« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/30

決意は伝わった。覚悟はどうだ?

 チームに5人目の丸坊主(外国籍選手除く)が現れました。今度は深井だそうです。この前の試合ではミシェウと同じくらい,最後まで走っていた選手ですが,坊主にしたのは点が取れなかったことが理由だそうです。深井がやるなら全員やらなきゃダメだろ。

 子どもと違い,大人の坊主頭ってのはその行為にいろいろな意味を持ちます。その決意は確かに伝わりました。覚悟は…土曜日にさいスタのピッチの上で見せていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/29

親でいることは非常に難しい

 西部さんの犬の生活が更新されておりました(1)(2)。ゲームの内容についてはまさしくおっしゃるとおりだと思いますが,最後の「サポーターの激励」はちょっと違うかな,と思いました。もちろん,西部さんは記者席から見ているはずなので歌声の方が大きく聞こえたんでしょうけどね。

 この件で西部さんは『サポーターはクラブの親』という表現を使っていますが,支えるのが親の仕事なら叱咤激励も親の仕事。どちらもやり過ぎても逆効果になる可能性がありますからね。この辺のさじ加減が難しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/28

RESERVESは4試合連続ドロー

 D1000752

 東総で行われたRESERVES vs ZELVIAは0-0のスコアレスドロー。相手を0点に抑えたというよりも,相手の決定力不足に助けられた印象が強かった。もっとも,普段CBを担当している充喜がサテライトゲームの方に行ってしまったために不在。代わりを務めたのが山中ということで結果が無失点なら十分な結果だと思う。

 ちょっと問題なのは攻撃陣。TOPと同様にシュートまで持ち込める雰囲気が足りない。前期に勢いづけた金沢と奥山はもういないのだから,残されたメンバーがもっと奮起しないと今後が厳しくなるだろう。

 それにしても,いつも思うことだが,GK大河原の良くコントロールされたキックがTOPチームにほしい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/27

禅問答

 一体何が悪いんですかねぇ…。

 フクアリの黄色い雰囲気をホームアドバンテージと感じ取れない選手たち?

 その選手達に十分な戦術すら与えられない指揮官?

 その指揮官をシーズン途中で選んだフロント?

 そのフロントに怒りすらぶつけず試合後も真摯に応援し続ける黄色いサポーター?

 帰りの電車に揺られながらそんなことを考えていたら堂々巡りで答えが出ませんでした。結局,今のJEFはそういう負のスパイラルに陥っている状態なんだと思います。これを変えられる要素となるのは,それぞれのいい意味での開き直りと後先考えずに一戦一戦戦い抜くこと。もう悩んでる余裕なんかないんですよ。

 それに,まだ何も決まったわけじゃありません。ぶっちゃけ,残り7試合全勝すれば問題ないんです。もちろん難しいタスクであるということは承知してます。可能性がある限り,戦っていくしかないんです。

 もっとも,こんなことを書いておきながらフクアリでは凹んでました。でも,いつまでも下を向いていても何も解決しません。そういう意味で,今回は自分への戒めの意味も含めてこの文章を書きました。ご容赦ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/25

明日のMontedio戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第27節 vs Montedio 予想フォーメーション)
  7.バイアーノ  
  19.ミシェウ  
16.谷澤 9.深井
8.中後 10.工藤
31.青木良 2.坂本
4.ボスナー 15.福元
  1.岡本  

 明日のゲームはもはや使い古された言葉だが『絶対に負けられない戦い』である。これで負けてもすべてが終わるわけではないが,蹴落とさなければならない相手に蹴落とされるようであれば雰囲気も変わってしまう。とにかく90分間,最後まで戦い抜き,ホームで勝ち点3を手にしたい。

 フクアリがホームの雰囲気になっていないという論調もいくつかあるようだが,人の振り見て我が振り直せ,である。自らが一生懸命やっていれば自ずと周りもついてくる。雰囲気作りはまず自分から。選手が頑張るならサポーターも頑張るべきだ。ましてやMontedioはフクアリ初参戦。自らの声で圧倒してやるくらいの気持ちで臨むべきだ。

 チームも今日になって新しい団結策を打ち出した。ここが一番大事な時。絶対に勝ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/23

『Thanks!! フットパーク姉崎』市原感謝祭に行ってきました!

 D1000740

 詳細はここで語るより,公式サイトのレポート(1)(2)の方がいいと思うので,そちらをじっくりお読みください。いや,しかしTOPチームがあんな状況ながらも『参加して良かった』と思えるイベントでした。

 上の写真はイベント開始前のモオノキ。それが閉店セレモニー時にはこんな感じになりました。

 D1000730

 まさに黒山の人だかりですよ!感動的でした。最後は社長と店長さんのカウントダウンによりシャッターが下ろされ,イベントは終了しました。

 D1000729

 今後は蘇我の練習場で新しい歴史が始まります。姉崎での日々に感謝し,これからも共に歩んでいきましょう。

続きを読む "『Thanks!! フットパーク姉崎』市原感謝祭に行ってきました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/22

三木ハウスa.k.a.モオノキの行方

 クラブハウスの蘇我移転に伴い,共連れで姉崎公園にあったオフィシャルショップも移転することになります。蘇我の場合はクラブハウス一体型のため,これまでのオフィシャルショップの処遇が決まっていませんでしたが,このたび公開オークションにかけられることになりました。うちのフロントもジョークがキツくなったなぁ(^^;)

 資金がないJEFの象徴とも言われた日本一小さいオフィシャルショップも明日でその役目を終えることになります。かつてはこんな賑わいをみせていたこともあったんですがねぇ。

 ちなみに私事ですが,新築した家の庭のスペースが家庭菜園やら親父の道楽小屋などですべて消されているため,このオークションには参加できませんことをここに宣言しておきますwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/21

突き放されても追いついたことについては評価したい

 20090920152636

 どうしても勝ち点3が欲しかったAWAYでのVISSEL戦は2-2のドロー。2度突き放されても追いついたことについては素直に評価したい。

 ただ,同じ選手に2度もミドルレンジからフリーでシュートを打たせてしまったことについては猛省すべき。朴には今年,フクアリでもやられているのだから,そのケアができていなかったのは問題だ。うちはあまりミドルレンジから打つイメージはないが,他のチームは狙っている。常に意識していないと弱みとして付け込まれてしまう。このあたりは練習から意識付けしていかないと身につくものではないが・・・。

 このゲームが終了して残り8試合,厳しいのは覚悟のうえ。3バックへのシフトチェンジを含め,江尻監督のやりたいサッカーは出来つつあると思っている。怪我がちだったミシェウも90分プレーできるようになり,戦力も整いつつある。あとは結果だけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/19

明日のVISSEL戦!@ホムスタ神戸

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第26節 vs VISSEL 予想フォーメーション)
   
7.バイアーノ18.巻
16.谷澤 9.深井
8.中後 10.工藤
31.青木良 2.坂本
4.ボスナー 14.池田
  17.櫛野  

 残りあと9試合。これからは目の前の敵から勝ち点3を奪うことだけ。負けたら終わりのトーナメントのような気持ちでゲームに臨むことが必要だ。それはチームだけではなくサポーターも同じこと。この大事な時期に嫌な報道も聞こえてきたが,そのことは考えず,目の前の90分間に集中だ。

 アレックスの怪我が長引いている以外は全員が試合出場できる状態らしいので,その点に不安はない。あとはメンタルの問題。今節はすべての結果が分かった上でKICKOFFとなるからいい意味で開き直れればいい結果に結びつくと思っているのだが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/18

秋津に行ってきました

 D1000713

 とは言うものの,仕事の関係で1本目は観戦できず,2本目の途中から観戦。それぞれTOPが90分ずつやるのかと思いきや,2本目は1本目に出場しなかった益山や金沢,RESERVES出向組4名ならびにU-18メンバーで混成。全体的にボーっと見てましたが,益山はやっぱりボランチで使うべき選手だと改めて実感。

 ちなみに1本目を観戦した人から話を聞いたところによると,日曜日が大いに心配だそうです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/17

そういえば今週末のゲームは

 全チームの結果がわかった状況でKICKOFFとなるんですね。 

 たぶん,ピッチに立つ選手には情報として入れないんでしょうけど,監督やスタッフにはそれを念頭に置いたうえで戦っていただきたいものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/16

Jリーグのいろんな動きをひとまとめ

 『今季最高のゲーム』と賞されながらも大雨によりFrontaleリードのまま中止裁定されてしまったAntlers vs Frontaleはその中断時点から10月7日に再開という結果に。ノーカウントで最初からやり直す,ということよりは両者にとっても良い判断だと思います。

 NABISCO CUP予選リーグで『最強チームによる試合参加』を怠ったSANFRECCEに1000万円の罰金。リーグとチーム双方にルール解釈に対する齟齬があったようでリーグ側もチェアマンを筆頭に懲戒処分者がいるようですが,そもそも管理する側も理解できてないルールなんぞ作るなと言いたいです。

 2008年度における経営情報が開示されました。JEFは経常利益が全チーム中TOPだそうです。企業として健全だということは証明されておりますが,チームの損失もなるべく抑えてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/15

東総に行って思ったこと

 いや,遠いなぁってことでなくてねw

 俺がリザをホームゲームだけでも都合付けて見に行っている理由は,TOPから出向している4人の成長度合いをこの目で確かめたいってことからなんですよ。元々RESERVESは『TOPへの選手供給』が主目的ですからね。

 今回は出向組4人中,3人が先発(山中は出停)だったんですが,ミツキはともかく,乾と高田はあまり成長してないなぁ,と感じてしまったわけですよ。たぶん2人とも今のままなら来年もTOPに上がれないんじゃないかと(ミツキのCBはだんだんと板についてきたと思いますが,それがTOPで通用するかはまた別問題)。

 これは杞憂であってほしいんですが,JFLの環境で育ててもJFLクラスの選手にしかならないんじゃないかと思ってしまうわけです。その色に染まってしまって本来のハングリーさが失われてしまっているんじゃないかと。本来チームが考えているスタイルとは逆になっているように感じました。

 やっぱりTOPで獲った選手はTOPチームで育てるってのが基本ですね。その環境に置かないとそのレベルに成長しませんわ,と東総行って思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/14

東総でRESERVESとLadiesを観戦

 D1000711

 東総の地で行われたRESERVESとLadiesのダブルヘッダーはそれぞれ1-1,0-7という結果に終わりました。強い日差しの影響もあったのか,両チームともフィニッシュの精度に欠ける内容でありました。

 RESERVESの方は前半,あまり内容が良くなかったのですが,強い日差しを背に受けた後半はボールも人も動いていたように思います。ただ,相手にワンチャンスを決められてしまった影響か,焦ってミスにつながっていました。何とか同点に追いついたので逆転も期待したのですが,最後まで決めきれずにそのままTIME UP。出向組では乾がボールを持った時の独りよがりぶりが気になりました。今のままでは来年もTOPに上がれるかどうか難しいと思います。

 Ladiesに関しては相手がBelezaということもあったので苦戦は予想していましたが,これほどとは…。ちょっと前まで女子世界最高峰のリーグで戦っていた澤が東総でプレーしているという絵が試合前まで想像つきませんでしたが,実際見たらやっぱり次元が違いました。もっとも,次元が違うのは彼女一人だけじゃありませんが…。

 というわけで厳しいのはTOPだけじゃなかった,ということですが,U-18は高円宮杯の予選リーグ2連勝で決勝トーナメント進出決定だそうで,おめでとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/13

チームとしての迷いが本当になければいいのだが

 D1000709

 ゴール裏に『一部死守』の横断幕のみを掲示して臨んだAlbirex戦は0-1で敗戦。残り10試合で5勝しても残留ラインぎりぎりなのだが,結果としてさらに自分たちの首をさらに絞める結果となってしまった。

 やっているサッカー自体は悪くないと思うし,失点もセットプレーから。前半の早い段階だったので切り替えることは出来たはずだが,それ以降,なぜか工夫のないプレーに終始してしまった。ただ,監督の言うとおり『ゴールに向かうところまで形ができ始めている』というコメントには同意する。実際,ここからが大変なのは承知しているが,時間も待ってくれない。ここについてはひたすらトレーニングしていくしかないだろう。

 ただ,采配については疑問が残る。後半15分過ぎにネット・バイアーノに変えてミシェウを投入したが,これは少々早すぎたんじゃないだろうか。監督はコンディションの問題であることをコメントしているが,見ていた限りではまだ余力を残していたように見えた。もちろん,我々の図り知らぬ部分もあるので一概には言えないが,交代時にベンチではなく,まっすぐ控室に戻ろうとした彼の姿を見て,納得いってない様子が窺い知れた。その後,5分ほどゼロトップの状態で巻投入…だったら,ミシェウと同じタイミングで投入でも良かったのではと思えてしまった。このあたりは新人監督としての迷いが垣間見えてしまったように見えた。それが杞憂であればよいのだが…。

 もちろん,この時点で迷われても困る。残り9試合の半分以上を勝利しなければならないという厳しいタスクに変わりはない。チームとして今後,毎試合が背水の陣として臨まなければならない。それはJEFを応援する我々とて一緒であると思う。後ろを見ている余裕も暇もない。とにかく,前だけ向いて最後まで戦いましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/12

明日のAlbirex戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J1リーグ第25節 vs Albirex 予想フォーメーション)
   
7.バイアーノ18.巻
16.谷澤 9.深井
8.中後 10.工藤
5.アレックス 2.坂本
4.ボスナー 14.池田
  17.櫛野  

 代表戦による中断期間も終了し,いよいよリーグ戦が再開される。今回を含めて残り試合は10試合となった。条件は厳しいが,一戦必勝で戦っていくしかない。

 この中断の間,離脱していた選手も戻ってきた。特にアレックスの復帰は心強い限り。水曜日のTGでは左サイドバックに入っていたとのことなので,頭から来ることも予想される。谷澤を含めて左が攻撃的になるとだいぶ面白くなると思われるが,果たしてどうなるか。

 いずれにせよ,残留争いに残っていくためには勝利が絶対条件。もはや取りこぼしは許されない。チームもサポーターも一丸となって戦おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/10

意外と酷かったのね

 Ardija戦に帯同しながらも,怪我により突然の欠場となった福元。当初は軽いけがと言われていたものの,実は肉離れだったということでした。この前のTGで復活しましたが,実質は45分しか出ていないということもあり,12日も先発から出ることは難しいのでは言われていますが,どうなるでしょうか。

 あとはチームからもリリースがいくつか。REDS戦はチケットもう買っちゃったので自力で行きます。そしてHUB千葉富士見町店がアシストスポンサーに。あのあたりは詳しいので『あったっけ?』なんて思いましたが,10月1日オープンだそうで。平日でも立ち寄りそうな勢いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/09

本日の代表戦と聞きかじりレベルのTG

 本日のTGについてはひとつ前のエントリーで書いたとおり,行けませんでした。行かれた方に聞いたところ,前半はいま一つ,後半は悪くない出来,ということでしたが,さて土曜日はどうなることやら。

 代表戦については会社のメンバーとボウリング場にいたんですが,0-2まで確認して『こりゃ無理だ』と思って飲みに行き,お開き後にケータイで結果確認したら『どんな祭りだよ』って感じでしたwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/08

明日のTG

 時間と場所さえ合えば行こうと思っていたのですが,さすがに16時に臨海というのはちょっとキツイなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/07

12日はKappaサンクス・マッチデー

Kappaサンクス・マッチデーのイベント詳細について

 12日はKappaさまのマッチデーということで抽選会もあるし,お楽しみ袋の発売もあります。久しぶりに買おうかな,と思ったら…

◇お楽しみ袋(ジェフィセット) 30,000円(税込) 50個 【数量限定】

◇お楽しみ袋(ユニティセット) 10,000円(税込) 10個 【数量限定】

 値段が安い方が数が少ないってのも珍しいですなぁ。2008年の練習試合用モデルのゲームシャツってひょっとしてこれ???だとしたら,ちょっと欲しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/05

アピールの場でビビったらあきません

江尻監督怒号に千葉イレブンビビった

 いくらRESERVESのメンバーをミックスしているとはいえ,格下の相手にいい勝負していてはちょっと行く末が心配になってきます。TGを見た人から聞いたところによるとこの前の秋津のような感じだったとのこと。

 せっかくのアピールの場なんですから,ガンガン行ってほしいんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/03

なんてことをしてくれんだよ(怒)

アウェイ大宮アルディージャ戦におけるサポータートラブルについて

 まずは大宮アルディージャならびに大宮アルディージャサポーターの皆さまにJEFの一サポーターとしてお詫び申し上げる次第でございます。

 当日は私も足を運ばせていただきましたが,ホームチームのご尽力により,ホーム側コンコースを我々にも開放していただきました。そのおかげでホーム側でしか味わえないグルメも堪能させていただき,その点については感謝してもしきれないものでございました。

 今回の件はその恩をあだで返すような行為であり,非常に申し訳ないという気持ちでいっぱいです。

 たった一人の軽率な行動が,結果としてそこにかかわるすべての人に多大なる迷惑をかけることになる,ということを肝に銘じていきたいと思います。同様に,これを読まれたJEFサポーターの皆さまもフェアな行動をよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/02

これからは複数年契約が主流となっていくんだろう

Jリーグ移籍金撤廃で「育成費」新導入

 今オフからJリーグ独自のルールであった『移籍金制度』が撤廃され,選手が契約延長をしない場合は移籍金なしで自由に移籍できるようになります。上のリンクにある『育成費』は若年層選手の移籍に対して,一定の金額を支払うというもの。以前,JEFから水野がCELTICに移籍する際に支払われたという話は皆さんも覚えがあると思います。

 これまでは若年層の選手が移籍する際は億単位の金額が動いていましたが,これからは最高でも4,800万ということになります。もちろん,3年以上在籍すれば育成費もなくなるわけですから,これからはどんな選手でも複数年契約が主流となっていくでしょう。契約期間途中で移籍となった場合は『違約金』を請求できますからね。

 こうなると資金力のあるチームと無いチームとの間で格差が出てきますが,欧州ではこれが当たり前のこと。今後の動向次第ですが,JEFもチームとして頑張っていかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/01

引退して久しい立石さんが残していた記録と記憶

 昨年を以って惜しまれつつ引退され,現在はクラブのスタッフとして裏方に回ってしまった立石さん。裏方といっても試合後にサポーターに囲まれてしまってサインやら写真やらをせがまれてしまっている光景をいまだに目にします。

 そんな彼が残した記録と言えばナビスコカップMVPとあの遠藤のPKを2度止めたこと。そしてもう一つが『ベンチ入りしながら試合に出場しなかった試合数歴代1位』。現在,Antlersの第2GKである小沢選手がその記録に近づこうとしているそうです。

 この記録,正直言って素晴らしいと言えるものではありません。ただし,裏を返せばそれだけ長い間信頼されていた証であるのです。フィールドプレーヤーと違い,GKは一人しか出場できないポジション。それでも試合中の怪我や退場などで急遽出場する可能性があるため,準備は怠れません。第2GKはその不測の事態のために常に準備をしているわけです。

 立石さんは下川,櫛野,岡本らのバックアップとして黙々と準備していました。そして彼らが怪我をしたりすると代わりに出場して遜色ないプレーを披露。いつしか,我々に安心感を与えるGKとなっていました。

 今の櫛野と岡本はどちらかというと『攻めるGK』という印象が強いです。それでもそろそろ立石さんが身につけていた「安心感」をそれぞれが醸し出せるようになってくれれば良いな,と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »