« 久しぶりに大差での勝利を見た! | トップページ | 久しぶりに見たらだいぶ貫禄が… »

2010/04/12

vs YOKOHAMA FC 感想戦

 戦前は前半戦における分水嶺になると予想していたYOKOHAMA FC戦。終わってみれば4-0の完勝であったが,江尻監督は試合後のコメントで不満を口にしていた

 確かにロングボールが多く,彼の思い描くサッカーとはほど遠かったということについては同感である。ただ,これからも数多のチームが守備のブロックを敷いてくることが予想される以上,90分間の中で長いボールを放って裏を突く,という時間帯があっても構わないのではないだろうか。こういうチームに対して効くのが前半,それも早い時間での先制点だ。GIRAVANZ戦,YOKOHAMA FC戦ともにこの先制点を奪うことに成功し,結果として自分たちが楽に戦えるようになった。ネットの先制ゴールはリスタートのカウンターから長いスルーパスを一本入れたものだし,昨日の倉田の先制ゴールも相手のバックパスに詰めた結果,GKのミスを誘ったもの。形はどうであれ,結果的にこれが効いているのだ。理想を土台に置くことは必要なことだが,臨機応変もまた大切なことだと思う。

 ところで倉田である。昨日までにすでに4ゴール挙げてチーム内得点王。そのうち3点はこぼれ球や相手のミスを突いた,いわば『ごっつぁんゴール』。もちろん,ボールがこぼれるのを信じて走りこんでいるからこそ生まれるゴールであるが,もともとFWではない彼がこういう動きを出来るというのが素晴らしい。もちろん,それだけでないということは昨日の追加点の形を見れば一目瞭然。右サイドから中に切れ込んでシュートフェイント2つくらい入れて,自らの形でズドン!この辺りの技術はさすがに信頼のGAMBAユースブランドだろう。さすがに昨日のゴール裏パフォーマンスについては谷澤に気後れしたようだが,早くも来年以降の話をしたくなる選手だ。

 そのパフォーマンスという意味で,やっと帰ってきた男,谷澤。開幕当時は見るからに重そうな雰囲気であったものの,黙々とコンディション調整を行った結果か,久しぶりに見たら顔つきもスタイルも変わっていた。木曜日のTGでもゴールを量産していたという話もあり,どれだけやるかと思っていたら…。そんなキレキレな動き,開幕から見せろよと。

 そんな谷澤のトリッキーな動きが功を奏したか,さらに攻撃が加速し,その結果試合終了間際に浩平の『そういうシュートを待ってた』的な今季初ゴール,さらには谷澤のシュートのこぼれに反応した勇人の出戻り後初ゴールも生まれて,フクアリのボルテージも最高潮に達した。この勝利で暫定2位。今後に勢いをつけるには最高の結果であった。

 さて,久しぶりに西部さんの犬の生活が更新されていた。その中で『ジェフがバルセロナを目指している』と表現しているのに驚いた。実は昨日のスカパーの実況の中で後半,相手ゴール前でパスをポンポンとつないでいたシーンのときに『バルセロナのようなパス回しですねぇ』と言っていたのだ。このときは結局,シュートを打ちきれずに相手にボールが渡ってしまったわけだが,この辺りが目指しているというところなのだろうか。私はスペインリーグが見られる環境にないため,今のBARCAのサッカーが正直語れない。というわけで『バルセロナ未遂』がどういうことなのか,次の西部氏の更新が今から楽しみである。

|

« 久しぶりに大差での勝利を見た! | トップページ | 久しぶりに見たらだいぶ貫禄が… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/48069329

この記事へのトラックバック一覧です: vs YOKOHAMA FC 感想戦:

« 久しぶりに大差での勝利を見た! | トップページ | 久しぶりに見たらだいぶ貫禄が… »