« 頑張っても頑張ってもわがチーム楽にならず,じっと手を見る | トップページ | これからは複数年契約が主流となっていくんだろう »

2009/09/01

引退して久しい立石さんが残していた記録と記憶

 昨年を以って惜しまれつつ引退され,現在はクラブのスタッフとして裏方に回ってしまった立石さん。裏方といっても試合後にサポーターに囲まれてしまってサインやら写真やらをせがまれてしまっている光景をいまだに目にします。

 そんな彼が残した記録と言えばナビスコカップMVPとあの遠藤のPKを2度止めたこと。そしてもう一つが『ベンチ入りしながら試合に出場しなかった試合数歴代1位』。現在,Antlersの第2GKである小沢選手がその記録に近づこうとしているそうです。

 この記録,正直言って素晴らしいと言えるものではありません。ただし,裏を返せばそれだけ長い間信頼されていた証であるのです。フィールドプレーヤーと違い,GKは一人しか出場できないポジション。それでも試合中の怪我や退場などで急遽出場する可能性があるため,準備は怠れません。第2GKはその不測の事態のために常に準備をしているわけです。

 立石さんは下川,櫛野,岡本らのバックアップとして黙々と準備していました。そして彼らが怪我をしたりすると代わりに出場して遜色ないプレーを披露。いつしか,我々に安心感を与えるGKとなっていました。

 今の櫛野と岡本はどちらかというと『攻めるGK』という印象が強いです。それでもそろそろ立石さんが身につけていた「安心感」をそれぞれが醸し出せるようになってくれれば良いな,と思っています。

|

« 頑張っても頑張ってもわがチーム楽にならず,じっと手を見る | トップページ | これからは複数年契約が主流となっていくんだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/46084904

この記事へのトラックバック一覧です: 引退して久しい立石さんが残していた記録と記憶:

« 頑張っても頑張ってもわがチーム楽にならず,じっと手を見る | トップページ | これからは複数年契約が主流となっていくんだろう »