« 明日のTrinita戦!@九石ドーム | トップページ | そういえば »

2009/07/05

消耗戦を制したことに価値がある

 20090704182402

 絶対落としてはならない最下位Trinitaとの対戦は2-1で勝利。踏ん張りが効かないようなピッチ状態のなかでカウンター主体に戦い抜き,最後まで何とか守りきった。

 前節のふがいない負け方を反省したのか,JEFはスタートからエンジン全開。それが功を奏したのか,巻の競り合いでこぼれたボールを工藤が拾い,トップスピードで左サイドを駆け抜けた深井へ見事なスルーパス。これを深井が相手GKと1対1となり,落ち着いて流し込む。

 幸先よく先制したのもつかの間,相手スローインを受けた家長が和田との勝負を制して右サイドからマイナスのクロス。これを高橋が押し込んで同点とされる。スローインでの対応が全体的に後手に回ったのが失点につながった原因だろう。先制直後で一瞬気が緩んだのかもしれないが,もったいなかった。

 ただ,これで気合を入れなおしたのか,ディフェンスラインを中心に集中した守りを見せた。この日は登録上DF5人登録だったが,青木を左サイドに入れ,坂本をアンカーに配置した4-1-4-1。2列目に下村と工藤を上げたシステムだったが,前節まったくの不出来だった下村と工藤がこの日は攻守に奮闘。その甲斐あったか,前半20分過ぎにビッグプレーが生まれた。中央でボールを受けた下村がそのまま中央突破。いつもなら誰かにボールを預ける彼がそのままエリア付近まで入り込む。パスを予想したであろうTrinitaディフェンス陣は彼の予想外の行動に対応しきれず,下村はほぼフリーの状態で左足を振り抜いた。放たれたボールは相手GK西川でも届かないゴール上段の左隅に突き刺さった。

 この誰もが予想し得なかった展開にゴール裏も半狂乱状態。そりゃそうだ,これまで何度もチャンスに宇宙開発をしてきた男がJEFで初めて見せたリーグ戦初ゴールなんだから。個人的には腕にサブイボが立ったくらいだ。

 前半はこのまま終了。後半は前半飛ばした影響からか,ほぼサンドバック状態であったが,ディフェンスラインが踏ん張ると芝がめくれてしまうような最悪のピッチ状態の中,最後まで集中を途切れさせることなく勝利へのタスクを全うして今後につながる勝ち点3をもぎ取った。

 消耗戦を制してバンザイを繰り返す選手たちにはこのゲームでの消耗っぷりが見て取れた。それだけがんばったということだろう。次はHOMEでのVISSEL戦。Grampus戦後にも書いたが,次のホームで勝利しないとこのゲームで勝った意味がなくなる。Ardija戦の二の舞にならないことを期待したい。

 この日のヒーロー,下村も疲労困憊の状態,足を引きずりながらもバンザイとトラメガパフォーマンスを行った。この日もらった警告で次節は出場停止。次の次のゲームまでに養生してほしい。

|

« 明日のTrinita戦!@九石ドーム | トップページ | そういえば »

コメント

mattiも衛星TVを見るためおでかけしてTV観戦できました!この勝利で降格圏脱出ですね。これをつづけることが大事ですね。試合後のシャムスカ監督の表情がさえないのがちょっと・・・(同年代なので)
おつかれさまでした。

投稿: matti | 2009/07/05 22:33

>mattiさま

 まあ,降格圏を脱したとはいえ,次のゲームで結果が出なかったらまた逆戻りの可能性もあるわけですから油断なりませんぞ。

 Trinitaに関してはまあ…あきらめずに頑張れ,と言うほかはないですね。

投稿: PACQUE@管理人 | 2009/07/06 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/45542640

この記事へのトラックバック一覧です: 消耗戦を制したことに価値がある:

« 明日のTrinita戦!@九石ドーム | トップページ | そういえば »