがどんなだったのかだけは見てみたいなぁ。

 これで日曜日のSanga戦は消化試合となりました。NABISCO予選リーグの消化試合というのは過去にも記憶にありません。たぶん,初めての経験になります。応援するモチベーションをどこで保ったらいいのやら…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/03

明日のS-PULSE戦!@アウスタ日本平

JEF UNITED市原・千葉 (NABISCO CUP 第5節 vs  S-PULSE 予想フォーメーション)
   
11.新居18.巻
9.深井 22.米倉
6.下村 8.中後
13.和田 2.坂本
14.池田 4.ボスナー
  1.岡本  

 予選突破のためには負けられない一戦。ここ数年,相性の悪い日本平だが,このメンバーでもクリーンシート目指して頑張ってほしい。

 個人的には仕事で抜けられず,参戦できないのが痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/01

昨日のクリーンシートについて

 昨日はシーズン初の無失点勝利ということでしたが,一つ残念だったのはテレビ中継がなかったこと。スポーツニュースでも深井のゴールシーンが流されたことがせいぜいで,全体的な流れを把握することはできませんでした。

 そのため,無失点という結果だけを取り上げ,これからも福元と和田を含めたディフェンスラインで行ってほしい,という論調が多く見られましたが,これについてはちょっと待ってくれと言いたいです。

 昨日のエントリーでは多く書きませんでしたが,福元に関しては前半はパスミスが多く,相手にチャンスを与えてしまったシーンが多々見受けられました。後半にも池田との連係ミスから長谷川にラインをぶち抜かれ,岡本と1対1にさせてしまった場面もありました。また,後半の最後の方ではズルズル下がってしまったのはこれまでのメンバーと何も変わらず,一緒でした。つまり,厳しい言い方をすると何も変わっていないのです。

 現場で90分,福元や和田のパフォーマンスを見続けましたが,この日の無失点という結果だけですぐさまボスナーや良太にとって替われるかといったら,答えはノーと言わざるをえません。確かに彼らはモチベーションを高く持ってプレーしてくれたと思いますが,課題が解消されたわけではないので,今回はバックアップメンバーの経験値を上げたということが収穫になってくると思います。なので,今回の結果だけで判断してほしくない,というのが私の本音です。

 もちろん,彼らに次のチャンスがないわけではありません。今季初の無失点を達成したのは彼らの成果です。この結果が,ボスナーと良太にいい発奮材料になってくれればチームとしてのディフェンス力が向上してくると期待しています。良太の怪我の具合がどれくらいのものなのかはわかりませんが,ボスナーは出場停止明けなのでメンバー入りが考えられます。S-PULSE戦ではエド,福元,どちらがCBに入るのか,非常に楽しみです(仕事で行けないんですけどね)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »