« リベンジはしっかり果たした | トップページ | 20%もあるのか! »

2010/04/26

vs FC GIFU 感想戦

 前節のメンバーから山口を控えに回し,今季初出場となった中後を加えた今回のゲーム。見どころはその中後がこれまで未体験だったアンカーというポジションでどのようなパフォーマンスをするか,という点だった。

 これまでのTGでもこのポジションに戸惑いを隠せなかったようで,彼のところでボールロストすることが多く,山口からレギュラーを奪うにはかなり時間がかかるのではと踏んでいたが,今回はそれを補って余りある展開力とミドルシュートを見せ,山口との違いをピッチで見せつけた。この辺りはやはり彼もプロである。もちろん,勇人がアンカーの横のスペースを消すという献身的な動きを見せたことも要因だろう。それでも『替えが効かない』と言われ続けた山口のライバルとして早くも彼が出てきたことはチームにとってもありがたい話だ。

 さて,実はここにきて新たな『替えが効かない』存在が現れ始めている。誰であろう,DFの茶野である。FC GIFU戦では90分通して『ここにいてくれたら非常に助かる』というところに必ずと言っていいほど茶野がいて,相手の攻撃を摘み取っていた。得意のマンマークで相手のボールの入りどころを押さえ,すぐさま攻撃に転じるさまは見ていて素晴らしかった。正直に言ってしまうと,いわゆる出戻り組で一番期待していなかったのが彼である。Jubiloでの昨年のパフォーマンスや年齢のこともあり,入ってきた当初は昇平や福元らの次にくる戦力として見ているのではないか,と思っていた。それが今や,ちばぎんカップを含めてDFとして唯一の全試合フル出場。ここにきてミリガンとの連携も良くなりつつある。そしてそのミリガンのプレーに軽さが目立つだけに,彼の存在は非常に重要なものになっていると思う。彼のこれまでの頑張りに本当に謝りたい気分だ。チーム最年長の頑張りにさらなる期待をかけたい。

 頑張りと言えばネットである。FC GIFU戦ではド派手なワールドクラスのFKをぶっ放したが,今季は昨年とは別人のようにふるまっている。入団した当初は守備もせず,身勝手なプレーを連発した印象が強かったが,今年は守備にも奮闘している。先週水曜日のカウンターを想定した練習では倒れるまで走り抜いていた。そんな頑張りがあるから江尻監督も先発で使い続けているのだろう。昨日は審判との折り合いが悪く,過密日程も考慮されたのか,早めの交代となったが,更なる爆発を期待している。

 ネットと交代で入った巻については…あとはゴールという結果だけだと思う。終盤はみんな,ゴール前の巻にボールを集めようとしていた。その期待には必ず応えてほしい。それだけだ。

 審判については…イエロー5枚も出るような,荒れた試合だったのかねぇ…ということをつぶやいて終了させていただこう。試合後に自然発生的に起こったブーイングが審判に対する答えだろう。

|

« リベンジはしっかり果たした | トップページ | 20%もあるのか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/48191269

この記事へのトラックバック一覧です: vs FC GIFU 感想戦:

« リベンジはしっかり果たした | トップページ | 20%もあるのか! »