« こういう試合こそ勝っておくべきだった | トップページ | 明日のTrinita戦!@大銀ドーム »

2010/04/30

vs TOCHIGI SC 感想戦

 『勝ってるときのスタメンはいじらない』。本来はこれがセオリーだが,やはり中3日ということからか,このゲームでは倉田に代えて,第3節以降ベンチにも入っていなかった米倉をスタメン起用してきた。このチャンスを彼がどう生かすか期待していたが,今回は攻撃に蓋をしていた印象しかなかった。特に後半開始早々に得たビッグチャンスの際にシュートまで持ち込めなかったのは残念で仕方がない。米倉に関しては以前からプレーに若さを感じられないという論調で書き記してきた。Sagan戦での2ゴールの活躍にようやく一皮むけたと思っていたが,まだまだ発展途上のようだ。ただ,彼にはまだチャンスはあろうはずなので,これを糧に頑張ってもらいたい。

 頑張っていると言えば茶野である。今回はついに移籍初ゴールを記録した。ファーから中に切れ込んで,GKの足元にたたきつけるヘディングはあまりにきれいすぎた。その直後に相手と接触して負傷退場。基本怪我に強い選手だが,中2日の日程ではさすがに無理させないだろう。

 さらに巻のヘディングシュートもオフサイドと判定されてしまったが,そこまでの過程が非常に良かったと思う。個人的にはクロスに対してファーからニアに飛び込むスタイルを好みとしているが,昨日の巻はまさしくそれだった。今年はなぜかこれがなかなかできずに来てしまったが,そろそろゴールが期待できる状態に戻りつつあるのではないだろうか。

 さて,この試合もセットプレーから失点した。こうも毎回だと他チームにも『JEFはセットプレーのチャンスさえ取れれば何とかなる』と期待させてしまうことになる。今回は巻を入れるタイミングが焦点となっていたようだ。確かにこの場面は『結果論』でカタがつけられる話ではあるが,そうはいっても何らかの原因はあるはずだ。チームとしてそれを突きつめていかないといずれは取り返しのつかないことになってしまう。チームとして守る場面での約束事はあるはずだと思っているが,JEFにはそれがないのだろうか…。だとしたら,非常に心配だ。もちろん,それが杞憂であることを期待したいが…。

|

« こういう試合こそ勝っておくべきだった | トップページ | 明日のTrinita戦!@大銀ドーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/48227652

この記事へのトラックバック一覧です: vs TOCHIGI SC 感想戦:

« こういう試合こそ勝っておくべきだった | トップページ | 明日のTrinita戦!@大銀ドーム »