« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/30

頑張っても頑張ってもわがチーム楽にならず,じっと手を見る

 D1000705

 夏休み最後のゲームとなったF-MARINOS戦は1-1のドロー。2戦連続で先制するも追いつかれるという展開となってしまった。順位が中位くらいならAWAY2戦連続でドローなら最低限の結果とも言えるだろうが,今はそんな悠長なことを言っている場合じゃない。順位の近いチームがそろって勝利したため,結果的に勝ち点差も広がってしまった。

 バイアーノがピッチ上にいた時間帯はボールもよく収まり,カウンター攻撃もハマっていた。相手が彼に集中することにより,巻が楽にプレーできるようになったのか,前半はシュートまで持っていけた回数が多かったような印象を受けた。ただ,相手がパスで崩す攻撃を捨て,DFの裏にボールを放り込む策をとりはじめたときにその対応が遅れたような気がした。失点シーンはその典型例だろう。相手の策が切り替わった時にベンチスタッフがそれに気づいていたか。気づいていなかったとしたら,現スタッフの若さが出てしまった,ということになるが…。

 バイアーノの交代についてはサポーター一人一人,いろいろな意見が考えがあるかもしれないが,ベンチとしてはイエローカード対策として交代させたんだと思う。審判から注意を与えられていた場面もあったので,そう判断したのだろう。交代で入った下村も結果的にシュート3本放っていたので,守備的な戦術を取ったわけではないと思われる。

 さて,これでリーグ戦も残り10試合となってしまった。これからは本当に総力戦だ。昨年はここから5連勝したが,だからと言って今年もそういう展開になるとは限らない。それでもこの残り試合のうち,単純に半分は勝たないといけない計算となる。厳しい戦いとなるのは必至。チームもサポーターもその覚悟は完了しているか。とにかく目の前のゲームに一戦一戦集中していく他にない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/29

明日のF-MARINOS戦!@ニッパツ三ッ沢

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第24節 vs F-MARINOS 予想フォーメーション)
   
7.バイアーノ18.巻
9.深井 16.谷澤
8.中後 10.工藤
2.坂本 13.和田
4.ボスナー 14.池田
  17.櫛野  

 江尻監督になってから2分け2敗と勝ち星がないまま,夏休みも終わろうとしている。前節は後半に追いつかれての引き分けで上位に喰らいつくことが結果としてできなかった。思えば昨年はこの24節から5連勝を達成し,残留争いを混沌に陥れたが,さて今年はどうなるか。

 このゲームでは青木が出場停止だが,その穴を埋めるのは和田だろう。彼が右に入って坂本が左に回る。となれば,右からの厚い攻撃が見られるのではないだろうか。一列前には谷澤を予想したが,元S-PULSEコンビということで前節同様,太田が来るかもしれない。ボランチは工藤の膝の状態次第だと思う。アレックスと福元は水曜日のTGにも出場していないようなので難しいだろう。

 今回の相手には5年近く勝っていないということで厳しい戦いになるとは思うが,それでも勝っていかないとこの先が続かなくなる。相手を上回るシュートの数と運動量を実現するために現地に向かわれる方はこれまで以上の応援と声を届けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/27

錦を飾るにゃ早すぎる

 という訳であちら様の戦力としてしっかり見なされているようなので,今シーズン中に戻ってくることはなくなりました。まあ,昨シーズン1点取っただけで何も成し遂げていないのだから,俊輔が抜けた今シーズンこそ,遮二無二頑張ってもらわんと。快く送り出した側としても納得がいきませんことよ。

 しかし,今回の他のチームの動きは慌ただしかったなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/26

なんだったのか,よーわからん

 昨日のスクープ記事から一転,今日の記事はなんだかよくわからん内容になっておりますなぁ…。ちなみにイギリスに行っているとされた人は今日の練習試合が行われた稲毛のグラウンドにいたとのこと。結局何が正しいんだか…。マスコミに踊らされただけってこと???

 それはそうとアレックスと巻が復帰したということで,なにはともあれ安心しました。あとは他のメンバーにウィルスが潜伏していないことを願うばかりです。

 そういえば,宙ぶらりんの状態だった馬場がVerdyに移籍したとのこと。やっぱり東京が離れられませんでしたか。まあ,頑張ってください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/08/25

補強ポイントがズレてませんか?

千葉がセルティック水野獲得へ

 彼が帰ってくることに反対するJEFファンはそうそういないと思う。もちろん,『もっとスコットランドで頑張って,大きくなってから帰ってこい!』という思いの人もいるだろう。いずれにせよ,彼の復帰があるならば,それはそれで歓迎したいと思っている。

 ただ,現時点として考えるとちょっと補強ポイントがズレている気がする。水野は基本右サイドのアタッカーだと考えているが,そこはすでに太田を補強している。深井をFWに専念させるならばこの動きもわからないではないが,一時の状況と違い,FWも足りないわけではない。新聞報道が一社だけなので鵜呑みにはできないが,この動きが真実であるならばフロントの真意を測りかねる部分がある。

 補強すべきは前よりもむしろ,後ろのポジションだと思うのだが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/24

インフル騒動はもう治まったと言い切ってよいのか?

 JEFを突如襲ったインフルエンザの猛威ですが,巻は陰性ということでした。ただ,陰性と診断されたアレックスが翌日には陽性に変わったため,未だに予断を許しません。他の選手にも潜伏している可能性はありますし,治まったと言い切ってしまうのは早い気がします。

 それにしても,この高温多湿な夏にインフルエンザが猛威をふるうというのもかなり怖い話です。これまでの常識は常識でなくなりつつありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/23

チームとして『もう一つの敵』と戦うことになるとは

 D1000697

 黄色いサポーターがスタジアムのほぼ半分を埋め尽くしたNACK5スタジアムでのArdija戦は1-1のドロー。お互いに新加入外国人選手が来日初ゴールを決めたゲームであったが,JEFに関して言えばチーム全体としてシュートへの意識が未だに遠いという印象を受けた。

 得点シーンは巻のポストが右サイドの太田にわたり,そこから上げたアーリークロスをニアに走り込んで相手DFと競り勝ったネットが頭で決めたもの。シュートもアシストも新戦力が決めたものであり,これからのJEFが求めていきたい形であったと思う。ただし,全体的なスタッツとしてシュート数6本は少なすぎ。相手の足が止まった後半の時間帯に怒涛の攻めを見せたが,それでもシュートで終わるケースは少なかった。次のF-MARINOSは今回以上にDF陣が強固だ。時間は少ないが江尻監督にはチーム内におけるシュートの意識をどんどん高めていってもらいたい。

 失点シーンについては下村から中後へのパスミスをかっさわられて結果的にカウンターを許してしまったもの。字面だけでは下村だけの責任に見受けられるが,パスミスは出し手だけでなく受け手にもミスがあって起こりえるものだと思っている。これについては別のエントリーで書かせていただきたい。

 悲観的な書き方になってしまったが,それでもGrampus戦よりは闘っていたように思う。あとはとにかく勝ち点3という結果が欲しい。

(今日のアレックス)

 土曜日午前中の練習にはいなかったという情報を得ていたため,メンバー入りしているかと思いきや,インフルエンザに罹患して隔離されたとのこと。アレックスは快方に向かっているとのことだが,昨日のゲームでは巻も発熱していたというし,個人だけではなく,チームとしてももう一つの敵と戦うことになるとは…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/22

明日のArdija戦!@NACK5

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第23節 vs Ardija 予想フォーメーション)
   
7.バイアーノ18.巻
16.谷澤 9.深井
8.中後 10.工藤
31.青木良 2.坂本
15.福元 14.池田
  17.櫛野  

 良いとこなしのGrampus戦から中2日。今回はNACK5でのArdija戦となる。水曜日の不甲斐ない内容と結果により,これまで以上に大事な一戦となってしまった感がある。もうこれ以上無様な姿は見たくない。とにかく相手より多く走る,ゴールが見えたらシュートを打つということを徹底していただきたいものだ。

 このゲームでは前節出場停止だったバイアーノが戻ってくる。彼と巻を組ませると予想しているが,果たしてどうなるか。体調不良で水曜日のゲームを欠場したアレックスやボスナーの状態も気になるところだ。もちろん,水曜日に出場した選手たちのコンディションもある程度回復しているものと期待したい。

 とにかく,この下位チームとの直接対決を落とすと今後がきつくなる。当然,相手も思いは同じ。このゲームは『絶対に勝ちたい』という思いの強さが必要だ。日程的にきついのは覚悟の上。絶対に勝利を奪い取らせるためにも行かれる方は(私も含めて)精いっぱいの応援を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/21

そういえば社名変更

 昨日の負けっぷりのおかげで扱うのが遅くなりましたが,10月1日から社名が『ジェフユナイテッド株式会社』に変更となるそうです。組織が蘇我に集中するため,このタイミングで社名変更すると経費も節約できますしね。

 これまでは『株式会社東日本ジェイアール古河サッカークラブ』という企業名を前面に押し出した名前でしたが,今回はその企業名も外し,本当の意味での自立を目指すのだと思います。その心意気は大いに評価できます。問題はソフト(チーム本体)とハード(設備)がアンバランスな状態にあること。何とかバランスが取れるようにならないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/20

このゲームこそ『キ○○マついてんのか?』と問うべき

 P1010025

 中3日のホーム連戦。誰もが勝ち点3を信じて平日にもかかわらず,万障繰り合わせて駆けつけたはずのGrampus戦は0-2で敗戦。条件は同じはずの相手に走り負け,あげく内容も最悪という残念な結果に終わってしまった。

 このゲームで目立ったのはとにかくミス。誰々って特定するよりもフィールドプレーヤー全員と言い切ってしまっても差支えないだろう。パスの受け手がリスクを冒した動きをしているのに,出し手がそれを全く感じていない(もちろんその逆もあり)ため,結局パスミスになってしまったり,カウンター仕掛けてるのに攻撃が遅滞してしまうことが度々あった。また,これは江尻監督もコメントしていたが,ゴール前までボールを運んで体が前向きになっているのにシュートを打とうとしない。サッカーはシュートを打ってナンボのスポーツ。それができないんじゃ『勝つ気あんのか?』と罵られて当然である。

 この日程が詰まっている時期にこんなゲームされたら失望感に苛まれて当然。次のゲームは中2日で相手はArdija。サポーターは何とか切り替えて応援するしかないが,今回のこの結果で選手は精神的に切り替えられるのか。悩みは尽きない。

 (写真と本文は微妙に関係ありません)

(今日のアレックス)

 相手のじゃなくて,うちのね(^^;)。当日の朝までメンバー入りしていたらしいですが,何やらアクシデントで外れた模様。土曜日も出られるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/18

明日のGrampus戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第22節 vs Grampus 予想フォーメーション)
  18.巻  
  16.谷澤  
5.アレックス 9.深井
8.中後 10.工藤
31.青木良 2.坂本
15.福元 4.ボスナー
  17.櫛野  

 必要最低限の勝ち点1を得た土曜日から中3日。今季唯一のリーグ戦平日開催となるGrampus戦が19日にフクアリで行われる。

 前節の一発退場でネット・バイアーノは出場停止。出場停止は1試合だけなので次は出場可能だが,やはり彼がいないのは少々痛い。2TOPは谷澤と巻になるだろうが前節とフォーメーションが同じだとすれば2人が縦の関係になるだろう。また,相手にはケネディという高さのある選手がいるため,こちらもボスナーが復帰してくるものと予想している。オーストラリア人同士のぶつかり合いも楽しみの一つだ。

 ボランチは下村の存在も当然にしてあるが,今回も中後の展開力と浩平のボールを追い越す動きをもう一回見てみたい。この二人が攻撃に絡むとがぜん面白くなる。もっとも,リスクもたっぷり背負うわけだが。

 Reysol戦で本来はしたくなかった足踏みをしてしまった以上,このゲームはこれまで以上に落とせないゲームとなってしまった。今度こそ,ホームで勝ち点3を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/17

犬の生活更新!

 西部さんの犬の生活更新されました。不利な状況を耐えて勝ち点1を得たということで一定の評価をされているようです。彼がおっしゃっているとおりディフェンスラインもベタ引きでなかったことが,時折見せたカウンターにつながったんだと思います。

 選手もサポーターも最後はグッタリしたゲームでしたが,次のゲームはもうすぐそこに来ています。この連戦を総力戦で臨み,乗り切りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/16

前向きに評価すべきゲーム

 絶対に負けられないゲームとして誰もが臨んだReysol戦は両者ともに決定力に欠けるスコアレスドロー。どちらのチームも残留争いの真っただ中にあったにもかかわらず,チケットは完売。フクアリの雰囲気も手伝って両チームサポーターの熱気も最高潮だったにもかかわらず,レフェリーに水を差された格好となってしまった。

 この日のレフェリーは『して!』で有名なあのお方なので,もう詳しくは語りますまい。終了直後のブーイングがレフェリングに対する評価である,ということであるから。ちなみにネットへのレッドカードのシーンを帰宅後にTVで確認してみたが,相手DFの位置を目で確認したうえで腕を出したら相手に当たってしまったように見えた。本人は故意ではなかったんだろうが,次からの糧にしてほしい。

 さて,結局ゲームの方は一人少ないJEFがムービングを捨ててブロックで守り,機を見てカウンターという戦術に切り替えたことで,守り重視のスタイルになった。結果として相手の攻撃をゼロに抑えたのだから,いうなればミラー前監督のスタイルで結果を出したということになる。つまらない内容と言ってしまえばそれまでだが,順位が下位に位置する相手に形勢不利の状態で勝ち点3を与えなかったということは前向きに評価すべき点だと思う。試合終了後に選手を迎えたゴール裏の反応を見れば一目瞭然だろう。

 それでも点を奪えずに勝ちきれなかったことは素直に悔しい。チャンスが全くなかったわけではないし,惜しいシュートも多々あった。後半の深井のシュートのディフレクションが枠に行ってればなぁ…。まあ,終わったことをいまさら言っても仕方がない。次のゲームは水曜日だ。このゲームには巻も太田も準備万端だろうし,サポーターも昨日以上の応援をしていくほかない。

(昨日のアレックスさん)

 昨年まで在籍したReysol相手にフクアリで去年うちに対して決められたFKを逆にお見舞いしてほしかったが,残念ながらかなわず。

続きを読む "前向きに評価すべきゲーム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/14

明日のReysol戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第21節 vs Reysol 予想フォーメーション)
   
7.バイアーノ16.谷澤
5.アレックス 9.深井
8.中後 10.工藤
31.青木良 2.坂本
15.福元 14.池田
  17.櫛野  

 江尻JEFが初めて迎えるホームゲームはおあつらえ向きの千葉ダービー。ただし,このゲームだけはダービーというお祭り的要素は全くなく,これから先の生き残りをかけた戦いとなる。このゲームに関してはまず,なにはともあれ勝ち点3を積み重ねるということが絶対に必要だ。

 水曜日に行われた明海大学とのTGについては全体的に体が重かったように感じられた。申し訳ないが,このコンディションのまま臨んだら絶対に勝利出来ないだろう。この2日間でどこまで全体的なコンディションを上げることができたかがカギになると思う。

 選手としては巻が出場停止で太田も紳士協定により出場不可。怪我をしていた坂本,下村は復帰を果たしたが出場できるほどに戻っているかどうか。個人的にはバイアーノを軸にして戦っていくものと予想している。

 今回はいつもと違い,30分遅いKICKOFF。それだけ家路に着く時間も遅くなるわけだが,その道のりはJEFの勝利によって意気揚々としていたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/13

すべてがオシム,オシム,ではない

 産経のWEBに江尻新監督に関するコラムがありましたのでご紹介。

【スポーツ群像】「オシム流」で再建目指す J1千葉・江尻篤彦新監督(1)(2)(3)

 内容的には監督就任からキャンプまでの話を一本にまとめたものですが,読みごたえはあると思うのでぜひどうぞ。

 まあ,すべてがオシムの踏襲ではないですからね。現に今日の練習はオシムが絶対にやらなかった『非公開』だったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/12

久々のTG観戦

 D1000673

 秋津で行われた明海大学とのTGを観戦してきました。結果としては2-1で勝利しましたが,前日の2部練習の影響か,一部選手に体のキレがないように見受けられました。また,前回の流通経済大学戦と同様,選手をシャッフルしていたので,この時点でだれがReysol戦の先発になるのか,予想しにくいです。

 90分とおして観戦しましたが,前半は中盤の底からのサイドチェンジを,後半はポストプレーから2列目の飛び出しを重点的に繰り返し行っていたような気がします。課題はやはりフィニッシュに難がある,ことでしょうか。

 前後半での出場選手等については恐れ入りますが,公式の有料サイト等でご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/11

新コーチ就任について思う

菅原大介コーチの就任について

 新体制になってからこれまでフィールドプレーヤーのコーチは間瀬さん一人でしたが,ここにきてようやく追加となりました。前回の五輪で江尻監督と一緒に仕事をされた縁で決まったようですね。相手の分析に長けているようなのでそちらがメインになるものと思われます。

 ちょっと気になることが一つ。江尻さんがこれまで担ってきた兄貴分的存在は誰が受け持つのでしょうか?先入観バリバリですが,コーチが二人とも参謀タイプのようですからね。まあ,精神的支柱として坂本がいますけど彼は現役だしなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/10

スケジュールの出し方まではオシム流でないようです。

 明日から土曜日までのスケジュールが発表になりました。その日の練習終了後でないと次の日のスケジュールが発表にならなかったオシム元監督のやり方までは踏襲していないようです。

 そして,火曜日に2部練やった次の日にTGというのもこれまでにない形。現時点で未定ですが,どこでやるんでしょうか。行ける所なら行きたいな,と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/08

本日でキャンプ終了!

 見学に行くことはかないませんでしたが,本日の練習試合2試合(仙台大学東北学院大学)を以って,まずは無事に終了したようで何よりです。

 スケジュール的には一日休んでまた,姉崎でトレーニングとのことなので我々も徐々に参戦準備を整えないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/06

今回のキャンプレポもしっかりしてます!

 仙台のキャンプも2日目。ここ最近の公式HPにおけるキャンプレポートはしっかりした作りになっているので大変ありがたいです(5日-1)(5日-2)(6日AM-1)(6日AM-2)(6日PM-1)(6日PM-2)。

 仙台行きたいですけど,ある意味病み上がりですし,来週のReysol戦のために今週もおとなしくしてないとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/04

キャンプで後半戦を戦うチームづくりを

 さっそく明日から8日まで宮城県内でキャンプを行うとのことです。オールスターに関係する選手はいないので,けが人以外は全員参加できそうですね。

 戦術もさることながら,後半戦の残りゲームを今いるメンバーで戦えるようにしなければなりません。3日間という短い期間ですが,実りあるキャンプであることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/03

JEF PRESS VOL.61

 D1000672

 5日発行ですが,すでに入っていたのでいただいてきました。新監督が表紙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/01

今日の負けは江尻監督の授業料

 江尻監督の初采配となったAWAYでのJubilo戦は2-3で敗戦。前半で3失点で折り返したときはTVの前で『意地見せろ!』と怒鳴ってしまったが,後半で立て続けに2点を返しただけでなく,最後まで気持ちを前面に見せた猛攻を繰り返していた。最後はJubiloに逃げ切られてしまったが,悔しいながらも面白いゲームを見せてくれたと思う。

 前半の益山については確かにひどかったが,そこは今日怪我で出られなかった坂本あたりにケアしていただこう。あと,バイアーノのボールキープはやっぱり素晴らしい。中断期間中に何とかコンディションを上げて一刻も早くフル出場していただきたいものだ。

 それでも,面白いゲームをしていても結果として負けてしまったわけだから,今日の負けは江尻新監督の授業料と個人的に割り切ろうと思う。中断期間中はミニキャンプを貼るという情報もあるので,大変かと思うが今日以上に戦えるチームを作り上げていただきたい。

 そして最後になりますが,現地参戦されたJEFサポーターの皆さま,お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »