« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/31

今年もJEF列車で行こう!…と言ってみたい

 昨年行われた,電車で行くAWAY応援ツアーが今年もTOCHIGI SC戦を皮切りに行われるそうです。一度乗ってみたいんですけどね…。AWAYの場合,いろいろ開場前から準備しなきゃいけないことがあるので,この電車では行けないのですよ。

 今回は自分の車で行くことになりそうです…。ま,それはそれで楽しいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/29

vs THESPA 感想戦

 前節のVORTIS戦から岡本,米倉,深井,巻を外し,櫛野,渡邊,倉田,ネットを入れ替えて臨んだTHESPA戦。結論から言うと内容としては前節までとあまり変わり映えがしなかった。

 ただ,フクアリで見ていたときは寒いと感じた内容もTVで再確認したところ,中盤でのパスワークが良く,それほどつまらなさを感じなかった。TVと現場では視点が違う,というところもあるのだが,それでもつまらないと感じてしまったのはやはりゴール前での展開が乏しい,というのも影響しているのだろう。前にも書いたがサッカーはパスを通すことでポイントを稼ぐゲームではない。シュートを打って相手のゴールにボールを入れることで得点が入るゲームだ。

 その意味で今回の3TOPはシュート意識が揃って高そうなものの,引いた相手を崩してシュートに持っていくという点が足らなかったと思う。特にネットはシュートを多く放ってはいたが無理な体勢でのシュートが多く,相手の脅威になっていたとは思えなかった。

 前半は0-0で終了したが,互いに枠内のシュートが無かったように思う。THESPAの攻撃もメンバーを入れ替えている影響か,雑な部分が多かった。

 後半もJEFのボールポゼッションの時間が長かったが,ゴールを奪うまでに至っていなかった。そうなると重要となってくるのはセットプレーである。そのセットプレーで先制点をTHESPAに奪われてしまった。広山の蹴ったボールが櫛野の出にくいところへ飛び,そこになぜかどフリーの戸田。マークの確認を完全に怠っていたのではないかと疑いたくなるほどの場面であった。こういうところはDVDが擦り切れるくらい再生して徹底的に修正してほしいところだ。

 この先制点を機にゲームが動く。JEFはすでに投入していた太田を右,今季初出場の青木孝太を左,さらには巻を投入して4-4-2の体制に切り替えた。終盤は完全にポゼッションではなく,スクランブルのパワープレーに出たのだ。

 こうなると前に高い二人がいることが効いてくる。実際,孝太の同点弾は坂本のロングフィードを巻,ネットと頭で繋げて,左サイドをトップスピードで走ってきた孝太に渡したもの。これを詰まりながらも孝太が左足で決めた。出場機会が無くてもTGで得点を重ねて監督にアピールし続け,与えられたチャンスを見事にものにしたのだ。このタイミングで出場機会に飢えた選手を使った江尻監督の采配も評価したい。

 同点になったことで勢いがつき,終盤はさらに前掛かりになる。カウンターを何度かくらったものの,DFラインがなんとか耐えしのぎ,ロスタイムへ。ゴール正面で得たFKをアレックスが蹴り,ボールがディフレクションしてゴールネットに吸い込まれた。ここ最近,お目にかかれなかったロスタイムでの大逆転ゴールで寒かったフクアリも何とか熱さを取り戻した。

 勝つには勝ったが,勝利の余韻よりも内容の悪さのほうに頭が行ってしまう。4-3-3は今年,J1の数チームでも採用しているシステムだが,今のJEF に果たして合っているのかと問われると『Yes』とはとても言い難い。だからと言って4-4-2だと昨年のようなロングボール主体のサッカーになってしま いそうで,それはそれで面白さは半減するだろう。理想と現実のはざまに我々は立っている。個人的に4-4-2は劣勢時のオプションでいいとは思っている が…。

 次はGIRAVANZ戦。土曜日に行われたHOLLYHOCKとのゲームをスカパーで観戦したが,守備力の相当高いチームとお見受けした。今のままでは次回もかなり苦戦するだろう。JFLから上がってきたチームだからといって,楽観視していたら痛い目にあう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/03/28

意地でつかんだ勝ち点3!

 P1010088

 昇格争いに食らいついていくためにも勝ち点3が必要だったTHESPA戦は2-1で勝利。セットプレーから戸田に先制されるも,ここまで出場機会のなかった青木孝太が途中出場から同点弾を叩き込み,さらにロスタイムでアレックスの直接FKが相手DFに当たってコースが変わり,それがゴールマウスに吸い込まれるという逆転劇だった。

 内容を言わせていただくと確かに悪い。特に前半での引いた相手に攻めあぐねているような姿は未だに解消されていない。というか,今年一年,この姿はよほどのことがない限り変わらないだろう。変わらないのなら一生懸命走って,愚直に戦っていくしかない。今日の勝利はまさに『愚直』という言葉が似合うゲームであった。青木孝太が愚直に結果を追い求めてゴールを決めたのはまさにその象徴だろう。

 奇麗なサッカーして勝つのは究極の理想だが,理想を追いすぎて結果がついて来ないというのも良くない。ゴール裏に貼られた横断幕じゃないが,欲しいのは何よりも勝利,そして勝ち点3である。このゲームで意地でつかんだ勝ち点3,この結果を忘れずに今後も戦ってほしい。

続きを読む "意地でつかんだ勝ち点3!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/03/27

明日のTHESPA戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第4節 vs THESPA 予想フォーメーション)
  18.巻  
14.倉田 22.米倉
7.佐藤勇 10.工藤
  6.山口  
3.アレックス 2.坂本
5.ミリガン 15.福元
  1.岡本  

 J2の厳しさを痛感させられたVORTIS戦から一週間。今回はフクアリでのTHESPA戦である。3試合終わって勝ち点4という現実をチームとして受け入れてメンバーに変化をつけるのか,そうでないのかを見極めていく大事な戦いとなる。前節は『勝った試合のメンバーはいじらない』というセオリーに沿って戦った。初黒星を喫した次の試合でどのようなメンバーで臨むのかがカギとなろう。

 とにかく,前節での負けはホームで取り返す,という気持ちが必要である。そのためにはシュートへの意識とプレッシャーをはねのける強い意志が必要だ。シュートの意識は選手個人の問題だが,プレッシャーをはねのけるためには黄色いフクアリでの後押しが必要だと思う。そのためにもチームとサポーターが一丸となって頑張らねばならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/25

大量点が取れている時間帯が気になる

 本日行われた流通経済大学とのTGは7-1とのこと。45分×3本で行われているが,内容ならびに出場選手の表記がないため,どの時間帯にどれだけの点が入っているのかはわからない。相手が疲れてくる後半でなく,がっちり守りを固めているであろう前半に点が多く入っているようならいいのだが…。

 THESPA戦もこれまでと同様の戦い方になると思われる。そんな中で自分たちのサッカーを貫くためにはどうしたらいいのかをチームとして考えることが必要だと思う。日曜日はそれがピッチで見られるのか,注目したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/22

vs VORTIS 感想戦

 いつもこの感想戦を書く際はスカパー!で録画したものを観たうえで書いているのですが,今回は諸事情により,観る事ができません(理由は横にあるtwitterのつぶやきを追っていただければわかると思いますが)。よって今回は現場で感じた感想のみを書かせていただきます。

 今回のゲームに入る前,私なりのキーポイントとして坂本と柿谷のマッチアップが勝負の鍵を握ると読んでました。実はこれをプレビューに書くのをすっかり忘れていたので今更ながらの後出しになってしまったわけですが・・・。

 そのため,前半開始早々に坂本が柿谷にあっさり抜かれたのを見て『コリャヤバイ』と思ってしまいました。結果的に失点の原因にはなっていませんでしたが,試合において主導権を握れなかった一つの要因であると思っています。

 そして今回,早くも現れてしまったミリガンと茶野の連係不足。1失点目は互いにロングボールに対してかぶってしまったのがそもそもの原因であり,このあたりはベテランの茶野が声掛けするなりしてコントロールすべきだったのにそれを怠ってしまっていたように見えました。

 オフェンスについてもこれまでの改善は見られませんでした。相手の守備を崩して打ったシュートは前半の巻がバーをたたいたヘディングシュートだけ。ゴール前でパスの出しどころを探しているようでは点も入りません。

 江尻監督も試合後のコメントで言っているとおり,『全員が悪かった』という試合でした。個人的にはこの試合が今年一番悪い内容であった,というシーズンでありたいです。そういう意味ではこの早い時期にこの結果を突きつけられたことで意識が変わってくるのではないかと思っています。というか,変わってくれないといい加減困ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/21

黄砂に吹かれても黄色のサッカーは吹かぬまま

 20100321122750

 昨日からの強風の影響で黄砂が舞った鳴門大塚でのVORTIS戦は1-3でふがいなく敗戦。風の影響や慣れないピッチでのゲームとはいえ,攻守ともに精彩を欠いたゲームであった。

 これまでの3試合を通じて,全体的な結果はもちろん,内容も悪いということが如実に現れている。かつて2003年シーズンにあった,4試合目で若手にチェンジしたような刺激的な采配も必要となってくるだろう。アンタッチャブルな存在はもはや今のJEFにあってはならない。

 私は昨日中に徳島にたどり着いたものの,全国的な強風の影響で当日移動をあきらめてしまった方も多数いる。不利な状況下でも何とか徳島までたどり着いた方も知っている。それでふがいない戦いをされたんじゃ,たとえ好きでやっているといっても,とてもじゃないがやってられない。次のホームゲームでは今までを吹き飛ばすような戦いを期待する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/20

明日のVORTIS戦!@鳴門大塚

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第3節 vs VORTIS 予想フォーメーション)
  18.巻  
9.深井 22.米倉
7.佐藤勇 10.工藤
  6.山口  
3.アレックス 2.坂本
5.ミリガン 33.茶野
  1.岡本  

 米倉の2ゴールで勝利したSagan戦から1週間。今週は徳島でVORTIS戦が行われる。大塚製薬時代に天皇杯での対戦経験はあるが,プロチームとしてはこれが初となる。

 前節の勝利でチームとしては安心できたと思うが,今年チームが狙うのはJ1復帰。スタートの3試合を勝ち点7で終えるか,4で終えるかは今後を戦ううえでも精神的に違ってくる。オフェンスに名前の知られた選手が多数いるが,ぜひとも抑えて勝利をもぎ取りたいところだ。

 予想メンバーは前節のスタメンと一緒。『勝ったチームはいじらない』のが鉄則だと思う。若手の台頭はもちろんだが,そろそろ,巻のゴールも見させてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/19

島津虎史,盛岡の虎へ

 昨年を持って契約満了となった選手の中で唯一未定だった島津ですが,東北社会人サッカーリーグ所属のグルージャ盛岡への移籍が決定しました。これで全選手の行き先が決まったことになります。

 昨年の初めにGKが手薄になり,急きょ獲得したという背景もありますが,blogで見せるおもろい一面は一服の清涼剤という感じでもありました。JEFにはいないタイプのキャラクターでしたが,最後まで出場機会なく終わってしまったのは残念でありました。新しい環境で頑張っていただきたいものです。

 ところで,今のグルージャの監督ってかつてJEFで主力としてプレーしていた吉田暢なんですね。懐かしい名前が出てきたので取り上げてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/18

HUBとJEFのコラボイベント

 D1000866

 昨日はHUB千葉富士見店で行われたHUBとJEFのコラボイベントに行ってきました。ホームゲームの試合をTVで見ながらJEFのフロント,スタッフの方の解説を聞き,質問もできるというイベントでした。初回であったために参加者が少なかったですが,その分,いい話も聞けました。普段はソーセージをひたすら炒めている喜作の中の人もいらしていましたので,ピーナツソフトの仕入れ量を増やすようにお願いしておきました(^^;)。

 このイベントは今回だけでなく,ホームゲーム開催日の翌週水曜日に定期的に行っていくそうです。次回は31日だそうですので,お近くの方はぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/17

ALL YOU NEED IS FOOTBALL

 D1000865

 今日のエルゴラの開幕特集でメイン側に現れた『ALL YOU NEED IS FOOTBALL』の看板について触れられていました。フクアリの広告が年を重ねるごとに減っていくさまはフクアリに通い続けた皆さまならおわかりかと思いますが,景気の影響とはいえ寂しいものがあります。

 JEFだけではなく,フクアリという場を作ってくれた千葉市にも感謝の意をこめてこのバナーは設置されました。私もその趣旨に賛同している一人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/16

vs Sagan 感想戦

 さて,勝利から一晩以上たちましたので,冷静になって感想戦を始めさせていただきます。

 まずは前半の入りかた。ここはもうハッキリ言って先週のROASSO戦から何も変わらずでした。ブロックを作って守りから入る相手に対して,効果的な崩しができずにたまらずにDFラインから長いボールを蹴って相手に取られてしまい,長身FW2枚に向けて逆に蹴られてしまい,カウンターを仕掛けられてしまうという光景が何度もありました。

 このやり方だと巻に過度な期待をしてしまうことになりますが,彼にめがけて蹴られた場合は必ず相手DFが複数つくようになっていました。ここまで徹底されると何もできません。いわば相手の術中に嵌ってしまっていたのが前半のゲームでした(もっとも,巻は巻で人のいないところにパス出したり,無意味なおしゃれヒールしてみたりと前半は散々でしたが)。

 そんな停滞感を吹き飛ばしたのが,米倉でした。前半から彼がチームの中で一番,シュートを意識していたようなプレーを見せていましたが,そんな強い思いが結実したのがリーグ初ゴールとなった先制点だと思います。この先制点,そしてその2分後にまた米倉が決めた追加点でチームとして楽になり,その後の戦いを優位に進めました。

 そんな米倉も走り回った影響か,後半25分過ぎると足が止まるようになり,30分には太田と交代しました。これからの彼に求めたいのはこのパフォーマンスを90分持たせられるスタミナでしょう。もし,そうなったら鬼に金棒だと思いますが。

 そしてその米倉に刺激されてか,その後も深井や工藤がシュートを連発。前半はひどかった巻も後半の時間がたつにつれて攻守に躍動していました。最後は押され気味の展開となりましたが,初先発のミリガンや茶野が相手の要所を押さえてゴールを許さず,無失点で終了。7年ぶりとなるホーム開幕勝利を手にしました。

 ちょっと気になったのは前節ゴールを挙げた倉田をこのゲームでは全く使わなかったこと。江尻監督のゲーム後のコメントだと,彼にはジョーカー的な役割を期待しているようです。だとすると,昨日はジョーカーを使うような展開ではなかったので,あえてもったいぶったのでしょう。今後,倉田というカードをどうやって切っていくのか,楽しみにしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/15

まずはフクアリで勝利したことを喜ぼう

 P1010074

 もちろん,前半のグダグダっぷりとか,相手の決定力不足に助けられたとか,いろいろ言いたいことはある。それでも今日は我々のホームであるフクアリで勝利したことを素直に喜ぼう。

 そのうえで明日以降,ここを改善すべきとか,なぜ倉田を使わなかったのかなどをそれぞれが語ったり思ったりしていくべきだと思う。そして,来週のVORTIS戦に向けてモチベーションを高めていこう。

続きを読む "まずはフクアリで勝利したことを喜ぼう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/13

明日のSagan戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第2節 vs Sagan 予想フォーメーション)
  18.巻  
9.深井 14.倉田
7.佐藤勇 10.工藤
  6.山口  
3.アレックス 2.坂本
5.ミリガン 33.茶野
  1.岡本  

 初戦の緊張に最後まで打ち勝つことができずにロスタイムに追いつかれて引き分けという結果に終わった開幕戦から1週間。今度はホームフクアリで開幕となるSagan戦である。初戦を引き分けた以上,このゲームは勝利しないと後々にも響くだけでなく,チームやサポーター間の雰囲気も変わってくるであろう。ぜひとも勝利という結果で終わりたい一戦である。

 前節ゴールを決めた倉田だが,ゴール以外の部分でも己の持ち味を十分に発揮していた。『調子のいい選手を使う』というのなら頭からの起用も充分に考えられる。そして前節は最後に途中投入されたミリガンもこの一週間でコンディションを整え,先発で来るだろう。その他にもTGで結果を出している米倉や太田あたりがどうからんでくるのか,非常に楽しみである。

 そんな開幕戦だが,やはりJ2降格の影響だろうか,当日券が約3,000枚売りに出されるという。せっかくのホーム開幕で空席が目立ってしまうというのはもったいない。二の足を踏まれている方はぜひフクアリへ足をお運びください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/12

情報がいっぱい過ぎてどこから手をつけていいのかわからん

 諸事情により,2日間blogの更新をお休みしていたら,公式にどどどーっっとトピックスの嵐が吹き荒れまして,どこから手をつけていいのか分からなくなりました(^^;)。

 とりあえず,ひとつ前のエントリーのとおりに高田がアマチュアとしてRESERVESに復帰しましたね。RESERVESは昨年までの経験者が半分近くいなくなったので,今年はどうなるのかと思っていましたが,経験のある彼が戻ってきたのは何よりかと。もちろん,もう一度,上を目指してプレーしてほしいと思います。

 あと,工藤浩平が今年のキャプテンということで正式に発表されましたね。今年に関してはこれまでJEFで苦労してきた選手がやるべきであると思っていたので,この判断は支持します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/09

若手2人の行方

 昨年限りでJEFを戦力外となっていたユース出身の2人,乾と高田ですが,乾は行き先が決まり,高田も何か動きがあるみたいです。

 まず乾は公式の発表どおり,Albirexの傘下であるAlbirex Singaporeに移籍が決定しました。左利きのドリブラーとしてTOPで活躍することを期待しておりましたが,RESERVESでも伸び悩み,非常に残念でした。本人が言うとおり,我々が後悔するくらいの選手になってほしいものです。

 そして高田ですが,JFAから本日発表された移籍リストから抹消されました。抹消された理由が『再登録』ということですが,『再登録』ということはRESERVESにまた戻るってことなんでしょうか。今後のアナウンスを待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/08

vs ROASSO 感想戦

 今年から勝敗に一喜一憂するだけのレビューだけでなく,ちょっと落ち着いてから別の視点でのレビューを『感想戦』として書いてみたいと思います。

 昨日のゲームは前半が相手のペースに付き合ってしまったこと,そして後半35分以降,守るのか攻めきるのかが明確になっていなかったことが,ドローの要因につながったと思っていますが,光明もありました。それはもちろん,倉田の途中投入。前半でボールを持ちすぎる傾向にあった谷澤を後半早々に下げて倉田を入れたわけですが,江尻監督の指示どおり,彼が巻のそばでプレーするようになってペースをつかみました。得点シーンも高い位置にいた坂本からのクロスをペナルティエリア付近にいたアレックスがシュートし,そのこぼれ球をゴールに一番近くにいた倉田が押し込んだもの。この得点までの一連の流れはJEFが波状攻撃を仕掛けて得たものでした。この分厚い攻撃は昨年まで見られませんでした。

 ただ,この分厚い攻撃を見せられて『さあ,ここから』と思ったものの,それ以降はチャンスになっても自らシュートに行かなくなった選手が多数。リードしたことでより確実にプレーしようとしたのかはわかりかねますが,ゴール裏で声援を送りながら何度がっかりさせられたことか。あげくの果てにロスタイムの失点では開いた口が塞がらなくなるのも当然です。帰ってきてスタッツを見てみたらシュート数は9対9のイーブン。いくらなんでも少なすぎですよね。

 これは以前から言われていることですが,サッカーはパスをつなげればポイントがもらえるゲームではなく,相手ゴールを割って初めて点を与えられるゲームなんです。シュートを打たなきゃ得点機会もないわけですから,とにかくシュートで終わることを意識してほしいと思います。シュートで終わればたとえ枠を外しても相手GKから始めることになり,その時間を使って自陣まで戻ることもできるわけですし,シュートが相手DFに当たってボールのコースが変わり,それがゴールになるなんてこともサッカーではよくあること。この開幕戦でJEFというチームがウノゼロ(1-0)で勝ち切れるチームじゃないということは明白になりました。ならばガンガン点を取って相手を早めに諦めさせるというようにしないと,このリーグでは戦えないと思います。

 ああ,あと感想といえば,江尻さんよ,あのコメントはさすがにいただけませんよ。人んちのサッカーを語るにゃ,あなたにはバックボーンがまだ足らないですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/07

一点取って守りきるチームなんて作ってないだろうに

 D1000864

 1年でのJ1復帰のために今年の開幕戦こそ勝利で発進を!と誰もが臨んでいたROASSO戦は倉田のゴールで先制したものの,ロスタイムにカウンターをくらってまさかの失点により引き分けという後味の悪いスタートとなってしまった。

 前半の出来の悪さから後半早くに倉田を投入して前線にリズムを作り,波状攻撃からROASSOの守りを崩して先制点を挙げたまでは良かったが徐々に運動量を失い,焦りからか最後のほうは守りきることをチームとして選択。だが,そんな練習をしてきた訳でもなく,焦ってボールを失って最後は失点という,まるで昨年からなにも成長していないような結果に大挙として集まったサポーターからはブーイングで迎えられてしまった。

 このゲームで誰もがJ2というカテゴリーが楽じゃないということを痛感しただろう。授業料として勝ち点2を失うという結果になってしまったのはかなり痛い。昨年と違ってJ2の日程は短い。悠長なことは言ってられない。信頼を損ねた以上,それを取り返すためにも次のホームこそ絶対に勝たなきゃならない。

 それにしても,90分動き回れるためのトレーニングを積んできたんじゃないのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/06

明日のROASSO戦!@KK WING

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第1節 vs ROASSO 予想フォーメーション)
  18.巻  
9.深井 14.倉田
7.佐藤勇 10.工藤
  6.山口  
3.アレックス 2.坂本
5.ミリガン 15.福元
  1.岡本  

 長いようで短い準備期間も終わり,今年もついに新たな戦いが始まる。ただし,これまでと違うところはこれからの戦いが未知なるものであり,なおかつその戦いで数多くの勝利をつかみ取ることが至上命題となっていることだ。1年でのJ1復帰を合言葉に,チームにかかわるすべての力を結集して這い上がっていかなければならない。

 今週の4日間を利用してスタメン予想を展開してきたが,それを基にしたのが上のフォーメーション図である。当初,ミリガンは間に合わないものと思っていたが,代表戦でフル出場できたのなら日曜日の開幕戦も出てもらわなければ困る。チームの練習のほとんどに参加できていないのは不安材料だが,そんな不安を吹き飛ばすようなパフォーマンスを期待している。

 相手のROASSOはキャンプ期間中に行われたTGにおいて4-0で快勝した相手だが,その時のメンバーもコンディションも今とは違うはずなので正直あてにはならない。これまでと違い,今年の対戦相手はJEFに対してブロックを作って引いてくるはずだ。このブロックを崩してゴールをこじ開けないと勝機は見えてこないと思っている。明日はそんなところを含めながらも見ていきたい。

 開幕戦がいきなりの遠方AWAYであるため,千葉に残ってTV観戦という方も多いと思う。それぞれの立場で応援をお願いしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/05

今年の戦闘服

 D1000862

 今年1年を戦い抜くためのユニフォームが届きました。この2着をそれぞれHOME,AWAYの地で身につけることになります。左の人は熊本に現れるんでしょうか…。

 毎年のことですが,やっぱりユニが手元に来ると不思議とテンションが上がりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/04

開幕スタメン予想!~FW編~

 ええと,MF陣に不穏な動きはありませんよね(^^;)。昨日,一昨日と予想を覆されることが重なったもんで…。

 さて,開幕スタメン予想最終回はFWです。昨日書いたように今年は両ウイングが高い位置を取る3TOPの布陣になるはずなので,CFと含めて予想します。

 まずセンターは巻かネット,戸島の3人のいずれかになりそうですが,戸島はまだプロの体を作っている最中。ネットは昨年,気分屋的なパフォーマンスを見せておりましたが,今年はどうなんでしょうか。ちばぎんカップの時もフクアリではなくユナパのほうにいましたので,江尻監督はそれほどの重きを置いていないように感じました。巻に関しては数年来まれにみる体の絞れっぷり(なぜそれが去年出来なかったかは置いといて)。ちばぎんカップでも相手DFに負けないプレーぶりでしたので,今年は期待できるのではないでしょうか。

 両ウイングについてはセンターハーフ並みの大激戦。深井,谷澤,村井,米倉,太田,金沢,青木孝とそうそうたるメンバーが並ぶだけでなく,倉田,アレックスもこのポジションでプレー可能なので,選択肢は幅広いです。火曜日の練習で11対11をやった時は倉田を右,深井を左に置いてスタートしてましたが,その後は頻繁に選手を入れ替えていたので,ここは本当に予想がつきません。ちなみに林は別メでした。週末には間に合わないと思います。

 今のコンディションから考えると右に倉田か米倉,左に深井か村井のそれぞれどちらかが頭から行くことになるのではないでしょうか。いや,ホントにここは難しいです。

 これらを踏まえて土曜日のエントリーで予想フォーメーションを組ませていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/03

開幕スタメン予想!~MF編~

 …を始める前に一言。ミリガンさん,何してはりますのん?そういうパフォーマンスは黄色いユニ着てもお願いしますよ。というわけでフル出場したうえに結果出したんだからさっさと帰ってきなさい。日曜日にいてくれないと困ります。

 さて,本題に戻ります。今回はMFですが,今年のJEFはワンボランチの4-3-3が基本フォーメーションとなるため,ボランチとセンターハーフの2人をここで予想させていただきます。

 まずはボランチ。ここはもう,山口と中後のどちらかでしょう。個人的に今年のJEFはこのポジションが生命線だと思ってます。相手チームのほとんどが引いてブロックを作ったうえで攻撃はカウンター,という作戦で来るものと思われますが,全体的に前掛かりになった場面でボールが相手に渡ったらどこで潰すかと問われたらここしかないでしょう。となるとボール奪取能力に長けている選手が必要となってきます。両者ともにその能力はあると思っていますが,問題はそのポジションへの適応。これまで何回かTGを観戦しましたが中後はまだ,このポジションへの適応が遅れているように見えました。いずれはフィットしてくるかと思いますが,現時点ということであれば山口のほうが適任かと思われます。

 ボランチの前に来るセンターハーフは候補がいっぱい。勇人,工藤,倉田,谷澤,米倉,伊藤とぱっと挙げられるだけで6人います。昨日の練習見学では主力組に勇人と工藤がいましたが,途中でいろいろ選手を入れ替えていました。総合的に考えれば勇人と工藤ですが,テクニックに秀でた倉田,フィジカルが強い米倉,運動量豊富な伊藤にもチャンスはあると思います。谷澤はまだちょっと絞りきれてない感じが否めません。

 というわけで現時点での予想は勇人と工藤になります。ただ,倉田のスタメンも充分に考えられます。それについてはまた明日のFW編で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/02

開幕スタメン予想!~DF編~

 …の前に,本日,出張先での仕事が早く終了したので,職場に連絡入れたら『帰っていい』と言われたので,16時からの練習を見学してまいりました。ユナパは極寒でしたが,練習内容は熱かったと感じました。

 そういうことなので,誰が現時点で通常練習にいるかいないかはすでに分かっています。ひとつ前に書いたGKについてはちょっと修正したい気分(><)ですが,これはこのままにしておきましょう。

 さて,今回はDFです。CBは本来ならば真っ先にミリガン!…と書きたいところですが,これまでほとんど別メニュー調整であり,現在はオーストラリア代表のスケジュールを優先しています。14日のHOME開幕戦はわかりませんが,今の状態だと7日は計算に入れないほうがいいかと思っています。

 ちばぎんカップの日にはTGにも出場していなかった福元も通常メニューにすでに復帰しており,開幕には計算が立ちそうです。今年はCBでの出場が多そうな青木(良)も本日は別メニューでした。あと,なぜかはわかりませんが,渡邊は練習に出ていませんでした。他のメンバーについてはCB,SBともコンディションに問題なさそうです。

 これから日曜日までの状態によって変化がある可能性はありますが,DFラインについてはちばぎんカップで先発した3人(坂本,茶野,益山)にアレックスを加えた形になると思われます。あとは福元がどうからんでくるか,ということになるでしょう。

 明日はMF(ボランチ,センターハーフ)について予想いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/01

開幕スタメン予想!~GK編~

 今日から4日間にわたって,私なりの開幕スタメン予想をやっていきたいと思っております。先入観バリバリの企画になるのは目に見えてますが,素人の戯言として斜め読みしていただければと思います。

 初回はGK編。ここはまあ,岡本で決まりでしょう。櫛野はここ最近怪我なのか,TGにも出場していないようですしね。中牧も成長は感じられていますが,まだ岡本を脅かせるほどではないですし,佐藤(慎)はまだプロの体を作っている状態です。これまでの仕上がり具合から見ると,櫛野の怪我の状態によっては先発岡本,サブ中牧となるのではないでしょうか。

 次回はDF編。一気に難しくなります…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »