« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/31

vs HOLLYHOCK 感想戦

 今回の感想戦はズバリ,青木孝太のスタメン。これに尽きるだろう。結果を言ってしまうと前回のVerdy戦のようなパフォーマンスは全く見られなかった。本人が裏を取ることにばかり頭が行ってしまい,左右に揺さぶってラインを崩すなどの工夫が見られなかった。もっとも,相手の大和田がほぼマンマークでポストとしての仕事をさせてもらえなかったというのも事実。ただ,これで江尻監督が起用を簡単に諦めてしまうようでは身も蓋もない。次はネットが出場停止だ。失敗を取り返すチャンスは十分あるのだから,監督も中断までは孝太を使っていってほしい。

 アレックスと勇人の不調は週の前半が別メだったということもあるだろう。本来は他の選手を使うなりすれば良かったと思うが,彼らよりもアピールが足りなかったというのなら仕方がない。日曜日のTGは5-2で勝ったが,彼らを脅かすような存在は果たして現れたのだろうか。

 週末の相手,EHIME FCはHOLLYHOCK以上に堅守である。現在絶好調のVentforetでも手を焼いた相手から1点でも多く,奪うことができるのか。HOLLYHOCK戦の後だけに不安は尽きない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/30

今年のオフィシャルスーツ

 D1000958

 今年のオフィシャルスーツがATRETA STILEさまから届きました。写真だとわかりづらいですが,ピンストライプが細かいブラックスーツのワンボタンです。裏地がワインカラーで自分の高校時代を思い出してしまいました(ブレザー世代にはわかりにくいでしょうね…)。

 ちなみに勤務先がすでにクールビズ期間に入っているため,着るとしたら10月以降になるかな…?

 あっ,久しぶりに代表戦に見入ってしまったんで,感想戦は明日書く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/29

ないないづくしで勝とうって方が甘い

 運動量ない,球際の激しさもない,ボールに対する執着心もない,セットプレーでの悪い癖を改善する意識もない,13時KICKOFFに対するコンディションも整わない…これだけないないづくしじゃ,勝てるわけがない。

 …今日の結果で上との差はさらに広がり,逆に下が詰まってきました。自業自得?まさにそのとおり。この結果についてはチームとして猛省してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/28

明日のHOLLYHOCK戦!@K'sスタ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第15節 vs HOLLYHOCK 予想フォーメーション)
  29.青木孝  
14.倉田 3.アレックス
7.佐藤勇 10.工藤
  6.山口  
13.和田 25.鎌田
31.青木良 15.福元
  17.櫛野  

 劇的な逆転勝利から一週間。明日は水戸でHOLLYHOCKとのゲームが行われる。4位以下との差は若干開いたが,JEFと同じようにReysol,Ventforetも勝ち続けているため,今回もぜひとも勝ちたいところだ。

 予想スタメンだが,孝太を入れてみた。前節でのパフォーマンスを見せられるのであれば頭から見てみたい選手。今後を考えるうえでも彼の覚醒はぜひとも期待したい,

 心配な点は13時KICKOFFということだろうか。さすがにチームとしても懲りたのか,この一週間は13時から練習していた。これまではある意味『寝ていた』状態だったが,その成果をピッチで発揮できるか,楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/26

フクアリにようやく相手チームのマスコットちゃんがやってくる!

 6月6日のEHIME FC戦では相手チームのマスコットキャラクターであるオ~レくんとたま媛ちゃんが来るそうです。JEFのゲームではこれまでチーバくんやちはなちゃんなど,千葉に身近なキャラクターが来たことはありましたが,相手チームのキャラクターが大手を振って来場することはありませんでした(レイ君はちばぎんカップで来たことありますが)。うちもだんだんJ2に馴染んできたんでしょうか。もちろん,馴染み過ぎても困るんですが(^^;)。

 さらに公式では触れられてませんが,J's GOALの告知のほうでは『あのカエル』もやってくるらしいとのこと!どんな肉離れを見せてもらえるのか,今から楽しみであります(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/25

ショッキングなニュース

 前節対戦したVerdyが資金繰りに行き詰まり,経営再建ができない場合はJリーグが運営にあたることになりそうだ,と報じられました。Jリーグの一時代を築きあげた名門が,そう簡単に無くなってほしくないと思っていますが…。

 そのVerdyには昨年まで在籍していた佐伯はもちろん,昨年途中まで強化責任者だった昼田さんもいます。彼はフロント側であるため,また職を失うことにならなければいいのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/24

代表のゲームをTVで見る

 見ていてワクワクどころか,ドキドキもしない,そんなゲームでしたね。コンディションが悪かったという一言で片づけていいのか,と思える内容でした。

 それよりも監督本人が進退伺しちゃってるのが何とも…。いまさら言われても,もう間に合わないですよ。開幕まで20日切ってるんですからね。やるべきことをやってもらわないと日本サッカーの将来に対しても困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/23

vs Verdy 感想戦

 2週間前のAvispa戦から3人が入れ替わり,うち2人は今季初スタメンとなったVerdy戦。勝利の要因となったのは指揮官が早い時間帯で送りだした,一人の若武者の投入だった。

 前半はVerdyの攻撃陣が高い位置からボールホルダーにプレスを仕掛けてきて,JEFとしてもやりづらそうだった。特に中盤の3人はバランスが悪く,カウンターの場面でも中央に入るまで時間がかかっていた。ネットが右サイドから強烈なミドルを放つシーンがあったが,あれは中央に誰も入ってきていなかったための苦肉の策だろう。それでも和田が左サイドをオーバーラップしてシュートを放つなど,効果的なシーンも若干見受けられた。

 失点シーンは防ぎようがないだろう。あれは打った高木を褒めるしかない。Verdyも財政は苦しいようだが,自前で育てたタレントがいる。前座で行われたU-13のゲームでも足技のレベルは段違いだった。やはりこういうチームを簡単になくしてはいけないと思う。

 さて,前半終了後,ピッチ上のウォーミングアップでは青木孝太の準備が急ピッチで進められていた。後半の早いうちに投入されるだろうと見込んでいたが,その交代がネットとであったことに驚かされた。申し訳ないがその時は『江尻,とち狂ったか!』とさえ思ってしまったほどだ。

 ところがその思いがド素人の戯言だったことにすぐに気づかされる。それまでネットがあまり勝てていなかったポストとしての動きが,孝太は何度も相手DFに勝てていた。このボールが拾えるようになり,さらにVerdyの足が止まってきたのも手伝って,中盤でボールが持てるようになると怒涛の攻撃を展開。それまで積極性を欠いていたように見えた工藤もシュートを打てるようになり,アンカーとして起用された山口も攻撃に参加できるようになった。

 そして同点弾はその山口から生まれた。工藤からのクロスを孝太が相手とのヘッドで競り勝ち,そのボールをゴールに向かって走っていた山口がボレーシュート!これがサイドネットに突き刺さった。そして残り5分で左サイドでボールを持った工藤がロングボールを送ると,これが相手DFの間をすり抜け,そこに走りこんでいた孝太がGKと1対1となりシュート!この逆転弾にフクアリの雰囲気も最高潮に達した。このとき奇しくもフクアリに流れていたのは青木孝太のチャント。何かやってくれる雰囲気を身につけつつある男が見事なタイミングで決めたゴールであった。

 その後はロスタイムに危険な時間帯があったが,巻を投入(ある意味,贅沢な使い方である)して守りきり,そのままタイムアップ。この日勝利していたReysol,Ventforetを追い越すことはできなかったが,そこに食らいつくための勝ち点3を手にした。

 勝ち方は劇的だったが,内容としては満足できるものではないだろう。ただ,今季初スタメンの良太,和田がそれぞれ流れの中で得点を許さなかったという結果を得た。また,山口はこれまでのアンカー一点張りから攻撃にも絡めるというステップアップした姿を見せた。そして孝太。今回のようなプレーをこれからも見せてくれれば,スタメンとして出てくることもそう遠くないかもしれない。JEFの王子様が王様になる瞬間がいつになるのか,待ちきれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/22

ドキドキさせるのは今年の仕様です!

 D1000954

 試合の無い週に3位に落ちたため,ここでの躓きが全く許されない状況となったVerdy戦は2-1の逆転勝利!高木の褒めるしかないFKを決められて先制を許したが,攻撃のバランスを失っていた前半と違い,後半は途中投入の孝太のポストプレーを中心にしてパスがつながるようになり,山口のJEFの初ゴールで同点,さらには後半40分に孝太が相手GKとの1対1で冷静に流し込み,勝負を決めた。

 前半を見ていたらどうなることかと思ったが,最後はフクアリ劇場で幕を閉じるという劇的な展開。今年はいつもこんな感じだが,もはやこれが今年の仕様なんだと覚悟してリーグ戦を戦うほかない。安心して見ていられるゲームもいいが,ドキドキ感から解放されたとき,喜びはさらに大きくなっているだろう。

 詳細はいつもどおり,感想戦で。明日が日曜日なので書きやすい。

 

続きを読む "ドキドキさせるのは今年の仕様です!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/21

明日のVerdy戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第14節 vs Verdy 予想フォーメーション)
  20.ネット  
14.倉田 3.アレックス
7.佐藤勇 10.工藤
  8.中後  
2.坂本 13.和田
23.益山 15.福元
  17.櫛野  

 ゲームがない週に自動的に3位に落ちてから1週間。2週間ぶりのゲームはフクアリでのVerdy戦である。上を見ても下を見ても絶対に勝たなくてはならないこのゲーム。相手には昨年までJEFにいた選手もフロントもいるからこそ,負けられない。

 今回はミリガンが期間限定で抜けた穴を誰が埋めるのかが注目されるだろう。エルゴラは青木良太を予想していたが,果たしてどうなるか。久しぶりのナイトゲームだが,みんなで笑って帰られるように頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/19

7月3日にPSM決定!

 本日の公式からのリリースによりますと,7月3日にAntlersとのプレシーズンマッチが決定したそうです。ただし,場所はカシマスタジアムでなく,ひたちなか。時間も16時とこの時期にしてはちょっと微妙な感じです。

 ただ,どんな経緯で決まったのかはわかりかねますが,プレシーズンマッチとはいえ,J1上位のチームとの対戦は今の自分たちの立ち位置を知るうえでも必要なことだと思います。

 今のところ,何の予定もないし,たぶん行くと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/17

昨シーズンなら絶対に来てほしかったが…

 Jリーグを経由せずにフランス1部リーグのグルノーブルに入団していた伊藤翔選手が契約満了により,複数のクラブで争奪戦になっているようです。その中にはJEFも入っているとのこと。

 う~ん,確か09年シーズンの初めにもうちがオファーしてたんですよねぇ。当時の昼田元SMがそれをサポコミで匂わせるような発言をしていたので,実現してくれればいいなとは思っていたのですが…。今年は逆にFWの駒が充分過ぎるくらいなので,いまさら感がありありです。

 もっとも,今のところは一歩も二歩も出遅れているようなので,現実的にも薄いかとは思いますがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/16

本日のTG(行ってませんが)

 今日,ユナパで行われたTGは一本目がvs FC TOKYOで3-0二本目がvs 早稲田大学で3-3という結果だそうです。おそらく,一本目が主力組で二本目がサブ組ということなんだろうと思います。行ってませんので内容は書けませんし,仮に行ってたとしても『メンバーの公表はしないで』というお達しなので書けなかったと思います。

 もっとも,非公表のお願いは試合前にすべきだと思いますがね。今の時代,試合が始まったとほぼ同時にその場の情報がいろんなツールで流れてきますからね。試合後のお願いではすでに遅いと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/15

リーグ戦の無い週末

 今年のJ2リーグは19チーム2回戦総当たりのため,毎節ごとにゲームがないチームが出ることになります。そして,今週末はJEFがその番。GW5連戦後は月曜日にTGを挟んで2日間オフ。明日はFC TOKYOとユナパで練習試合が組まれてますが,個人的事情により観に行けません。天気もよさそうだし,たくさんの人がユナパを訪れそうですが…。

 そうなると,他チームのサッカーが気になるわけですが,1試合少ない状態で勝ち点1差だったVentforetが今日の勝利で2位浮上。試合の無いJEFは自動的に3位に後退しました。もちろん,前節の引き分けにより,こうなることは予想されていたので想定の範囲内ではあります。中断前の最後の試合で直接対決がありますから,そこで勝利できるように頑張りましょう。

 もちろん,まずは来週のVerdy戦からですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/13

いろんな話題をひとまとめ

 本日は各方面からの情報をひとまとめでお送りします。

 J's GOALのJ2日記に赤沼さんの署名記事で林の話題が。ここ2,3年でJEFのサッカーを見るようになった皆さまにはなじみがないでしょうが,彼はイビチャ・オシムにその才能を認められた一人。特にスーパーサブとして少ない出場時間で決定的な仕事をする能力に長けていました。もっとも本人はそのスパーサブという立場に満足できなかったためにSangaへ移籍したわけですが…。

 紆余曲折を経て,今年からJEFに復帰したわけですが,怪我や体調不良で出遅れて通常練習にもほとんど顔を出さず,一時は彼もミリガン同様に『都市伝説か?』と揶揄されていましたが,ここにきてようやく初出場。彼がピッチに入ってくるときの『やってくれる』感はまだまだ衰えていませんでした。これからまた出場機会が増えてくると思いますので,期待したいです。

 さて,ドイツに渡った結城耕造ですが,所属していたドイツ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフを退団するそうです。怪我をした主力選手のバックアップとして2試合出場したそうですが,主力復帰後は出場機会もなかったそうで…。ドイツに行くと知ったときはビックリしましたが,彼ならどこででも飄々とプレーできそうですので,新たな場所でプレーできることを願っています。

 最後に川上。昨年まで所属していたTOCHIGI SCを退団した後,所属チームがない状態でしたが,このたび,ツエーゲン金沢に入団が決まりました。ツエーゲンと言えばJEFにも在籍していた根本や元日本代表の久保という名前の通った選手が集まっているチーム。この前もRESERVES相手に快勝していました。チームもJリーグ入りを狙っており,前途は洋々。早くチームになじみ,出場機会を得られるようになることを期待しています。

 ところで,ロシアに行ったまま,音信不通となっているあの人は今,何をしているんだろうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/11

ミリガン,オーストラリア代表に選出

 公式にて発表されたとおり,ミリガンがワールドカップに向けてのオーストラリア代表に選出されました。日本代表と違ってオーストラリアはまず30人選んで,そこからさらにふるいにかけることになりますが,最後まで残れるように頑張ってほしいです。

 ミリガンが残ればJEFからは4大会連続で所属選手(フランスの永輔,日韓のヨンス,ミリノビッチ,ドイツの巻)が出場することになります。日本代表の少ないところがJEFらしいですが(^^;)。

 さて,ミリガンがいなくなるということは当然,その間の穴を埋めることが必要になります。これまで出場機会のなかった選手にもチャンスが与えられることになるはずです。ReysolとのTGでは益山と良太が先発。監督は『大変だ』などとこぼしていますが,大変だと思わせないようなプレーをして,逆にミリガンが帰ってきたら困らせるくらいになってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/10

vs Avispa 感想戦

 今年のJ2は19チームの参戦となったために昨年までの3クール制から2クール制となり,試合数も大幅に減少した。そのため,リーグ戦のほとんどが週末開催となったものの,やはりW杯との兼ね合いもあり,このGW期間中は連戦続きとなった。

 個人的には2日のTrinita戦や5日のKataller戦あたりで中盤の3人のうち一人くらいを入れ替えてくるかと思ったが,結果としてそのままのメンバーで固定してこの5試合を乗り切った形となった。

 この辺りはいろいろ思うところがある方も多いかもしれないが,たとえ入れ替えたとしてもそれが上手くいくという保証はなく,むしろこれまでの関係性を江尻監督は大事にしたんだろうと個人的に理解した。ただ,選手の疲労は予想以上だったということだ。そのあたりの見極めはしっかりやっていただきたいとは思うが…。

 さて,これで12試合が終了。リーグは38節まであるが,そのうち2節は休みになるため,ちょうど3分の1を消化したこととなる。ここまでで7勝3分け2敗の勝ち点24。チームとして予想しているのが22勝8分け6敗の勝ち点74であるため,ここまでとしては及第点と言って差し支えないだろう。これから先は気温も上がってさらにサッカーがやりにくくなることが予想されるが,幸いにも試合のペースは週一となる。今回のような過密日程はなくなるため,さすがにAvispa戦のような体が重くなるゲームはもうほぼないだろう(だからと言って勝てる保証はもちろんないが…)。

 幸いにして今週末は試合なし。ユナパでFC TOKYOとTGが組まれているが,かなり混雑することが予想される。ならばいっそのこと,フクアリ借りて有料で…と思ったら当日は一般開放日。さすがに無理か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/09

やはり疲労は隠せなかったか…

 GW5連戦の最終戦であったAvispa戦は1-1のドロー。一部選手に明らかな疲労の色が見えていたが,チームの代表としてピッチに立っている以上,それは言い訳にならない。個人的には工藤が後半のカウンターのチャンスで一人でシュートにまで持っていかなかったこと,鎌田が相手にボールを取られても追いかけるような必死さが伝わってこなかったことが非常に残念である。

 疲弊している選手の見極めは監督の仕事であるが,代わりとなるべきはずの選手にそれだけのアピールが足りなかったということだろう。これから当分の間,また週1のペースに戻る。明日は非公開でReysolとのTGだそうだ。今日のピッチに立たなかった選手は必死にアピールしてほしい。

 実は今日一番残念だったのは試合終了後にゴール裏から意味不明なブーイングが響いたことである。どうやら選手たちに向けでではなく,今日の審判に向けてだったようだ。ここ最近,確かに審判には不可解なジャッジなどで恵まれていないことはあったが,今日の扇谷氏にそれほどひどいイメージはなかった。むしろ互いのコンタクトプレーで笛を吹かずに流す場面が多く,ジャッジに一貫性はあったと思う。フクアリで審判に対して毎回ブーイングすることを予定行事にしてはならない。

 D1000952

 まあ,今日みたいな日はうちの可愛いわんこ達の後頭部を皆さんで愛でて終わらせましょう。感想戦は気が向いたら書きます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/05/08

明日のAvispa戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第12節 vs Avispa 予想フォーメーション)
  20.ネット  
14.倉田 3.アレックス
7.佐藤勇 10.工藤
  8.中後  
2.坂本 25.鎌田
5.ミリガン 15.福元
  17.櫛野  

 GW5連戦の最終戦はHOME連戦となるAvispa戦。ここでちょうどリーグ戦の3分の1を消化することになるが,すでにチームとして課したノルマである2敗をすでに喫している。相手のAvispaは好不調の波が激しいチームであるが,ひとたび火がつくと前節のように大爆発することがあるため,カウンターには特に注意が必要だろう。

 連戦であるため,全体的な疲労もピークに達しているだろう。KICKOFF時間の問題もあり,特に中盤の3人には体力的にキツイ場面が多くなることが予想される。それでもここを乗り越えて勝利を導かないとJ1復帰も絵物語になってしまう恐れがある。チームもサポーターもここが頑張りどころだ。

 予想スタメンには左SBに坂本を入れてみた。今日の練習を観に行った人の情報では渡邊の姿がなかった様子。左SBにアレックスで前に米倉という可能性もあるし,ケータイサイトのコメントには林の名前もあった。誰が出てくるのか非常に楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/06

vs Kataller 感想戦

 自陣でブロックを作って守り,攻めはロングボールからのカウンター。この戦術を徹底されるとなかなか攻め手を作れず,結局じれてしまって足元をすくわれるという結果になっていたのが,これまでのJEFだった。無論,Katallerもこの戦術で立ち向かってきて,85分までは彼らの思い描いていた展開になっていたと思う。それを破って勝利を手繰り寄せたのは2つのコーナーキックと2つの個人技,そしてフクアリというJ2では類を見ないであろう空間の存在だった。

 始まりはそう悪い展開ではなかった。ただ,相手が守りに重点を置く戦術を敷いてくると,なかなかその穴を通しにくくなる。次第に横パスが多くなり,パスミスを誘発されてカウンターを喰らうというケースが度々あった。最終的には相手の拙攻に助けられた面もあるが,やはりや肉そうな感じは見受けられた。

 無論,策が無かったわけではないと思う。引いた相手に効果的なのはミドルシュート。オープニングのネットのシュートに始まり,倉田もミドルを放ったし,渡邊の地を這うようなミドルシュートは誰もが一瞬,入ったと思ったはずだ。それでも相手の好守に阻まれて前半はスコアレスで終了。

 後半も前半同様にペースを握るが,好事魔多しとは良く言ったものだ。不用意なバックパスを福元が処理を誤り,そこに詰めていた苔口を倒してPK献上。それを黒部に決められて先制を許してしまった。

 それでもあきらめないのが今年のJEF。審判への不信感もあいまったのか,『こんなゲームこそ,負けられん!』という一昨年のようなフクアリの雰囲気が戻ってきたように感じられた。

 そして85分,フクアリ劇場の幕が開いた。第一幕の主人公はネット。コーナーキックから相手GKがクリアしたボールをミリガンがヘッドで前に送り,そのボールにネットがバイシクルで反応。相手GKが一歩も動けないようなゴールが突き刺さった。このゴールでさらにフクアリは熱を帯び,押せ押せムードも最高潮に。それに恐れをなしたのか,Katallerは同点であるにもかかわらず,CKで守りに入るような行動にも出た。しかし,今年のフクアリは何かが違う。ロスタイムも3分が過ぎようとしたその時に第二幕が。主人公は谷澤。同じくコーナーキックからのこぼれを勇人が拾って右サイドを突き破ってクロスを上げる。中央で相手と競り合ったのはPK献上の失態を犯した福元。ボールをヘッドでファーにすらすとそこにいたのは谷澤。ボールを胸でトラップして相手DFから逃げるような感じでワントラップ入れてタイミングをずらし,右足一閃!相手GKの逆を突くゴールが突き刺さった。このゴールでフクアリは狂乱のるつぼと化した。フクアリのホーム力が戻ってきた瞬間だった。

 過密日程の中,最後まであきらめずにボールを追ったことで勝ち点3を拾うことができたのは非常に大きい。また,審判の不可解なジャッジには今回も悩まされたが,そんなゲームでも逆転勝ちできたことは評価したいし,コーナーキックから点を取れるようになったことも収穫だろう。ただ,今回の残り5分のような展開はもう少し早い時間帯に見せてほしかった。こんなにひやひやする思いは年に1回あればいい。あと,福元は次に向けて反省してほしい。あなたが抜かれたら,後ろには櫛野一人しかいないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/05

徳俵に足がかかった状態から力技でうっちゃり!

 D1000944

 GW4連戦目となるKataller戦は土壇場から2-1として大逆転勝利!TOCHIGI SC戦同様に審判の判定に幾度となく悩まされたが,ネットの芸術的なオーバーヘッドとロスタイムに『持ってる男』谷澤のシュートが炸裂。フクアリの雰囲気も最高潮に達した。

 個人的にこういうゲームは絶対に勝ちたいという一心で応援し続けたので,最後の最後で喜びを爆発させることができた。この結果はサポーターはもちろん,チームとしても気分的に乗っていけると思う。

 もちろん,反省点はあるが,今日はこの喜びに浸らせてもらおう。続きは感想戦で。

続きを読む "徳俵に足がかかった状態から力技でうっちゃり!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/04

明日のKataller戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第11節 vs Kataller 予想フォーメーション)
  20.ネット  
14.倉田 3.アレックス
7.佐藤勇 10.工藤
  8.中後  
27.渡邊 25.鎌田
5.ミリガン 15.福元
  17.櫛野  

 GW連戦の第4ラウンド,Kataller戦がフクアリで行われる。AWAY連戦を勝ち点4で乗り切ってのHOME連戦。日程としては中2日でキツイところだが,AWAYで得た勝ち点を無駄にすることなく,HOMEでの連勝を続けてほしいところだ。

 予想スタメンは前節と変わらず。ただ最近はアレックスと倉田の位置がそれぞれ異なっていたために変えてみた。Trinita戦で縦横無尽に動いていた勇人,工藤,中後の疲労回復度合が気になるところだが,ここは何とか乗り切ってほしい。

 最後にここに来て,良いニュースが飛び込んできた。ミリガン,おめでとう。明日は誰かがゴールを決めたら,ゆりかごダンスだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/03

vs Trinita 感想戦

 茶野が負傷により欠場がほぼ確定していたTrinita戦。その空いたポジションに入ったのは予想どおり福元だった。昨年後半から定位置を確保していた彼も今年は自身の怪我の影響もあり,これまで出場機会なし。今のJEFでどれだけできるか期待してみていたが,無失点で勝利に貢献した。古巣のTrinitaということでモチベーションがあがった事もあろうが,茶野の離脱が長期にわたる事も予想されるため,これから先も期待したい。

 試合は前半でアレックスの2ゴールが決まり,試合を優位に進めた。前のゲームから中3日という事を感じさせない走力を披露。ちょっと軽いプレーでボールをロストする場面もあったが,結果として相手にシュートを打たせなかったということもあり,パフォーマンスとしては今シーズンのベストと言っていいだろう。

 後半はネットに代えて巻を投入。人によってはこの交代が不可解に思われるかもしれないが,前半4分にネットがイエローカードをもらった事を含めて,この日は主審のジャッジと彼のプレーが合っていないように見えた。ネットもあからさまに不満な様子を見せていたので,リードしていた事と今後の連戦を考えて下げたのだと思う。このあたりは監督がきちんと話をしておけば今後に影響しないだろう。

 さて,一つ前のエントリーで『個人的に不完全燃焼』と表現したが,これは後半の攻撃に対してである。やはりこのゲームは早い時間帯に3点目を奪って試合を決めるべきだった。2-0のゲームは意外と戦い方が難しい。攻めるのか守るのかが曖昧になるだけでなく,一点奪われると相手のモチベーションを上げてしまうことにもなる。幸いにしてこの日のTrinitaは攻撃が全体的にチグハグであり,助けられた感があった。だからこそ,無得点で終わっていいゲームではなかったが,フィニッシュをシュートで終われなかった事が多々あったのが不完全燃焼の要因である。やはり一方的になったゲームはその雰囲気で終わらせてほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/02

個人的には不完全燃焼

 20100502152736

 絶対に勝利がほしいと誰もが望んだTrinita戦はアレックスの2ゴールのおかげで2-0で勝利!とはいうものの,後半はもっと点を取れるチャンスがあったのに決め切れなかった分,個人的には不完全燃焼であります。

 ただ,もちろん,勝利と言う結果は素直にうれしいです。詳細は感想戦で。

続きを読む "個人的には不完全燃焼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/01

明日のTrinita戦!@大銀ドーム

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第10節 vs Trinita 予想フォーメーション)
  20.ネット  
3.アレックス 14.倉田
7.佐藤勇 10.工藤
  8.中後  
27.渡邊 25.鎌田
5.ミリガン 15.福元
  17.櫛野  

 GWの連戦第二ラウンドとなるTrinita戦が明日,九石改め大銀ドームで行われる。AWAY連戦で選手のコンディションもベストとは言えないだろうが,ここを勝利で乗り切らないとJ1復帰の道しるべも見えてこない。

 茶野は前節の負傷退場の影響で,今回は遠征メンバーにも入っていないだろう。ケータイサイトの選手コメントには福元,益山の名前があった。福元はもちろん,益山も今年はCBとしてすでにROASSO戦でプレー。この二人が帯同しているということは,江尻監督もどちらをスタメンにするのか迷っていることが予想される。相手がTrinitaということもあり,モチベーション的に今回は福元で来るだろうと予想したが,果たしてどうか。オフェンスも倉田か米倉,どちらが頭から来るのか予想がつかない。

 遠方で移動費用が高くつくGWのため,訪れるサポーターも多くないと思うが,それぞれの立場と手段で精いっぱいの応援と気を飛ばしてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »