« 明日のREDS戦!@さいスタ | トップページ | 姉崎での練習最終日 »

2009/10/03

諦めるにゃあ,まだ早い

 もはや一敗も許されない状況で臨んだREDS戦は先制むなしく1-3で敗戦。サッカーは90分トータルでやるスポーツであるということを再認識させられたゲームだった。

 前半はカウンターもさえていた。深井のゴールが決まった場面はまさにそれがはまった感じ。直後に阿部にFKを叩き込まれたが,あの位置であの距離は彼のもっとも得意とする形。新人のころから彼の練習台としてゴールマウスに立っていた岡本もわかってはいたが止められなかった。これはもう,蹴ったほうが上手いというほかない。

 ただ,それ以外でのREDSのプレーはとても上位に位置するチームではなかった。付け入る隙はかなりあったが,JEFの今季未消化の課題であるラストパスの精度がこの日も悪く,得点機会をだいぶ逃していた。巻のヘッドがバーを叩く不運もあり,前半は1-1で終了。

 後半,REDSが存在感の薄かった梅崎に代わり,田中達を投入すると状況が一変。JEFのゴール前はピンチの連続となった。それでも岡本が必死にゴールマウスを守り,この日は攻守に効いていた青木がすんでのところでゴール前からボールをかき出すなど守備陣が奮闘。あとは得点機会を作り出すだけだったが,怪我明けのミシェウ,ウォーミングアップ前に怪我した深井をそれぞれ下げると,運動量の低下も重なって攻守のバランスが一気に悪くなった。この影響もあって,結果として連続失点。反撃も単発で効果なく,そのまま試合終了となった。

 『前半は良かった(悪かった)のに,後半は全く逆のチームになった』。サッカーではよくある話である。この日のJEFは前者,REDSは後者だったわけだが,良かった時間帯に追加点を上げられなかったことと,チームが本来望んでいなかった交代が直接の敗因だろう。

 さて,ご存知のとおり,Jリーグはこれで残り6試合。いよいよ後がなくなったということになる。幾多の困難を乗り越えてきたJEFサポーターでも今年の状況は去年以上に苦しい,ということはすでにお分かりだと思う。ただし,まだ『苦しい』というだけでまだ何も決まっていない。どっちに転んでも雌雄が決するその日まで,諦めずに立ち向かっていくしかない。

|

« 明日のREDS戦!@さいスタ | トップページ | 姉崎での練習最終日 »

コメント

PACQUEさん
もう修行のような日々です。

阿部がFKの位置に立ったとき
私も TGが終わったときなど 遅くまで練習していたことを思い出しました。
そのときグッピーが大抵のFKを取れなくて「とれないよぉ!」と大声出していたことまで。
そこで 私は「ぐっぴー!!!でっかくなったとこ見せてやれぇぇぇ!」と思いましたけども
やっぱ 阿部くんは上手でした…。

投稿: かぴたん | 2009/10/03 23:56

>かぴたんさま

 正直しんどいですが,前見ていくしかないですね。

 岡本ですが,ボールが手に触れていたように見えました。言い換えれば,あとちょっとにまで成長したという証しでもあるかと。

投稿: PACQUE@管理人 | 2009/10/04 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/46385279

この記事へのトラックバック一覧です: 諦めるにゃあ,まだ早い:

« 明日のREDS戦!@さいスタ | トップページ | 姉崎での練習最終日 »