« 連勝! | トップページ | ? »

2010/04/05

vs GIRAVANZ 感想戦

 苦戦が予想されたものの,結果を見れば完勝だったGIRAVANZ戦。弊blogのプレビューにおいて『大事なのは先制点。それも前半の早い段階で取る事が必要だろう。』と書いたが,それが見事にハマったからこその結果だと思う。

 先制点は自陣エリアでの間接FKからのカウンター。ボールタッチ数を極力減らして,最後は長い距離を走ったネットが上手く流し込んで決めた。ボールが来ると信じて走ったネットも素晴らしかったが,その動きを瞬時に見抜いた勇人のスルーパスもこれまた最高の出来だった。

 先制点を早い時間に取ったことでチームとしても非常に楽になったと思う。前半はボールポゼッションも攻撃時間もJEFのほうに分があった。ミリガンの軽いプレーで危ない場面もあったのが難点だったが。

 追加点はセットプレーから。大胆にネットが直接ゴールを狙った結果,相手GKのファンブルを誘い,そこに信じて詰めていた倉田が落ち着いて押し込んだ。こちらもいい時間帯で取ったゴールであった。

 後半,相手が2人を変えてきて,危ない場面もあったが,これまた早い時間に左サイドの崩しから,すばやく横パスを展開。ボールを持った勇人が,相手DFをひきつけたネットでなく,フリーのアレックスにダイレクトで流し,それをアレックスが芸術的なシュートで決めたもの。相手を完全に崩したという点で言えば,チームとして理想的なゲーム展開だったのではないだろうか。

 ただ,後半30分過ぎから運動量が落ちてしまったのが反省点。江尻監督も原因は理解しているようなので,そこは地道に作り上げていくしかないだろう。

 さて,このゲームでは右サイドバックに坂本ではなく鎌田が入った。TGでも攻撃的な部分が多くみられた選手であり期待していたが,及第点の活躍はしていたと思う。ただ,前半は相手に右サイドにボールを入れられた際,そこにいないことが多かったように見えた。いやらしい相手ならそこを突いてくるだろう。なので,今回は評価を保留したい。次のYOKOHAMA FC戦はそんないやらしい相手なので,そこで真価が発揮できるようであればスタメン定着もあり得るだろう。

 ちなみに今日はVentforetとのTGがあって4-0で圧勝。お互い昨日ゲームがあったため,メンバーは当然,昨日のそれ以外が出ているのだが,JEFのメンバーが昨年のほぼ主力というのは非常に興味深かった。今年のレギュラー争いはチームの活性化をかなり生んでいるのではないかと思う。

|

« 連勝! | トップページ | ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/48009285

この記事へのトラックバック一覧です: vs GIRAVANZ 感想戦:

« 連勝! | トップページ | ? »